スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高坂さんは動じない

高坂さん(仮名)は色々知っている。

高坂さんに「物知りだね」というと

「なんでもお見通しだお」

とか言って少しはにかむ。

ちょっと前に結婚したが、相変わらず内輪の会合などに出てきて人付き合いがいい。
金払いもよく男前の切符の良さがあるし、たまに非番の日には一人旅なんぞに洒落こむ男だ。

高坂さんは、なかなかにやる男である。

麻雀で負けて、「いやぁいい麻雀だったよね」と言うと

「あんなねえ、手配もツモも最悪な状況だとねえ…糞麻雀ですよ!!」

と井筒監督のように激昂したり、普段は静かに笑みをたたえている男だが、なかなかに荒ぶるところも持っている。

神戸に行った時は、とにかく肉の食い方にうるさかった。

「この肉は焼きすぎたらあかん、あかんて。わややで」

そう言って半生の肉をつるっと平らげる。
体躯も堂々としたものなので、えもいわれぬ説得力がある。

高坂さんはギャグが好きだ。
よく長渕の「クローズ・ユア・アイズ」のテンプレで二人して笑っている。
とにかく内輪でこのギャグが通じるのは高坂さんしかいない。
音楽、しかも昔の歌謡曲の話題など他のメンツではまったくでないからだ。
洋楽になるともう皆無でロックポップスはおろか、ジャズやラップやワールドミュージックなども
話にはでない。その中で高坂さんはその話題にもついてくる。

最近の彼お気に入りは「しぇしぇのしぇー」だ。
ヤク中で捕まったキチガイが叫んでいた言葉だが、彼のツボにはまったらしい。

彼は結構なグラップラーで駅で痴漢をとっ捕まえたこともあるらしい。
その時の様子は分からないが、多分羽交い締めにしてロメロスペシャルを決めたに違いない。
なぜなら、彼はキン肉マン消しゴムを集めていたヒーロに憧れる少年だったからだ。
カラオケで真っ先に歌うのは「炎のキン肉マン」で間違いない。
間違ってもレッチリとかジャミロなんぞは歌わんだろう。

高坂さんはいまだにインはすくないが、信長の野望オンラインをやっている。
昔ほどアクティブでないにしろ、まだ課金はしているらしい。
これも彼の初志貫徹という不動の精神を表している気がする。

例えばだ。
オナニー中に母親が扉を開けて入ってきたとしよう。
これを読んでいる諸兄も経験がある人が多いのでないか。
若かりし頃の熱い滾りを放出するというのは、当然の欲求でありなんら恥じることはない。
罪悪感すら感じながらしこっていた日々もいつしか遠い黄昏に変わるのだから。

母親が息子がムスコをしごいてる瞬間をみて「あっ!」と目を丸くする。
普通なら尻を向けて母親を罵倒するところだ。

しかし高坂さんはこう言っただろう。

「早く閉めてよ。もうすぐ終わるから」

なに食わぬ顔でこう言ったはずだ。初志貫徹。まだ終われない、終わらしちゃいけない。
信オンを続けているのも多分そういった想いがあって、いまだ燃えつきぬ篝火が胸の中に忸怩とうずまいてるのかもしれない。
彼のあわてない精神は一休さんの精神をはるかに凌駕している。
それは中学生時代にすでに完成されていたものであると予想する。

それほど彼は物事に動じない。

彼は日々クレーム対応に追われている。
しつこいクレーマーに対しては、逆に追い込みをかけて撃退するという。
実際、あの細い笑ったような目で冷たく微笑まれたらそこらのヤクザもビビるのではないかまじで。

そんな高坂さんが唯一不動の姿勢を崩すのは、麻雀でチョンボをしたときだ。

うあああぁぁああぁあああああああ!!!!!!

頭を抱えながらのたうちまわる。

「落ちつくんだ高坂さん!!」

俺がそう言うと、外に飛び出して数分後に帰ってきた。

file10.jpg

こんな高坂さんの行く末を命の有る限り見届けていこうと思う。

てへぺろ(・ω<)

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。