スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先に見えるもの

hbkjlきおう


実装された新ダンジョンには、家臣を引き連れたプレイヤーが集う。
しかし俺はいまだに麗を連れていく気がしない。

だから俺はいつもの如く両替警備だ。暇である。

暇だからこんな事をして見る。
春爛漫を浸かって犬に変化するのだ。ワンワン。

両替を走り回っていると、たまにうざがられて蹴られたりもする。
キャウン!

う〜む。人は怠惰を極めると生きながらに腐っていくと言うが、ネットゲームはまさにそれ。
何もしない起きない無為な時間。ただただ時は過ぎていき、覆水盆に返らず。ほーほけきょ。

すると、織田の食いしぼう万歳な藤川みさおから対話がきた。

「家臣育てないとやばいよ!かなやば(かなりやばいの意)だお!」

「ほう心配してくれてるのか。だが断る!」

「麗たん(俺の家臣)のおっぱいだって育たないんだよ><」

「それは困るな。どれ…ひとつ麗の特化でも取りにいくか」



そう思い立って三輪山に登る。正確にはアイテムによって一瞬で飛ぶわけだが。



──三輪山。

懐かしい。大物主で帯をノックしたのも早幾とせ。
目的を同じくしたプレイヤーが手前に集まっている。

忍笛で敵を呼ぶ。忍者だ。

しかし戦闘に入ればただの鼠。家臣だけしか闘えなく、戦闘を見守るしかできない。
頑張れ麗。乳よ〜母よ〜妹よ〜。

火攻めの設定を上位にしたら開幕火攻めで一撃なぐって倒せるレベル。
さぁ殴れ。倒せと思って見ていたら

ってあれ?一所>一所>一所>一所>一所>……おい!

意味のない一所を延々とループしている。なんだこいつ。

えーー!ナンスかぁこれ。う〜〜ん、これは許せないですこれ。
頭悪過ぎ。秋葉のオタク調で言わせてもらえば、お前は馬鹿かよって感じですね。

反撃極意と後の先をいれてあったので、反撃くらわして何とか鼠を倒すが、俺はもう呆れた。

麗を正座させて、こ一時間問いつめた。

なんなのなんだいなんなんだい!と。


麗に「お前はいつになったら、連撃とかするんだよ!」と恫喝したら

「あ、明日には…」とうつむきながら言いやがった。

「明日っていつだよ!このノウタリン」

「あ、明日とは…明日には…きっと;」

そうすると、麗は涙を浮かべてよよよと泣き崩れ、さめざめしくしくとぐずる始末。
話にならん。泣けば済むと思っているのか野田総理。
あめーよ。甘すぎるよ。甘スィートだよ!
泣いて済んだら藤井はいらねぇーんだよと張り飛ばし、もういいからお前は屋敷の庭掃除でもしてろと追い返した。

麗は目涙をぬぐいながら「御意…」と言いつつ、屋敷へ帰った。
ったく、つかえーねー。

本当なら裸にひんむいて、棒切れでぶっ叩きながら、一晩かけて「一所ばっかしてんじゃねぇよ」と説教するとこだが、さすがにそれはやめておいた。俺はジョジョばりの英国紳士だからな。
一所を憎んで罪を憎まずである。

まぁ、ちょっと怒りすぎたかもしれん。あとでリンゴ飴でも買ってってやるか。
つくづく甘ちゃんだなと自分でも思うが、いたしかたなし。


戻ってきて、一服していると、例の琴波が家臣育成のプロの手腕を教えてやろうと言う。

どうせ暇なので、寝る前のエクササイズだと思いついて行く。なにせ家臣Dはまったくやってはいなかった。

涙が乾き、少し落ち着いた麗を呼ぶ。
ばつが悪そうにもじもじしている。

くっ、こいつ;可愛ぃ…いやいや、待て待て。
甘い顔をしたらいかん。俺はこやつの主人なのだ。毅然とした態度をとらんとな。


俺は心を鬼にして「おい!さっきの失態を拭ってみろ」と叱咤した。
本当は頭を撫でてやりたかったが、それはできねぇ。

「ははっ!必ず…」

きりっとした戦人の顔になった麗を連れてダンジョンに入る。

琴波が待っていた。ウホッ!家臣多いなこいつ。

「俺はもう11まで進んでいる(キリッ」

「ほぉ」と感心するが実際よくわからんので適当に相づちを打つ。

しかし、こいついつ寝てるんだ。夜鷹みたいな奴だ。

Dを案内する間抜けな神主の顔を見ながら先に進むと、なるほど四神からか。
まぁこれなら余裕だ。

「麗、お前の本当の力を見せてみぃ」と優しく激励する。

「はい!」とにっこり笑う麗。いい子だ。頑張れ。


青龍から戦闘開始。

麗が「看破!」と宣言する。

いいぞ。わかっているな。まあ、しなくてもいいけど、付与は消してくれると気分が違う。

俺は適当に火攻め2で削り、琴は自慢の陰陽家臣のメテオドライヴァー3連。
こりゃはええわ。

麗が気合いを入れて咆哮する。

「看破!」

いやもういい。

「看破!」

もういいってば。

「看破!」

おい…。

「看破!」

あのなぁ…。

「看破!」

いい加減にしろ!!このアマ!


結局、麗は看破しかしやがりませんでした。
技能詰め込んでも、一つ二つしか行動しねえとか糞すぎる。

4神を終えた後、俺は麗の首を絞めながら

「高校の同級生の避妊の金を集めてんのかおめぇーは!侍をなめんな!!」と恫喝した。

すると麗は頬を赤らめながら「出来ちゃったみたい…」とうつむきながら、つわりのような仕草をする。

「いー加減にしろ」とひとつ拳骨をくれて追い返したが、琴波がこっちをじ〜〜っと見ている。

「地獄のおっさんよぉ…」

琴波はにやにやと嫌な笑いをしながら、俺に近づいてくる。

「な、なんだよ…今のはなんでもねぇし…」

「これ渡しとくわ」

「あ?なんだこれ」


奴から受け取ったものは高性能家臣専用スキン「うすうす君」だった。

「ご利用は計画的に。だよ」

「いやないから。あるわけねーだろ。むしろあったら嬉しいわ!」



さて、家臣も増えたし今度は陰陽でも作っとくかな。
にしても設定を間違えると地獄だな。

そーいうことにしておこう。


スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>佐渡さん
家臣って細かく設定できるのねえ
めんどくてやってないw

No title

家臣D壱だと、自分何もしなくても勝てるので楽ですな。
全員同じ名前にしたので、どれがアタか盾かも分からず
他人とは回れません(笑

No title

>みちゃおっち
鍋といえば石狩鍋!なんかサーモンがえらい安い昨今。
ステ用の1st家臣にはまだ買ってあげてないなぁ。
侍でも浴衣を着せたい今日この頃!

>林檎ちゃん
コマンド入力技能は2つぐらいで十分ってことだぁねえ
もっとトリッキーに動いてくれりゃいいいんだが。
あと、台詞も欲しいね。自分で設定できりゃ言う事無しw

>西さん
家臣Dなのに家臣は連れて行かないほうが効率いいと言うw
数名の知人で気軽にボスを堪能できるから、まぁ家臣に依存しなくてもいいっちゃいいねえ。Pも関係なくもらえるし。賭場は俺も切望するが、そればっかになりそうねw

>ベニーさん
キャラの素っ裸グラが欲しいです!そして6人の家臣でソイヤソイヤと踊りたい。
いや…なんか違うゲームになっちゃうねwさみしい時は俺に対話を!
ナイスなトークで紛らわせてあげますお!

No title

家臣ダンジョンで
家臣6人だしてずっと1人でしゃべってても
なんとなくソロじゃないような気分になれます( ・ิω・ิ)
セクハラ発言もやりたい放題なんで
おすすめですぞ!
まぁ気が付いたらものすごくさびしくなりますがキニシナーイ(ง°̀ロ°́)ง

No title

ブログ巡回していると、今はもう家臣6名連れてあちこち攻略出来る雰囲気ですね、
ソロ推進なのかしらと、、。
これはもう釣りと料理と博打を早く実現して欲しいwwマジでw

No title

こないだ知人に能家臣出してもらい桶半蔵行ったんですがずっと験気してましたw
でも詠唱はもう家臣で十分なんだなぁ
おおおお腹、いいい一杯なんだなぁヾ( ̄〓 ̄ヾ)

No title

食いしん坊ばんざーい!
凸さん お鍋がおいしい季節がきたよ!@@
家臣にかわいい防具を買ってあげましたか><
巨乳だと合うのがなかなかないかもしれませんねぇ。。。もふもふ
悔しくなんかないんだからネッ
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。