スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく長文だけど特に意味は無い

前半は信とはまったく関係ねーので夜露死苦。

2~3年前に、知人の紹介で知り合った老齢のベテラン編集者の女性に、この歳になって「ちゃん」づけされた事がある。そもそも「ちゃん」づけされるようなキャラクターなのかと思うのだが、彼女などから見たらまだまだ俺などは、ひよっ子ピヨピヨいったところだったのだろう。
男として「くそー、なめやがってー」とは思うが、俺なんぞ到底かなうわけも無いので白旗を掲げて靴を舐めるしか無いのである。

内田裕也がオノ・ヨーコに「マリファナ吸って、酒飲んで、女とやってりゃロックってもんじゃないのよ」と言われ憤慨したそうだが、何となくシェキナベイベーの気持ちは分かるような気が…やっぱねーわ。
地元の焼き豚屋によく顔を出しているのを飲み仲間がよく見かけたそうだが、バーボンじゃなくて、安い焼酎とモツ煮ってとこが萌える。
おっと脱線しちまった。

その某女史は、業界でも結構な顔である。若い頃は阿久悠などに可愛がられていたそうだが、飲みながらちょっとした阿久悠氏の秘話などを頂いた。
阿久悠氏はトイレの中にまでびっしりと作詞に関るキーワード言語を貼付けていたそうである。
今になってピンクレディーなどの詞をちゃんと読んでみると、どんな状況からあのような作詞が生まれるのか。
悩んで悩み抜いてあの境地に至ったのか、それとも即興で浮かんで来たワードだったのか。
おしなべて努力できる天才は無敵である。
俺は努力できない凡人なので、ちょっとリスボンあたりに修行に行こうかと考えたが、金も時間もなかりけり。

ともかく某女史は老齢にもかかわらず華やかさが匂う美人であった。しかも、おきゃんなとこもあって、とてつもなく可愛いらしいのだ。
そんな永遠の娘ともいうべき女史には、当然、若い頃の恋愛譚の話題もことかかない。

「女はいつでも恋してなくちゃね」 と、
普通のちゃらけた女がのたまったら、軽くむせるレベルノ言葉でもこの女史が言うとなんともサマになってカッコいい。おばあちゃんとか言うのも憚られるのだが、あえて言おう。素敵なおばあちゃんであった。

俺も素敵なおじいちゃんになるために色々考えている。
まずは決め言葉を考えよう。

「男は18センチ!(キリッ」

げぇ、これ今の若い世代にはわからんだろ。むかーしのガキデカを使ったのCMのキャッチフレーズだぜ。
よく俺も覚えてるよな。しかし俺は藤井さんのように長くはないのだった。ショボン。

さて、前置きが長くなったが久々の信である。
しかし世界陸上の影響なのか、大人数を擁する真紅鯖ですら募集・希望のマークがかなり減っている気がする。
何やら閑散とした感じだが、俺はなんかこの寂れた雰囲気も嫌いではなくなっている。
最近、人生に黄昏れてますからねえ。とほほのほ。妙にシンクロしちゃってまー大変。

とまあ、それはそれとして何かをやるかと関ヶ原。今日も今日とて関ヶ原。サンシがなくて関ヶ原。
思い込んだら藤井さんって感じで人を集める画策をする。

昨晩はいい調子で飲んでました。
ええまあ、山田錦をぐびりぐびりとやっていまして、いきおいがついてしまったんだよお富さん。

てやんでぇべらぼうめ。今時ネトゲなんざシラフでできっかよとは言わないが、
どうにも何日も間を開けると、何となく気恥ずかしいのだ。あるだろう?君たちにも。

んで、一門の蛾さんとツカさんが徒党に加わる。
すると、青を出している暗殺のペインさんがいたので適当狩りだよーんと言って加わってもらう。彼はいつも気軽にクエを手伝ってくれたり参加してくれるのでありがたい。目的がはっきりしていなくても、柔軟に立ち回ってくれるフレキシブルな人だ。あとまあ数少ない暗殺では群を抜いて巧いってのもある。

あとは野良の65の鎧さんと仏門さんが加わる。
適当狩りといってもレベル70↑はさすがに適当構成では辛い。

しかしそれ以下だとだるいだけなので、蛾さんにちょっと強くてドキドキワクワクできる奴希望と無理難題を出す。蛾さんは心得たとばかりに武将の選択してアタックする。
本当に徒党のレベルや構成に合わせたちょうどよい敵ばかりだ。ただまあ、油断しているとまじで死ぬレベル。
蛾さん61の召喚以外は全員65だったので、それほど大きな事故もなく狩れた。
しかし、前半は俺が使えない軍楽に成り下がってしまっていたのが情けない。
術止めをペインさんが封じで止めてくれたりしていたので助かったが、だめだだめだ。
やはり現場を離れるとだめねだめ。もうカンが鈍りまくってる。

で、最後の武将をやるかといきおいこんだが逆にやられてキリがいいので解散と相成った。
しかし、一門だけじゃなく野良の人と色々知り合えるのはやっぱいいなあ。
そりゃ地雷もないこともないが、まあスリリングではあるね。

さて秋ももうそこまで来ているが、以前として暑いな。

かずはがぎっくり腰をやったらしい。「いや~ん;エッチできない」とか下世話なことをのたまっていたが、
「大丈夫だ。道具は日々進化しているしな」と適切なアドバイスを送っておいた。

こーいうのを一門内でぶっちゃけると、また、「ほほほほ~凸さんまた下ネタで空気を汚したざますね~」とみさおさんが眉をひそめてハンマーを握りしめそうなので自重する日々である。
ああ怖い。

そういえば、前筆頭の勇馬さんもお元気かしら。
彼と姫さんやみさおさんとの会話を見ていると面白くてしょうがないのだがな。
まあ同じく日々多忙であるのだろう。いつかまた相見えんことを。

でオチはなんだ?と言われそうだが、まあ週半ばだしこれで我慢しといておくれ。


    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) < 玉鋼作って!
____.|ミ\__( ・∀・)  \   
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ


んじゃまた明日。




スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>藤井さん
>勃起したときに物差し当てたら22センチだった件
↑わらたww

>ほくとんさん
暴走すると取り返しのつかない事になる予感w

No title

>自重する日々である。
 みんな大人だから どんどん行きましょうぜ 若旦那 

No title

勃起したときに物差し当てたら22センチだった件
勃起してないとえらい小さいのが不思議w

阿久悠秘話こっちにもあって
伊東宇佐美の山奥に別荘があったんだけど
ごみ収集をしてくれたら住所移してあげると阿久悠に提案されたんだけど
伊東市は蹴ったらしい
阿久悠の税金収入考えたらごみ収集くらいなんとも無かったのに
伊東市の馬鹿伝説のひとつw
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。