スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブコメ展開比較考察案



◆昔のラブコメ展開

今日からあたしも花の高校一年生!
素敵な出会いもちょっぴり期待もしちゃう伊藤彩花16歳。
あちゃー><こんな時間だ、遅刻遅刻ぅ〜!

パンをくわえながらあの角を曲がればすぐ校門!いそげいそげ〜!

ドォン!っていった〜〜い><なによもぅ…。
って…なにこの男子、げっ、パンツ見られた〜;もぅ最悪ぅ痴漢変態馬鹿すけべ!!
謝りもしないで無視して先に行くなんて、なんなのあいつ!

そして、隣の席に朝のあいつが!こんな奴と隣なんて初日からついてない。
無愛想だし、不良っぽい。でも…横顔はちょっぴりどこか寂しそう。
帰り際に窓から、あいつが子猫に餌をやってる姿が見える。
無邪気に笑う顔がとても素敵に見えて、あいつも笑うんだとキュンとなる。
もしかして…胸に芽生えた淡い気持ちと裏腹に何かと反発し合う二人。
はてさて、恋の迷宮出口はいずこ?



◆今のラブコメ展開

ボクは神保学園の3年藤井タツヲ。日々平穏を望んでいる何のとりえもない高校男子。
気になる幼なじみは生徒会長の綾波玲子。
美人で優秀、スポーツ万能才色兼備、空手部主将を兼任するスーパーウーマン。
そんな玲子はいつもいつもボクにちょっかいをかけてくる。
ほら、また来た。ボクを鍛えるとか言っていつもいつも空手の稽古につきあわせる。
当然、ボロボロになるボクを手当をしながら「強くなってよ」と頬を染めながら口を尖らせる。
ついには玲子の妹やクラスメートまで巻き込んで、平穏を目指すボクの学園生活は前途多難だ。


◆未来のラブコメ展開

わたしは両性具有の帰国子女。アンドロ・梅田・ギュヌス桜子。
王立女子学園に通う一応、女子高校生だ。男も女も愛せるこの身体。
しかし、わたしの中に宿る性的因子はどちらかというと女子を求めているようだ。
今日も下駄箱には数えきれないほどのラブレター。
またか、とため息をつくが、わたしの容姿ならば仕方ない。
でも、わたしのお目当ては同じクラスの学園マドンナ、イギリスからの留学生、セレス・アルテミアひとりだけ。
セレスの指が吐息があたしに触れるだけで、体中に電流が奔り抜けるようだ。
セレス…恐ろしい子!この想いを伝えたい、でも…厄介なライバルが!
おーっほほっほ!梅田さぁん、セレスの親友の座は江田島兵蜂子が譲らなくてよ!
しかし、セレスがいきなり失踪する事件が起きる。その陰には恐るべき組織の陰謀が。
倒錯した学園生活が更なる混沌を招き、女だけの花園は大混乱。
果たして梅田とセレスの運命は!




しかし─

男が強い設定がデフォだった昭和時代のラブコメ。
しかして最近はとにかく女が強い傾向だ。
強く逞しく美しい。さしずめフランス革命のジャンヌのごとく。

我が国はもとは卑弥呼によって統治されていた国。
ということは、女の尻にしかれる構図は、日本は本来の姿に戻りつつあるということだろうか。

とにかく、昨今はっきりしない、うじうじもじもじな若い男の主人公が多すぎだあね。
馬鹿でもいきおいがある主人公のが見ていてスカッとするのは俺が昭和世代だからかしらん。
見ていてイライラすること多し。

よくありがちなのは、本命に浮気の誤解を受けてあたふたする主人公とか。

馬鹿野郎、そんな場合は言い訳せずにおっぱいを揉んでやればいいのだ!
取り繕った言葉なんぞ、屁にも役に立たんし、見ていてお約束だとわかりつつイラッとしてしまう。

と…藤井さんが以前言っていたような言わなかったような。

そんなわけで、女が強い映画でお気に入りのゾンビ映画の大傑作「死霊のえじき」を見てくれたまえ。
opの入りも素晴らしいが、せつなく流れるハワード・ジョーンズの創りだすBGMの旋律がとにかくかっこ美しい。
数あるゾンビ映画の中でも一押しでホラーは苦手という人も一度は見るべき・A・ロメロの傑作。
これゾンビが怖いんじゃなく、本当は人間が一番怖いっていうメタファーを含んだ映画だけど。

考察結果:やはり女は強いね藤井さん



雪が降るとかだるいけど、良き週末を。



スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
それ男もだw

>みさおん
か弱い薬師?
見当たらんな<(゚-゚=)キョロキョロ(=゚-゚)ゞ

No title

どっどうしたの@@;
なんか女性の強さに触れる何かがあったのかしら
か弱い薬師を守りに軍さんで復帰していいのよ^^

No title

女の弱点発見!てぃくび摘む!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。