スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地雷を踏んだらさようなら



集合時間は19時。

ぞくぞくと参加者が集まってくる。
その中には何度も見た顔や、初めて見る顔もある。

長いボックス席になっている一室はたちまちまち席が埋まる。
男女の比率は7:3である。あと2名来る予定だがどちらも男性ということがわかっているので、9:3ということになる。つまりはほとんど男性ということだ。

みさおの憧れの君は、幹事には少し遅れるとの連絡が入っていた。

改めて参加者を見渡すと、年齢はばらばらだ。

「みさおさん、おひさしぶりー」

中央に座っていた幹事のブロンコが、そう言ってグラスを片手に乾杯をうながしてきた。
彼は最近、ツイッター騒ぎで問題のあったブロンコビリーに勤めていた。

三十代前半でポロシャツとジーンズのこざっぱりした身なりだ。まだ学生のような雰囲気さえ感じさせる。
人なっつこい目が印象的である。

「おひさしぶりー。ブロさんー。ねね、あの人は何時頃来るの?」

「あの人?ああ…彼は仕事が圧していて1時間ほど送れると言っていたな」

「そっか…。じゃぁ酔っぱらわないようにセーブしておこう」

「酔って絡むのもありじゃないの?むほほ」

「やめてよ!わたしはこう見えても品行方正なレディなんですからっ」

「酔っぱらって凸さんの頭をビール瓶でかち割った人の言う台詞じゃないなぁそれ」

「ちょっとぉ;それガセですからね。いくらなんでもそんなことしませんから!」


冗談とも本気ともつかない会話だが、昂る気持ちが抑えきれず自然と地が出てしまう。

みさおは下田で藤井やマソと会ったときは、酔っぱらってマソを土下座させて説教をくれて、
藤井にはチョークスリパーをかましていた。

以来、みさおを酔わせちゃいけないという暗黙のルールがオフメンには浸透していたのである。
下手をすると死人がでるかもしれない。

みさおは酔ってるときの記憶はほとんどない。

以前のことだが、私こと地獄突が信の話でみさおに愚痴ったことがある。

「軍学のことは軍学しかわからねえよ。ったく、勝手なことばっか言う奴が多くてよ〜」

多少厭味っぽくそう言うと、みさおはぎらりと睨んで机を叩いた。
これはもうすでに出来上がっている。

「力が欲しいのか?あ?」

みさおは、眉間に皺をよせまくって俺のえり口をひっ掴んだ。
10代のヤンキーさながらにガンをくれまくる。

しかし俺も負けてはいない。
すかさずネタを逆手に言い返す。

「アムーズとかネタが古・い・ん・だ・よ。このオダラー(織田ラブな人達)がよ!」

バキッ!!

その瞬間に俺は脳天に強烈な一撃をくらった。
もちろん気絶していたのだが、何故か後日談では酔っぱらってぶっ倒れた事になっていた。

それ以降、俺たちは酔っぱらったみさおさんには逆らわないようになったのである。

遅れていたもう一人の薬師が顔を出して挨拶をする。
さぁ、いよいよあの人だけだ。

みさおの心臓はばっくんばっくんと破裂しそうになっている。
嗚呼、いよいよあの焦がれ続けたあの人に会えるのだ。
期待は高まる。それに伴い酔いがまわるのも早く感じる。

まぁとても素面じゃ喋れないだろうけど。

宴もたけなわ。それぞれ3人ほどに固まってグループが出来て、盛り上がっている。
右隣に座っている織田古参の鍛冶屋のテラコッタが、みさおに耳うちをしてきた。


「みさおさん。遂に来たよ遂に」

「えっ…。来たの?彼が」

「そそ。遂にお目当ての彼が来たみたいだよ」

「やだぁもぅ!?からかわないでよぅ」

グキャッ!

その刹那、テラコッタの顎に、みさおの遠慮のない掌底が炸裂する。
的確な一撃である。脳を揺さぶる遠慮のない一撃であった。

顔を赤らめて恥ずかしがっている、みさおだが、テラコッタは白目を剥いて昏倒してソファにもたれかかるように意識を失った。
横に座っている忍者使いの男は話に夢中で気がついていない。

そして、いよいよその彼が姿を現した。

暗いのでシルエットしかまだわからない。

「いやぁ、遅れてすみません…」

さわやかにそう言うと、一番端の席にちょこんと腰掛けた。
仕事帰りらしくスーツを着ている。

幹事が彼を紹介する。
何故か今までざわざわとしていた会話が切れて、水を打ったように静かになっている。

憧れの君は、オフ会には初参加で今まで誰も顔をあわせたことはなかったのある。

「うわぁ…しぶい」

「これは…遅れてきたイケメン!」

「想定外だなぁ、かっこいい」

みんなの感嘆の声があがる。さぞかしイケメンなのであろう。

みさおはあえてまだ顔をあわせないように下を向いていた。
そして意を決したようにゆっくりと顔を上げ始めた。

一体どんなご尊顔なのだろう…。

みさおがその顔を見たと同時に、思わず声がでた。

fbdfmfg,gd

「だれだよ」


「こんばんわ^^オダンウタンです」


この日のオフ会は、重軽傷8人を出す大惨事となった。
もちろん、みさおが発狂して大暴れしたせいである。

オダンウタンは、全身骨折でケツを出して半殺しの目にあっていた。

あなおそろしや オフで砕ける夢一輪
妄想特急待った無し 行き着く先は地獄絵図

あなかしこ あなかしこ。

【おちまい】
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オナ禁なう

財布ですね!

おしえて!みちゃおっち!

サイ、、、サイ、、、なんだろう???

顔はまぁあれだけど、胸板は大事だと思うー。

<追伸>
課金切れと同時に冬眠することにしますた。
凸子は昨日入眠。
他のアカも今日と来週には入眠しまふ。
みちゃおっち、元気でね!
おっぱいぱい! \(^-^)/

No title

>藤井さん
オチに困ってしょうがなくw

>みさおん
顔なんざ慣れだよ慣れw問題はおっぱいだよ!

No title

ますます酒乱のイメージが定着するからやめてーw
しかしオダンウタンの歯が結構白いのでびっくりした!
オフ会で顔に期待したらいかん@@;
期待するのはサイ・・・サイ・・・・うぷぷぷ

No title

オダンウタンわらたw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。