スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不揃いのゲーマー達




藤井はこの春から新社会人となった。

社会人になって掛け持ちしていた大航海オンラインと信長の野望オンラインのどちらかを引退するつもりだったが、
就職した運送会社の上司が大航海オンラインに嵌っていて、やむなく現状維持のまま課金をしている。
うっかり趣味はネトゲで大航海をやっていると口をすべらせたのはまずかった。
50過ぎの上司は何かと目をかけてくれ、昼飯の時などは夢中になってネトゲ談義に興じている。
その様子を見ると、もう辞めますとは言いづらかった。

藤井は気が弱く、押しに弱い。
アパートには、学生時代キャッチに捕まり20万で買わされたクリスチャン・ラッセンのシルクスクリーンが置いてある。
揉めるのもしんどいので貯金を全部使って購入してしまった。

上司は腹に含む人間ではないのだが、がさつで無神経な男だった。
昭和の生き残りでネトゲ内のプレイにも精神論をぶつけてくる。

藤井はそんな上司の穿った持論を聞き流しながら、ただ頷く。
こーいう手合いは口ごたえしようものなら3倍になって返ってくることを知ってるからだ。

上司と食う昼飯は美味くはなかった。


ようやく仕事にも慣れてきて、その日は定時にあがれた。
ひさびさに飲みにでも行きたいところだが、1人で飲むのもなにか侘しい気がした。

自宅に帰って、ビールでもやりながら、信オンにでも入ってみよう。
最近は大航海ばかりで、上司とつるむのもさすがに疲れて来たし。

というか、向こうが一方的に絡んでくるし、上司とわかっているので理不尽な頼みでも断れない。
ひどいときは、レアアイテムなどを献上品の如くすべて上司に取られてしまう。
しかし文句も言えずに耐えるしかない。

上司に悪気はないと思うが、無邪気というより傍若無人を超えた所為にほとほと嫌気がさしていた。

信オンに行って気分転換をしよう。
藤井は冷蔵庫から、ビールと漬け物をだしてきてテーブルに置いた。

PCのログイン画面を見ると、」ずいぶんインしていなかったように思う。
最近では城下町育成ぐらいしかやってなかったが、それでも真紅内には友人達がちらほらいる。



「藤井さん。おひさぁ」

早速、知人の藤川みさおからの対話が来た。

ちょっと一門クエがあって人でが足りず、手伝って欲しいとのこと。


「いいよ」

即答して一門クエの徒党に加わった。

高千穂を最初からやるという、これもまただるいクエだ。
さすがに職のバランスが悪いと突破できず、しかも長くて面倒なクエである。


他からも助成を借りて、一門クエというより野良クエの様相を呈してきている。
もちろん、藤井には馴染みのない顔ばかりであった。

高千穂の1からということで、振り分けされた左の徒党に入った。
藤川みさおも一緒の4名徒党だ。


「よろしく」

「よろしくお願いします」

それぞれに挨拶をして待機する。
中央の弁財天を担当する徒党の合図で戦闘開始だ。


徒党の構成は、藤川みさおが陰陽道、藤井は古神典の神主。他二人が武士と刀鍛冶だ。

「藤井さん、今日は大航海じゃなかったのねえ」

藤川みさおがそう云うと、藤井は暗い声を出して肩を落とす。

「ほんとは辞めたいんだけどね。色々事情が…」

「あらあら」


藤井とみさおのやりとりを聞いていた刀鍛冶がいきなり藤井の顔を覗き込む。

「??」

藤井は怪訝な顔をして、刀鍛冶の強い双眸を覗き込んだ。
その瞬間、ものすごい悪寒が全身に走る。

「藤井…って。まさか、お前、新入りの藤井か!」

悪い予感は大概当たるものだ。

「えっ!まさか、かっ課長…?」


まさしく、あのいつも顔を突き合わせている会社の上司である。

レベル70MAXの刀鍛冶とか…。いつのまに育てていたのか。
というより、なんで信オンなんかやってるんだこの人。

藤井が混乱していると、上司は畳み掛けるように、いつもの調子でまくしたてる。

「お前。大航海にも入らずこんなとこで何やってんだよ。お前はGM候補生なんだぞ、GM候補生!」

「すみません…」

なじるような横柄な物言いにカチンときたのか、藤川みさおが制するように言葉を挟む。

「あの…。リアルの上司だかなんだか知りませんが、ゲーム内では立場は関係ないでしょう?戦闘に集中してください」

みさおにピシャリと云われて、刀鍛冶の上司は舌打ちをした。

「ちっ…。とにかく明日会社でたっぷりと指導してやる」

「……」

藤井はまさに針の蓆だった。
逃げ出そうにも逃げ出せない。


みさおはそんな藤井を見ながら、はっきりしない人だと軽い軽蔑を覚えていた。

戦闘開始の合図で戦闘が開始された。

藤井が気合いをまわし、みさおが攻撃を重ねる。
上司の鍛冶屋は武士と交互に敵を釣りながら怒りのダメージを溜めている。


左右の徒党が@1のみで待機状態になった。央の徒党待ちになった。
3徒党同時に敵を倒さないとクリアできないクエ仕様なのだ。

左右の徒党は1を生かさず殺さずで最後の合図を待つ。

その間はまったりとした時間が流れ、緊張感が解ける。

あとは怒りを溜めてパワーを放出するだけで敵は倒せる。
上司はその最後の一撃のお立ち台を狙っている。

「なんだなぁ。信オンももう3年やっているが…大航海と比べると底が浅いもんだな。なっ藤井?」

落ち着くと上司がまた空気の読めない発言をしだした。

云わなきゃいいのに余分なことを…と藤井は辟易しながら無言を貫いた。

「ちっ…。まぁただんまりか。都合がわるくなると唖のように黙りやがる。お前はいつもそうだ。主体性が乏しいんだよ。そんなじゃこの先苦労するぞ。あぁん?」

「……」

「お前は大航海でもそこそこのプレイヤーだ。会社でも幹部候補生なんだぞ。ちったぁ自覚して…」

さすがにこれを聞いて黙っている藤川みさおではない。

「いい加減にしてください。それなら、大航海で心ゆくまで遊んでればいいじゃないですか。誰も信オンをやって欲しいって頼んでないんですから」

「なんだよあんた。さっきからやけにつっかかてくるし。俺はこう見えても図工は5だよ。それに藤井と話してるんだ。生意気な女だ、まったく」

「生意気で結構。信の悪口なら徒党会話じゃなく対話でやってくださるかしら。今を楽しんでいるプレイヤーに対して失礼ですよ。いい歳をしてそんなこともわからないんですかね」

「くっ…;おい!なんだ藤井!!この失礼極まりない女は。お前の女なのか?」

「いえ…そんなんじゃ…」


藤井の様子を見かねて、みさおが煽る。

「藤井さん、いい加減にビシッと云ってやりなさいよ!こんな上司の下で働いていたらあなたダメになるわ」

「み、みさおさん…それは」

「こ、このアマァ!言うに事欠いて何を言いやがる!!おいっ、藤井!おい」


武士は呆れて無言のままである。
まぁかかわり合いになりたくないのだろう。

既に待機状態から準備に入ったら、峰打ちを繰り返す動きしかしていない。

「よし!OK〜!倒して」


合図がかけられた。

言い合いを一旦やめて上司の怒鍛冶が攻撃コマンドを入力した。


「まぁ…とにかく人生を舐めるなってこったな藤井。あんたもだぜお嬢さん」


お得意の昭和世代の説教だ。
とりあえずこれを云っておけば、場は締まると思っているらしい。

みさおは、放り投げるように

「別に舐めてませんけど」と

ぶっきらぼうに返す。

「あっ…」

みさおが声をあげた。

みさおの陰陽道の術が先に入力されてしまい、敵は消滅した。
上司の溜めに溜めた怒りのエネルギーは未使用のままで終了。

「舐めてんだ!舐めてんだよてめえはぁ!!!」


お立ち台奪われた上司はぶち切れて戦闘終了後に落ちてしまった。


「沸点低いおじさんねえ…。あたしも人のことは云えないんだけど…」


藤井は、震えながらついに吹き出して笑った。大笑いをした。

「あ、あの課長の顔…たまらん;だめだ死ぬwwwwww」

きょとんとするみさおをよそに大いに笑った。

藤井は明日、大航海の課金を停止する決心をしていた。

高千穂の蒼い風は心地よく頬をなぶっている。
藤井は明日に向かって走り出していた。


いや…意味わかんねえna これ 

じゃまた!


スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>かずは
PS3は先月叩き売ったw

>いのきさん
近県だったら気軽に遊べるのにねえw

凸さん、おらとも遊んで~♪

にぃにー。
かずはもつれてってー。

PS3が埃を被るだけの存在になっている件。

No title

>藤井さん
リプニツカヤにご執心の様子w

>みさおん
雨で桜ももうほとんど散っちゃってるからのぅ
信はあと2段階ほど進化したら再開しよう
てか、ほんと信好きだな。光栄から課金ユーザー特待生の表彰状もらえるぞw

No title

信おんばんざーい!
明日も雨で土曜とか地面が濡れ濡れな予感!
花見ががががか
なので信しませんか^ー^?

No title

ふと、いかりんを思い出した。元気でやっているだろうかw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。