スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活の藤井1



合コン。

ある人にとっては単なる社交場。
またある人にとっては狩り場であったり、人生を賭けた勝負の場でもある。

合コンはファースト・インプレッションの比重が高い。
当たり前である。
お初の異性のことなんざ知るわけがないので最初は見た目でしか判断できない。

第一印象ではじかれるのは、加齢、不細工、キモオタ、デブ、ハゲ。
残念ながらこれリアルなのよね。かくいう己も対象内であることは言うまでもない。
涙を拭きながら気を取り直して話を進めよう。

さて、我らがダンディ、ミスター藤井。
コモエスタ藤井。アロハオエ藤井。マエストロ藤井、ポロロッカ藤井。
下田の種馬藤井、伊豆のdamerino藤井とさまざまな異名をとる藤井さん。

手練手管のくんずほぐれつの四十八手で女の知り尽くした藤井さんがこのほど合コンに参加した。
合コンといっても婚活を目的としたかなりお堅いもので、学生時代のコンパなどとはわけが違う。
皆、必死で真面目。最適なパートナーを得るために必死の決意で参加している。

なぜ藤井さんが合コンに?という疑問がわく。
藤井さんなら女なんぞ、よりどりみどりの五月みどりだろう。
そもそも藤井さんが婚活などとは片腹痛い。
夢は一夫多妻制のイスラム圏に行ってハーレムを作りたいと言っている男が一人の女に縛られるなんぞ…。
それに風俗店のみーちゃんやけいちゃんやぴーこちゃんはどうする?
惚れた女ができたならまだしも、藤井さんが真面目に婚活合コンに参加するなんざ世も末だ。
ファッキン、サノバビッチ、キスマイアスのシット野郎だ。
サルバドール・ダリの茹でた隠元豆のある柔らかい構造だ。

vc mh、j。g、hfds


まさか…もしかして守りに入ったのか?と焦燥感が走る。
盗んだバイクで走りだし、尖ったナイフで触れるもの皆傷つけてきた藤井さん。

「俺はもう落ち着いたよ」

昔の高卒ヤンキーが社会人になったら偉そうにほざいていた常套句。
そんな台詞を藤井さんも吐くのだろうか。いや、もうそんな若造でもないだろう。
しかし、歳をとってコンサバになっていく奴もめずらしくない。
いや守るものができると人はコンサバになりアグレッシブさを失っていく。
最後のアヴァンギャルドと云われ、2ch晒しのゴールド聖闘士にもなった藤井さんが…馬鹿な。
そんなことはありえない。藤井さんはいつまでたっても藤井さんだ。
しかしありえない未来を想像してしまう。嫌な予感は的中するものだ。

嫁さんもらって定時に帰宅。腰をかっくかっくさせながら戦闘態勢準備中。
嫁のエプロン姿にムラムラしながら「ご飯にする?お風呂にする?それとも…わ・た・し?」とか言わせるつもりなのだろうか。そして、事を行った後(SEX後)、タバコをくゆらしながら「よかったかい?」とか聞くのだろうか。
あまつさえ、仕事中に嫁にメールをしながら愛妻弁当を同僚に自慢しながらマイホームの購入を語るのだろうか。
うがぁああーーっ!やめろやめろぉ!そんなんは藤井さんじゃねえ!
俺たちの憧れた藤井さんじゃねえよぉぉぉ!!


頭の中に強烈な意識が流れ込んできた。
これは…そうだ。知人のあんときのいのきさんの声!

fbdsngmnljkk


はぁはぁはぁ…;

い、いかん、妙な邪推をいれて取り乱してしまった;

と、とにかく藤井さんは婚活を兼ねた合コンに参加する。
藤井さんの様子を俯瞰の4次元カメラ(どらえもんから借りた)で追って見よう。


1月某日午後6時。地元の公民館。
受付に記帳しながら緊張した面持ちの人々。
それぞれに正装した男女が会場に集う。
白い案内プレートには「下田パートナーズアソシエイツ主催:ゲッチュしてチュッチュッの会」と書かれている。

会場内は立食パーティ形式で既に100名ほどの人数が集まっている。
ほとんどが20〜30代の男女だが、中にはまだ幼く10代ではないかという風貌の女性も見える。
また、40〜50代とも見える男女もちらほら見えた。

「あのぅ…ちょっといいですかぁ?」

マッシュルームカットでもっさりとした印象の30代の男性。
眼鏡をかけてうす笑いを浮かべながら二十代とおぼしき女性に声をかけている。

「ジブリってどう思いますぅ?」

その台詞を聞いた女性はぽかんとして、次の瞬間「ごめんなさい、ちょっと呼ばれているので…」と、軽く会釈しながらその場を去った。その後姿にはあきらかな拒絶が見てとれる。
しかし男は女性を一瞥しただけで気にした風もない。ぶつぶつつぶやきながらまた他の女性を物色している。
みるからにオタ男である。服装はキャメルのブレザーの三つボタンでネクタイは二昔前のペイズリー柄。
シャツは紺色のストライプで短めの紺色のスラックスにアーガイルのウィングチップ。
セカンドバックはこれまた昔流行ったヴィトンのポシェットオム。
頑張っているようだが、可哀想なほど似合っていない。

「必死だなぁ…」

藤井はカクテルグラスの液体を飲み干すと苦笑いをした。
それぞれに気合いの入った格好。普段の自分よりグレードを上げながら虚飾の外観。
婚活。社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語が定着して7年ほど。
日本の婚姻事情はここ30年においてゆるやかに衰退の一途を辿っている。

ひとつの原因に意識の猥雑化が挙げられる。
価値観の多様化による生活への意識変動、推移。
結婚に価値観を見いだせない、またはしたくても諸事情の問題でできない。

日本の晩婚化は1970年あたりから見られ始めたが、現在においては非婚化が最も重要な問題となっている。
それは少子高齢化社会への懸念である。
少子高齢化社会は、若い労働人口の減少、及び消費市場の縮小につながり、今後の経済成長に多大な影響を及ぼす。
しかし、今の発達した日本の情報社会においてはどうしようもない課題でもある。
このさきの未来に希望を持てない世代が、結婚して子どもを育てていくという種の保存本能、原始的な本能を抑制してしまうのは仕方がないことではないだろうか。
未来が不透明になりつつある日本で未来が見えない人々。
昨今、幼児遺棄や児童虐待が毎日のようにニュースで流れ、責任、義務といった言葉をアナウンサーが連呼する…。
皆あきらめてしまっているのだ。
あきらめたらそこで後尾終了である。
よくよく考えてみると…
安西先生とかSEXする時ってあの腹は邪魔だろうな。

藤井はそんな超どうでもいいことを考えながら苦笑する。
あながちあのマッシュルームはまだ男の気概というものはあるのかもしれないと思う。少なくとも女を手に入れるために必死になれる。あきらめてはいない。
アプローチには多少難があるが、それでも草食系のむっつり君よりは可能性はあるわけだ。

藤井はオタ男を優しく眺めながら応援していると、マッシュが藤井の視線に気がついたのか目がぱちりと会った。

マッシュは罰が悪そうにペコっと頭をさげて笑顔を見せた。
藤井は頷きながらピースサインでエールを送った。

cxvfdszvdrmujyt


「ふっ…頑張れよ。マッシュ」

藤井は勝手にあだ名をつけていたが、胸の名札をみると野々村と書いてあった。

開始から一時間ほど経ち、いきなり会場の照明が落とされて壇上にスポットライトがあたる。
円錐形の光の下に若い女性がマイクを持って現れた。
主催者側の司会担当である。

「皆様、宴もたけなわではございますが、ここで我が社恒例の【ちゅっちゅっBINGO大会】を開始したいと思います!」

会場内に軽いどよめきが起こる。

「もちろん、タイトルのとおりただのBINGOではありません。来場前に受付で配布されたBINGOカードに記された番号を見ていただけますか」

藤井はポケットからBINGOカードを取り出した。

Male

上部の黒帯部分に白抜きでMale5963と記してある。
藤井はこのゲームの仕組みをすぐに理解した。

ははーん。
なるほど。女性はFemaleの4桁の番号で同じ番号を持つペアでBINGOをやろうってことだろう。
これなら強制的にパートナーができあがり、お互いの話題作りのきっかけにもなる。
にしても…タイトルが気になるところだ。

【ちゅっちゅっBINGO大会】って何やねん。

藤井がカードを眺めながら、司会者の説明は見事に的中していた。
景品は色々豪華なようだが、3位までにはサプライズ企画を用意しているらしい。

「やれやれ…だ。ま、俺の目的は別にあるのでどうでもいいっちゃいいが」

周囲では同番号を探す男女が声をだしてパートナーを探していた。
さすがに150名を超える男女が入り乱れると、てんやわんやの大騒ぎだが、老齢の男女は会場の隅のほうに集まって何やらグループを形成している。
説明では、年齢をある程度考慮した組み合わせになるように配布したようだ。
比率としては高齢の男女はそう多くないので固まってパートナーを探した方が効率はいい。
さすがは歳の功といったところか。

近くにいた若い女性がすっと寄って来た。

「あの、すみません…もしかして5963の番号の方ですか?」

fdgbngjmtdmg

声をかけてきたのは、すらっとした美女…いや美少女だった。
顔は化粧をして大人びてはいるが、背丈はハイヒールでごまかしても160cmもない。

フラグがたったか…。

藤井の脳裏に咄嗟にあるビジョンが思い浮かんだ。
危険を察知すると藤井には特殊能力のサイドエフェクト「avoid」が発動する。

fdbnfm,yuygf


ていうか、状況に全然関係ない映像だった。

【婚活の藤井2】に続く。


スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井
まいっちんぐ藤井さん!

No title

自分を解き放つ!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。