スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呑兵衛哀歌




このタイトルを使うのは、どうにも憚りがある。
いずれキチンとした形で書きたいと思うのだが、昨晩の急報にてもう時間がないのでまたいつか。

酒を呑むということを知ったのは27歳になってからだろう。
教えてくれたのは、ある居酒屋のマスターだった。

三茶にいた5年間、そのマスターの繋がりで色んな人に出会い、記憶に残る様々なエピソードを経験した。
多分、あの頃が一番人生で人に出会った時期であり経験もした時期だろう。
そのマスターが、癌で余命2年らしい。
その報せを信オン繋がりの高村の牛から昨晩聞いた。

癌で亡くなった人は居酒屋繋がりでも少なくない。
まぁマスターがくたばるなら、癌というより肝臓が腐って死ぬとかだろうなと考えてはいたが。

牛はちょうど、馴染みの居酒屋でマスター一派と出会ったらしい。
そこで、俺の話が出て連絡を取りたいと言っていたよと牛が言う。

癌で余命2年でまだ飲むかと思うのだが、真の呑兵衛はそんなものなのだ。
そしていつものようにぐでんぐでんになって酔い潰れていたという。
漫画のようだが、本当にいるのだ。酔いどれではない。
完璧に呑兵衛なのである。そして酒そのものが好きというわけではない。
呑むのが好きなのである。呑まれるのが好きなのである。

酒を呑まない一般人はキチガイ扱いするだろうし、確かにマスターは酔っ払うと甚だ迷惑千万である。
絡むしくどいしうるさいし。そして酔いながら延々と呑むのである。

くたばるときも、酔っ払いながら道端でぶっ倒れて死ぬのかもしれない。
両親や最後まで籍を入れなかった内縁の嫁さんは数年前に他界して、兄貴が二人いるくらいだが、
折り合いは悪くつきあいもないという。ある意味天涯孤独の身である。
最後の言葉を聞く前に12月になったら彼を囲んで集まるというので顔を出す予定だ。

ろくでもない呑兵衛の背中にはいつも人生の 寂寞が貼り付いてる。
死ぬ間際まで酒を呑んでぐでんぐでんになってる状況が思い浮かぶ。
そりゃいつか死ぬわけだしこりゃ天命だしょうがない。

彼はどんな顔をしてその最後を迎えるのか。
それは想像もできないし誰にもわからん。

でも忘れることがないだろう。
三茶の最悪で最高な呑兵衛親父のことを。

あ、まだ死んでねえか。

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

多忙な



さすがにここに来て糞忙しくなってしまった

一つ終わればまた一つ、いや二つ。
若い頃は業務によるプレッシャーで会社にいくのがだるかった。
何しろ、問題解決が出来ずに一人で抱え込んでぎりぎりになって泣きつくパターンばかりだったからだ。
要領が悪かったのもあるが、全部自分で解決しようとするしかないと思い込んでいたからである。

今は自分で出来ない解決困難な案件は他に任せられるし、要領もよくなった。
多忙といっても残業までして頑張る案件などはない。
何故ならやることが明確に見えているなら実作業ベースでのプレッシャーは、現在のDTP環境化においてかなりの頻度で軽減されているからだ。

思い出すぜ…イラレやフォトショの1.0の時代を。
クォーク、ページメーカーを使いながらドングルを外してネットワーク認識をごまかして作業したあの日々。
語っていけばキリがないが、アナログからデジタルへの転換期の狭間に生きたデザイナーとしては今の時代は宇宙旅行にも似た気分で作業が出来ている。

さぁみなさんご一緒に!
らっきーうれぴーよろぴくねー!
らっきーうれぴーよろぴくねー!

…まぁ、冗談はともかくとして、仕事は忙しい奴に出せというのはどこの世界でも通用する常套句だ。
忙しい奴ほどよく遊ぶ。これも確かによく使われるビジネス語録だが、年がら年中忙しい奴などいるのだろうか。

少なくとも俺は業務での残業はほとんどしない。
仕事が少ないのだろうと思ったりもするが、物量的に考えると過去の3倍はやっているだろう。
それは昨今のデータベースなどの活用もあるし、WEB上での素材共有など、モノをつくり出すことに悩むことがほとんどなくなったからとも言える。ぶっちゃけると、ほとんどの業務がクライアント側が金を出さないので手間隙かけて素材を作る作業がはぶかれているということだ。もちろん全部が全部ではないがそういう仕事が主である。

昨今、タバコ休憩が何かと金玉…もとい槍玉にあげられているが、俺もタバコ休憩の回数は多く、眠いときは近くのPRONTで仮眠を取っている。リベラルなスタンスといって聞こえはいいが、まぁ普通の会社だったら許されないだろうけじめのなさ。
それを許される環境を構築できたのは一重にあの地獄のような修行の日々を乗り越えたからだよホリエモン。寿司屋の修行は確かになげーとは思うがおめーが言うなと我思う。

というわけで、多忙と書いたが通常よりちょっと忙しいくらいなのである。
案件は5~6件ほど重なっているが、まぁ暇といえば暇である。
バイトのほうは止まっているのが3件ほどあるが、今はさすがに動いたら「ボン!」だ。
怖いのは提出したものの修正がどんどん重なるのが怖い。そして新規案件が上積みされていくと昔はパニックだった。
それに近い状況ではあるのだが、心中は穏やかな春の如し。
何故なら、仕事で死ぬわけじゃねえし修羅場は幾度と無くくぐっている自信と定款が身についているからだろう。
もちろん忙しすぎると発狂もするし、ストレスもたまる。思うようにいかなくてミスも連発して凹む。
しかし、俺は忘却力が高いので都合の悪いことはとにかく忘れる。それでいいのだ明日もやるのだ。
都合の悪いことはまず忘れる。これが生きる秘訣だ。忘れても逃げなきゃいいのだ。

多忙なくらいが人生ちょうどいい。
諸兄よ、人生多忙であれ。

うえっ;ちと呑みすぎた。
では本日はこのへんで失礼。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

anime 洋楽コラボ相乗効果






昭和のアニメーションのOPやEDはとにかく素晴らしいものが多い。
構成・作詞作曲・歌手など今や伝説的なコラボで今見ても感動を呼び、そのフレーズは年月を経ても耳に残り色褪せることはなく幾度となくリフレインする。
年末の深夜にアニメーションOP/ED大賞などをやることはできんのかと常々思う。

作品の「顔」たるOPやEDは我々の世代にとっては物語が始まるセレモニーでもあった。
OPで昂らせて本編でのめり込みEDで余韻に浸る。

といっても、昔と今を比べる話ではない。

かなり前、と言っても相当前だが、アニメのヘルシングでMr.BIGの「Shine」がEDに流れていておっ?と思った。
へぇ、週一深夜アニメのEDに結構な大物を使うなと驚いた。

次にSPEED GRAPHERというアニメでは、我が青春のシンボルでもあったDURANDURANの「Girls On Film」が流れていてこれまた腰を抜かした。よく使えたものだなと。この作品の原題が「Girls On Film」だそうで制作サイドがこだわったのだろう。間違いなく自分の世代の人たちであろう。
まぁ、申し訳ないがあの作品にその選曲はねーわと長年のDURANファンとしては思ってしまうのだが。

そして、ご存知のジョジョのEDにはプログレ大御所のYESの「Roundabout」。
ロンリー・ハートのようなコマーシャルなアプローチをする前のYESの曲だが、これは上手い!と唸った。
というか、使用許諾する交渉とかよくできたなとそっちにも感心する。動画の構成もシンプルで洒落ている。
制作の作品に対する思い入れと愛とセンスを感じた。

他にも日本のアニメに洋楽を使っている例はあるだろうが、あくまでも週一のシリーズアニメ限定で考えるとそうそう多くの例はないだろう。それはもちろんロイヤリティなどの問題が大きいのだろうが。

洋楽の名曲とアニメのコラボがどの程度困難なのかは窺い知れないが、考えてみれば、これをあの作品のOPに使ったらかっこいいだろうなーと思う人は多いはずだ。それを実現したのがMADだろうが、凝ったMADになるとプロ級の編集で音も完全にシンクロさせて制作しているものもある。僭越ながら、そこそこ自分も仕事で動画を作れるようになったので、ある程度のMADを作ることはできるようになった。が、すげーめんどくせーうえに、結構大容量のデータになるから遊びでやるにはだるい。

実はちょっと暇を見つけて作ってみたいMADがある。恋愛コメディものでABCとかカジャとコラボさせてみたらどうなるか。もちろんED限定だが。

どっちもストリングスとメロディラインがドラマチックなので、ラブコメアニメに果たして合うのかと思うのだが、案外ミスマッチが思わぬ効果を生む可能性もある。作品が曲に負けちゃう危険性もあるが。なんにしてもイメージしたものをある程度形にできるようになったのはありがたい時代だ。
OP/EDが格好良ければそれだけで作品のグレードは上がる。それが往年の名曲ならば更にである。
若い人が知らない名曲が再び光を浴びるというのも、おっさん世代としては嬉しい限り。

昨今、有名なMAD制作者などプロよりが素晴らしくマッチングした動画を作っている場合も少なくないが、要はその人の才能と持って生まれたセンスなんだろう。センスは残念ながら自信がないので巧い人を真似るしかない。
真似自体はいい、真似自体は。それが巧くなる一番の近道なのは間違いないことである。
それをそのまま自分の作品として世に出すのはどうかなとは思うが。
しかし世には同人とかもあるし中々難しいものでもあるか。

単なる動画のうえに音を乗せるだけでもいいのだが、ちょっと手を入れて作ってみたい。となると、やはりバイトで頑張っていい自宅マシンを買うしかないようだ。ますますヒッキーになりそうだが、都内等価も終わりやがったしそれがいいかもしれぬ。しくしく。

まったくやれやれだぜ。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コミュニケーション レットミーダウン

fbdrntj
xcbnfhjy,hugyf


金曜日に吉祥寺で接待を受け、高級料亭→キャバ3軒ハシゴする。
キャバなど10年以上ご無沙汰だったが、さすがに若い頃のようなドキドキ感もなく。
ハロウィン装束で思い思いに着飾るキャバ嬢達と故郷などのよた話をする。
なかなか楽しめたのが意外で、昔はキャバ嬢の投げやりな態度にむかつきもしたが、
しかし、よくよく考えると昔の俺がそういうつまらない壁を敷いてどこか見下しているような風もあったのかもしれない。俺のがコミュ障だったのかもしれないな。
最近は若い娘と話す機会などそうそうないので(仕事以外で)、やはりおっさんとしては、横に若い娘がいて酒を注いでくれるのは悪い気分ではないと正直に言おう。
もちろん、すけべ心でどうこうする気もないのでアドレスや名刺をもらってもなぁとは思うが、
とりあえずまたくるよと社交辞令。
ああいうのは、何かのイベントでいく以外に機会はまったくない。
そういえば麻雀メンツもいいおっさんの集まりだが、そういう場所に行くとかないなぁ。
そもそも、そういう話すら出ない。この歳ぐらいなら数件のスナックなどに馴染みがあってもいいものだが、若い頃のほうがそういう場所に馴染みとして顔を出していた不思議。
最近はめっきり家飲みが楽になって外には出ないひきこもりである。

お代は若いイケメン社長に全部ゴチになったが、なんだか昔の知人のキャバクラ帝王と遊んでいるようで懐かしかった。
接待の目的は、社長さんが制作をしてくれたデザイナーに是非会って呑みたいと言ってくれたことで、パートナーのS君が連絡をくれた。
つうか、ありがたいのはこっちのほうで、毎月の家賃ぶんくらいは稼がせてもらっている身で接待を受けるなんて、普通逆だろと思ってしまうのだが、ありがたいことに仕事ぶりを非常に気にいってくれたようで、社長と役員様に慇懃に感謝を述べられる。こそばゆいというか、申し訳ないというか、素直に嬉しいというか。

通常業務において、最近はお役所仕事が多く、このバイトのように直接評価が入ってくることは少ない。
営業からは非常に素晴らしいと言われたとかは聞くが、それもどうか。
そして結局、最初に褒められたデザインテイストは見るも無残に修正変更され、そこにデザインの意思はなくなる。
役所の仕事は入札で決定されるのがほとんどで、とにかく事前の仕様が全てだ。
この改悪な仕様を作っている能無しに言ってやりたいのだが、修正を前提としてモノを考えてんじゃねーよと怒鳴りたい。しかも3回程度ならまだ許せるが、何回も何回も意味のない修正、どっちでもいいような修正、くだらない自己満足の修正、デザイナーの美観を無視した頭の悪い修正、etc…。

日本の役所の人間はほんとに使えない頭の悪い奴が多すぎと、前に知人が憤っていたが、今となってはほんとにわかる。使えないならまだしも、半可通ときどってプロのアドバイスをまったく聞かない。あまつさえ、追加でイラストをオリジナルで10点以上作れとか、は?てめー、その制作代払えんのかと。

あ、いかん。役所の仕事のことはいいんだ。
日本はそういうもんだからと諦めてる。ただ、やはり鬱積したストレスは吐き出さんとやってられない。

と、そんな状況で金曜日の接待を受けたもんだから、そりゃ気分はよろしいです、はい。
何より制作者に対してのリスペクトがあるし必要としてくれているわけで。
もちろん、通常の金額よりかなり安く請け負っているのもあるが、一番大きいのは必要としてくれている人たちの喜ぶ笑顔が見れるのが嬉しい。そして、デザイナーとしてチンケなプライドを捨てずにいさせてくれる人たちがまだいることが救いだ。

最近、そのバイトで「欣香」という純米吟醸の3つ折リーフレットを作らせて頂いた。
デザインだけではなく、構成から文章まで担当した(文章はかなり改変されたが)もので、2案作ったがクールな方は男性陣が推したが、女性陣は柔らかいほうのデザインを推して、柔らかいほうに決定したという。
写真は使われなかったラフ案の表部分。柔らかいほうのデザインもほとんどデザイン自体は手直しがなく、非常に気持ちがいい仕事だった。
何よりコミュニケーションがスムーズで効率がよく無駄がなかったのがありがたい。
ほんと通常業務もこうありたいものだがと、あり得ぬ夢想をする。

kin


さて、帰りにパートナーのS君より「欣香」をもらって家で飲んだ。
甘い。圧倒的に甘いのだがすっきりとくどさがない。これはつまみもなく日本酒だけでもいける。
胡瓜の酢漬けでもあれば尚よしかもしれない。

かなり評判もよく、完全な無農薬有機米栽培での米に江戸時代からの創業をする酒蔵のコラボで、いい酒に仕上がっている。興味がある方は下記を一読して一度お試しあれ。

蛇足だが、パートナーのS君というのは、以前、今の会社でWEBディレクターをやっていた人で、ビジネスパートナーという意味。俺ホモじゃねえし勘違いしないようにw

欣香の記事
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/04/21/03.html

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。