スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんみつ僧兵 in SUMMER




俺が甘味処の前を通りかかると、赤い布をかぶせてある椅子にちょこんと座っている尼がいた。


「おや、むら娘さん」

「あら、凸さん。おひさしぶりです」


雑賀の僧兵であるむら娘が、かき氷を食べている。
メロンシロップか。いいのう。

黒髪ポニテ、小柄な体躯に併せた袈裟を身に付けて、シャクシャクかき氷を食べている。
その姿をみて、犬や猫などの愛玩動物を眺めるようにじ〜〜っと眺めてみる。

一心不乱にかき氷をシャクシャクと食べる尼僧兵。

dsvsavbdsad

なんだこの可愛い生き物は…。不謹慎だがそう思ってしまう。

その視線に気がついたのか、むら娘はさじを持った手を止めた。

「なんですか…。じ〜〜っと見て…(・ω・` )」

不審そうに俺の顔を見る。さすがにバツが悪いので顔をそむけて汗を払った。

「ああ、いやいや…。おひさしぶり。相変わらず暑いねえ」

「暑いですねー。さすがに我慢できずにかき氷などを頂いております。(*'ω'ノ」

「ふむ。俺もちと頂くとするかな」


このところの猛暑になぶられてすっかり体力が減退している。

暑い時に冷たいものを摂るのは、あまり感心したことではない。

熱には熱をもって補え。これは故藤井さんの言葉でもある。
暑い夏に冷たいものばかり摂っていたら、夏バテを増進させるようなものだ。

だが、目の前のかき氷の誘惑には勝てない。加えてこの暑さだ。
砂漠にオアシス。エジプトにオシリス。
まさに、誘惑光線クラッ♡ならぬリリス・テンプテーションである。

ことわりもせずに、むら娘の横に並ぶように座ると金時のかき氷を頼んだ。
我ながら無作法だが、今さら紳士ぶってもしゃあないし、これがおっさんのやり方よぉ。


「ふぅ、しかし今年は特に暑いな」

「猛暑というより酷暑ですね。日中症になる人も多いようで」

「それなんだがよ、俺らの若い頃は、日射病はよく聞いたが日中症なんざ聞いた事なかったぜ」

「昔と今では地球の温度も違うんでしょうかねえ。かき氷も私なりの日中症対策とか言い訳したりして(笑」

「冷たいものは一時はいいんだが…結局余計に汗が出てしまって体力が奪われるのう」

流れ落ちる汗を手ぬぐいで拭き取りながら、愚痴っぽくこぼすと、むら娘はくすりと笑った。


「あ〜あちぃ…まじで死ぬわこれ」

あまりの暑さにベロを出す始末。
まったく、そよ風のひとつも吹かないのだからたまらない。

海でもいきてぇなと想像すると、頭の中にはハワイのダイヤモンドビーチで
ナイスバディの水着のねーちゃん達と戯れている自分が見える。
しかし、実際にはダイヤモンドビーチなぞ行った事が無いので、映像はせいぜい伊豆の白浜だろうなこれは。
でも、やっぱ夏は海か。くそっ!リア充は全員いますぐ地獄に落ちろ。
目をつぶってそう念じてやる。

すると、肩をトントンと叩かれた。

「凸さん、かき氷が来ましたよ」

「んぁ?ああ…」

あわてて目を開けると目の前には山盛りのかき氷が置いてある。
細かく砕いた氷の結晶の冷気が伝わって来る。
ひんやりとして何とも心地よい。

「早く食べないと溶けちゃいますよ」

むら娘にそう促され、しゃくしゃくと食べるとキーンとお得意のあれがきた。

「くぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ」

こめかみをもみながらうつむく。これがあるからやめられない。


「急いで食べ過ぎですよ(・ω・` )。いそがば回れですよっ」

「このキーンとくる感じがたまらんぜよ」


そんなやりとりをしていると、黒い影が俺たちを覆うように現れた。


「おっちゃん。可愛い尼さんと一緒にかき氷とはいいご身分じゃないかい」

「お、お前は…」


そこには、スラッとした女陰陽師が立っていた。


「ふぇい!お前生きていたのかっ!!」

「死んでねーし。それに最近やる気も全然ねーし。めんどくせーし!」

ふぇいふぇいは元は烈風雑賀に所属していた。故あって浅井に行ったそうだが、俺の中ではいまだに雑賀のふぇいふぇいである。

ふぇいはむら娘に耳打ちした。
俺にわざと聞こえるように大きな声で。


「娘ちゃん、気をつけなよ。この手の中年は犯罪予備軍だからね」

「ええっ!そうなんですか!?」

とんでもないことを吹き込む奴だ。
このままだと俺は性犯罪者という重いレッテルを背負う事になってしまうじゃないか。
そんなん池田の源だけで十分だ。真珠の効力を試したくて主婦に泡を吹かせた男にはなりたくねえ。


「おい…。おい、どこがそう見える…」

俺はあせった。ここに木乃でもいれば、この男アセッタ人とでも言ったろうか。
とにかくあせった。

むら娘に洒落や冗談は通じない。根が素直なのか天然なのか、とにかくこの人にブラックユーモアは厳禁である。


むら娘は俺の顔をまじまじと見て考え込んだ。

そして、おもむろに首を振りながら満面の笑顔を向けて言う。


「凸さん、大丈夫。人は変われるんですよσ(○'ω'○)」

「いや…あのね…」

なんだこの娘は…。
何かもうどうでもよくなってきた。


それにしても、ふぇいが甘味屋に現れるとはな。
こいつは夏は朝っぱらから、冷えたビールに心太が好物のはずだが。

むら娘なら茶店でフルーツパフェも合うだろう。
しかし、ふぇいなら蕎麦屋で冷酒というのがよく似合う。
ふぇいが茶店でパフェを頼む図なんて想像したくない。
いや世間的に許されない構図だ。認めたくないこの気持ちこの想い。

とにかく話題を変えてタゲを逸らそう。そうしよう。


「ふぇい、ところで甘味屋に来るとはめずらしいじゃないか」

「んー。暑いしねえ。わたしだって人並みに冷たくて甘いものぐらい摂るよ」

「オリンピックも始まったしな」

「全然かんけーねーしそれ」

「サッカーは順調ですねー(*・ω・)」

「スペインwwwww予選敗退とかww」

「わたしはサッカーにはあんま興味ないしなー」

「じゃ何に興味あるんだよ」

「テコンドーだよ」

「テコンドーとかwwwww」


ドキャッ!!!

「ぐぇっ!?」

大笑いをした瞬間に、いきなり俺の脳天に何かが振り下ろされた。

テコンドーで言うネリチャギ。踵落としだ。故アンディ・フグの得意技のひとつ。


俺は一瞬目の前が暗くなり、前のめりにぶっ倒れた。
ふぇいのパンツが見えたような気がしたが、いまいちさだかではない。

「テコンドーをバカにするものは踵落としに泣く、だよ」

意味不明な言葉を残してふぇいは去っていった。
土を噛みながら頭を擦る。
糞っ…。俺が現役の頃だったらあんな踵落としなんぞ…。とは思ってみたが寄る年波には勝てはしない。


「大丈夫ですか…凸さん」

「ああ…。あいててっ…。相変わらず凶暴な女だ。いい足技持ってやがる」

「テコンドー…好きだったんですね、ふぇいさん」

「テコンドーとふぇいか。妙な組み合わせだな。藤井さんと水球ぐらい違和感がある」

「かもしれませんねw」


じ〜わじ〜わと蝉の鳴き声が大きくなる。

まだ夏はこれからだ。オリンピックもこれからだ。アキヤマンは残業だ。
みさおさんは信オンだ。俺たちの旅もこれからだ。


「凸さん、うち決めました」

「へ?何を」

「今度は、あんみつパフェに挑戦してみようと思います!(o'ω')」

「あっ、そう…」


女の別腹は甘味90%で出来ているというが、まさに四次元ポケットだ。

ともあれ、ますます瀧のように流れ落ちる汗を手で拭いながら、ふと思う事があった。

サッカーの日本代表の永井って…もしあれでイケメンだったらすげぇよなぁ。
ま、どうでもいいか、そんなこたぁ。

オリンピックでまだまだ寝れない夜は続きそうである。
皆様も日中症にはご注意を。

最後に藤井さんの摩羅試し切り。
vds


ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>かずは
マソ君のはトウモロコシ級だからもうちっとでかい!

>むらさん
そこに反応しないでw

犯罪予備軍。。。

と、とんでる・・・

え?三浦にいしゃんのは~~
ポークビッツ級だって噂が・・・

これはきっとマソさんのだょ~~うふふ

No title

>ふぇい
あらゆる欲が減退する夏
日本の夏キンチョール!

>藤井さん
ブラックジャックかいなw

No title

家でエアコンふん回してゲーム
これこそ至高

タイだと(・∀・)チンポー!!切りが多くて縫合手術がお手の物だとかw

No title

マジさー

暑いとナニもしたくねーよね

寒いときもイヤだけどねー

No title

>凸子、かずは
アイスは美味いがそれが神の定めし夏の罰
食い過ぎて太るの無限地獄なり
胸板廚ならウサインボルトにしとくんだ!

>源
これも愛 あれも愛 それも愛 きっと愛
愛だろ 愛w

>ふぇい
同じく暑くてやる気がでねえ
ナニもできねえ タスケテー

>アキヤマン
柔道見ながらビール飲んでる俺は勝ち組だな
オリンピックを楽しめないと今年の夏はきちいぜぇw

>みさおっち
練乳!いい響きだなぁ
飛んでるのは三浦のポコティンだよっ!
拾ってあげてw


No title

もふもふ
カキ氷は宇治金時練乳がけこれです!
夏のバーゲンも終わるしもう夏は終わりです!
でも信はまだ始まりですw馬場強いよ><

それにしてもイラスト?シミジミ見ちゃった
両手がついてるのに何が飛んでるんだろうって。。。。
これはもしかして@@;

おいおい…

オリンピックなんか興味無いのに楽しみにしていた大河ドラマが録画されてなく柔道が映ってるやんけ!

No title

犯罪予備軍???

予備軍???

あー最近パフェ食べてないなぁ

でも、蕎麦屋で冷酒も最近やってないなぁ

ってか、暑くて何もする気おきねー

No title

おいwww おれの扱いがwwww

五輪ぱらだいす

室伏さんの胸板がめっさたまらんす
体操選手もハァハァものです

応援してます♪

寝不足真っ盛り

あちゅい

甘味は別腹!

昨日は「ラムネジェラート」と「かき氷(マンゴーシロップ)」食べたぉ♪

キーン!が来たらおでこ冷やしたら治るんだって!!
でもおでこ冷やすアイテムがなかった!ざんねーん!!
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。