スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすむすの実

oujyo


その昔、僧兵に憧れていた娘がいた。
それは村の娘でむらむすめと言った。

三つの特化から何故僧兵を選んだのか。
僧兵を選ぶものに理屈や理由はいらない。

むすむすの実を食べたからでもない。

ただ己の本能のままに僧兵を選ぶ。
僧兵とは皆そうしたものなのだ。

「わたしは、僧兵を選びます。それがわたしの生きる道」

まるでパフィみたいな娘であった。

仏門・密教に比べて、僧兵は茨の道である。
ネタにされやすいが誘われにくい。何とも可愛らしい特化だ。

多分、彼女が僧兵を選んでいなかったら?
推測だが、数年で辞めてしまっていたかもしれない。
勝手な憶測は危険ではあるが、僧兵はその特異なリテラシーを用いて生き延びる術を学んでいたのか知れない。
または周囲に良き仲間がいたことも欠かせない要素ではある。

よく覚えているのが、烈風鯖の雑賀には、絶大な知名度を誇るアイドルがいた。
もちろん、F様ではない。
巫女の人である。
語尾に〜なのなの^^とつける人だったと聞くが、わたしは残念ながら一度も絡んだことはない。

そんなアイドルも今はなく、その伝説が一人歩きしている。
伝説のアイドル。でも巫女だ。

僧兵のアイドルはでてこないものか。

そう考えていた時に、出会ったのがむらむすめである。

出会った時のエピソードを話そう。

確か─

魔犬か何かの簡単なクエで募集をしていた時に、声をかけてきたのが彼女である。
特化は何でもよかったのだが、その時は運悪く、埋まってしまった後に対話がきた。

やんわりと断った。断った相手の返事は決まってこうである。
どうせ返事もないか、お決まりの「ではまたー」とか軽い返事が帰ってくるだろう。
もちろんそれでいい。どうせ大したクエでもないのだから。

しかし、むらむすめの返信はこうだった。

「そうですか。残念です…。またよろしくお願いします」

長いこと信をやってきてこのような適当クエの断り対話で「残念です」とか返事がきたことはない。
何か非常に悪いことをした気分になったと同時に、好感を抱いたのは言うまでも無い。

いつか、一緒に遊んでみたいと思っていたのだが、かといって、そうそう絡む機会もない。
日は過ぎていったが、あるとき、彼女が海2で狩り募集の党首をやっているのを発見した。

「これは好機!」

ニューギン台の好機やチャンスほどあてにならねーものはないが、対話を入れて参加する。
つうかあんなギミック作った開発は死ねよまじで。

さて、好感を持ったとは言え、徒党内でどのような動き、言動をするのかは未知数だ。
実際、一緒に狩りをしてみると意外と横柄であったり、尊大な態度を取る人も少なからずいたわけで。

狩りが終わった時点で確信した。

この人は僧兵という不遇カテゴリーに、光明を見いだせる人であると。
そして、長きに渡る烈風アイドル不在時代に再び羽ばたく翼にならんことを。

というのは、冗談だが、とにかく党員に対する細やかな気遣いと、徒党内の雰囲気づくりを大事にしていることがよくわかった。
あまり褒めるとステマすぎると思われるかもしれないが、事実なのだから仕方がない。
わたしとは対局に位置するプレイヤーだから、尚更そう映るのかもしれないが。

後から聞いた話だが、既に雑賀のアイドルポジションを得ていたようで、密かなファンが多かったと聞く。
F様のコアなファンとはまた違った通常ベクトルのファンであったろう。

そして、何度か狩りの機会を作りながら対話などをするようになったのだが、如何せんインの比率が少ないし稼働率が少ない。伝説のアイドル巫女は、その稼動はかなり多かったのではないかと思われる。
キャラ立ちには長い年月を要するのもまた真実。

あのようなアイドルには、必然性が存在する。アイドルにはなるべくしてなるのだろう。

わたしは色々考えた。
むらむすめという素朴な名を冠した彼女に、アイドルの称号は似合わない。

温厚な性格に、素朴な感性。そしてゲームとリアルの一線を超えないスタンス。
アイドルではなくマスコットだ。

そう、大いなる真紅のマスコットとなればいい。
知人にひとりは欲しいマスコット。
マスカットは葡萄だよっと。

彼女はこれまでとおりスタンスを変えずに遊んでいくことだろう。
むらむすめはゲームセンターのUFOキャッチャーで、つかみ取れるようなプレイヤーではない。
真紅の隠れマスコットとして、僧兵としての運命を享受していくはずだ。

一山いくらのわたしが言うのだから間違いない。


休止中のわたしから、彼女にひとつだけアドバイスがある。
藤井駿河守という男に出会ったら、「お元気ですか?第一生命でぇす」と唱えるのだ。
さすれば、藤井はたちどころに素っ裸になるだろう。
「ちんちんしゅっしゅっ!」と言いながら西に向かって逃げていくはずだ。

マソにも同じことをすれば、同様に逃げていくだろう。
「俺の聖クリッドギアはぽちょむきん!」と言いながら。

ともあれ息災であることを願うものなり。

むらむすめがいるなら、小屋むすめとか寺娘とかいてもいいじゃない。
そうおっしゃる人もいる。

残念ながら需要がねーんだよ。だせーし。

で、なんでこんな脈絡のない話を書いてるのかと言われれば、ネタが枯渇したのと同時に、
オリンピック招致で浮かれているからなのであった。

最近、大規模なプレゼンがあったが、WEB IFのGUI設計がRWDによるマルチデバイスの対応から考えるとか更にめんどくせーことになって、考えることが膨大に増えたので禿げそうだ。
さらに今時、鯖にNIFTYクラウドとか指定すんじゃねーよ。とか、ああ、つい愚痴がでてしもた。

もうやだオラやだ。
昔の信みたいに仕事でもシンプルに遊べなくなった。シンプルなのが一番だ。
サッポロ一番醤油味。

さて、復帰するのはいつだろうなあ。




スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

三浦~~!

>三浦
むらさんと三浦のツーショットか
彼女は真面目だし天然だからシモネタ通じねーぞ 注意しろよ
あと、古参の隠れファン多いので、むらさんと昵懇の北斗斬さんとなるべく絡むようにな
でなければ、お前は…ボン!だ



No title

ガリガリ君 梨味うめーよなw

とっちゃんの代わりにむらさんと食べとくわ

もちろん手作りの行李飯も頂いた!
反則 反則 反則!

ありがとう反則。

No title

>藤井さん
最高はいいけど、その前にナシゴレンだよ!
あとパチ北斗は初の練気トウザでキリンCI外したのでもう萎えました
もう当分やりません アホー!

>凸子
そんなもん食うかー!やはりソーダ味が最強だな

がーりがーりーくん。

だからぁー、ガリガリくんはコンポタ味だって!!

⇒ふじーさん
豚骨ラーメン麺バリかたニンニクたっぷりで!!!

No title

生麺感触とか言いつつ食べてみたら糞まずかった。
やっぱりサッポロ一番は最強
醤油はもやし
塩は卵
味噌は野菜炒め

最高!

No title

>凸子
カロヤンと聞くと、フェルベルトフォン・カラヤンを思い出す。
カラヤンの惑星は素晴らしい。俺は多分禿げない体質らしいw

>むらさん
というか暑いんで、ガリガリ君の梨味でお願いします。
茶店でガリガリやりませう。
武田の三浦に出会ったら、反則!反則!反則です!と叫びましょう。
ブログも更新しましょうw

そんなたいそうな者ではないです...(´・ω・`)
持ち上げて頂いても手作りの行李飯位しか差し上げられませぬ

アッッッ!!

にぃに!また一本抜けたよ!!!
そんなあなたにカロヤンアポジカ。

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。