スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃかんじゃ【後半】


多分あのOPの原型?とわかる人はわかる秀逸なOP。しかし内容はイマイチ。タイトル思い出すまで時間がかかった

結局のところ、冤罪というものは電車の痴漢行為と同じく思いがけないタイミングでその身に降り掛かる。
やってないのにやったと疑われて日陰の人生へらちょんぺ。

あの会議から既に一週間経っていた。
アルミン藤井は、対話する間もなく混乱に乗じてログアウト。
正体も掴めず藤井の評判はますます悪くなっていく。
藤井=ブロントさんと褒めそやす者もいる。
しかも藤井のみならず、織田の執行部に直接苦情がいくような事態にまで発展していた。
執行部の誰それから厳重注意のおしかりを受けた。

やってないのに;どうして信じてくれないぽ;;
以前、会議で藤川みさおがスパイ容疑をかけられた時も同じである。
ただ、みさおの時はかばってくれる仲間もいたし擁護してくれる者もいた。
だが藤井はいまや完全にアウェイ感でいっぱいだ。
信じられるものは誰もいない。タツヲでさえ半分は見限ってるような風にも見える。

みさおと高崎に相談してみたら
m9(^Д^)プギャー
一笑にふされてオワタ。ことの重大さをまったくわかってなかった。


とにかく、これでは織田の城下も暢気に歩けない。
童たちは藤井を見ると、浣腸するてぶりをして追いかけ回してくる。

さすがに、これを見かねたタツヲからは、今は大人しく静観しておくべきと釘を刺された。
以来、藤井はここ一週間、屋敷で隠遁生活を強いられている。

今日も今日とてゴロゴロしながら、屋敷で酒をくらっていた。
円形のテーブルに対峙して座しているのは、織田の良心と言われている高崎である。

「藤井さん、飲み過ぎだモナー」

ぎこ猫モナーのかぶり物をしてRPをするのが、最近の高崎のお気に入りだった。
藤井は幾分赤くなった鼻を親指でこすりながら気に入らなさそうに高崎を睨んだ。

「うっせぇ!ほっといてくれ!この徳利のお猪口もの!単細胞のスルメイカ!」

「意味がわからないモナー」


怒鳴ったかと思えばべそをかいて今度はぐずりだす。

「高崎っち〜;だって、みんなひでぇんだモンティパイソン株で損」

「っち〜とか言うの止めて欲しいモナー」

「戦友がピンチなのになんだよ!なんだなんだなんなんだ、その冷静さって手羽先き4つの持ち帰り」

「…いいおっさんが泣いてる姿がこれほど醜悪だとは思ってなかったモナー;僕もう帰るモナー」

「待てよ!待って!待って、横浜ブルーライトのエアプレーン」

腰を上げようと高崎の腰にすがっておどけてわめく
言ってることは意味不明。

「離してくれってばモナー」

「まぁまぁ座ってちょんまげ提灯ハルマゲドン。おっ、そのお守りきまってるじゃんトウバンジャン」

「ううっ;寒いダジャレのオンパレードで頭がもう;」

「外も歩けないこんな世じゃ高崎さんだけが頼りなのよ;ほら、俺ってもう有名無名チャーハンうめぇ、なんてね。そんなわけだから一人にしないで;」

酔っぱらって支離滅裂な藤井は笑ったり泣いたり落ち込んだりと感情がルーレットのように回転している。

高崎はうんざりしながら、座り直して胡座をくんだ。
テーブルの皿に盛られたエイヒレをつまむんで齧る。

「だいたい藤井さんさぁ、この前僕が貸した50万貫もまだ返済してもらってないモナー。狩りもしないでこんな生活してたらあっという間に困窮して神保町で空缶拾いの生活だモナー」

藤井はかぶりを振りながら真っ赤な目を擦って笑う。

「だいじょびだいじょび。知行で稼いだ資産はあるから問題ナシの桃栗3年柿8年」

「なら当分心配ないか…って、だったら金返してよモナー」

「と…云いたいところなんですが、おっしゃるとおりの青山通り。7垢全部の装備新調してすっからかんのカンで愛は勝つ。なんちゃって」

暢気な口調でおどける藤井に高崎はカチーンとゴチーンときちゃったりなんかして。

「おいハゲ。冗談だろ」

高崎の口調が変わっている。

「俺は禿げてねえし!高崎っち、キャラ維持できてなくない?なくなくない?のスチャダラパー子」

「…そんなことより僕の50万貫はどーなるモナー?」

「知らねーけど、大丈夫ブイの金曜日なんちゃってー」

「ぷちん!!」


きれた高崎は藤井の顔にエイヒレ掴んで力一杯なげつけた。
そのエイヒレを顔にくっつけながらも藤井はエイヒレ齧る。

「ナニするカニするペロッとタン塩!」

この期におよんでまだ寒いギャグを続ける藤井。
もう何を言ってるのかすらわからない。
いよいよ高崎の怒りが頂点に達するかと思われたその時、藤井の視界に見慣れないPCが現れた。

「あーーーーーっ!!」

「う?」

アルミン藤井と表示されたそのキャラ。
まさしく、藤井がこのような窮地に立たされている元凶がそこにいた。


「お、おまえってば、やっぱし八つ橋、アルミン藤井!」

藤井は震えながらアルミン藤井を睨みつけた。
それを気にもせずぺこりと会釈をしてアルミン藤井は藤井の前に立った。


「藤井さん、悪かったね」

「なんだなんだぁ?」

偽物の意外な謝罪に身構えていた藤井は拍子抜けをした。

「実はこのキャラは藤井さんにゲーム内から対話を送るただのメッセンジャーのつもりだったんだが…」

「メッセンジャー?それって何なのそれって日テレ。あっ!!あんた、まさか…」

「ふふふ…」

そう云うと白い子犬に化けた。

「誰だよあんた、わかんねーのよ、ねーのねーの」

「あっしでやんすよ」

「だから誰だってばさのアンバサダー」

「ふ…まだわからないのかい。あっしだよっ!さすらいの神典巫女!」

「…!!!!」

藤井は言葉に詰まった。

「お汀さん!!」

「くくく…。ようやく気がついたね」

「正体はお汀さんだったのか…知らんかったんドテチンヤリチンレンジでチン」

「藤井さんしばらく見ないうちにキャラ変わったねえ。広川太一郎にでも嵌ってんの?」

「キャラはどーでも、とにかくそのキャラのせいで、偉い目にあっちゃてるんだぞなもしかして」

「らしいねぇ…。すまんこってすこって牛」

「こって牛じゃねえよwwwwwwどーするこーするこの状況って、あーた何とかしてくれたまいのピカピカキッチンクレンザー」

「申し訳ない。されど、まぁ…人の噂も15年と言うし気にしないことだぁね」

「ちょっw解決になってないじゃんジャンバルジャン!」

「レ・ミゼラブルかぁ…。今の藤井さんにいい言葉を授けよう」

「なんだい、そりやトナカイサンタはこない」

「最高の法は良心です。マドレーヌ市長がファンティーヌを逮捕しようとするジャヴェルに語る言葉よ」

「そんなんいいから今は冤罪をなんとかしてくれたまいのアナゴ」

お汀は藤井の必死な様子を見て少し考え込んだ。

高崎はポカーンとして無言で成り行きを見ている。
爆発しそうな感情をお汀の出現によって吐き出せずにいたが、徐々に怒りはおさまってきていた。
それより何よりお汀の藤井に対する対応が妙に可笑しくて笑いすらこみ上げてくる。
お汀は藤井にとっての天敵なのかもしれない。
そう考えているとさきほどの刺々しい気持ちは霧散して、菩薩の相になっている。
おだやかで満ち足りた面持ちで、二人のやり取りを見守っていた。

xfbnmtf,fkjnzeb
↑モナー高崎 菩薩の図


一方思案にくれるお汀は─

dfszvbsrntr6tjfmfyg
やる夫になって一心不乱に考えていた。
しかしだんだんめんどくさくなってきた。

「藤井さん」

「おっ?」

お汀が声をかけると、藤井は何かよい案が浮かんだかとせかすように聞いた。


「いやまったく…。もう眠いし今日は落ちるね」

「おまえwwwwwwwww」


そして、正座したかと思うとフッとアルミン藤井もといお汀の姿は消えた。

藤井は無言でその場で屹立していた。
犯人はわかった。目的もわかった。アルミン藤井は間者ではなくお汀のメッセンジャーキャラだった。
武田が織田に圧されているのは、単純に織田が武田の力を上回っているだけのことだった。

間者なんかなかったんや!

大声でそう叫びたかったが、誰がそれを信じよう。
一度貼り付いたレッテルはなまなかなことではひっぺがせない。
お汀もあの調子では申し開きをしてくれるとは思えないし当てにならない。
かといって、あらぬ冤罪で武田・織田両国に忌み嫌われるキャラになるのもしんどい。

とうとう藤井は過激な最終手段にでた。
2chの晒しによるマッチポンプである。


96 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 9:08:20.35 ID:+zWzt0TX0.net
なんか色々もめてるけど藤井って間者だったのかな?

97 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 10:05:53.86 ID:qS3Nwa1N0.net
知らんがな

98 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 19:38:56.20 ID:CYZvpMwK0.net
>>96
藤井は、ああ見えて正義感は強いけどな そもそも間者なんてめんどくさくてやらんだろうよ
あいつは基本いい奴だよ
少なくともこんなゴミためにいる奴らよりはな

99 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 15:55:15.00 ID:Z/ZEmNDO0.net
>>98
藤井乙 浣腸 してますか?

100 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 18:39:46.24 ID:RDyWgrnQ0.net
糾弾中に逃げ出したらしいな

101 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 11:55:07.26 ID:wZftNQnkS
藤井=あにじゃ

102 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 22:55:02.42 ID:xQKTlxRu0.net
>>98
藤井さんちーっす

103 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2014/12/2(火) 18:18:17.13 ID:YxHcLLUr0.net
>>98
清々しい自演すぎて草も生えない




xcbvgfnhmgsa

余計、評判が悪くなった。


その後、藤井の姿はタッチャマソと新宿の二郎で一度確認されたが、それ以降、藤井の姿を見た者はいない。

数年後に、友人だった地獄突は「藤井がこの世から消えたなら」を自費出版するが、
まったく売れずに自己破産したという。

つるかめつるかめ。

【おしまい】




スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>いのきさん
いやぁ寒いね!サミーデービスながらも都会に雪はまだまだ遠いのれす

凸さんとみさおさんのお寒いギャグのお陰で北海道に大寒波が来ちゃった。マジさみぃ…

No title

>藤井さん
(´^ω^`)

No title

LINEを久々に見たらマソの部屋で「彼女ができた」ってメッセージが着てた

そっと閉じたヽ(`Д´)ノプンプン
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。