スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日のギルド




邂逅(かいこう)という語彙が好きだ。

人生すべからく出会いから始まる。これ真理。
人と出会うことに限らず、事象、現象、景観、知識、女体に味覚…etc。

出会いは時に人を強く、時には弱く脆弱に貶める。

しかし、わたしはあきらめない。
何かに出会うことは生きるということそのものなのだから。


「やぁ」

そう声をかけて来たトレーダーがいた。

わたしはソロでレベル上げの狩りをしている最中だった。
周囲に人はなく、黙々と作業する単調な狩り。
低レベルなので、自分と数レベル下のモンスターを見つけて倒していた。

深夜ということもあるが、とにかく作業はつまらない。
安全マージンを取って戦う作業は、ただただクリックをしながらモニターを見ているだけのルーティンだ。
その頃のわたしはネットゲームを初めて一週間。
MMORPGという言葉すら知らない初心者である。

仕事の関係上、やむなくパッケージをもらってログインする羽目になった。
取説の制作上、それが必要だったからである。
それがなかったら、いまだにネットゲームなど一切やっていなかったかもしれない。
今はその幸運に感謝をしている。

当時のわたしは、チャット会話すらたどたどしく、パーティー募集に声をかけることすら出来なかった。
奇跡的なことに初心者クエストで出会った人でフレンド登録できた人がいた。
彼も初心者だったが、少なくとも超がつくほどの初心者のわたしよりは、はるかにゲームに馴染んでいる。
いつもは二人で狩りをするのだが、その日は彼はインしていないようで、止む終えずソロで狩りをしていたのだ。

声をかけてきたトレーダーは、レベル45の中堅クラスだった。
12レベルほどの自分にとっては雲の上の存在に近い。
ボス攻略も難なくこなすレベルであろう。

挨拶をされたので、なんとか吹き出しチャットで応える。

「どうも…」

ネットゲームを始めて自分の特性が徐々にわかってくる。

リアルではそこそこ友人もいるし、社交的なほうだと思っていたのだが、
実は根が暗く、びびりのへたれた性格であるということ。

気のきいた挨拶を返してあげることもできず、二の句も出てこない。
いまでこそ、下ネタを連発したり豪快な様を装ったりもするが、ただのうさぎちゃんである。

彼はしばらく無言でわたしの横にたっていた。

気まずい。
が、何の話題も出てこない。

いい塩梅ですな。

アホか。お達者クラブの爺さん婆さんじゃあるまいし。

あの、趣味とか…。

お見合いかよ。きめぇ。

そんなことを考えてると、トレーダーがわたしの周りをくるくると回りだした。

なんだ?なにをやっている。
黙ってみていると、彼はぴたりと動きをとめて言った。

「うちのギルドに来ませんか?」

唐突の勧誘である。

唐突すぎて、思わず

「はい」

と返事をしてしまった。

あ…と思った時はもう遅い。

彼は小躍りせんばかりに喜びを所作で現している。

まぁいいか。ソロでやるのもさすがに限界を感じていた。
この世界は独立したサーバーがそれぞれにあり、初めてプレイする者は初心者サーバーからスタートする。

初心者サーバーは、熟練のプレイヤー達がそこで初心者達を青田刈りで勧誘するにもってこいの場所であった。
もちろんレベル等の入場制限があるのだが、条件次第では高レベルでも居続けることが可能である。

よく考えられたシステムである。
しかも大声をあげて手伝い要請をする初心者に対して、熟練プレイヤーを英雄のようにあがめる人もいる。
感謝されるのが気持ちいいからやっているというプレイヤーも少なくなかった。
しかも、廃人クラスでなくとも、初心者にとっては頼れる先輩である。
矮小な虚栄心を満たすには十分なシステムであろう。
恥ずかしながら、後のわたしはそんなプレイヤーの一人であった。


「ようこそ!ホワイトラビット(仮名)へ」

まだ5〜6名しかいない弱小ギルドなので人を集めているらしい。
城の最上階に生息するドラゴン討伐に人員が欲しいと言う。

トレーダーはギルドマスターでギルドの発起人である。
ここでは、ハクさんということにしておこう。
とにかく彼は独特な言葉使いで物腰柔らかい人だった。

レベル45だが、転生を数回繰り返している。
転生システムは全てのワールドクエストを終わらせると、転生可能になる。
そこでレベルは1に戻ってしまうが、初期ステータスのパラメータが上がっていく。
転生を繰り替すほど初期パラメータの底上げができるというわけである。
転職システムと絡めると、レベル1でも恐ろしく強いキャラが出来上がってしまう。

レベルは低いほど転生するのに効率がいいのである。
もちろん、複垢でプレイすれば尚、効率がいいわけだ。
しかし、その頃のわたしは右も左もわからない初心者だ。
そんなことまで頭が回る余裕はなかった。

ハクさんはギルドのメンバーを招集した。
ギルドといっても当時は特定のホームが存在しないので、
サーバ番号と場所を指定してそこに集合という流れになっている。

ギルメンは、戦士系のマスタークラスのパラディン、魔法使い系のマスタークラスのソーサラー、僧侶系のマスタークラスのビショップなど、ギルメンの職はマスタークラスがほとんどである。

マスタークラスの上位はグランドマスター、ミューテーションとあるが、みんな転生を考えてマスターにとどめていると思われる。
平均レベルは50そこそこであるから、ある程度のクエは軽くこなせるレベルであった。

トレーダーであるハクさんもマスタークラスである。
ギルメンは気のいい人ばかりで、アットホームな感じがする暖かいところだった、



「ハクさん、あの…友人も勧誘していいですか?」

「もちろん、是非是非」

ハクさんは快諾してくれて、後日、友人もギルドに入った。

その後、わたしは初心者サーバーに常駐して勧誘係を請け負うことになるが、それはまだ先のことである。

初めてネットを通じてできた友人達。そしてギルド。
今思えばグラフィックは拙いながら、まるで本当に冒険しているかのような臨場感と高揚感。

何もかもが新鮮だった。

ラスボスを倒して、やった!と叫んだ瞬間、サーバーが落ちた時は本当に涙がでたし、
ギルドで冗談を言いながら腹を抱えて笑ったり、ギルメンのリアル女子の悩み相談をまじに聞いたり。
そして、軽い言葉が人を傷つけたり、怒らせたり。

あのギルドがあったからこそ、ネットの楽しさ、怖さを知ることができた。
嵌りすぎて、会社で仕事だと偽りながらクエストをやっていたとか、今では考えられない。

あの場所は、今でも想い出の陽だまりの中にある。
思い出すとポカポカとわたしの心を暖める。
短い間ではあったが忘れ得ぬ想い出だ。


そして色んなネットゲームを渡り歩いて、行きついたのが信オンであった。
そこで、リアルでつきあっていく多くの人たちに出会う。

しかし、それもこれもあの日のギルドがあったからだ。
出会いは人生を決める。

よくも悪くもだ。

そしてわたしは最後に人生のラスボス、藤井さんに出会ったのである。

邂逅。
わたしはこの言葉が好きだ。
これを「かいせき」と読んでいたあの人は今どうしているだろう。

ODA(Official Development Assistance-政府開発援助)のことを、
「おだ」と読んでいる、みさおさんはいまだに会議であばれているのだろうか。


ともあれ─

わたしはネットゲームから多くのことを教わり学んだ。
そして藤井さんに出会ってからは、如何に匿名の悪意と戦うかを学ぶことができた。

平気で「お昼だよ!ぺぺろんちんこ!」と書き込む藤井さんはすごいと思う。

そんなすげぇ奴らに出会いながら今のわたしがいる。

しかし─

いつかまた出会えるのだろうかあんなギルドに。
わたしを新しい場所に引っ張っていてくれるそんな暁光を夢見て。

そう思いながら藤井さんを如何に貶めるかを考える雪の日であった。


では諸君、雪にはご注意あれ。良き週末を。

スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>マソ君
おっぺけぺー!

>いのきさん
品川は全然問題なしよ〜ん

>みさおん
うぷぷぷより 〜きゅん!とかのがいいぞ!

>藤井さん
それは雪の幻影だな。幸せいっぱい夢おっぱい!

>高崎さん
閲覧ありがとうございますv-14
ちんぽサックを常時装着している藤井さんを今後ともよろしくお願いします!

No title

なんで凸さんのブログコメに俺の名前が出てくるんだよwww

凸さんども、いつも楽しく読んでますw

このように常にいじられてます><w

No title

織田高崎派幹事長の藤井です!

嗚呼、雪の向こうにおっぱいの群れが・・・・
まってー

No title

足跡ひとつない雪の上に ODA と書いてきました
明日にはそばに信様の雪像ができているに違いありません^^ 楽しみ~♪
運営は世代交代 シミジミ
六垢のダイエットをがんばる高橋さんが真紅織田を仕切ります!
え?!裏の仕切りとかしてないよ^-^?うぷぷぷ

凸さんケガしないでね~!

No title

ぺぺれんちんこw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。