スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タツヲナイト

戦国レシピ#19

bar02


私は甲府でBAR「SENGOKU」を営業している地獄突という軍学侍。
北斗ミドル機のファルコVerで持ち玉換金したら9,999玉だったという。

運がいいのか悪いのか。もちろん1個たしてぴったりにしてもらったけど。

神保町で本日55カレー先着555名様カレー55円というイベントがやっている。
見事に道路には長蛇の列だ。そんなにまでして55円のカレーを食いたいのだろうか。
これも世相を反映してるなあ。バブル時には考えられん。

というわけで本日も晴天なり。
ようやく春が来たなという安堵の想いと、月日の流れは無情に速いとしみじみ思う。
しじみも好きだがカレーもね。

昨晩は店を早く閉めて深夜テレビを見ながらうつらうつらと酒を飲んでいた。

すると─

なんと、ルパンの新シリーズが放映されていた。
見てみると漫画のルパンが好きな私には作画が原作に近い。
内容はまあどうでもいいが不二子が主人公のシリーズのようだ。

音楽がダメだなこれ。ルパンはやはり音楽が半分比率を占める。
初期の1stシリーズのルパンとか見てないのかねこの監督。
山田康夫が逝ってしまった時点でルパンはもう終わったと思っている私だが、今回のクリカンはかなりいいなと思った。今までのべったりした物真似ではなくクリカンの味が出ていて巧くなったなと感心。
クリカンはようやくぴったりはまるルパンに出会えたようだ。

dfvhgjytk7y

深夜じゃなきゃ放映できないルパンこそルパンだろう。
なんだかんだで東京ムービーが子供用に作り替えてしまったからなあ。
それがルパンのイメージとして定着しすぎてしまったし。

とりあえずこのルパンは毎週楽しみにしておこう。
好き嫌いが別れるだろうけど。

話を戦国─信のなかに戻そう。

花は咲いたか藤井はまだかいな。
藤井さんの紺碧でも桜は満開なのだろうか。
そんなことを考えながら、店内を掃除して匂いたつ木々の息吹に鼻をくすぐられる今日この頃。

本日は誰が来店するのだろう。
またお茶引きだったら、どうすんだよもう。

そんなこんな色々ばたばたしていたらあっという間に夕暮れだ。
夕焼け小焼けで日が暮れて、寺の和尚が鐘をつく。ごーん。

カランカランと鈴が鳴る。

さて本日の来店第一号は誰だ。

「ういっす」

この口調。ぬぼーっとした動作。

「なんだ。タツヲか」

僧兵の龍尾凶介である。通称タツヲ。

「なんだとはご挨拶だな。やっぱ帰るかな」

「うるせーよ。ヨタ言ってないで早く座れ」

「うす」


頑なに僧兵をつらぬいてきたタツヲが本日の来店第一号だ。
頑なといえば、ボスの極楽作戦もお断りと書いて晒されていたっけ。
何様だとか言われていたが、僧兵様だろう。それがタツヲだ。

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!
僧兵に後退はないのだ。確かに髪の毛は後退はしてないなタツヲ。

本人はリュウビだと言い張るが、みなはタツヲと呼ぶ。やはりタツヲはタツヲである。
最近では、ツカさん報告で回復しない僧兵としてまた晒されたらしい。

そもそも僧兵って立ち位置的に難しい。
回復よりアタッカー前提で作るわけだし、回復もできるよって感じなのだろうが。
ま、でも徒党の人も期待はするよな回復できる職なら。

タツヲはアニメ博士である。
アニメのことならおまかせあれという感じで
私はよくレコメンドしてもらうのだが、どうもこいつの趣味とあんまりソリがあわない。
だって【日常】はダメとか言うんだもの。
【日常】かなり面白かったのにな。

お前はなんでも(アニメのことは)知ってるよなと言うと

「なんでもは知らないわよ。知ってることだけ」

そんなふうに化物語風にかえしてくるのもご愛嬌。

「何を飲む?」

「とりあえずビールくれよう」

とりあえずビールか。

いつ頃からかリーマンの間で定着した言葉だ。
じゃあ信ONならどうなるかと言うと、とりあえず一門クエ?とかだろうか。

とりあえず僧兵。
あれ、なんか妙にはまるな。いいフレーズだ

僧兵と言えば、タツヲやかずは、むらむすめさん、あとはファンネルさんぐらいか。
あんま知り合いがいないな。
いたとしても印象がないだけかもしれん。

そうふぇいふぇいもいたけどありゃ密教だったかな。


「タツヲよ。僧兵やっててよかったことあるか?」

唐突に聞いてみる。

「炭掘りの極意を学べたね。あとは強靭な精神力だろうか」

「不遇時代は炭掘りしかなかったっからなあ。今はソロでもやれることが多いからそうでもないだろうが」

「僧兵は孤高の戦士さ」

「男の僧兵が殴ると、うりゃあ!ってごつい感じに見えるが、むらむすめさんのように小さな尼僧兵が殴るとえぃっ!えぃっ!って感じで可愛いいな」

「よーし、俺も今から尼僧兵つくってくるか!いや…ねーよ」

「∩ ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい! お前もこれくらいはっちゃけろよ」

「意味わかんねーよ」


タツヲはいつ頃からか合戦に参加しなくなった。
事情は色々ある。

信の中で合戦は最大の売りコンテンツだった。
合戦があるから仲良くなれた。合戦があったからこそ知り合えたという人もいる。
戦が取り持つ縁もある。

私は最近常々思う。

合戦はその人にとっての生ものだ。
胸躍らせ心高まる。寝ても覚めても自軍の状況が気になったりする。
まさにこれがゲームにどっぷりはまっている時期だろう。

そんな熱い猛りもいつかは小さな灯火となって消えていく。
完全燃焼して去っていく人残る人。
私は烈風の木曽川、川中島である意味完全燃焼できた時期があった。
それだけで十分である。

先に紹介したアキヤマンなども完全燃焼していたはずだ。
しかしタツヲはどうだったのだろうか。
まだ不完全燃焼で、胸の奥でブスブスと燻っている蒼炎があるのではないだろうか。

12255466

私はタツヲに問いかける。
そんな思いでタツヲを眺めていると、いくぶん不審な顔をしながらおかわりを頼んで来た。

「なんだよう。ジロジロ見て気持ち悪いな」

「いや…。お前って実に僧兵だなぁと思ってよ」

「そりゃ骨の髄まで僧兵さ」

「ともかく戦がまた始まるそうだな」

「ああ…。でも俺には関係ないねー」

「復帰して戦場記者とか合戦ルポしてみようかな俺」

「なにそれ?信で真紅新聞でも作るのかい」

「いや…。合戦を通して如何に真紅民がコンテンツに充足して、かつ宿命と戦い続けるかということを毎回宣伝、ステマしてやるわけよ。そうするとだな。色々書いてもらいたい奴と書いてもらいたくない奴がいるわけさ」

「??何の話だ??」

「国勢を操って情勢を盛り上げたい奴、下げたい奴、真紅を煽って鯖世論を味方につけたい奴とかな」

「???」

「職業的ゲームアナリストや光栄開発やら廃人武装した国家一門なんかから金が入ってくるわけですよ」

「意味分からん…頭痛くなってきた><」

「まぁ、信を影で動かしてる連中にはいい宣伝になるし、世論に投げた石でもあるわけじゃんか、な?」

「でもさ、その下げたいほうと上げたいほうの両方から金とるつもりなのか」

「まあ聞けよ。ドワンゴやらグリーが年間いったいいくらパプリシティに金を遣ってるか。その0.1%がもらえたとしてもだよ…」

「1万貫ぐらいかね」

「ちょっと待ってろ…」

私は電卓で計算をしながらタツヲにその数字を見せてやる。

「こんだけだ」

電卓の液晶にはじき出された数字を見た瞬間に、タツヲのかけていた眼鏡がパリンと割れる音がした。

「……神戸牛が一頭食えるな…」

「神戸牛の牧場が買えるよ」


「しかし…、そんな手の込んだことをしても宣伝になるかねえ」

「合戦には緊張が必要なのさ。リアルな戦争と同じだよ。きき耳たてて2chやブログを徘徊されるよりこっちのほうがてっとり早い。取材している中で、もしかして記事にされるとか思うとなかなかスリリングだろうしな。話題性も出てくる」

「う~~ん、いや…でもさ…それって」

「なんだ」

「あんたが晒されて叩かれただけで終わりそうな気がするんだが…」

「………」

「………」


5分経過。
チッチッチと時計の針音だけが時を刻んでいく。
お互い無言で下を向いている状態だ。

私は組んだ腕をほどいてようやく声を発した。

「それもそうだな(キリッ」

「だろ?」

私はふぅとため息をついて、ドライジンを流し込んだ。

「しかたない。このプランはあきらめよう…」

「それが賢明だな」

「まぁ…時がくるまでタツヲを晒して遊んどくわ」

「おい!晒してるのはお前かい」



私が復帰する日も近いのかもしれない。
ともあれまたのご来店を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>林檎さん
(●⁰౪⁰●)←相変わらず可愛い絵文字だなぁw
絵文字収集家の血が騒ぐぜ!

>アキヤマン
えらい懐かしい僧の名前があるなww

やぁやぁ

アキヤマン休止前で烈風武田三大悪僧と言えば…
「仏門の黒船、密教の泰山、僧兵の穂村」
だったのに復帰してみるとタツヲさんは真紅鯖でその名を轟かすとはスゲェーや!
流石タツヲさんだせ!
昔タツヲさんと越中でペア強雑魚狩りしてた頃が懐かしいのぉ~

No title

復帰!復帰!ふっき・・・んは、シックスパックです(●⁰౪⁰●)ニヤリ
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。