スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目から汗が出た鎧鍛冶のお話

今日も元気だ人がいねえ。

一門に人がいないので、さみしくないのかと鎧鍛冶の新田さんに聞いてみた。

新田「さみしいです。ウサギは1匹だと死んでしまうんです!」

凸「もう大丈夫さ、さみしくないよ!俺たちがいるからなw」

夏「うんうん^^」

新田「あ、あれ、なんだろう目から汗が…」

ツカ「吹いたじゃねえかwwww」


            _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^! 
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |     イェ~イ
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゙ヾ : : ::|
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|`T    新田さん見てるー?
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/         
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~



モモの一門メンツもなかなかにすごいアニソンマニアがいるし、
他一門に目をむけると、今まで出会う事もなかった人達とのそれぞれ出会いがある。
もちろん、出会ったところで話もしなけりゃ全然絡むこともない人も多いわけだが。

天知る地知る、蛾ガが知る。あの日あの時あの場所で。
もう信オンもこの先何年続けられるかわからない。それまで俺たちは走り続けるのだ。

なんっつって。まあそれはいい。


土曜にこももとタツヲの鬼門徒党に参加したが寝落ちしてしまった。
野良の人も含めて正直すまんかったと反省して私設で謝ったら、そのあとこももに言われた。

こもも「凸さんいなくても殲滅スピードほとんど変わらんかったw」

タツヲ「結局、凸さんはいらなかったんだよ!」

凸「( ´,_ゝ`)」

認めたくないものだな。軍学ゆえの過ちというものを。


私設にひさかたぶりに木乃があらわれる。

一門開設以来かもしれん。


凸「よう。ひさびさだな」

木乃「今日は大事なはなしが(´・ω・)」

凸「なんだよ」

木乃「ありません」

凸「しね」

木乃「いきるぅう!( ´∀`)」


タツヲがこの後「木乃さんみたいに生きられたら楽だろうな」と洩らす。
どんだけ重いものを背負ってるのか知らんが、強く生きろタツヲ!


さて話は金曜に戻る。

最近ぼこられまくっちゃってる、真田のゆっきーをまたやるかと思い立つ。
やられっぱなしはよくない。人間は負け癖、逃げ癖がつくと卑屈になるし、ちじこまってしまうからな。

一門には人がいねえ。

夏さんと俺と新田さんとツカさん。あとは最近入ったカタソバのセカンドかサードがいるくらい。
ツカさんは秀吉に野良で出向いてる。

そうしてると蛾さんが涌く。よし!いくぞと気合いをいれて真田へいくことに。

野良の神典さんゲット。新田さんの知人仏門のゲット、といっても名前は烈風時代から見かけている人だった。
夏さんの2垢の刀を入れて3盾で救援阻止バージョンで行く事にする。

蛾さんの2垢キャラを囮で叩き役にしてもらう。

鉄、兵、軍、鎧、刀、物、典 結構これもレア構成だ。

3回ほど成功せず撤収。4回目に成功して死人は幾度となくでたものの見事に撃破。
やはり3盾の救援阻止は安定感がある。


楽しかった。何が楽しいって、みんながクエを楽しんでいることが楽しい。
自分一人が楽しくても他が楽しくなければ俺は楽しくない。まあそんなん誰しもそうだろうが。

最近はクエの達成ばかりに目を奪われて、本来のゲームを楽しむという本質を忘れてしまっていないかねと
言いたくなる募集ばっかだ。

つまらん。それに価値を見いだす事は俺にはできない。

モモなんかも同じスタンスなので、クエをやると楽しい。ふぇいなんかも乗りがよくたまに乗っかってくれる。
なにせ僧兵回復1でユッキーに挑むなんざ普通しないよな。
しかし、結構いけそうだったわけでそれもかなり楽しめた。

楽しむことが前提のゲームで、なんでイライラ、キリキリしながらやらんといかんのか。
最近はいつもそう考えて遊んでいるのである。

そしてゲーム目線とリアル目線の区切りが無くなるとおかしな具合になってくるわけだ。

そーいうことで、日曜は、ツカさんとタツヲと願ちゃんと近隣の集いで飲みにいった。
願ちゃんのリアル事情で不幸があったのでその慰労もかねての集まりだったのだが、もう落ち着いたようであった。

18時になってもツカさんがこねえ。

タツヲが電話すると「●●駅~」とか言ってる。

「●●駅ってどこやねん」と俺が聞くと、「…ツカさんの地元の1個先の駅だw」

「おまえwwwwwwwww」と3人で呆れる。

で店に入ってツカさんが合流してしたたかに飲んで食って酔う。

1時間も遅れて来たツカさんに聞く「気持ちよく寝たかね」
ツカさん「気持ちい~いぃ」とアクエリオンの真似をする。うざす。

しかしやはりたまにはこういうのがあると違う。
飲み過ぎた感もあるがまあいいだろう。

で、昨晩はもうインできずであった。
本日はタツヲは笑えることに健康診断だそうだが大丈夫だったのだろうか。

そんな心配をするわけがないのであった。
さてそろそろお汀さんリベンジ麻雀でも企画しよう。

いよいよ夏だな。フルブーストで行こうぜ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>モモ
今月半ばあたりで卓囲んで一杯やるかい!

No title

とりあえず、忍法の装備と、武士の修得終わらせるから、夏さんとふぇいさん連れてリベンジで!勝って伝説にするぜwところで、いつ飲むよ?
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。