スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時へのロマン



人生には誰しも必ず分岐点がある。
そして必ず「何か」に出会う。

私の場合はこの「ASIA」のアルバムだった。

紆余曲折はあったが、その時、これを見て聴いた時の望んだ形にはなれている気がする。
少々、形はいびつだが、それでも欲をだせばキリがない。

そしてこの場所に立って現在に至っている。

あれから随分と時は経ってしまったが、いまだにあの頃に抱いた想いは色褪せてはいない。

私はこのアルバムに出会ったことで、今がある。

「出会い」というのは何も人と出会うことだけではない。
身の周りに起こるあらゆる事象が「出会い」だ。
そしてその「出会い」が人生を大きく左右する。

「出会わなかった」と言う人は、その「出会い」をスルーしたか、それともわかっていて断腸の思いであきらめたかどちらかだ。

人は必ず「出会う」ものなのだ。
過去から未来へ連綿と続く時空の海原を、それぞれのスピードで歩いて行く間に必ず出会う。

それに出会ったら、手放してはいけない。大事なものは無くして後から人は気づくもの。
後悔の連続。侮紺の連鎖。


「そんな気分なんだよなぁ。今は」

渋谷の雀荘。

その奥の一卓で
凸は遠い目をしながらぼやいた。

他の馴染みのメンツは興味もなく押し黙っていたが、対面のタツヲがようやく横槍を入れてきた。

「早い話が危険牌つかんだんだな」

タツヲが嬉しそうに言う。

卓上では、リーチ棒が二本。

周防玄徳ことツカが親のリーチをかけている。
ツカはいつも太い手役を作るのでアガリも大きい。

おっかけリーチをした凸は、一発ならずで次順でツカのド本命、ドラの六萬を掴んでいた。
掴んだ瞬間に、ショボ━(´・ω・`)━ンとなった。

よりによって一番やべぇ牌を…。

「くっ…!?」

ツカの捨て牌から察するに、萬子は激やばい。
というか、369のスジは回避しなければならない危険牌だ。

点数はツカと千三百点差。トップ目だ。

凸の下家のお汀がうなずきながら言う。

「なるほど…。凸さんの言う「出会う」ってことは、「掴む」ってことなのかぁ」

「::」

凸は牌を卓に落とすと願いをこめた。

牌に願いをである。

「頼む!通してくれ><」

凸が手を組み合わせて祈ると、ツカはふっと笑って方の力を抜いた。

「だぁめwローーン!」

「ひぎゃぁあ!!」

36萬のリャンメン待ちで、456のタンヤオ三色ドラ4丁。
親倍をくらった凸は卓にダッと身体を沈めた。

そしてトータルも大きく凹んだ。


私は学生の頃、人生を変える「何か」に出会った。
そして今、「何か」を掴んだ。いや掴まされた。というか振り込んだ。

そしてビッケになった。
バイキングではない。

ビリッケッツということだ。

「何かに出会った凸さんよ。とりあえず負け分払ってね」

タツヲが意地悪そうに笑いながら言った。

「タツヲ…。ロマン・ロランという作家が言った言葉を知ってるか?」

「知らない」

「センソーハンターイだ!!このバカ!」

「いみふ。いいから負け分、ほれ。いっひひひひ」

「むぎぎぎぎぎぎ…」


敗者は何も語れない。時へのロマンも語れない。

だけど藤井さんは知っている。

  ∩∩ ぼ く ら の 夏 は こ れ か ら だ !  V∩
  (7ヌ)                              (/ /
 / /                 ∧_∧            ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   ||
\ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) //
  \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、    /~⌒    ⌒ /
   |      |ー、      / ̄|    //`i      /
    |     | |     / (ミ   ミ)  |    |
   |    | |     | /      \ |    |
   |    |  )    /   /\   \|       ヽ
   /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /



あー、雨がうっとうしいぜ。
じゃまた明日。



スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
想像したら食欲失せるwやめてくれ!

>西さん
ASIAはキンクリやPフロイド、CAMELとかよりメロディラインがより商業ベースだから聴きやすかったのもあるね。特に啓示や風刺的な意味合いの歌詞もないから
プログレも構えて聴くと疲れちゃうんだよなあw
途中で大御所のYesなんかがロンリーハートを出してコアファンをがっかりさせてたけど俺はあのくらいのPOPな感じが好き。
このアルバムは音楽からというかジャケットデザインから入ったけど、音楽もはまった人生で選ぶこの1枚!って感じのアルバムですね。

No title

うわーーーー!!ASIAこれ懐かしいっす!!好きっす!!
当時小学生になった頃だった記憶ありますが姉の彼氏が家にレコード持ち込んで聴いていた記憶ありますw
私は同時に「 Heat Of The Moment」が好きでしたw
今この歳になって思うのは沖縄は当時私のような糞ガキでもいい音楽を聴ける環境にあったのかもしれない、、、って思います。


No title

し~ずんぃんざサン~!

夏は冷房効いた部屋でサクレを食べるに限る!
ふるちんで!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。