スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀のカリー

fdbnghmrsen

藤井は唐突に金沢カレー「カレーのチャンピオン」のウインナーカレーを食べたくなった。
しかし、わざわざ金沢まで出向いてカレーを食うバイタリティはない。

その日、仕事から戻って夕食を済ませ両替前でアイテムを整理していた。
すると背後から何やら異様な気を感じた。
振り向くと、織田の知人の高崎だった。

「高崎さんか。脅かすなよ」

藤井は思わず安堵の呼気を吐き出す。

「藤井さん、実は大変なことが…」

顔に斜線を入れながらの震え声。
何やらどてらいことが起こっている様子。

「どうしたの」

もう落ちようかと思っていた藤井は、眠たげに声を出す。
深夜のトラブルはご免被りたい。
それでなくとも最近不眠症で寝不足なのだ。

「土曜日に彼女とデートなんじゃけど…」

高崎は広島在住なので広島弁である。
普段は標準語のチャットなのだが、極度に緊張したりてんぱると広島弁になる。

「いいじゃん。てか自慢したいわけ?」

藤井はうんざりした口調ではねつける。
人のリア充自慢ほどネットゲーマーにとってうざいものはない。
泥水を飲まされるような気分になる。

「いや、違うんだよ。実は彼女が大のカレー好きなんじゃけど、ワシ、カレーは苦手ってしっとるよね?」

「そういや、カレー嫌いだって言ってたね。めずらしい」

「そんで彼女が、どうしても一緒に新装開店のエチオピア70倍激辛カレーを食べたい言うとるのよ」

「70倍!!そんなん食べたらカレー好きでも気絶しそう」

「じゃろ?嫌いなうえにそげなもの食ろうたら、ワシ、気絶どころかインポになって頭髪が抜けて痔になってしまう;」

高崎は半べそをかきながら頭を抱えている。

「彼女は知らないの?高崎さんがカレー嫌いってこと」

「知らないどころか、ワシと彼女が知り合ったんはカレーが縁なんよ」

「はぁ?」


高崎は2か月前に街で新装のカレー屋のビラを配っている彼女と知り合った。
彼女は二つ下でセミロングであどけない笑顔に一目惚れ。
ストーカーぎりぎりのアタックで一カ月かけて口説き落としたと言う。

ビラを渡された瞬間「カレーお好きですか?」と聞かれて
思わず「大好きじゃ!」と答えてしまったらしい。
カレーじゃなくて、彼女に向けた言葉だったようだが、当然それは伝わらない。

彼女はカレーキチガイといっていいくらいカレーが好きだった。
世界中のカレーを食しながらカレー評論家になりたいとまで言っている。
下ネタも大嫌いだった。
一度、関係もほぐれてきた頃に冗談で高崎が「カレーもいいけど俺のカリも食べてみない?」とセクハラジョークをかましたら、グーで殴られて前歯が折れた。
高崎はカレーを以前にも増して嫌いになったのだ。

「カレーなんていたしげな料理じゃき、わしゃぁ嫌いなんよ」

「いや、単純な料理だとは思うけど…。とにかくそりゃ正直に言うしかないんじゃね?」

「カレー嫌いの人とは絶対つきあえん!とまで言うんじゃもの…。とてもそがぁなこと言えん;」

「といっても、70倍とか命にかかわるぞ」

「惚れた弱みじゃけぇね。困ったことになったわ(○´w`○)」

高崎はぐったりしながらも、顔文字では多少の余裕をみせた。

「顔文字見る限りでは余裕あるじゃない」

「なんの。腹きめにゃあいけんのはわかっとるけど…」

「愛のために死ぬ。それもまた人生!」

「まったく、藤井さんは人ごとじゃゆぅて思うて;」

「だって人ごとだもの。自分が撒いた種は自分で刈り取るのがクリトリス!」

「つまらん…;あんたの冗談はどれもこれもつまらんけぇ;」

肩をがっくり落とす高崎を見て、藤井はちょっと気の毒になった。
それに高崎はこのまま死なせるには惜しい人材である。

藤井はポンと手を打って高崎にぼそぼそと耳打ちをした。

何かいい知恵を授けたようだ。
聞いてるうちに高崎の顔に生気が戻ってきた。

「おぅ!そりゃぁええ考えじゃ。それでいってみるよ!」

声も明るく高崎はログアウトしていった。
藤井はにこやかに笑いながらそれを見送っていた。

藤井は高崎に一体何を助言したのだろう?



─数日後の信オン 織田城下

「藤井さん、大変だよ!」

インするといきなり織田の藤川みさおからチャットが飛んできた。

「みさおさんか。何だ大変なことって」

「高崎さんが大変なのよ!」

「大変?もしかしてカレーのことか」

「そうそれ!激辛カレー食べて倒れて入院したらしいよ!」

「あれ、おかしいな。いい方法授けたのに」

「70倍のカレーとか正気の沙汰じゃないよねえ。あたしだったら口から火が出そう」

「あんたは火どころかいつも毒を吐いてる件」

「うるさい!ハゲ」

みさおは相変わらずの捨て台詞を吐いてそれっきりだった。


高崎さんにリアルメールしてみるか。


LINEで「大丈夫?」と連絡してみた。


すると

cv hmk。、gfdtrせあw

と、画像つきで返答がきた。

藤井はすかさず

cbntgdfmzren

と、返す。

秘策を授けたのにどうしてこうなったと藤井は聞いた。

藤井が授けた秘策は、エチオピア支援NGOのビデオを彼女に見せて、
貧困に喘ぐエチオピアの印象を悪くしようと画策した。

毎年およそ2万人のエチオピアの子どもが、売春や紡績工として1、2ユーロ(150円~300円)で売られているといった暗黒面などを見せながら、エチオピアカリーへの食欲を減退させようと姑息な手段を思いついたのである。
アフリカの政治情勢に詳しい藤井ならではの施策であった。
普通のカレーならば、苦手ではあるがまだ食えなくはない。

しかし、70倍はカリー初心者には生命の危険を伴う代物だ。
もちろん、彼女は高崎のことをカリーのセミプロぐらいに信じ込んでいる。

高崎はレンタルビデオ店でNPO法人が監修しているDVD「貧困にあえぐエチオピアを救う」を借りてきた。
彼女にはカリーを食う前にその国の文化を知っておこうと、ていのいい誘い文句で部屋に呼んだ。
もちろん鑑賞したあとはむちゃくちゃSEXをする予定だった。

─が

彼女DVDを見て大泣きするほど感動した。
そして、これはもう是が非でもエチオピアカリーを食べてエチオピアを支援しなければと、使命感を沸き立たせてしまった。まったくの逆効果だった。
高崎は「見直したよ!ありがとう」と抱きつかんばかりにお礼を言われ、悪い気はしていなかったが、彼女はいそいそと自宅に戻っていった。何でもエチオピアのことをもっと知りたいと、ネットで調べたいというのだ。
SEXはおあずけになった。
高崎はこんなことならエロも借りてくればよかったなと後悔した。
これが俗に言う後悔チンポ勃たずである。
せっかくの藤井の秘策も、逆に彼女のカリー嗜好に火を注ぐ結果となったのである。

当日─
そして、断りきれずにとうとう70倍カリーを食する羽目になった。
彼女は運ばれてきたチキンカリーを美味しいと言ってペロっと平らげた。
辛いといってもたいしたことないねと汗を書きながら余裕の表情。

ここで高崎は男を見せた。
とにかく完食する。
「じゃけぇ」と云いながら口に紅いダイナマイトをほうばる高崎。
半分食ったあたりから気が遠くなり目が霞んできた。

最後の一口をほうばって、水を大量に流しこむ。
人間あまりに辛いと「辛い」というより「痛い!」と感じる。
味覚から離れて痛覚のブロックに神経が移行するのだ。

しかしもはや高崎の感覚はそれすら通り越して、ドラッグをきめた浮遊状態、トランス状態に陥っていた。
回りの景色は極彩色のサイケデリックな文様に渦巻いている。

高崎は「じゃ…けぇ…」とひと言発するとそのまま後にぶっ倒れて救急車で病院に運ばれた。
そして現在に至る。
心不全で一時、心拍停止に陥ったらしい。
その後もぴくぴく痙攣しながら、カリッ!カリッ!と叫んでいたようだ。
まさに命懸けだった。高崎は三途の河の一歩手前が見えていたらしい。


燃え尽きたぜ。真っ白になぁ

LINEでの返信には何かをやり遂げた男の意思が伝わってきた。
彼女は先ほどまで横について看病していてくれたらしい。

彼女とはこれからもつきあうのけ?

そう藤井が返信すると

xcvbdrgnfmneabsr


高崎の微妙なAAから、藤井は全てを察した。

今日はカレーを作ろう。
そう思った藤井であった。

スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>マソ君
金沢いきてーっ!

>藤井さん
いってねーよw

No title

カレー味のうんこならたべれる!って高崎さんがいふてた

No title

金沢に来たらハントンライスってのを食べて見てくだだだだだだだだだ
ps月末にネット復活!

No title

>みさおん
ハヤシライスも対比でネタにしようと思ったんだがめんどくなったのだ
お茶の水あたりにハヤシライスの名店があった記憶しているが、
行ったことあったようななかったような…

>高崎さん
カレーが嫌いな人って多分生まれて初めて会った
職場付近は都内でもカリー王国ってぐらい店が多いよ!
あんま行かないけどねw

No title

NoカレーYESハヤシ

No title

カレーもいいけどハヤシもね♪いつも口から愛があふれているみさおですヨ?!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。