スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュンジ稲川 我が闘争

昨晩、稲川さんが大決戦についての勝利の方程式を熱く語っていた

休止してるアキヤマンとどうしたら大決戦に勝てるかと言う事を、
暇を見つけて二人で検証・施策を廻らせているらしい

俺はこんな形じゃなくブログを作って訴求したほうがいいと勧めたが、稲川さんはやったことがないので二の足を踏んでいる様子だった

そもそも確かに初期の頃は合戦に勝ちたいと切に思っていたし必死に稼動もしたものだ

だが、年月を重ねて行くとそのような勝利への執着心は消え、まあ遊べりゃいいいんじゃないに変わる

というかネトゲで6年もやってりゃ普通そうなる

たまたま所属していた国が勝とうが負けようがどうでもよくなる

斉藤との木曽川で武田が連敗続きの時は悔しかった

周りのモチベーションはさらに高く連携しあって闘ったものだ

そう

当時は兵糧というものがなかったから徒党で色々学べたし仲間も多くできた

フィールドボスで慣れてる人も合戦の闘い方、動き方はさっぱりという人が多かった

そこは徒党に加わって徐々に慣れて行き、適切な技能や立ち回りを覚えていったと思われる

兵糧ができ、ゲリラ仕様が当たり前になった今では徒党で動くといっても3~4人で動くのがせいぜいだ

徒党は叩かれるから抜けとくという人も少ないないし、事実徒党はまっさきに叩かれるのが当たり前

俺は基本ゲリラは好きじゃない 好きじゃないが今の仕様は受け入れるしか無い

遊び方なんざ時代の趨勢によって変化するのも必定
逆にゲリラ仕様になって徒党で遊べなかった徒党自体が苦手だった人には、今の仕様は大歓迎だろう


稲川さんの闘争の炎はまだ消える事がないようだ

それは彼が常駐しているわけではなく、長期の休止をしてネトゲによくある倦怠感というものに疎遠だからだろう

負けるより勝つ方が気分がいいっちゃあいい

が、勝ったところで負けたところでそれがどしたいと言われりゃ
それを言ったら身も蓋も無し

しかし稲川さんは勝利に拘る この拘りはやっぱ必要なのかしらんと思ってしまうこともあり

国が弱体していくのは誰が悪いとかここが悪いとかの些末な理由はいくらでもつけられる

しかし冷静に考えてみるとだ


そうなることが必然だった だけのことであって色んな要素が絡んで結果に至ってる気がする

もしくは自分もその一旦を担っているのかもしれん

でもそれを言ったらキリがない


ビジネスフィールドでは一時期ソリューション(対策)ということがかなりもてはやされた

戦略に伴う施策・対策を設けることによって、想定されるトラブルや、業務効率アップ、情報の一元化と共有
SAPのR3とかERPパッケージなどが注目されていた時期があったっけ

サプライチェーンマネジメントやサイボウズなどのグループウェアを導入することによる
社内情報共有と個人の情報リテラシーの強化等々

すべてソリューションという言葉で乱暴にひっくるめていたような気がする

これら全てのもとを辿れば軍事戦略からきてるものである
撮影や印刷技術はたまた通信技術に至るまで
あらゆる技術は軍事目的のために改善され発展し進化していったものだ

結局、人間は人間と闘うために技術を進化させるわけだ

まあ所詮人間そんなもの

戦略を伴う策定には技術が必須だ その技術は人が考え抜いた錬磨の末に生まれる
それを実行して実現という形で結びつけることが出来る人はすごい

多人数で行うネトゲの合戦もまたしかりで、遊びだろうが仕事だろうが
それに勝つ為にはある程度の技術と戦略知謀が必須なのだろう
ここは遊びだろうがビジネスだろうが本質的に同じだと思うのである

しかるに俺は残念ながら戦略を語る知識も、行動する実行力も、反骨ならざる意気も無い

たまに文句を言ったり愚痴を吐くのが関の山

というか、もうおじさんですからいい歳してえーかげんにせいよというのもある


でも見ていると面白いなと最近は思うのだ


稲川さんは、筋道を立ててわかりやすく俺に説明してくれた 

それが現在の武田が実行できるのかどうかはわからない


決戦では対人徒党は少なく武将徒党を多くソロを20人は確保

まったく逆の説を唱える人もいるし、親方を落とさんとダメともいう人もいる


ただ一つ言えるのは、負けるのは弱いからだ 強けりゃ勝つ

稲川さんがいまだにその魂を燻らせているのは、武田の黎明期のかがり火を思いだしているからなのではなかろうか


そんな彼を見ると、昔仕事で制作したマジックナイト・レイアースとかのA2ポスターのキャッチを思いだした

信じる心が力になる とかそんなコピーだった気がするが、作品自体は見た事が無いのでよくわからん


熱き武田魂を持つ稲川さんにこの言葉を送りたい





信じるものはバカをみる




しかし何かを信じるのは決して無駄じゃないよ うん


頑張れイナガワン!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つっこんじゃイヤーンw

No title

兵糧じゃなく兵種だと思うんだ。うん。
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。