スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆日和

熱海に着くと、思っていたより賑わってて驚いた。
伊東や熱海など一昔前はえらい寂れているイメージだったのである。

一通り、商店街など見て回る。
みやげもの売り場は、どこ行こうが変わらんが、今住んでいる地元の巨大アーケードのほうが全然賑わっていた。
まぁ行楽地はこんなもんだろう。意外なのが、パチンコ屋などがなかったこと。地元住民の反対があるんだろうな。

熱海は都内在住者が家族連れで来るにはちょうどよい距離なんだろう。
安上がりだしね。

ここで藤井さんから着信。

改札を抜けたところで、藤井さんとマソ君達は既に合流していた。

ヤクザや。ヤクザがおるで。
黒々とした短髪に黒いグラサンをかけて、如何にも地元風の恰幅のいい男。
さすがにいきなり声をかけられたら、「あ、自分堅気なんで;」と言ってしまいたくなるレベル。

とにかく、これが藤井さんである。会うのは4年ぶりくらいか。

「やぁ、おひさしぶり!」と声をかけあって握手する。

相変わらず豪快に笑いながら、恐るべき握力で俺の手を握ってきた。

マソ君は来エノちゃんという都内在住の友人と一緒だった。

何やら藤井さんとは初対面ながら「ちんぴろっしゅ!」という合い言葉で通じ合っているようだ。
計画通りとにやりと笑う。

金沢から名古屋でオフをして、こちらに移動したというから相当な距離を走ってきている。
顔に軽い疲労が浮かんでいるが、若さで気合いをいれている。

タツヲ、みさおさん、お汀さん、ツカさんとじゅんぐれにメンツが揃う。

伊東で買物予定を修善寺に変更して、藤井さんとマソ君の車で移動。
マソ君が車で来ていて本当に助かった。

伊豆を知り尽くす藤井さんのおかげで渋滞という渋滞に捕まらず。
それでもかなりの移動距離だ。

途中の土肥金山で軽く休憩。前にここでわさびソフトを食ったが、えらい辛かった。
藤井さんのおごりでイチゴソフトを堪能。
それにしてもいい天気で快晴。五月晴れである。これが雨だったちと気分も下降線になるし、何より運転手が大変だ。

修善寺のでかいスーパーで、BBQ用品を買う。
そこからかなり走って、またまたスーパーで具材を買う。

そして藤井さんちに到着。

相変わらず清々しいとこだ。

藤井さんのアパートの前を、川を横切るローカル線の鉄橋が走っていて、その流れは50Mぐらい先の海に流れ込んでいる。四方を見渡せば、山が連なり、風力発電の風車もみえる。

川はそれほど水流は多くない。土手を下ると、コンクリートの護岸が左右に敷いてあり、まさにBBQには持って来いの環境。

とにかく着火材の火のつきが悪いのには閉口したが、こんな手間もまぁ楽しいもの。

都内近辺だったら周りは見渡す限り、人で埋まるわけだが、BBQをやってる集団は俺らだけ。
あとは、対岸に人がちらほらいるだけで、何するわけでもなく川を眺めている。

これですよ。こんなBBQがしたかった。特に美味い食材でもないだろうが、環境という調理料はやはり大事だ。
藤井さんにしてみれば当たり前の環境だが、うちらにとっては、そうそう味わえる機会はない。
こっちに来てから多摩川や秋川渓谷、はては長野の清流、軽井沢と、結構色んなとこでBBQをしたが、こんな爽快なスペースでBBQをしたのは久しぶり。

jfgtfjsdtnts


十数年前に静岡の田舎の山奥で家族でBBQをやった以来だろう。

風は強かったが、海に向かって吹き下ろしてくる風は心地いい。

藤井さんはずっと魚を下ろしていたので、終了直前にやっと合流。
俺は日本酒をがぶがぶ飲んでかなり酔った。不思議と腹は減ってなかったので酒飲むしかねーんだよなあ。

後片付けをして、藤井さん家に突入。なんだかんだで広いねやっぱ。

そこからは、だらだら過ごしながら、思い思いに食ったり飲んだり。
マソ君は、ツカさんの垢で「三浦はガチホモ!」と叫んでいた。

ツカさんはなんてひどい!と苦笑い。
しかし、複垢起動のモニタ群を見るとよく操作できるなと感心する。俺にはとてもできねー。

ちょっとみんなに豆腐の味噌汁を作ってやる。
口にあうかどうかはわからんが地獄突スペシャルだ。

それからまた飲み続けなんだかんだで、俺は気を失うように撃沈。
というか酩酊していてほとんど記憶がないわけだが。
起きたらタツヲの顔が足下にあった。

マソ君の知人のエノちゃんはよっぽど楽しかったのか、人格が豹変する。
もちろん、次の日は想いっきり二日酔いで死んでいた。

俺も二日酔いで藤井さんからバファリンをもらって頭痛を緩和させる。
とにかく喉が渇く。日本酒を飲みっぱなしはよくないね。

なんか腹が減ったので、朝の散歩がてら数名で近くのコンビニに朝飯を買いにいく。

対岸にちょうどいい小公園があり、人なっつこい可愛い猫が二匹いた。
毛並みがきれいなので、藤井さん曰く捨て猫だろうとのこと。
1匹はアメショだろうこれ。

タツヲは猫好きなので「にゃー」と鳴きながらお手をする。
マソ君はまだ眠そうな顔をしている。なんか閉店君に似てるぞ。

池には白いガチョウがいて、周りは花や草木で囲っていてなかなか品良く作られている。
しかも綺麗で、周辺住人の民度の高さが伺える。
若い人が来る事が少ないというのもあるだろうが。

ともあれ、朝の朝食を、公園で猫と一緒に食べるという贅沢なひととき。
写真を撮っときゃよかった。

うだうだしながら、身支度をして藤井さんプロジェクト二日目の開始。

またまた、結構な移動距離。途中、トンネル内のプチ渋滞の後方ですげぇでかいスキール音が鳴り響く。
その後でドカーン!というお決まりの音はなかったので一安心。

行き先はまず酒を抜いてさっぱりしようと10時から始まる温泉へ。
温泉とか俺は長湯は苦手なので15分程度で出てくる。サウナで少し老廃物を出したら結構スッキリ。

cvbgfhckmjdcd


温泉の横に川が流れていて、まさにのどかな風景。水も綺麗そうだし清々しい。

1時間ほどしてまた出発。
次は修善寺の地獄巡りだそうだが、一体?

地獄巡りというのは、道路端にある建物内で行なっているチープなアトラクションだった。
お一人750円。いわゆる、小さな分校を改造して学生の文化祭レベルの出し物をしていると思ってもらえるといい。共通券で秘宝館なども見れる。

チープな割にそこそこ楽しめた。
見る前に、おばちゃんが地獄について5分程度解説をしてくれる。

まぁ話のネタとしてはいいんじゃなかろうか。
割と一生懸命作っていて微笑ましい。

秘宝館はしょぼかった。が、まぁネタとして笑うにはちょうどいい。

聞けば藤井さんも気になっていたのだが、入った事はないという。
旅は道連れ地獄連れ。

作りものの鬼の人形より、責め苦に苛まれている人の人形のが怖かったり。
ありゃ夜見たらちょっと怖い。


そして、念願の田舎蕎麦屋に到着。
地元に知り合いがいるとありがたいのは、こんな店を紹介してもらえることだ。

昨年、急逝したグルメライターの友人も連れてきたかったなと、しみじみ思う。
あげたての天ぷらの大盛りと田舎蕎麦のマッチングが絶妙だ。

4年前に食べた味が鮮明に甦る。道中、かなり腹が減っていたのでそれも相まって2倍増し。
これは都内で食ったら果たしていくらかとセコい事も考える。

移動距離が長いので、あとは修善寺(しゅうぜんじ)でも拝観して熱海へ戻るかとの算段だったが、混んでいて駐車もできないのでスルー。

一路熱海へ。

熱海に着くと、旅も終焉。最後は熱海に秘宝館へ。
300Mのロープウェイで山へ登っていき、秘宝館へ入る。

富士宮に住んでたわりに、今まで一度も来た事はなく。
古今のセックスや秘部に関するくだらない仕掛けとアトラクション。

しかしまぁ、これはこれで一回いっときゃネタにはなるレベル。
すげぇ面白いかというとそうでもない。しかし仲間で馬鹿笑いするにはちょうどいい。

これも旅のネタということで。ちなみにカップルも多かったが、カップルで行って楽しいかどうかはその人次第。ま、仲睦まじいカップルでいきゃ、地獄だろうがどこでも楽しいだろうが。

そして、藤井さんとマソ君達に別れの挨拶をして、事故もなく無事に藤井さん襲撃を終える。
世話になったね藤井さん。そしてマソ君も長時間の運転お疲れさま。
マソ君はそのまま名古屋に行って休憩するらしい。事故なきように願う。
藤井さんもあれだけの距離をまた帰るというのだから、頭が下がる。

またの再会を約束して電車に乗り込む。お汀さんとエノちゃんは新幹線。俺らは普通に東海道線。

みさおさんがそのまま帰宅で、ツカさんとタツヲと3人で横浜で軽く一杯ひっかける。
が、入った居酒屋がガキ共が強烈にうるせーわ、酒はなかなかでてこねーわで萎える。ちとキレそうになった。

早々に河岸を変えて横浜屋でラーメンで〆て完全帰宅。

こうしてGW後半を終えたわけだが、一期一会の縁というのはこの歳になると黄金に変えるほどにありがたい。
つうか、こうやっていつまで元気で会えるのかもわかりゃしない。
帰りすがら、亡くなった友人を偲びながらしんみり思う星の下。

先だっても、妹の旦那の弟がガンで亡くなった。まだ若かったのに気の毒に。
せいぜい死ぬまでに色々遊ぼう、出かけようと思う。
さすがにもうマソ君のようにはアクティブに動けないが。

なにはともあれ、藤井さん。
また、襲撃しますのでよろぴく。
お世話になりました。マソ君も運転お疲れさま。
こっちに来たら一杯驕ろう。

色々書き足りないが、さすがにめんどいのでこのへんで。

んじゃGWも終わって仕事だが、気合いはいらねー。
今日は適当に流して帰ろう。

ほいじゃ。
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいい雑記
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
また是非よろしく!たまにはこっちにも出張ってちょーよw

>凸子
来るときあったら歓待すっから連絡せい!

>ツカさん
吹いたwww

>マソ君
どうせ地球も滅びるし問題なし!

>伊勢さん
チンピロッシュ!

>みさおっち
昔は俺が復帰を促すほうだったんだが…
まぁ気が向いたら顔だすかと思うのだがな
しかし軍軍と言われてももうロートルだから今更ついていけねー気がするw

No title

ほんとに仕事する気にならなかったw
画面を見てるフリをしつつぼ~~っと無くした記憶を手繰り寄せてたw
お酒怖いw
横浜の居酒屋はずれかぁ
いかなくてよか・・・ゲホゲホ
昨日関の家康と6時間くらい遊んだけどまけちった
噂に聞くと軍さんがいいらしいよ!軍さん軍さん><
いまならもれなくインするとちんびろっしゅ対話でしゅっしゅっできるよ!

No title

チンピロッシュ!!

No title

つかさんになんだか申し訳ねぇ!
武田はすぐ24するやつがおるさかい、つかさんも藤井さん同様にマソFCに!
世界平和を願う愛の秘密結社陳皮ロッシュ!

藤井さんからGM警告の話聞いて爆笑したのは内緒>_<

No title

誰じゃ通報したのはw
インしたらGMから不適切な発言と注意喚起がw
俺じゃねえよwww
って事で参加者のかたおつおつw

No title

よーっしゃ。いつか襲撃しちゃうぞ~~~p(^-^)q

No title

おつかれさまですた!久々にげらげら笑い面白い二日間でしたw
今度は夏ごろより秋に入り天城山八丁池にピクニックしましょう!

次の犠牲者はタツヲさんを置いてけぼりw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。