スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いたるは及ばざるが如し

feuii


おい。

いや、老いは誰にでもやってくる。君にも誰にもあなたにも。
もちろん我らがふぇいたんにもだ。

最近、さすがに11時過ぎると眠くなる。酒の酔いも手伝ってか、とにかく瞼が重い。
しじみの蓋みたいにひっついて離れなくなるともうリアルブラックアウトだわ。

さて俺はこの先いつまで信を続けるのだろうかと真剣に考えてみた。
30秒考えた。本当に考えた。

そしたらピーンときたピーンと。信に対してインポになったら辞めようと思う。
いわゆる不能。何事も精神的にふるいたつものがなくなったら終わりだろう。

ふるいたつといったら、やはり合戦。ティンポじゃねーよ。
戦国オンラインだから当然だ。
徒党と闘い武将と闘い、徒党を止める、サポートする。
とにかく初期は本当に時間を忘れて戦場を縦横無尽にかけずり回った。
殺されたら悔しかった。負けたくないと思った。自国を盛り上げたいと思った。
泣いて鼻水を出しながら駆け回ったあの戦場。あの青春は帰らない。みたいな。

そんな重なる思いが昔の信の戦場にはあった。
しかし今は違う。違うんだなこれが。
年月が情熱を風化させるのは致し方無しだが、開発が違う方向を目指し始めてしまった気がする。

こももは言う。昔みたいに合戦に執着心がなくなった。
タツヲは言う。今の状況では合戦は行きたくない。

こももとタツヲの時事放談。懐かしい昔話に花を咲かせている二人を見ると目頭が熱く。
ならねーならねー。あの日あの時あの場所で。

ともかく信の初期の最終ラインはレベル50になって合戦デビュー&家老を目指すことだった気がする。
少なくとも俺はそう思っていた。

え?レベル40でも家老になった?
うるせー馬鹿しね二度とくるなks。
ハァハァ;俺が当時家老になるのにどれだけ苦労したのかと。


「えー?何すかぁ!?俺なんかが武将いっていいんすか!」

武将に初めて誘われたとき、思わずそう言ったものである。
それだけ特別なものだったと感じてる。緊張もしたしね。玉がキュッとひきしまる思いだった。

しかして、いつしかゲリラがマンセーになり、武将が安くなってしまい合戦のハードルも下がりまくった。
家老なんぞも量産され安くなってしまったのである。まさに量産型ザクの如し。

「あっちゃん言ってたよね;俺は天下取ったるって。天下とってキヨ子を日本一の日雇い忍法のお嫁さんにしてくれるって;」
「うん…せやけど…」
「なのに…なのに…天下一品がザクの足ってどーゆーこと?あっちゃんちゃんと説明してぇな」
「キヨちゃん、よく見てみい。それザクちゃうで。シャアザクや。俺は天下あきらめたわけやないで」
「嘘!もう騙されんよ;キヨ子まだ白い奴なら許せたのに;」

という会話が戦場ではかわされたものだった。ような気がしないでも無い。
ともあれ初期の戦場はだ。鍛えて頑張った成果を見せる実践の場だと俺は信じていたが、その幻想はイマジンブレイカーの如く粉砕されちまったよ。

実際レベル36~7の忍をやっていた俺なんざ、N狩りがせいぜい。武将、対人に活躍する同業を見て羨望のまなざしで憧れたものである。

それがいまじゃこのありさまだ。ゲリラを全面否定する気はないが、やはり合戦をつまらなくしてる1要因であると、こももは言っていあたし俺もそう思う。

今川のお汀さんは、今の合戦場には昔のように目標とする徒党がいないと言う。
そう、初期の戦場には異彩を放っていたプレイヤーや徒党がいくつか存在していたのだ。
今はない。一部有名なところもあるだろうが、昔ほどの光をもつところはまったくない。
少なくとも俺にはない。

初期からみればやはりインパクトにかけるのである。
それだけ飛び抜けた徒党やプレイヤーが存在しなくなったということだろうが、これはもうしょうがない。

初期のプレイヤー達が戻ってきて、今の信を始めたらまた輝き始めるのかと言えば、
それは無理だろう。もう初期とはまったく違うゲームになっているからだ。

俺みたいなおっさんには初期の何がよかったかと言うと、シンプルでわかりやすいとこである。
自由度や選択肢が広がり、便利になるとより複雑で混乱するのだよおっさんは。

結局、新世代の仕様についていけなくなっている老害の戯れ言になるが、考えても見てくれ。
プリミティブなコンテンツのほうが、逆に飽きないってのもあるだろう。
ファミコンのボスコニアンとかな。テーブルテニスとかもいまやってみ?楽しいぜ。インベーダー、ギャラクシアン。どれも単純だ。そして爽快感がある。信の初期の合戦に例えるのはちと無理があるだろうが、とにかくシンプルなほうがよかった。

潜在・覚醒やら知行やら付与や上位装備、上位材料。
もうほんとついていけなくなっている自分が哀れ。

しかし、自分が今若かったとしても今の信の仕様に嵌っていたのかと思うとはなはだ疑問だ。
それだけ初期にくらべて複雑になってるしめんどくせーしかったりー。

それじゃあいいとこがないじゃあないかと言われそうだが、もちろんいいとこもたくさんあるにはある。
いくつか挙げようか。


えーと……。

……。


…ま、まぁいいじゃないか。俺もちと言い過ぎたかも知れんしな。

ぶっちゃけ文句もあるが嫌いだったらここまで長くやってないわけで。
愛だろ愛。やっぱ愛してるんだよ多分きっと。

また2月にパッチがくるようだが、なんで軍学に沈黙の霧がこないの?ねぇなんで?

と、コロッケに聞いたら「汚い!さすが軍学は汚い!」と暴言を吐かれた。
いつかこのガキは東京湾に沈めたろう。そう思った俺である。

合戦の所感などで、「こうならなけりゃ勝てない」とか「こうあるべきだ」とかあるが、
所詮今の仕様じゃ数には勝てない。

また合戦に勝つ事だけを考えて他PCをないがしろにしている発言もたまに見受けられる。
それがその人のスタンスならそれはそれでいいだろうが、はね返ってくる反動にも覚悟がいる。

他PCの考え方、スタンスは個々それぞれあるし当然だ。
レベル、能力は違えど同じ課金をして銭払ってるプレイヤーである
しかもコンテンツを同等に楽しむ権利もある。
どんなプレイヤーでもこれは同じだ。しかし制約のあるコンテンツは、一部のプレイヤーだけしか楽しめないものになっているのもまた事実。

決戦などは仕様の問題もあるし一概に言えないが、勝つためだけに執着して勝利は収めたところでそれほどの価値があるのかどうか。もちろん勝つためだけに執着するのもひとつの目的だが大部分の人は多分違う。
ネトゲの闘いなんざ参加して楽しんだ結果に勝利があればいいと思うのだ。
これは合戦人数をある程度導入できる大国に共通することだろう。

ま、老兵のあくまで一見解にしかすぎんので気にしないでくれ。

それに必死なプレイヤーも多少いなけりゃ盛り上がらんからなぁ。難しいとこでもあるか。

感情移入の度合いは年々氷の溶けまくった水割りのように薄くなる。
しかし俺の頭はまだおk。よく、このハゲとか信で言われると「な、なにい?ハン…サム?」と言わざるを得ない。
目下のところはゲル予定はなしのつぶてだ。ふふふ。

今週は狩りの週とした。さてこんなくだらん事をつらつら書いてる俺と遊んでくれるなら
是非お声をかけて頂きたい。つうか声をかけるんだ!そして俺にネタを提供するんだ!

とりあえずそこそこどこでも行けるよ行ける。
だって盾サモの募集ねーし。党首するのもやらねーし。ありえねーし。
ねーしねーしうるせーし。

あ、明日から3連休か。
今週は風邪気味なんで引きこもって本でも読んで信でもやってよう。

んじゃまあ良き週末をな。祝大家身体健康!
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

藤井さん吹いたww

No title

レベル30ちょっとで武田の廃薬師さんに連れて行かれて
徳川左前の内藤へ開幕三連射くらって一撃死
真剣にお茶吹いた加護していたけど意味なかったw

布団に潜って泣きたかったw

No title

>藤井さん
藤井さんには素っ裸健康法をお勧めするw
これで10歳は若返るぜ!

>エビちゃん
俺もオニコジだったよ初武将w

No title

35にもなると朝勃ちが半生勃ちになってきた件
どうしよう!

No title

初めて行った武将は鬼小島弥太郎

藤井さんとおない歳だった 泣きたい

No title

考えても見れば信on始まったのが28の時でいま35な件
こももちんのあだ名を「てぃんぽまん」*ひらがなが重要
にしといてくださいw

No title

>ふぇい
沈黙の霧はともかく盾職サモには単体修理ぐらいは欲しいなまじで
召喚?これ以上何を望むんだよぉ!!
深夜どころか明け方までやってたあの頃が懐かしいぜw

No title

私は出オチかよwww

さすがに「21歳初心者で~す。ヨロシク(ハート)」なんてでけんわw

ところで、沈黙の霧あげるから召喚に「略式召喚・改(価値5の指定した式神)」と「式神多重召喚(最大5体まで」を導入しておくれ!

まぁ深夜まで無理してやるゲームじゃなくなった。健康第一!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。