スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認識のボーダー 前半



認識のズレは男女間にある絶対的な隙間だ。
それは埋めることができない永遠の溝である。

タツオは彼女がいないので、友人の高坂を通して女を紹介してもらうことになった。
当然、タツヲは舞い上がって小躍りするばかりに喜んだ。

紹介してもらう当日、駅前のカフェで待ち合わせとなった。
カランとドアを開けると、奥のテーブルで手を振る男がいる。
友人の高坂だ。

「やぁ」

どこかぎこちない笑顔でタツヲは挨拶をする。
あきらかに挙動に緊張が見てとれた。

「あいつらは30分ほど遅れてくるから、何か飲んで待っていよう」

タツヲはそわそわしながら席についてアイスコーヒーを注文する。
女性店員の短いスカートに思わず目を逸らしながら、マドラーをかき回した。

「リラックスしろよ、まぁ」

高坂がやや呆れながら苦笑する。

「なぁ…」

タツヲがすがるように高坂を子犬のような眼で見る。

「なんだ、どうした」

「今日の…その女性って…か、可愛いのかな」

「んー…まぁ俺の彼女の古い友人で大学時代にも人気はあったらしいよ」

「まじか!」

「男運がないようでね。よくいるだろ、綺麗すぎて男が逆によってこないとか」

「ああ、あるかもね」

「けどなぁ…」

高坂は唸るように難しい顔をしながら腕を組んだ。

「けど…なんだよ?」


タツヲが顔をあげながら不安そうに高坂を見据える。

「ほら、よく言うだろ?女の可愛いはアテにならないってさ」

「ああ、確かに」

「俺、高校時代に先輩の彼女から女を紹介されたんだよ。先輩の彼女が可愛いしいい子だから一度会ってくれと頼まれてさ」

「へぇ」

「で、会ってみたら、神津カンナと元中日の矢沢を足して2で割ったような女が来てさ。さすがに何の罰ゲームかと思ったよ。あれ以来、女の可愛いはトラウマだな」


dvbfntgmnzrs


「いまいちマニアックすぎてわからないなそれ」

「単体だったらまだしも、2で割ってる時点でお察し」

「ふむ…」

「先輩の彼女に後から、何すかあれ?と文句を言ったら「えー、気にいらなかったぁ?中森明菜みたいで可愛いのに」と抜かしやがった。わけがわからないよ」

「そりゃひでぇ」

「ひでぇよ。現代のフォトショでもレタッチできない。あれはできない。思わず心の中で<悟空ー早く来てくれー!!>と叫んでしまった…」

高坂は目を細くしながら拳を固く握った。
その状況はまさにドラゴンボールの神龍を呼び出すときの心境にも似ていたことだろう。


「女の可愛いはおっかないなぁ」

ため息をつきながらタツヲはアイスコーヒーを飲み干した。


「特に女の友人同士だと思いっきりプラス補正が入るからな。客観的にものを見れなくなるんだろうな」


タツヲは、はっとしたようにあからさまに不安げな顔になって、高坂に詰め寄る。

「お、おい!と、いうことはお前の彼女の言うことも大概信用できないってことだろ」

高坂は、外に景色に目を向けながら、ふっと笑う。

「安心しろ。俺の彼女は美大出身で審美眼はある」

「おお」

「そこいらの女とは違って、モノに対する判断基準は確かだろうさ」

「ふむ…。人外を連れてくることはなさそうだな。それにお前の彼女はなかなか美人だし」

「おい、よせよ。人の彼女褒めたってなんもでねえぞ」


照れ笑いをしながらも高坂もまんざらではない。
さっきまでの重苦しい緊張感がもほぐれてきた。


高坂が人差指あげて提案をする。

「なぁ。ひとつ掴みの練習をしておくか」


「掴み?」

タツヲが怪訝な表情で首を捻ると、高坂がドヤ顔をしながらくすりと笑う。

「初対面の相手にはファースト・インプレッションが大事なのさ。特に女はな」

さすが女の扱いに慣れている高坂は、上から目線でタツヲを諭す。
学生時代に松戸の種馬「オグリキャプ男」と呼ばれただけのことはある。

「第一印象か。確かに」

タツヲはなるほどと頷きながら、具体的な施策は?と訊く。

「まずは最初の会話からだな。じゃあ俺を相手だと思って会話してみ」

「おいおい。さすはに中学生じゃあるまいしやめてくれよ」

「相手だって緊張はしてるんだ。それに男女のことに世代間断絶なんざないんだよ」

「そりゃあ…まぁそうだが」


渋るタツヲを説き伏せながら、高坂は会話のシミュレーションを開始する。
こういう場合は男からまず声をかけるのがマナーであるという。

タツヲが高坂をペルソナに見立てて、質問を投げかける。

「髪切った?」

「タモリかお前は」

すかさずつっこむ高坂をよそに、タツヲが頭をテーブルに擦り付けながら呻く。

「だめだ。どうにも緊張してうまく言葉がでない」

「そもそも初対面の相手に髪切った?とか聞くかよ普通。やり直しだもう一回」


タツヲは胸に手を当てて深呼吸しながら、再び高坂を仮想ペルソナに置き換えてみる。
眼を血走らせながらタツヲが吼えた。

「ダンカンこの野郎!」

「たけしか、この馬鹿!」

さすがに呆れた高坂はタツヲの頭をパシィとひっぱたいた。


「うわぁぁぁあ…。だめだ、妙に意識すぎてネタに走ってしまう;」

タツヲは頭を抱えながら眼鏡を外して汗を拭く。

「とにかく落ち着け。普通でいいんだよ普通の日常会話でよ」

「日常会話…。そっか、そうだよな。普通の日常会話でいいんだよな」

「そうさ。普通でいいのさ。まずは軽い挨拶から自分の自己紹介をしてみろよ」

「わかった」


再度シミュレーション開始。

精一杯の笑顔を見せながら、タツヲが語りかける。


「ども、タツヲです。趣味はラノベ拝読とアニメ鑑賞とネットゲームと麻雀と猫の世話です。今読んでるラノベは、境界線上のホライゾンでテレビアニメ化にもなったファンタジーSFバトルコメディものです。文庫本の厚みを評して「鈍器」とも呼ぶファンもいるくらいほんが分厚いんですが、持ってるといざってときの武器にもなるし、枕にもなるから便利なんです。おおすじを話すと、人類が天上から戻った時代に人々は唯一人類が地球上で生活可能な土地、「神州」で改めて人類が天上へ戻ることを目的として、「聖譜」に従って過去の歴史を再現していた。しかし100年ごとに更新されるはずの聖譜記述がなぜか更新されず、世界は終焉へと向かっていた。そのなか、極東に唯一認められ…」

「ストーップ!!!」

「あ、え?』

「あ、じゃねえよ。どんだけラノベを語るつもりだ」

「いや、共通の趣味を見出そうと思って丁寧にさ」

「丁寧すぎるよそれ。というか、うぜえし、なんのことか意味わかんねーし、そもそも相手がラノベに興味があるかどうかもわかんねーし」

「だめか」

「だめに決まってんだろ」

「そうか…」

「こりゃ予想以上にだめだな。出たとこ勝負でやるしかないか」

「すまんこってす、こって牛」

「こって牛とかギャグかましてる場合じゃねーんだけどな。そろそろ相手もくるぜ」

「うわぁ;すげぇ緊張してきた」

「もう落ち着けとはいわんよ。せいぜい見苦しく足掻いて見せるんだな」


生涯の伴侶を求めるのは種族維持の本能によるものだが、ロマンチックに言い換えると互いの半身を探し当てるという壮大なドラマとも言える。
人はそれを恋愛と名付けて物語を紡ぎ出す。

どうなるどうするこの地球。
恋に地球も宇宙も関係ない。
あるのはこの刻、ただひととき。

タツヲに出会いはあるのかどうなのか。
それはまた来週の講釈にて。



スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>レッズ
ようやく復調
お前も体は大事にな
にしても歳は取りたくないもんだわ

No title

凸さんぶじかい?
藤井さんはレンジャーだからでーじょぶだとおもうけどw
おいらもパラコードとかメタルマッチがある12,7mmの弾薬箱にいれた緊急用品だしたわ
無事ならいいけど

藤井さんも凸さんも仲間ですぜww


レッズ万歳!!!!!!!!!!!!

なにかあったら出来る限りのことはしますよ

No title

>いのきさん
リアルも結構こんな感じっすよw

思わず手に汗を握るやり取りですねw

このペアで漫才やってほしいw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。