スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都とワールドカップ

cfxbnhgvkjct

京都初日 保津川下り。1時間半ほど下って嵐山に到着する。
速度はゆっくりで時間も長いのでさすがに飽きる。半分の時間で十分。流れが速いときのほうが爽快感がありそう。
船頭もそんな間延びする時間を如何にトークで盛り上げるかがキモとばかりにしゃべりまくっていた。
3人の船頭がつき、石を避けながら見事な操舵には感心した。

cvdfzbvsas ge
嵐山に到着して昼食。社長は1人、車で移動していて待機の間に食事の手配。
社長の旅行中の手際の良さと仕切りにはほんと感心する。
せっかくだからと料亭で食事。こーいう太っ腹なところがありがたい。
さすが京都。脂っこくなく薄味だが、単純に薄い味気なさというのではない。
川を眺めながら楽しい食事についつい顔もほころぶ。


xzsgvesrtjrsz
食事がすむと裏手側から嵐山の大通りへと向かう。
その道すがら、人力車に乗った舞妓と出くわす。
これは結構レアのシーンだろう。さきほどの料亭でも座敷に呼ばれていた芸子がいたが、外に出たとたん写真を撮られたり、人だかりができる。タクシーを待たせてあるのだが、丁寧に応対している姿が立派。大通りで土産を物色したり。人が多い。特に修学旅行生が目だつ。

cvbdfngfrxmhs
世界遺産の竜安寺を巡る。見事な竹林で人が少なければ尚よしだった。
着物姿の若い娘も多くみかけられ、華やいだ雰囲気がある。
聞こえてくるのはアジア、主に台湾、中国語があちこちから聞こえてくる。
これはほとんどの観光地がそうだった。
そこから嵯峨野付近を周遊。

xscvcsdbeasbs
ホテルにチェックインして、しばらく休んで鴨川付近で食事をしようということになり、再び車で移動。
予約はしていないが、歩いていていいところがあったらと祇園から先斗町まで歩く。
祇園は風情があって心惹かれる店ばかり。夕暮れに小橋が掛かった路地に川が流れてこれまた風雅。
今度来る時は是非立ち寄りたい。

先斗町(ぽんとちょう)は、鴨川の川沿いに新宿ゴールデン街や横町を小綺麗にしてまっすぐ繋げたような場所。歩いていて非常に楽しいし、やはり古きよき名残の風情がある。

写真は先斗町の居酒屋の二階。15人は楽に入るだろう部屋をたまたま貸し切り状態。
まるでどこかのクラブのような室内だが、れっきとした居酒屋である。
外の1階は川沿いのオープンテラス風なのだが、こっちのが全然よかった。上から眺める鴨川は素晴らしい。

dsvfbsendr
コース料理のメインディッシュは石焼のサーロインステーキ。
とろけるような肉の味わいに酔う。他の前菜もとにかく美味かった。
酒はEXTRA COLDビールの飲んだあと、京都の地酒を2合。これもまた美味いのだが日本酒を飲むのは俺だけ。
ちなみに、社長と専務はまったくの下戸で飲めない。だから車で移動も可能。
更に社長は車の運転が好きで、自宅でもランドローバーを所持していて長距離運転でも大きな車両でも苦にしない。ありがたいことにまったく気兼ねなく飲める。
楽しい祭りは更けていく。
素晴らしきかな先斗町の夜。

ホテルに戻って12時頃まで部屋で缶ビールを飲みながらテレビを観る。
さすがに1時開始の試合は観れずそのまま爆睡。

翌朝、バイキングの朝食を営業のTさんと業務のI君と3人でとる。
この二人、仕事で衝突しても旅とかで揉めることは一切ないし、わだかまりもなく普通に仲がいい。
まぁ旅中に揉めるようないざこざの種はあるわけはないから当たり前か。

社長は既に朝食を終えて、日本代表のユニフォームに着替えて観戦に気合いを入れる。
10時にチェックアウトだが、観戦のために12時まで延長させてもらい、中国からの研修生のKさんをのぞいて社長の部屋で日本戦を観戦。
Kさんは、まだ大学を出たばかりの若い娘さんで日本びいきだ。戦国や新撰組の幕末の話が大好きで、好きな武将は直江兼続という。自分で漫画のイラストも描いて、中国で最大の人気を誇るMMORPGをやっている。
オタクというわではないが、まぁこっちよりの人ではある。関係ないけど眼鏡っ娘である。
しかしサッカーにはまったく興味がないので、昼まで清水寺周辺を一人で観光するということで、社長が車で送っていく。日本語は普通にペラペラなので問題はない。まぁ英語も話せるし。

いよいよ試合開始。

前半、本田のゴールのみんなのテンション↓
dfesrhtfydfft


観戦後の社長のテンション↓
nb,jhkhktd

よくも悪くも社長のがっかりした姿が漫画みたいで吹いた。
コロンビアとギリシャには勝つから大丈夫!と慰めたら、「無理無理無理ィ〜〜!!」とDIOのように言われたので更に吹いた。

でもまあ、これで終わったわけではないので頑張れ日本!
どうせ命を取られるわけじゃなし。

さて、帰る前にこれだけは食っておかないと!と社長のお勧めのラーメン屋に行く事に。
新福菜館本店。焼飯とあわせて食うのがスタンダード。

cdsvbestnhrst

見た目ほどしつこくなく、あっさりしている。麺にコシがあっておいしい。
しかし、朝食を食い過ぎたので、味わいも半分くらい。でもうまかった。


新幹線の時間を考えて、もうひとつ名所をを考えていたところ、社長が運転しながら、鳥居がばーっつと並んでいるところに行ってみたいと言う。

ん?まさかそれって…

と思ってたら、やはり「いなりこんこん恋いろは」の聖地、伏見稲荷だった。
ナビで探して目的を目指す。即興のアドリブも交えながらの旅はこれだから面白い。
稲荷こんこん

調べたら京都駅から結構近くレンタカーも返却しやすい場所にあった。

写真は京都 伏見稲荷の境内前。いなりとウカ様が出迎えてくる。
「いなりこんこん〜」のスタンプラリーも開催されていた模様。
更に右側では今風のイベントが開催されていて、これも柔軟な近代化なのかと首を捻る。
ま、なんだかんだで神社も商売だし。
sdvavaa

1000本あるという鳥居。
これはなかなかに感動する。よくアニメなんかでも使われてる情景。
ず〜っと登ってやっと頂上かと思ったらまだ半分だったという。
山肌を登っていくのだが、割と楽しいし気持ちがいい。時間があれば散策気分でお勧めだ。
アップダウンがきついので、2時間コースらしいが、健常な男の足ならそれほど時間はかかからない。
時間の都合上山頂まではいけず断念。

というわけで、駅に移動して、新幹線。
京都の旅はこれにて終了。

味わったことのなかった京都に目から鱗が落ちる。
快適でいい旅だった。京都よ。またいつか。

しかしこの時期に雨が降らなかったのは希有だ。
やはり俺は持っているのかもしれない。

ふふふ。

ってさすがに、旅明けの月曜は辛い。
ああだるいわ。

ではまた一週間WCを楽しみながらいってみますか。


スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
俺も嫌な予感はしたwフラグびんびん物語!

>みさおん
夏の開幕はタツヲんちの猫ちゃんいじりからだよ!

No title

凸さんも高崎さんも雨女の私と旅行に行きませんか^ー^ ウフ
人生一度でいいから舞妓さんのコスプレしたくないですか?!
そして人力車に!うぷぷぷ

No title

日本が先制したと聞いたときは負けると確信した
絶対守りに入るから先制すると無理なんだよねw

No title

>高崎さん
二人で「持ってるブラザーズ!」を結成しよう!
台湾もいいねえー。次は台湾かなw

No title

同じ時刻、高崎は台湾でW杯を観戦w

予定をずらしてまで見たのに。。。

ちなみに、台湾も2週間ずっと雨だったのに

移動するとこ雨降らずw

凸さんに負けずに俺も持っているwww

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。