スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗の雀

下北沢のある雀荘の一卓にケンシロウは座っていた。

対面にはラオウ。上家にはトキ。下家にはジャギ。

世紀末の覇権を賭けた修羅達の闘いが始まっていた。


東一局 起親 ラオウ ドラ表示牌は三萬

ラオウ、15巡目で親のドラ切りリーチ。

ケンシロウ「スローすぎてあくびがでるぜ」

ラオウ「役もいらぬ、ドラもいらぬ このラオウが望むものは 親の連荘!」


すると、トキも撥を切ってリーチ。

ラオウ「ぬぅっ!トキ!」

トキ「下がっていろケンシロウ。見る事もまた闘いだ」

ケンシロウ「トキ…」


14巡目にトキがラオウの当たり牌【ニ索子】を掴んで放銃。

リーチ、タンヤオだが、裏ドラが2つ乗って親満の12000点。


ラオウ「ふはははは!やはり天はこのラオウを望んでいるのだー!!」

ケンシロウ「痩せたな(点棒が)トキ…」

トキ「ふっ…。だがまだ生きている(苦笑」



ラオウ勢いにのって連荘を伸ばす。既に点棒は50000点超え。

他3名は動きがとれず。テンパイにもまずい。

後ろでコーヒーありありを運んできたユリア。
呆れたように言う。

ユリア「まだ闘おう(和了)と言うのですか…」

ラオウ「拳王に後退はない!あるのは前進勝利のみ!」



親ラオウ すでに東1局 6本場 ドラ表示牌は2筒子。

ニ翻縛りでジャギが7巡目でリーチ。

ジャギ「今のおれならイカサマすら気付かせぬうちにその点棒を抜きとることもできる!」

しかし、大口を叩くも直後にフリテン誤ロンで満貫罰符。8000払い。

ジャギ「あぎゃあぁああーー!!!」


トキ、ジャギに諭す。

トキ「やめておけ。お前は殺気(タコ麻雀)が強すぎる」


親がようやく流れてトキの親は流局であっさりながれる。

流れ7本場で 東3局。ケンシロウの親。

配牌を見て、何かを確信したかのようにケンシロウの目が光る。

ケンシロウ「北斗神拳奥義 ダブルリーチ!!」

ラオウ、トキ、ジャギ「なにぃ!?」


ラオウを睨むと、千点棒を掴んで場に叩き付けた。


ケンシロウ「狂える暴凶星 死すべき時はきた!!」

ジャギ、字牌ツモ切り。

ラオウ「ぬう!! お…おれは拳王! 拳王は決してひざなど地につかぬ!」

といいつつ、唯一の安牌、九萬をきる。

ケンシロウはそれを見て、舌打ちをしながら中指を突き立てる。

ケンシロウ「ラオウよ 天に帰る(点棒を返す)ときがきたのだ」


その様子を見ていたトキが震えながら、安牌をだしてベタ降り。


トキ「ケ…ケンシロウの配牌とツキは わたしの想像を はるかに超えている」


ここで、一発ツモなるかケンシロウ。モウパイをしながら、牌を場に叩き付けた。

「アタァ!!」

……息を呑むラオウ。

しかしムダヅモであった。


ケンシロウ4巡目に中をカン。ドラ表示牌は撥。

後ろで見ていた雀荘のマスターのサウザーが一言。

サウザー「ほう… でかくなったな(手が) 小僧」


ラオウ7巡目にツモリ四暗刻をテンパイ。

ラオウ「決着をつける時がきたようだな!!今や天をめざすおれの拳! とくとみせてやるわ!!」

ラオウ、2萬を切って追っかけリーチ。

ケンシロウ、静かに目をつぶるとトキを指差す。

ケンシロウ「ラオウ…トキが待っている(箱下寸前)」

ラオウ、激昂しながら叫ぶ。

ラオウ「俺はきさまに麻雀を教えた身! このラオウに一日の長があるわ!!」


13巡目、ラオウ、牌をツモってモウパイしながら、鬼の形相でつぶやく。

ラオウ「な…なんと…わ、我が頭上に死兆星が!!」


ラオウ、牌を場に落とすと、身体を大きく沈めてうなだれる。

表示牌は東。

ゆっくりとケンシロウの牌が倒れる。


「ロン!天破活殺!!」

ダブリー、四暗刻 東単騎待ち 親で64000点

ダブル役満でラオウ箱割れ。

ケンシロウの顔をなでながら愛おしい弟に激励をする。

ラオウ「フ…フフ………み、見事だ……弟よ!!」

ケンシロウ「ラオウよ…俺にはあなたが 最大の強敵(とも)だった」


精算が終わり、オケラになって真っ白になったラオウに、ケンシロウが声をかける。

ケンシロウ「せめてタクシー代だけでも持ってゆくがいい」

ラオウはかぶりを振って答えた。

ラオウ「このラオウ家に帰るに人の手は借りぬ!!」

そう言ってラオウは二子多摩川まで歩いて帰っていった。

ユリア「わたくしも天へ(家へ)帰りましょう」


ユリアはサウザーとともに店を閉めて帰っていった。

ケンシロウはトキとともに、近所のキャバクラに消えていった。

ジャギは一人寂しく焼き鳥屋で焼酎をひっかけに行った。


一つの闘いは終わった。

しかし、漢達の闘いは終わる事がない。

新たなる伝説は下田で始まる。

わけはない。

うーん、思ったよりあんま面白くなかたw
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいい雑記
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>マソ君
事故るなよー

No title

凸さんwおらぁはいま明日の名古屋オフに向けて一足先に高速なう!
リアル高速寝落ちしそうなんで、賤ヶ岳SAに寄って暇つぶしにスマフォいじりながら、この記事見て爆笑wwww
眠っ気なんて吹っ飛んだぜ!
藤井さんのちんぴろっしゅは明後日に備えてのチンコの皮剥きだぜ!
前哨戦から飛ばしまくりなんで当日死んだ顔になってるかもめ
では明後日熱海で!

No title

>藤井さん
マソ化してるw

No title

チンピロッシュ!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。