スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心意気

gori

帰参者もいるから丹代が浮く 

ころっけも帰参者なのでよくころっけにドーピングを上記のようにせがむのだ

丹もなかなかに馬鹿にならないご時世だ


しかし月曜日だな諸君 だるいだろうが文句言わずに働けよ愚民ども

俺もひーはー言いながら働いてんだからよー ったくかったしーなー


さて
ある時代小説の解説に共感を得る文節があった

心意気には、ギブ・アンド・テイクの物質欲の料簡(りょうけん)がみじんも含まれていない。
だから、すがすがしいのである


心意気の本質は見返りというものを一切求めず、感じたままに動き行動するというものだろうか

心意気と気骨は隣接するニュアンスがあるらしい


最近、一門の導入ゆえに他者(ここでは一門外の見識のない人々)との繋がりがますます希薄になっている

プライベート私設導入からもその傾向はあったのだが、ここにきて一門の仕様はそれに拍車をかけた

長年、私設という不安定な共同体ながらも知人の和の中で遊ばせてもらった俺が言うのも
口幅ったいことではあるが、やはり寂しいものがある


俺は暇なときは、極力、初の人からの対話でも助力をしようと思っている

さすがにレベル1の人から手伝ってくださいとか言われると訝しむが、常識的な範囲での
助力は快く引き受けることにはしている

当然、頼みかたが俺にとって不快な場合や、予定がある場合はやむなくお断りさせて頂く

頼み方が不快というのは、初対面なのに「~手伝ってw」とか「島津府内よろ^^」とか

いきなり挨拶もなく脈絡もない頼み方である

これは俺でなくても不快な人は多いはずだ


初期の頃には粋な誘い方をする人もいた


「やあ某、クエストの最中ではあるがひとつお手前のお力をお菓子願えませぬか?」

「ミス;お貸し;;」


格好いいけど誤字ってるわけだが面白い

このような非常にユーモラスで楽しい誘いかたなら一発返事で引き受けることもある

この誘い方については追記しておくと心ふるわせた対話が過去いくつかあった


ある巫女からは

「不躾ですまぬが、そちをもののふと見込んで妾を助けてほしいのじゃが」

アイタタタ;電波系?


ある鍛冶屋からは

「ようよう、お兄さん!暇だったら手を貸してもらいてぇんだが」

お前リアルでもそんな話しかたしてるのかと


ある薬師からは

「もこたん、お手伝いを希望ですぅ~≧▽≦ノお願いですぅ~」

お前ぜってぇネカマだろしね てかもこたんって誰だよ


まあ他にも色々あるがここらへんは突き抜けてて微笑ましくもある




ともあれ助力の看板でも出しておかないと内にこもってばかりで人との広がりがない

当然、引き受けてから後悔することもあるし嫌な気分になることも無いと言えば嘘になる

しかしそれを怖がってるならネットゲームの醍醐味はないと俺は思う

といって特に気骨があるキャラ作りをしているわけでもなく単純に両替前でダラダラしてるなら、
動いた方がましと思う程度だ

助力可能を状態表示で出したり、補足を書いておくとたまに対話が入ることがある

昨日もレベル40代の人から特化クエの依頼を受け、助力を行う

恥ずかしながら東尋坊で迷ってしまい徒党の方に引きずってもらい赤面するも、
暖かいフォローをいれて頂き恐縮した

俺以外全員レベル40代だったが当然の如く、全員、高レベルキャラ保持者で老練なプレイヤーの方々であろう
他鯖からの移住者もいたかもしれない

武功をがっぽり頂いて徒党を後にしたが、またどこかで出会ったときにはレベル62~3になっているかもしれない

よく遊んだとすがすがしさだけ残ればそれでいいのだ

大いなる自己満足だろうが、他者にとってそれが有益に繋がればそれはお互い気持ちがいい

他にも対話は入ったのだが、一門クエと重なりタイミングが合わず

一門がもたらしたものは、特定のPC間の連帯感の意識改革もあるだろうが、
それ以上にPC間の閉塞感を生み出したことも間違いない

だからこそ、なるべく外へでることも厭わずというのもここ最近思っていることだ

拠点などは徒党を組めないソロ活動の延長の気がする そもそも登録もできないし登録してもなかなか入れない


俺が助力の見返りを期待するとすれば、それは自分がよく楽しむことだろう

別に人のためなんてものではなく自分が楽しむために助力をする

たまに請負いでクエを行い報酬を提示している人がいるが、
それ自体は別に個人のスタンスだから文句を言う筋合いではない

まさに世の中ギブ・アンド・テイクで至極まっとうなことかもしれんが、
ゲームの中だからこそ、リアル社会では示せない心意気を持てるのではないだろうかと考える

と、まあ文章にすれば正論を書いてるんだが、そうはいかないのが人ってもんである

しかし、とりあえずは一門だけに篭らず繋がりを広げていくための努力はしていこう


閑話休題だが、我らが一門にはイタリアに在住していたイタ飯給仕の方もいる 

美味しい話にはことかかないが、忘れちゃならないのはおっぱいである

しかしみんなおっぱい好きすぎだろう

神林要のみっちゃんは若いから当たり前か


今週過ぎたらGWは目前だ 頑張ろうぜ


michi




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

んじゃマージャンズで迎え打ってやるぜw
きなさい!

最近、従兄弟のお手伝い頑張ってます。
右も左も分からない子を教えるのはなかなか楽しいぜ。
非常に疲れるがねw

とりあえず、15日の土曜日に休み取ったから麻雀しようぜ麻雀(′・ω・`)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。