スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田は敗けて華と散る



信長の野望オンラインを10年近くプレイしていたが、
運がいいのか悪いのか鯖統合によって滅亡一歩手前だった武田は
怒涛の巻き返しで全国統一を成し遂げた。
あそこで多分、俺の信オンライフは実質終わったとも言える。
まぁ合戦で活躍したわけじゃないし、国力アップに尽力したわけではなく、
ただの傍観者として成り行きを見ていた雑兵だったが、それでもちょっとした達成感はある。
それは途中出奔もしたが、結局、最後まで武田であり続けたことだ。
些細なものだけど、10年近くやっても統一が成されなかった仕様が改変されて、多数のプレイヤーもけじめがついて戦国を去る人も多かったろう。

NHKの真田丸などを見ていると、やはり在りし日の信オンの合戦を思い出す。
思い出補正と言われようと、やはり初期の合戦が一番燃えた。一体感もあった。
武将と2時間格闘しながら折れて絶望したり、徒党に粘着されて憤慨したり、勝利に皆で喜んで近畿雀躍したり。
こんな連帯感をネットで感じることができようとは、夢にも思わなかった。

色々あった。色々あったよ本当にね。幾千の出会いと別れ。お涙提灯花風船。
己の人としての未熟さやいい加減さで、迷惑千万数知れず。
神輿に乗って調子に乗って浮かれて調子にのって悪ノリしすぎたり。
まだまだあの頃は若かったなぁとしんみりしょんぼり鯉のぼりだよおっかさん。

まぁ過去の反省や、慚愧の念は思い起こすと果てしもないが、ネトゲの恥はかき捨てと割り切るしかないのが、世の常人の常。今ではオフゲすら遥か遠いコンテンツとなり果てた。

今、あの頃の初期の信オンをやっても全然面白くないだろう。
あの時、その時だからこそ、あのコンテンツに心がときめいたのである。
懐かしのラーメン屋のラーメンが昔は超絶うまかったと記憶しているのが、今食ったらそうでもないとか、昔の欲しかった車を今乗り回しても大して感動は得られないのと一緒である。

時は過ぎてしまったのである。
それは脳が幾多の情報を消費していく中で、玉手箱のようにしまった記憶にリボンをかけているのと一緒だ。
懐かしがるのはいいが、決してその場所に帰れない追憶の感覚。昔の良き思い出は触れた途端に泥に変わることが少なくないものだ。いい思い出として信オンを大事にしたいがため、あえてちょい見程度のログインはしないのだ。
と、いうのは真っ赤な嘘だよ〜〜ん。メンドクセェ。それだけですはい。

でも、時代劇の戦国物とか見てるとやっぱ思い出す。
モニタに映る戦場の粉塵や、キャラたちの息遣い、風の匂い、地の鼓動。
何とも大げさだわな、はははのは。

武田は滅亡していく国だが、その哀しさがいい。
結局負けじゃん!とガキの頃はどうにもその憐憫たるカタルシスが理解できなかった。

今は滅びの美学に身を費やした武田のすべてが愛おしい。
ま、意地を張り通して判断をミスった結果なんだろうけど、信玄がもうちょっと長生きしてくれてたら歴史も変わってたのかもと思わずにいられない。

信オンの現在はどういう勢力図になってるのか窺い知れないし、知りたくもないが、
未だあそこで頑張ってる10年選手のつわものどもがいるのだろう。

俺としては、真田丸を見ながら思い出す程度ではあるが、あの頃ともに遊んだ知人たちをふとしたことで思い出す。
それぞれ息災でやっていれば、嬉しきことこの上なし。

で、信仲間のツカさんは、またタイに出張が決まり今度は6月までということだ。
本人は、相当嫌がっているようだが、現地妻でも調達してうまくやることだろう。

というわけで、雨がそぼ降る神保町より以上です。
良き週末を。



スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。