スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロの郷愁

ネットを徘徊すると思いがけないサイトにぶち当たる事が多い

しかし、インフラの整備やISPの拡充がまだ発展途上だった頃はISDNでひーこら繋ぎ
ブラウザも業務上MACが基本だった俺などはネットスケープGなどを使って喜んでいたレベル

フリーだった頃はリモート・クライアントを電話回線で繋ぎ、クライアントとのデータのやり取りをしていたあの頃
来るべきネット時代の予兆を感じていたものだった

四ッ谷の知人の馴染みのジャズ・バーで、隣に座った渋いセルジオ越後に似たおっさんが
国に対して一番最初にインターネットを提唱したお偉いさんだそうだった

おっさんが今のネット社会による情報の氾濫まで危惧していたかはさだかではないが、
いつかやってくるであろうネット社会について熱く語っていたような気がする

その時はまだ世間では光Fという概念もない時代
ネットでエロ画像を見る為に必死に画像が現れるまでモニターを見守ったあの時代


アホだったな


しかし欲望って文明の進化のバロメーターだぜ
エロがあったからこそここまでネットが普及したのもまた事実

っと、また脱線しそうになった


そうそう、15年程前にあるウェブ日記を見つけた

その日記には自分の現状に対する憤り、不満、欺瞞、やるせなさと怒り

色んな感情がこじあけた缶詰の中身の如く溢れ出してきていた


よく見るとそれはエロ漫画家 いや漫画家でもなく同人誌作家のようだった

検索してみるとそこそこその業界では評価を得ていたようだが、当然プロではない

プロではない自分は一体なんなのか 技量的な部分、表現の手法において自分よりはるか高見にいる人そうでない人

他人の評価が気になって気になってしょうがなく、それでいてそれを素直に受入れるだけのゆとりもなく

そんな煮え切らない日常に対しての不満に腸(はらわた)をしぼりだしているような日記だった

何故かその陰鬱としていたが、妙に前向きともとれるような表現もあり、不思議とその同人作家の文章に惹かれ
不定期だったが閲覧を続けていた

漫画はしっかり読んでないし正直、興味もなかった

月日は流れてこの閲覧もいつしかやめてしまい、自分自身がブロガーになっている

ついこの前、その同人作家の名前を別の検索していて見つけて思いだす

まあもう止めてリーマンにでもなったんだろうなと思い、記憶を辿って検索してみると

サイトがある 日記も書いている 

しかもプロデビューもしていた

思いがけない再会である

見てみると画風もかなり変わっているようだが、まあそれはいい

彼の近況はどうなんだいと日記を見てみる


文章は昔の陰鬱さは微塵もなかった しかもなんか説教くさくなっとる!

苦笑しながら読んだ

なんかつまらない奴になったなあと失望したわけじゃない

なんか嬉しいのだ これを成長という言葉で括るのかどうかはわからんが、
年輪を重ねた味が出ている文章に変わっている


彼はもうプロになったのだ


コメントもせず、ただ見守っていたファンでもなくただの通りすがりの俺なのだが、
何やら懐かしい知人を見つけたような気分になった

彼がこれからどうなるのか そんな事は俺は興味もないしどうだっていい

また彼の日記の閲覧をするのかというと読む事もないと思われる

もう読む必要がないからだ

彼の日記にある種のシンパシーを感じていたのは、その当時の俺自身が彼の枯渇していた精神状態と
シンクロしていたからだと勝手に考える

今はもうあの時とはお互い違う 

あの頃の醜悪でいて輝いていた様々な思い出が遠ざかっていく気がした

プロである彼の日記を読みたいとも思わないし、しかしそれが悲しいかと言うとそうでもない

ぶっちゃけ人間うまいこと落ち着くとこに落ち着くってことだな

エロ描こうがご立派な児童作品描こうが評価はどうあれ根っこは同じだ

一言彼に言って上げたい言葉があるとするなら

ぬるぽ ガッだな

つうか児童作品描いてた作家のTさんは薬づけのアル中だったしわからんものよ


そんなわけでエロは文化だ 規制とかふざけるなってことで石原は逝ってよし



さて信は、家久リベンジはチャレンジできなかったが、中陣やりながら後陣へ

角隈は呼び出しを通したが何とか撃破

晶や家久とくらべるとゆるいかなこれ 7体だったらわからんけど


んで沈黙検証 

先陣:知力↓450だと8割成功

中陣:知力↑450だと7割成功

後陣:知力↑500だと7割成功

ただ魅力を削ってるので、結構釣られることおおし


活殺は昨晩、角隈で知力543程で2回ほど1を抜かして4体ぴよった

450以下だとよくて2体ほど


知力高過ぎると先陣などではやはり入りにくくなること多し

ここらへんは従来通りのようだ 判定を明確になんでできないのか ほんとここらへんはなんとかして欲しいとこ


エロを恥じてはいけません

エロを疑ってはなりません

エロを求めてもいけません

ただ信じるエロの名のもとにのみ

俺たちは走り続けるのだ


のだ


野田の醤油と鰹節 これがあったら肴はいらず



ddd



えーーっと…




m















おっさんからの一言説教ターイム

プロとはその道で飯を食って行く覚悟のあるもののことである

その道のプロになれ




ハッ!防衛職人は.......









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>あいす
夏はバーベキュー

No title

進化はエロとともに

No title

>えびちゃん
ぬるぽ!

No title

セルフでガッするなんてひどい
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。