スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタソバの3次元事情



元気あって一生懸命な娘は見ていて気持ちがいい。
学生ってうらやましいなぁ。最近しみじみそう思う。
わぁ、ほんとおっさんだな。まぁおっさんだけど。

年末のことだが、2013年最後の恒例麻雀をやる。
前回は平社員が久々に参加したが、今回は欠席。
代わりにカタソバが参加する。こいつがいると俺は割といい感じに勝率がいい。
信ONにて古くから知人であるカタヤキソバもそろそろおっさんの仲間入りである。
まだ学生時分に知り合って、なんか今では渋谷の麻雀仲間。

武田の僧兵さくらとしてレスキルやり放題で悪名高く晒されていた男は、いまだに容姿には少年のような幼さが残っている。老けない奴っているんだよなぁこいつみたいに。

とにかく今年最後の勝負と渋谷で打ったが、カタソバが1局目にえらい沈んで凹んでいた。
おおよそ振り込まず、大きく勝たないが負けもしないカタソバがここまで凹むのは珍しい。
本人もショックを隠しきれず、顔に斜線が入るも俺たちは容赦がない。
敗者をいたぶるように、茶化したりなじったり。

「ひ、ひでぇっすよー;これじゃデートできないじゃないですかぁー。俺帰ります;」

まじ、こんなん言ってるので、タツヲが

「ハッハッ強がるなよ。お前に3次元の女がいるわけなかろう。2次元専属じゃねえか」

最初でえらい大きなトップを取ったタツヲが、見下したように冷ややかに言うと、

「あっ、ひでぇっすねー。まじっすよ、今日まじで女と待ち合わせだから早く帰るっす」

俺が「おい、それ人類なのかw」と茶化すがカタソバは大真面目。

カタソバは女とのメールのやり取りをスマフォで見せる。

半信半疑で覗き込むタツヲは「えっ、何これカタソバ。まじでデートかよ」と驚く。

「まじっすよー、女と飲む約束なんす。だから負けられないんスよ!」

「お前どこで知り合ったんだよ」

「いや、つうかー幼なじみっす」

「何そのエロゲ設定。死ねよ」

そう言って2局目が始まると、カタソバ無双が始まる。

ツカさんに国士の役満ぶち当てて、独走状態。意気消沈して泣きべそ面していた顔はどこへやら。
今度は一転してうざい厨二キャラに変貌する。

「いやぁ、これで今日は安心っすねぇ。ふひひ」

ちなみにカタソバは無趣味な人間なので貯蓄もあり、豪邸の実家暮らし。
金に困るということはないし、余裕のよっちゃんだ。

貧乏人の我々とは環境が違うわけで。

「うぜぇwww」

「なんだこいつwいいから死ねよww」

「一気にうざいキャラに変わりやがった;」

俺、凱さん、ツカさん、タツヲはそう言って散々罵倒するが、カタソバは動じない。
そもそもこいつに言葉の鞭はまったく通用しないのでカエルの面に小便である。

「おっさん達ひどいっすねー。僕まだ若者なのにー。ぷんぷんすよ♡」

笑いながら余裕の一服をしていやがるカタソバ。童顔だけに余計にむかつくし超絶うぜぇその態度。

みんなが「むぎぎぎぎぎ……、こめめめめ」と憤る。この野郎、できれば殴ってやりたい;

悔しさを押し殺して、負け惜しみしか言えない俺。

「大体なー、今時幼なじみの女と飲むとかアニメでもねーわ。なんだその設定は」

俺がそう言うと、カタソバはけらけら笑いながら

「まじっすかー、でもずっと会ってなくて駅でばったり会って声かけたんす」

それを聞いてタツヲがあきれ顔でなじりまくる。

「おめー、それただの軟派じゃねぇかよ、死ねばいいのに」

心なしかタツヲの目が潤んでいるような。涙ふけよと言いたくもなるが気持ちはわかる。
しょうがないので猫を飼え。

調子に乗りまくってるカタソバ。
さすがに国士をぶち当てられたツカさんが、青い顔をしながらいきなりカタソバの胸ぐらを掴んだ。

「ざけんなこの野郎!!何が幼なじみだー!俺はなー俺はなぁ…」

青い顔が真っ赤に歪んで、カタソバも顔も恐怖に歪む。

「お前になりたい…」

ズコーッとずっこけるカタソバ。
いいから早く牌を切れとせかす俺。

泣きながらツカさんは中を切る。

リーチをかけていたタツヲが快活な声を上げる。

「ロン!満貫やで」

立ち上がって中を見ながら「うぉーっ!人生ってなんだ!」と叫ぶツカさん。

「お前がなんだ」

「騒ぐなよ、ったく」

さっきも役満を振り込んだ悲しい男の悲痛な慟哭にも、そんなリアクションしか返さない俺たち渋谷の麻雀連合。
明日はどっちの風が吹く。

そんなこんなで、カタソバは幼なじみのねーちゃんと飲みにいくため勝ち逃げで消える。
年末の麻雀は最後に俺がまくって勝利。年間トータルはツカさんがトップだったが。
凱さんは安定のびりっ尻。今年は頑張れけっぱれ。

─しかし
あんとき学生だった奴がもうこっちの世界に仲間入りとは歳はとるもの銭形平次だ。
感慨深い今日この頃。

月日が過ぎるのは早い。そして藤井さんは早漏(はやい)。
今年はどんな年になるのだろうか。とりあえず7億円当たらなかったのでもうどうでもいいんだが。くそっ!

冬来たりなば春とおからじ。
しかして我らおっさんの冬はまだまだ長そうではある。

今年はふらりとどこかに旅行したいものだ。
よし!今年は行こう。

行けるといいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>いのきさん
北海道は知人も多くて旅行も3回ほど行きましたが、何回行ってもいいもんですねえ。
いく機会があったら是非一献!

藤井さんは早い替わりに10連射技能があるとか… 是非、旅は北海道へ~♪
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。