スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメガガ

戦国レシピ#23

BAR0008


私は甲府でBAR「SENGOKU」を営業している地獄突という軍学侍。
本日は晴天なり。五月晴れだよおっかさん。

さて、いい天気だな諸君。
何と言っても清々しいし気持ちがいい。
だからといってスガシカオを聞くわけではない。

こんな清々しい日和なのに、顔に斜線が入っている男が目の前にいる。
蛾雅 零という古参の知人だ。

頭を抱えて悩んでいる。

グラスを握りしめて悩んでいる。

仕事でよく言われたのが「悩むんじゃなく考えろ」だ。
これから新社会人になり仕事をしていく人達に送りたい言葉でもある。

悩むのは思考が停止する。まず打開策を0.1%でもあるなら考えろ。
そう教わった。

いま考えると色んな人達に訓啓を頂いてる。もちろん藤井さんにもだ。

いいおっぱいは、悪いおっぱいより乳輪がでかい
藤井さんの格言である。さすがだ。さすが藤井先生だ。

で、本日の悩める客は蛾雅 零(ガガ レイ)である。
私が一門を移るきっかけとなった男。今川の希代の策士。
装備をもらうことにかけては天下一品。
彼を一躍晒しのスターダムにのし上げたのは、【装備もらいますよ】の一言である。

後に【もらう】という言葉は【奪う】に変わっていき、
装備を奪う→gagaるという流行語まで生み出した。
伝説の暗殺である。
ちなみにレディガガとは何も関係はない。

とにかく、おっさんの苦悶している姿を見るのもだるくなってきたので声をかける。

「ガガ。何を悩んでいる」

「許せないんだ」

「何が…」

「ひどい。ひどすぎる。あんな…まさか…」

「一体何のことだ。誰かにまた晒されたのかい」

こーいう悩みに対して言葉をかけてやるのはうんざりする。
しかしまぁ酒を飲んで吐き出す毒は一気に外に出したほうがいい。
人間、毒を溜込むとろくなことにはならんのだ。

ガガは沈痛な面持ちで口を開いた。


「……Qべえさ」

「あ?Qべえぇ?」

XCSFDVWEFBVW


「マギカ。知ってるだろ。魔法少女」

「アニメだろそれ」

「Qべえ…。ぶっ殺す。許せない、許せないんだよ」


おまえ…。
この前はジュエルペットサンシャインとかでも同じようなことを言ってなかったか。
感情移入度のレベルがマックスだなおい。
アニメキャラに感情移入するのはミンキーモモまでにしとけとあれほど…。

呆れてつっこむのもだるい。タツヲでもいればちょうどいいのだが、現在タツヲはガンダムAGEのMADを作るのに忙しいようだ。


「で…、そのQべぇが憎いのはわかったがどうすんだよ」

「Qべぇをディスりまくる薄い本を作るのさ。ふふふ…」

「あほかお前は」



よくよく話を聞いてみると、ガガは魔法少女まどか×マギカというアニメを観たのだが、
内容があまりにもダークでひどい。魔法少女ものなのだが中身は
あのザンボット3より救いがなく鬱アニメだったそうである。
センシティブな彼はそれを土日で一気に観て精神的に滅入ったようだ。
信で城下町でも育成しとけばよかったと嘆いている。アホや。

私たちの世代の漫画やアニメも世風を反映してニヒルな内容のものが多かった。
正義は必ず勝つという内容でもなかったし、主人公は勝利者にはならずに終わるとか。
確かに勝敗は思想で何とでも変換できるが、決定的な敗北は死である。

死んじまったらそれまでよ。生きてるうちが華なのよ。
主人公が死んで問題ないのはこれはゾンビですかとか幽幽白書ぐらいであるか。

真面目な話、漫画やアニメは世相を反映しながら日々成長していく。
我々は常に新しい情報またはコンテンツ(ストーリー)に飢えている。
しかし無限に生み出されていく情報は、当節、裏書きされたコピー紙のように消費され陳腐化されるばかりだ。
ユーザーの手によってそれを真のあるべき姿に取り戻すには、もっと原始的な…単純化の発想に立ち戻る必要があるのではないか。

簡単に言うと、今の漫画やアニメは話が複雑すぎるのである。
観ていて意味がわからないものも多い。

見終わって、「で?」という作品に対する受けて側のフィードバックを…うんたらかんたら…。



……何を熱く語っているんだ私は。
しかも内容があるようでまったくない。
やだやだオラやだ。

私はハッとしてガガを見ると、彼はにやりと笑った。

「凸君。熱いな」

「まさか…き、聞いてた?今の独り言…」

「聞いてた。ほとんど意味分からんけど」

「まぁなんだ。いい歳してアニメ話に熱くなるのは恥ずかしいな」

「風俗関連の話を延々とするよりゃいいさ。それにアニメや漫画は日本が誇れる文化だぜ」

「文化といえば全てオッケーみたいな免罪符はどうかと思うがな…」

「しかし、その漫画やアニメ文化を築いてきたのもおっさんおばさんなんだぜ」

「まぁ、それもそうだな」

「アキヤマンはナディアのDVD BOXを買ったらしいぜ」

「アキヤマンとナディア…。妙な取り合わせだな(花の慶次 伊達正宗調)他には?」

「みさおさんが、【レールガン】を全巻揃えたらしい。」

「レールガンってラノベ原作のとあるのあれか…。確か高村の牛も好きだと言ってたっけ」

「な?なんだかんだ言ってみんなアニメが好きなのさ」

「な?じゃねえよ。カラオケでデンジマン唄う奴に言われても説得力ないな」


信で遊んでいたときも、アニメ話をよくしている奴がいたっけなぁ…。
ああ、桜こももだ。あいつはエヴァが好きだった気がする。

「こもも。エヴァの劇場版観に行ったか?」と私が聞くと、
「エヴァン!と言えよこの野郎!!」と発狂してたっけ。

モリリンと呼ばれる森さんは、藤井さんと同じく999が大好きだった。
ツカさんは、一時期ミックミックにしてやんよ!とか言いながら、ボーカロイドを買っていた。
3日で飽きたそうだが。




「まずいッ!」

いきなりガガは叫び出した。


「どうした」

「X VIDEOでエロ動画を観てたらPCがフリーズした;」

「よくあることだ」


─ガガの自宅。
彼は頭を抱えていた。

「ううっ……」

CXVGRFJMNODSVGSDFHEE

「聖闘士星矢Ωの作画って…プリキュアまんまじゃないか…」


リアルのガガはまったくどうでもいいことで苦悩していたという。
おい信の話はどうした!と言われるだろうが、まじでほんとにいい加減ネタがない。

すまんこってすこって牛。
それではまたのご来店。

昨日は蛾さんが出張でこっちにきてたので調子に乗りすぎて飲み過ぎた。
4人で飲んだが平日はやっぱきつかったぜ。
ああしんどい><早く帰りたい

ではまた来週。



スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>林檎さん
ドイツ女性の白い肌ですかっ!
マニアックドも半端じゃないからなぁドイツはw

>藤井さん
上品な巨乳って何ですか一体w

>アキヤマン
くりいむれもんはロリコンのゴメスにまかせとくw

>佐渡さん
カタストロフの美学が流行った時期もあったしね
富野が大団円を描けないのは幼少時のトラウマからかもw

No title

アニメが10代半ば以上を対象にした頃から、
妙に不幸なのが増えましたよね。
さらばヤマト然り、ザンボット然り、イデオン、ダンバイン、
ん?要は富野系ってこと?


最近、全然アニメ見てないなぁ。。。

あん?

ん~最近借りて観た昔のアニメDVDでよかったのは
「ガンバの冒険」と「じゃりんこチエ」だったの~
ナディアの前に放映したNHKの「アニメ三銃士」を捜してるが見当たらないなぁ…
三銃士の劇場版アニメは良かったがナディア劇場版アニメは下請けがクソでクオリティが低かったなぁ…
やっぱ凸さんのお気に入りアニメはくりーむれもんかね?

No title

最近アニメを見なくなったのは999みたいな浪漫が無いからだ
不自然な巨乳が氾濫していて上品な巨乳が(つд⊂)イナイイナイ
賓乳と思ったらサラシ巻いてたようなパターンが無い
これは皇国の存亡の危機!

No title

日本の文化であり産業の一つでもある漫画やアニメ
これらが某国により無惨な格好でコピられ商標登録されていくことに憤慨してます!
その点、欧州はいい(^-^) あくまで日本の物という位置づけにおいて(或いは日本人より日本の宝として)取り扱われ、ヘタな日本語で聖闘士星矢を歌っている姿を見ると愛おしさすらおぼえます☆もう遅いですが、昔はドイツに漫喫を出店しようと考えてたくらいですw
何を言いたいかというと、ヨーロッパ人のね~ちゃんのパイオツパネェ!ってことでつww
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。