スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッドB



とかく苦労というものはした分だけ報われるとは限らない。
仕事に至っては、一番苦労した人が一番間尺に合わない仕打ちを受けることも多い。
まさに現在その憂き目に遭っているわけだが、こういうものはとっとと終わらして片付けるに限る。
最初にケチがついた仕事は最後までトラブルの連続になりがちだ。
雨降って地固まるとか、終わりよければ何ぞ滅多にない。
一概に全てが無駄ということもなく、トラブルはそれなりに経験知識スキルを手に入れることもできるが、
鬱積した想いが霧散するわけもなく、忸怩と心の襞となる。
やだやだオラやだもうやんだ。ポール・モーリア チェンバロ奏者。
そんな地団駄を踏む状況に陥ったのも、厳密に言えば己の想定の甘さが招いた結果だろうが、それでもある程度は人に責任転嫁させたくなる。それを言い訳にできないのもわかっちゃいるが、男は辛いよおっかさん。言い訳をいくつ並べてみても、起こってしまったものはどうしようもなく、その後の処理が肝心となる。
まぁ、ついてなかったというよりない。

B型というのは、こういう時、結構楽である。
一時経てば、ま、いっか地球もそのうち滅びるしで大いに楽観的になれるからだ。
しかし10年経ってもこういうことは忘れないのもB型だ。

先日、覚せい剤所持で捕まった清原もB型である。
清原が頑として入手ルートを喋らないのは、ヤクザを怖がっての事ではないと思える。
知人の誰かを庇っていると思われるからだ。多分、芸能界の誰かではと思われる。
B型は小心者で虚勢を張る人が多い。そのくせロマンティックで世話好きで寂しがり屋だ。
清原もその典型だと言える。
清原はいつも人の輪の中心にいて、我々世代のヒーローだった。
しょぼくれたあの形を見ると、寂しさが込み上げてくること半端ない。

だが思う。
清原は捕まって絶対ホッとしている。警察にマークされてビクビク怯えながら夜も寝られない生活から、少なくとも抜け出せたからだ。もちろん、問題は山積みだし解決しなければならないことを考えるとブルーにもなるだろうが、B型はとことん追い込まれると完全に開きなおる傾向が強い。やばいことをして見つからないより、みつかった時の方が安堵感を覚えることがしばしばあるのだ。まぁその後が大変だけどね。とにかく

「ま、なるようになるやろ」

そりゃまぁ、ちっと反省はしているとは思うが、多分これが本音である。交通事故で人を殺したわけじゃなし、とか、最悪の状態を想定比較しながら、あれよりゃ全然マシだよマシとか思っちゃうのである。真の意味で反省することはまずない。浮気してもそうだ。奥さん、B型の旦那は一度浮気したら絶対またやりまっせ。口で謝罪しても反省してませんからね。
やっちまったもんはしょうがない。さて、これからどうすっかなぁと途方にくれることはあるだろうが、B型の楽観的思考は、生きるためには何でもできる。死を恐れて無様でも生き残るのために足掻きもがく。それがB型である。
B型って明るいよねと勘違いしてる人がいるが、とんでもない。血液型の中で最も根暗なのがB型だ。
そして気が変わりやすい。一喜一憂にメリハリがあるから端から見るとわかりやすいのかもしれないが、心の闇が深いのもB型だ。だからB型の女には、世の男はよくよく注意されるがいい。

脱線したが、とにかく周囲があれこれ言うほど、清原は現在の心持ちは安定していると思われる。
つうか、B型だから〜とかいう先入観と偏見は今の時代にナンセンスなこともわかってはいるが、同じ血液型の男として、行動の思考パターンがあまりにもわかりすぎて、その傾向性を信じずにはいられないのだ。

このままだと、刑を終えても多分またやるだろう。間違いなく。
このままならね。

俺の持論は「志だけでは人は変われない」だ。
そこに不屈の行動が伴わないと、所詮は口先3寸で終わるし、特に常用性の高い覚せい剤などを辞めるのは気が狂わんほどの精神と肉体との闘いになるはずだ。
B型は総じて意思が弱い。誘惑に弱い。それは上で書いたように楽観的思考に寄ってしまうからだ。

清原はまず、心のそこから己を客観視して、弱点を素直に受け入れるところから始めるべきである。
弱点を認めるのは、スターだった男には最悪に屈辱的なことかもしれないが、認めなければ何回でも同じ過ちを繰り返すだろう。これは、謙虚さを身につけることにもつながるが、生まれついての性根など変わるわけもなく。ただ、それを良い方向に改善していくことはできる。
ただ、これはすごく難しいことだ。真の謙虚さなど人が身につけるには、人類の平均寿命が3倍伸びても足りないのではないか。
未だに謙虚さなど微塵もない自分を顧みながらそう思う。

清原がどう生きていくのかは、あまり興味もないが、出来ることなら再生して頑張ってもらいたいと願う。
あと「男気」とか、ネタづくりに神輿に乗ってしまった自分の愚を大いに恥じてもらいたい。
そも「男気」などは口に出すものではないし、あんな見かけだけの軽薄なスタイルでもない。
あえて挙げるなら、隆慶一郎の描く前田慶次のような男そのものだ。こんなん今の時代でいるわきゃないが。
B型など「男気」からは最も遠い存在だと私は思う。
だが、B型はとにかくしぶとい。しぶとく、無様で惨めにしがみつきながら生き残り、味方の死体の陰に隠れてやり過ごす。義のために死すなどとは無縁だ。生きてこそと考える。
だから自殺しようと考えたとかいうのは、全くの嘘ではないが、そんなのは一瞬の思いつきで、実際はそんなことはまずもってしないしできない。
そしてB型である自分を気に入ってるのもB型だ。

そんでもって、女性にB型の男とは付き合いきれないと言われるのもB型。
なるほど。

俺がモテないわけだ。糞。


スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワイの誕生日にワイのB型の話スルゥー?

No title

>かずは
あっ、察し… ⊂( ⊂(´_ゝ`)

No title

バリバリのB型ですがぁ~、なにか?むふっ♪
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。