スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘からでた藤井さん




bob marleyは素晴らしいなぁ。
こんな感じでビー・オーライで過ごしたいものだ。

おっとそれはともかく間が空いてしまったな。

ここ一週間ほど、2020年東京オリンピックに向けた業務のプレゼンで四苦八苦していたのだ。
最初に案件を営業から聞かされて、体制と案件内容の規模を考えて「こりゃ無理だろ」とNGを出したところ、
ボスから、とにかく参加だけでもと厳命が下る。

いや…参加するのはやぶさかではないけど、スタッフは?と聞くと、

結局、俺だよー!ーもぅー!。
俺しかいないのはわかるが、ほんとこれだけの規模のプレゼン制作を俺だけでやるとかたまらんわな;
もう慣れたけどねえ。
自転車創業の企画会社なんざ大手代理店のマンパワーに敵うわけもないし、
そもそも日本のプレゼンのやり方は嫌いだ。
プレゼンフィーが発生するものもときたまあるが、それも寸志と言った程度で、とても労力に見合うものではなく、しかも大規模なプレゼンなど、電博クラスが絡んでくるとデキレースになる場合も少なくない。

まぁ参加するだけならと、適当にアイディアを出して提案書などをせっせと作る。
プレゼンは日頃つきあってる代理店の面子をたてるために参加することや、数合わせに参加することが多いので、今回も流してやるかと思っていた。

が、なんかポンと降りてきたアイディアで半分冗談で作ってみたら、協力してくれる会社のスタッフから、すこぶる評判がよく、なんか本気モードで取りにいくスタンスとなってしまう。

しかし、結局のところ、ほとんど俺がやるはめになっている。
いつもこうだよーもぅー!
構成、企画、編集、デザインを俺一人でまかなっているので、大手と相対した場合、提案の総合力では勝てる気がしないわけで。

つーか無理ゲーだよな。凡人にはどう頑張っても超えられない壁があるのよ。
提案書を見せた時に協力会社のプロデューサーに、「●●さんは優秀だねぇ。見かけによら…っと失礼(笑い」とお褒め頂いたのだが、まぁ、長くやってるし俺の年代の制作者なら普通にできることだと思う。まぁ評価して頂くのは素直に嬉しいし、これによって、別の案件を依頼されたのは収穫だ。

俺の風貌を見てデザイナーに見える人は皆無だろう。どう見ても水道橋でチケット売ってるダフ屋か、パチンカスにしか見えないよな。それは自分でも認識している。
高級レストランで、ノーネクタイはNGと言われて、裸になってネクタイを体に描こうとした藤井さんと同じくらいに、らしくないデザイナーである。というか今はチンピラみたいですれ違う小学生の児童が怯えている。
無常なり我が人生。

とにかく今回のような大規模なプレゼンで、キャンディキャンディ状態じゃどうしようもない。
だが、今回は一つの強力な武器を擁するころができた。
これは他社との差別化と競合した場合のイニシアチブを十分にとれるものだと、今までの知識と経験から見て確信している。
あくまでも俺の見解の範囲ではあるが、仕事に関しては絶対に希望的観測なんぞはまず持たないのだ。
何より自分がきついと感じた時点で、納期にしてもトラブル時のマージンも十分にとって考スケジューリングするし、予算も過度な期待などしない。
が、今回ちょーっと期待はしている。ちょっとだけどね。

細かい内容は話せないが、とにかくこの案が通って成約に至ればその金額以上に面白いことができる。

まぁ、俺の頭はいつまでたって小学生なんだなとつくづく実感した。
だからこそ、こんな無茶な提案ができるのだと我ながら感心もする。

本気モードになった時点で協力会社のスタッフもアクティブに動き始めてくれた。
版権使用の許諾や監修者への打診やら、さすがにこちらにはないスキルを発揮してくれて
お膳立ては今までになく盤石万全である。

成約したらすぐに動き出すビッグプロジェクトなので、はてさてどうなるか。
20社以上の参加の中からこれを勝ち取れば、在籍している会社への恩返し&置き土産にもなるだろう。

そろそろ、色々と思うことあり、遅まきながらの第二の分水嶺となるやもしれない。
といっても、これが成約に至ったらの場合だが。

勝率は…まぁ、CR北斗の赤保留(30%〜)ぐらいかなあ。
期待値は高いってぐらいだと思われる。他社の提案はもっと完成度が高いと思うしね。

ひょんなことから出たアイディアが、ここまで周囲を巻き込んでのマジモードになるとは思わなかったが、ここらでひとつエポックメイキングをしておくのも悪くはない。
何を成したか?というのは男の仕事にとって重要だ。

それが、他人にはわからなくてもいいのである。
自分の中で光続ける実績であるならば。

よく、捨て案で出したデザインが決まってしまうことがあるのだが、よく練り込まれていて完成度が高くても世に出なかった制作物は数えきれないほどある。

そんな埋没された制作物にいつか光を当てる事が出来たら、デザイナーとして生きた人生は金はなくとも充実したものであったと笑って死ねるだろう。

しかし、仕事がない時はほんとないけど、重なってくるとほんとに重なるなぁ。
来週からが憂鬱だ。ああ憂鬱だ。

追記:博多ラーメン 麺バリカタ美味しかった

では最初の三連休。
俺たちは2年ぶりに藤井さんに会いに行ってきます。
藤井さんは死兆星を見ている。哀しい男よ。

みんなも事故には十分注意して秋の連休を満喫してくれたまい。
では、よき週末を!

スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>かずは
上手いかどうかはわからんが、美味いトンコツは確かにあるぞえ

>藤井さん
色々お疲れでした!今度はダイナムで会いましょう!

No title

まんこ!

フッ俺は有名な晴れ男なんですてぃんてぃん
昼寝して起きたら勃起してた件

替え玉バリかたでー!

東京に上手い博多ラーメンなんて
あるのかい??

ふじーさんによろしこ!!!

雨女が関東上陸、覚悟されたし。
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。