スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙腺弱く鳴高し


真田きゅんがモテモテ。繋ぎはてきとー。
歌は慶次の「涙桜」。



戦乱の時代の遥か前。
平安雅の時代に名を藤井という若者あり。

この藤井という男、骨柄もよく人品卑しからず。
里を離れた草庵にひとり身を置く酔狂ものだが、文武に優れ、野に人ありと云われていた。

あるとき友人である凸というものが訪ねて来た。

「鳴り高し!鳴り制せん!」

玄関に提げられた葦簀を払いながら、大声を上げている。

藤井は耳を抑えて「うるさーい!」とめずらしく声をあげた。

すると凸はにっこりと嗤いながら、持って来た酒の瓶子を差しだした。

「おう、これはこれは」

藤井は気を取り直して釣ってきた鮎を焼き始めた。

軽く炙って更にのせ、酒の肴とした。

「うまいなこの鮎」

「この酒も美味いな」

日が暮れて蟲が鳴き出しても、この夜会は続いた。

まぁ平安ですから平安な日々ということで。
今日は曇ってるしオチなしでござる。


また明日でござる。

スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
レッズはともかく上洛するならどんちゃん騒ぎしよう
夏は冷やで一杯といきたいね

No title

レッズくんに強襲をうけた;w;
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。