スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学をするように信をする

昨晩のこと
私はあろうことか信に課金を行ないました

反省や侮紺はありません
ただただ、煩悩というツルゲーネフ的ホライゾンの何かに、私のリビドーが突き動かされたのでございます

一門は相変わらず閑散としています
いるのは3名
不適切発言によりGMの警告を受けたツカさん
信の中心で藤井さんに愛を叫んでいるみさをさん
精神的サディストでありマゾヒストの冬場さん

私は彼らに軽い挨拶を終えて、のんびりと両替前に立っていると、何やら対話がきています
ありがたくも賢くも「勝家」なるもののお誘いの対話だったのでございます
私のようなカス軍を誘って頂けるのは、石を金(こがね)を変えるほどに嬉しいものでありました

しかしながら…私は既に死んでいる身

とてもお力にはなれないどころか、足手まといになるのは必定でございます
慇懃にお断りをさせて頂いたのでございます


本来、私は誘いは断りたくないのですが、とにかくもうロートルでしかない老骨の上に、かかる身に過ぎるクエの難易度等…

今やとてもとても…

私設にも入ってみました 僧兵タツヲとアサミさん。そしてかぶりでツカさんがおりました
こちらも閑散としています みなガンオンなどに行ってしまっている様子

しかし、今ではこれも普通なのでしょう 特に寂しさは感じませんでした いや、それより残っていたという驚きのほうが強かったのかもしれません

妹ぶんのかずはから対話がきました

相変わらず「にぃにー」と犬のようになついてきます
よくよく考えてみると、リアルの妹からはお兄ちゃんとか呼ばれたことは小学生の時ぐらいでした

今月に帰省した時に話したとき「この人」呼ばわりされました
まあ…お互いいい歳ですので、呼称も変わっていくのも当たり前というところですか

かずはと三浦が揃って私設に入ってきます

三浦が言いました

「この前、電話で話したこと覚えてるか?」と

私はすっかり失念しています 電話で話したことすら忘れていたのでございます
三浦は「お前と話せてよかったと言われたんだが…」と言いました

私はその言葉を聞いて、一抹の狂気を感じました

まさか…狙っているのか!? と 
どこを狙っているかは、会話の流れで推して量るべきですが、三浦は本物のサブ兄貴になるつもりなのかと邪推もいたしました

あなおそろしや 入れるはよいよい 入れられるは怖い
怖いながらもとおりゃんせ
 
ともあれ、みな元気そうでありました

城下町でものぞこうかと掲示板のほうへ移動すると、後ろから声をかけられました

廃人二十面相のナミナミ改でありました。復帰休止を繰り返しているようですが、信はちょこちょこ遊んでいるそうです
かなり飽きたということですが、この世に飽きないものはありません
諸行無常 盛者必衰 マソ藤井

世の理というものは、わびしくせつないものなのでございます
ナミナミは相変わらず理想のパパを捜しているようでした

壁に映る魚影 それに向かって銛を投げ続ける人々 決して手に入れることができない幻影でございます
ナミは永遠に夢追い人なのかもしれません いえ…夢老い人なのかも…

私は城下町を一瞥して両替前に戻りました

みさをさんに、賤ヶ岳1をやっとくといいと言われました
冬場さんは今日は生産をお奨めしますと言うのですが、生産をやるくらいならドラクエ7をやったほうがましなのであります
生産は嫌いです 好きな人は変態です とてもあんな地味な作業はやってられないしてられない
生産ノックをしていて、気が狂いそうになったことがあります

私はリアルではモノツクリを生業としていますが、ゲームの中でまでモノツクリをする気は毛沢東 いや毛頭ないのです

みさをさんが泣いてわめくので、あきらめて賤ヶ岳1にちょっと行ってみることにしました
雑魚狩りクエということで、それならまぁお手軽にできるだろうと思われます

寝る前のちょっとした遊戯に興じるぐらいは許されるでしょう

狩場に来てみるとなるほど混んでいます
活気があるのは何にしてもいいことです

やはりネトゲは人がいてこそメロリンQでございます

戦闘が始まると、おや?と思いました
何やら見慣れぬネームが戦闘に

なるほど、これは巻き込まれ戦闘だということに気がつきました

巻き込まれ戦闘で見ていると、色んなスタイルの人がいるなと改めて思います
家臣が多いのですが、これはこれで久々に新鮮な思いをすることができたのでございます

11時ぐらいで終了し、そのまま落ちました
PSの電源を落としてふと考えました

もう10年─

一昔のことでございます
当時は、燃えていたなとしみじみ思ったのでございます
八海山をちびりとやりながら、黎明期の遠い思い出に浸っていました

合戦、イザクエや各種アイテム争奪クエ、対人戦、フィールドボスの強敵ツアー
なんて素敵なパラダイス

もちろんそれらを彩るのは個性溢れるプレイヤーでございましょう

しかし、思うに今の信がこうなったのもやはり世の趨勢というものかもしれません
我々がつまらないと感じるものは、必ずしも今を生きている(遊んでいる)人々にはそう思わないものでしょう。これはこれで潤沢したコンテンツに感じている人もいるのです

色々詰め込みすぎてつまらなくなった
よく他のコンテンツでもありがちでいわれがちなことでございます

しかし、例をあげてみましょう

「花の慶次」というニュー銀のパチンコ台がございます
既に5代目のシリーズとなっていますが、初代は神台と言われ神格化されています
現在の「花の慶次〜漢」は歴代でも最低と言われています

新台がでるたびに演出やギミックが派手になっていくのですが、作品の持つしづる感がうしなわれていくとでもいうのでしょうか

これに信も似ている気がするのでございます

不便を楽しんでいたあの頃 物足りないぐらいのシンプルなコンテンツ しかし…

ここで考えるのでございます

では、今またあのような初期のコンテンツに戻したら、初期を知る我々は果たして楽しいのだろうか?と

残念ながらそんなことはないのでございます
パチンコにしても懐古趣味に大昔の台を打ってみても、今ではもう退屈で仕方がないと思われます
何故なら、知ってしまったからでございます 数々のCG演出や派手なギミック演出をです

知ってしまったら、忘れることなど到底できるものではございません

我々は未来に生きなければなりません
若い人でも年老いた老骨でもあろうとも

知ってしまったら受入れるしかないのでございます

複雑に入り組んだコンクエスト
流星のように流れていくバージョンアップ
タンホイザーゲートのオーロラの帯のような無数のグラ追加

どれもこれもが素敵なイリュージョンでございます
そして星の下でワルツを踊るように口ずさむのです

ホッシュムッシュと

楽しむためにゲームをやる

私もそう思ってた時期がございました

しかし、楽しまなくてもいいんだとわかってまいりました
無理に楽しもうとすると、どこかで亀裂が生じてしまうものでございます

ただあるがままでいいのでございます 
皆様にも健やかに心を保たれますようお祈り申し上げる次第でございます

長々と書き連ねてきましたが、ここでひとつ藤井さんにお願いをしておこうと思います


647 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2013/05/28(火) 21:12:33.45 ID:3tkXchj50
今も現役だがマソって陰陽道はリアルですげーデカチンコだったとさ
ゲームで仲良くなってリアルで会った凸の人が言ってた



藤井さんいい加減にしてww
スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>かずは
やる気が起これば…な
慶次も、花の慶次グラだったらモチベがあがるのだが…
というわけで貫くれ貫。よろぴこ(*'-')

>藤井さん
病院いけっつうのw

>みさおっち
合戦より、おっぱいクエストが欲しい!
まじな話で大決戦っていらねーと思うw

No title

今週は織田が合戦だよ!
武田は敵国だよ!
たたき愛して遊ぼう^^
その時は仏でなく召喚でいく!うぷぷぷ
金曜は大決戦だけど凸さんきたら
賤23とかしたいねえ
なやましい!

No title

今月に帰省した時に話したとき「この人」呼ばわりされました
悲惨だけどワラタw

捏造繰り返していたら罰が当たったかのごとく腹下しで胃がきりきり
瀕死の状態;w;

にぃにー♪

けいじいこー。けいじ。
黒くない松風が見れるよっ♪

て、ことで課金ついでに賤ヶ岳234もやるように。
よろぴこ(*'-')
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。