スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちとふぇいたん

「こりゃしんどい」

突は髪をざんばらに振り乱しながら、逆茂木の戸を開けその場にへたりこんだ。
武田側の兵站ではあったが、敵はもう鼻の先まできている。

戦況は圧倒的に我が武田側の不利である。
浅井・上杉連合軍の猛攻の前に音に聞こえた武田赤備えも壊滅状態にあった。

息をひとつふたつ吐きながら手に取った竹筒の中には、ぬるくなった水が申し訳程度に残っている。
なめるように最後の一滴まで飲むと、余計に乾きが襲って来た。
安普請の具足がまるで枷のように重く感じられる。


「突さんよ。この戦はもうだめだな」

一緒に小荷駄を死守していた藤井も、何とか敵の猛追を逃れここまで落ちて来ていた。
あちこちに矢踏みの傷ができている。
息荒く血をぬぐいながら疲労の色を隠しきれない。突も藤井もまる二日一睡もしていなかった。
あちこちに綻んだぼろぼろの甲冑が戦闘の苛烈さを物語っている。

「なんの。腕が動く。足が使える」

突は肩で息をしながら、吐き出すように強がった。

「そうは言ってもなぁ…。味方もちりじりになってここいらももうすぐ敵がわんさと押し寄せてくるぜよ」

「臆したかよ、藤井さん。らしくねぇ」

「無駄に命を捨てることもないっちゅうとんのじゃ。見てみぃそこらをよ。味方の死体の山じゃが」

突も強がってはみたものの、状況は十分把握できている。
もうまもなく本陣も制圧されるだろう。

本陣前は敵味方入り乱れての乱戦である。
足軽として功を成そうとして参戦はしてみたものの、敵将を討ち取るどころか、今まで敵に汚れた首を献上しないですんでいるのが奇跡だ。

突が石を投げるようにぽつりとつぶやいた。


「酒だなぁ…」

「なんじゃと?」

「酒だよ藤井さん。せめて酒は飲んでおくべきだったな」

「ほ。呆れたもんだ、この期に及んで般若湯をまだ夢みちょるのかい」


藤井は負傷した味方数名の手当をしながら、突を見ようともしない。

「酒…。そして女だな。あぁ、もう一回味わいてぇ」

突はこの戦に参戦すると決めてから酒と女を断った。
酒で何度も失敗している。女房には逃げられ、仕事では得意先からは信用を失い博打にはまった。

いつ死んでもいいと思っていたところに戦の話だ。
武田に恩義があるわけではないが、甲斐の女には何度か世話になっている。
これも何かの回向だろうと、手前勝手な勘違いでなけなしの銭で刀と具足を買い求めて参陣したのだ。

世の中ってのは城の石垣だ。
精を出して真面目に頑張っても、入り込む隙なんざありゃしねえ。
こうなったのも手前のこらえ性のなさと酒癖の悪さだとわかっちゃいるが、それでも悪態をつかないと気がすまない。

いいさ。やさぐれた人生でもそれなりに楽しめた。
こんな汚い素首が欲しいならいくらでもくれてやる。

篝火にあたると一気に眠気が押し寄せてきた。
まどろみの中で昔の女房の顔を思い出そうとしたが、どうにもぼやけて思い出せなかった。

疲れたな。くたくただ。
目を開けると篝火は消えていて真っ暗になっている。

一瞬の気がしたが大分時間が経ったのだろうか。
敵は?戦はどうなった。

突は起き上がろうとして下腹部に違和感を感じた。


…あれ?

なんだ、やけに腹の下が熱いな。

うぉっ!なんだこりゃ。血が腹からふきだしちょる。
いつ斬られたんだろう。いや、突かれたのか。

頭に教わったっけ。刀は斬るんじゃくて突くものだと。
鎧の隙間を狙って確実に殺せと。
今まで斬るとばかり思っていたのに恥をかいたっけな。

それより、腹だ。血が止まらん。

おい、藤井さん。血を止めてくれ。助けてくれ。

おお、そこにいたのか藤井さん。

なんと、酒を飲んでるのか。

美味そうだな。どこにあったんだそれ。

しかしそれは後回しにしてとにかく止血してくれ。
このままでは死んでしまう。

藤井さん。おい。


おい…、と声を挙げた瞬間に強烈な爆風で目が覚めた。

目の前には何故か、浅井のふぇいふぇいがいた。

突は、爆風で吹き飛んだ藤井と兵站を眺めながら「ふぇいたーん」と天に向かって叫んだ。

冷たい雨は戦の終わりを告げていた。


なんちて。


sdfserf33322


vdrnhrtykjyg

sfsegsde

t5rcrty54

kluylrhrt

dvdesthty
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
俺は茶屋のおっさんだよw

>マソさん
FBは全然つかってないんでよくわからんのよねー
ちょっと待ってねw

>ふぇい
もっと可愛く言ってよ!

No title

兵站とかだりーからパスw

No title

>>藤井さん

おれは、松永久秀でおながいしましゅ^q^
茶器といっしょに爆発しますwwwwww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

戦国武将に喩えると

凸さん=後藤基次
マソまん=黒田如水
ふぇいたん=淀君

おれは
宇喜多直家で!

No title

>マソさん
本当は藤井さんがケツを出してくたばっているとこまで考えたんだけど
なんかめんどくさくなったw

No title

きっと藤井さんが酒で酔っ払ってて、刺してたんだと予想(笑

No title

>藤井さん
ふぇいは貧乳だけど心は広いので大丈夫!(予想)

No title

怒られたら凸さんのせい!w

No title

>藤井さん
このAAをふぇいにお願いします!

    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  ふぇいたん、兵站やってよ!
____.|ミ\__( ・∀・)  \   
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ

No title

時代はP狩!
戦国時代に生まれたかった;w;
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。