スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所感とちょっと言いたかった事

馴染みの三浦がガンダムオンラインで結構な金額を課金している。

「俺だって好きで課金してるわけじゃないんだ」

そう言って得意げに鼻を鳴らすのだが、俺金持ってんゾー自慢をしてるだけだ。

ガチャコンプというものがあるが、なるほどユーザー心理をつくいい商法だ。

子供の頃の心理は面白いもので、特に興味がないものでも、他人が集めたコレクションを見ているうちに集めてみようかなと思えてくることがあった。

人がいいアイテムをゲットすると自分も欲しくなるのは当然のこと。
いいアイテムが出るまでやめない!

これは、ジョジョの一期のワンシーンで、ディオ!君が泣くまで殴るのをやめない!といったところだろうか。
いやちょっと違うか。

ともあれ、三浦は今日も信にインしながらガチャをやる。そのうちガチャ男と呼ばれる日も近い。

さて、ここらで最近の信の所感を述べよう。

退屈だねぇと呪いのように言いたいところだが、そもそも能動的に自ら動かなければリアルだろうがネトゲだろうが退屈なのだ。

引きこもって、コナちゃんのようにキルバラの開発をしたり、同人誌を制作して己の趣味に没頭している人はおよそ退屈とは無縁だろう。

ネトゲで退屈だなと感じたら、それは至極正常なことである。
むしろ、おもしろくてしょうがないというのは、嵌りすぎて大事な何かを失ってしまう可能性がある。
少なくとも必ず何かを失う。

自分では気づかない。気づいていてもどうしようもない。
そんな人を他ゲーでも数多く見てきた。

つまり俺もそうであった時期がある。
他に責任転嫁をして自分にその原因を求めない。反省しない。改善しない。
典型的な自己中心の思考である。
周りから引かれる。人は離れていく。精神が壊れそうになる。

しかし、それが自分でコントロールできないから依存症として、ますます深みに嵌る。
ネトゲ自体に責任はない。すべて自らの責任だ。
あえて言うなら三浦のせいだ。そーよ、そーだわ港のヨーコ横浜横須賀。

歳を取ったせいもあるだろうが、執着心が薄れた今は、ネトゲと一番最適な距離を保つことができている。
というより毎日毎晩インすることもなくなったのだが。

もちろん、楽しくてしょうがない人は多々いるだろう。
否定はしない。そーいう時期が俺にもあった。藤井さんにもふぇいにもマソにもあった。

そう、いまこれを読んでいるあなたにも。

何気ない会話に、暖かさを感じたり、喜び、怒り、妬み、猜疑心、屈辱などの様々な想いをめぐらせてきたはずだ。


付き合いかたはそれぞれだ。

のんびり行こう。

人より強く、そして速く。

なんとなく適当で。

しっかりやって盛り上げよう。


結局、人が一番面白い。
与えられたコンテンツなどは、所詮、メーカーの利潤追求のためのサービスにしか過ぎないのだから。それを味付けしていくのが、ユーザー自身であり、世界を創るのはその一人一人のストーリーだ。
人の数だけドラマがある。ふぇいのレスだけ晒しがある。

だから、う〜んと何が言いたかったんだ俺は。
まぁいいか。今日はもう週末だしな。

そんなことを書いているうちに、時間がきてしまった。

俺は恥ずかしながら学がないので、なかなか真意をうまく表現できないことにジレンマを感じることがある。
だから、このようなダラダラとした長文になってしまう。

短く適切な文言を創りだす人はやはりすごいと感心するのだ。


あー、そうだ。
これは、ゲームに関係ないことだが、最近の自殺のニュースで感じたことを書かせて頂きたい。

これはあくまでも俺の私見なので、読んでみて違うんじゃね?と思われることもあるだろう。
しかし、俺が親から教わったことでもあり、曲げることの無い考え方である。



件のニュースで、教師がいろいろ責められている。
ニュースだけみれば、確かにひどい。ひどいが、しかし自殺するような事かこれと思う。
真実であるなら、このような教師の暴挙を訴える方法は、現在は色々あるのに何でそれをやらなかったのかということもある。

結論から言うと、俺は自殺するような子供を育てた親が一番悪い。

そう思う。

高校で自殺しなかったとして、社会に出たらもっときついことがあるわけだが。

そんなわけで親が被害者面してるのを見てると反吐がでる。
そして慰謝料とか請求している。やっすい命だなと。
いじめ?んなもん大昔からあるわ。それももっと理不尽ないじめなんかありすぎるほどあったはず。

俺の周囲にもあったし俺自身もうけたことある。
俺の先輩は、やさぐれの同級生目をつけられすれ違うたびに蹴られていた。それでも気にもせず悠々と学校に来ていたし、仲間もいた。
鈍感だったのかもしれないが、自分がいじめれていることを笑い話にもしていた。
もちろんそんな人はまれなのかもしれないが。

遺族の想いを考えてと言われるかもしれないが、わからんよ。
当事者でもないし、自殺するような者が家族や親戚から出たら、俺は恥だと思うだけ。
自殺する奴は、そこで死ななくても、同じような目にあえばどこかで結局自殺するだろう。

もちろん、いじめるほうが絶対的に悪いのは確かだ。体罰の問題でも理由無き暴力は意味が無い。
しかし、教育ってえのは親がやるもんだ。学校は勉強を教えるとこだ。
学校に子供の教育までまかせてる馬鹿親こそ教育が必要だろう
弱い。弱すぎる。親が子供に気を遣い過ぎである。

それはうちの妹を見ていてもそう思った。
馬鹿だろと。

気づいてあげられなくてごめんねとか、子どもに謝る親がいるが、謝る方向が違ってる。
自殺するような弱い子どもに育ててしまってごめんなさいだろう。
それこそ土下座して謝れと。大事な事を教えてあげられなくて申し訳なかったとな。

子どもを可愛がるあまりに一番大事なことをきっちり教えてやれなかった責任は親にある。
そんなん親失格だ。自分を育ててくれた両親を見て俺は心底そう思う。

俺は何があっても自殺するような脆弱な心は認めない。
生きたくても生きられない人が世界には無数に存在するから。


自らの命を放棄するような奴には、二度と人の生を受けられないと仏教では言われている。

俺もそう思う。

そして三浦は言うだろう。


「俺はホモに生まれ変わる」



ま、結局、野次馬根性で書いただけだが、自殺はいかん。自殺はな。
生命の法則をねじ曲げる行為に、罪という意識を教える教育が必要だろう。

死ぬことで、社会的にも影響を与え、周囲を不幸にして学友などにも迷惑をかける。
まさに自分だけ楽になれりゃそれでいいといった我侭で最低な行動だ。
周囲を負の連鎖で巻き込む自殺。怨だけ残し死んで浮かばれる事は無い。

そうは思わんかね藤井さん。

てなわけで、良き週末を。


スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>マソ君
楽しみにしているw

>林檎ちゃん
人生で3回、まじで死んでたなと思うことあり。紙一重の差で生きていられるこの命。
ほんと色々感謝だねえ。

>ベニーさん
もう正体知ってるからその名前じゃなくてもええだろうw

>みさおっち
拳こつをプレゼントしようw

>藤井さん
自殺が如何に卑怯でかっこ悪く情けないことかを、親も教師も教えるべきだな。
セクロスはともかく、信オンをやれば死ぬ気はなくなる。
わけねーかw

>烈風の残党さん
烈風時代の思い出は書いていて楽しいですねえ。
黎明期ということもあったのですが、なんかこう、たぎる想いがありました。
駄文で良ければ今後とも読んでやってくださいましw


No title

私は甲府で売り子が賑わっていて、城門前で募集の人が沢山居た時代が懐かしく思い出されます。その頃は凸さん藤井さんふぇい様は色んな所で有名でしたので^^(私は恐れ多くて近づけませんでしたが><)
昔が楽しかった人、今も楽しく遊んでる人それぞれいると思います。三浦さんみたいにずっと変わらない人も^^
気が向いたら、烈風時代の懐かしい事も期待してます。長文失礼しました。

No title

特に桜ノ宮自殺の件は親が他人事のように
自殺前日まで放置してたように伺える。
息子があざ作って帰って来て放置とか何を考えてるんだろうか
昔の先公は殴ってきても1-2発で俺は悪いことをしたんだって自覚させられたけど
ボコボコにするようなのは受けたことも聞いたこともない
殴った後も昔の先公はフォローがうまかったw

しかし若人よ、自殺するならセックルでもすれば
死ぬ気なんて消し飛ぶと思ふ

って凸さんがいってた

No title

生きてなんぼですからね
なので今生きてる原点誕生日はめでたいのです!
お誕生日プレゼント絶賛受付中です^ー^

No title

沸いてるかたまに甲府に探しにいってます。
ひまなのでしばらくストーキングしてみようかな❤キャハ

No title

なんでだろう、なんかしらないけど「手〜のひらを〜太陽に〜」って歌思い出しました
とても儚くとても尊いこの命、大きな力で生かされていることに気づき感謝しなければいけないと思いますた(T_T)

No title

凸さん
熱いっすね
そろそろ呑みますか!春くらいに!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。