スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっとっと、梅雨明けだぜ

dcsav sww


梅雨明け宣言はなされてないがもう梅雨明けでいいよな。な?

今日は暑い。35度まであがるそうだ。分度器でも頭に乗っけて熱中症を防がんと。
神保町界隈の横断歩道ですれ違う人たち額に手をあてながら強烈な日差しに目を細めている。
たまるかまったく。
暑いとよー、食欲がなくなるんだよなー、まじでまじ。

ダイエットにいいじゃんとか思われそうだが、そもそも歳食って代謝率落ちてるんで単純に飯食わずでも
脂肪燃焼はされないからなぁ。
運動して汗をかかんとだめねだめ。
うちらは、ど根性スポ根世代だから、今なら虐待にも等しい練習を学生時代の部活でやらされてきた。
あの時も真夏の締め切った体育館の中で嫌というほど走らされたっけ。
バスケット部だか、陸上部だかわからないほどに走らされた。
真夏に土方のバイトなんざした時は、富士市の果てのまじなーーんもない僻地で、アスファルトに陽炎が揺らぐ炎天下の中、けれん棒でコンパネのコンクリのカスをとったり運んだりした。
それでも暑さでぶったおれることなんざなかったし、黙々と仕事をこなすおっさんたちに感心したもんだ。

あの頃って日射病は言われてたけど熱中症なんざなかったよなあ。
それこそ、帽子もヘルメットもかぶらずよくあのクソ暑い中で汗をだらだらかいてバイトをしていたもんだ。
暑さのピークを過ぎて帰る頃になると、夕焼けと暑さのまだ残る風が妙に心地よかったのを覚えている。
ひ弱になっているのか、精神力が足らんのか。
そんなこともちと思ったりもするが、そもそも実は昔も結構ぶっ倒れていて、今みたいに情報がとれないだけだったのかもしれん。でもさすがに日射病で死んだとかはあんま聞かなかった気がするが。

若い頃は夏は好きだった。
さんさんと降り注ぐ夏の太陽も好きだった。
なんか起こりそうだったし、実際それなりに青春していた遠い思い出。
かぶと虫やくわがたを山にみつけに行く時のワクワク感。
あれこそトレジャーハントだったよな。
夏が輝いて見えた若き日。

しかーし、かかし。
俺はもう夏は嫌いだ。大嫌いだ。
とにかく、通勤電車がだるいし、電気代は跳ね上がるし、洗濯も頻繁にやらんといかんし。
ティンコも萎えるし。あ、それはもとからだ。

とにかく、夏は嫌いだ。
でも夏の風物詩は式である。

風鈴、西瓜、そーめん、冷麦、祭りに花火に女の浴衣。

嫌いだけれどもなんかこうありがとうって感じなんだな。
ぼ、ぼくはバカなんだな。

ドモアリガト Mr.ロボット。ドモ。ドモ。

さあて、と。
暑いし冷やし中華でも食うか。
いや、待てよ。。。チャーハンと餃子も捨て難い。

え?このクソ暑い日に中華とかバカなの?死ぬの?だとぉ…

うるせぇよこのスットコドッコイ!
暑い時の昼飯はチャーハン餃子と相場が決まってるんでい!べらぼうめ!!

じゃタコライスでも食ってくらぁ。また明日。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。