スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉の危機

tukatukatuka


俺は肉が好きだ。
ステーキ、唐揚げ、焼鳥、焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ウインナーからetc.。

某アニメのヒロインの【肉】もいい。なんといっても胸がいい。
きん肉マンはどうでもいい。
びっくりぱちんこキュイーン、キュキュキュ。

ごほん…。まぁそれはいいとして。

いい歳こいてあまりたわけたことを言ってると、
どこぞの柔道金メダリストのような奈落に突き落とされる羽目になる。
くわばらくわばら。調子に乗るのもボーダラインを超えないギリでやらないとね。
ほんと、一瞬で全てを失っちまう。自業自得だけど。しかし俺に失うものなんざないわけだが。

ところで肉のことである。
それも生肉。

法令で飲食店など生肉をメニューとして出す場合は、食中毒の危険性があるという表記を
見やすい場所に表示しなくてはならなくなった。

詳しくは厚生労働省のHPへ。

早い話が食中毒の予防である。

今年4月に富山で起きた食中毒5人死亡事件など、拡大する食中毒被害の状況をうけて
生食用食肉の規格基準が10月より施行されている。
カンピロバクター、ノロウィルスについての食中毒事件は年々増加傾向にあると言うから怖い。
規格基準に適合し、安全であると認定された肉でもその危険性は0ではないというし。

まぁなんでこんなことを書いてるのかというと、現在これに伴う業務に携わっているからなのよねん。

このまえ神戸に行ったおりに、タツヲら4人で神戸牛を食した。一人1万と神戸牛にしては割安なほうだったが、
やはり旨い。レアーでそのまま食えるのがすごい。
俺はステーキはウェルダン派なのだが、高坂にとにかくこの肉はレアーが一番。生のほうが肉の旨味がわかるから焼きすぎちゃあかん!とレアーで食わされた。

食物繊維などの摂取が困難なエスキモーは動物の生肉を食べて、ビタミンの欠乏を防ぐ。
高坂はもしかして先祖はエスキモーかしらんと思ったり。

ともかくそんな極上肉なんぞにありつける機会なんざ我々ボンビーな庶民にはそうそうない。
居酒屋で出される鳥のささみなどに焼酎をやりながら舌鼓を打つのが精一杯さね。

漫画で肉の変わりに大豆を使った豆腐ステーキなるものがあったが、やはり肉だよ肉。
畑の肉もいいけれどやはりリアルの肉である。

昨晩のこと信Onないでも肉があったのでかぶりついたら、これが偉い目にあった。

関ヶ原の左近の4番目にいるクノイチちゃん 珠姫の肉(おっぱい)にタッチをしようとしたら、フルボッコ。
結局、昨晩はこてんぱんにのされて終了。おっかしいなぁ。こんなに強かったっけかこれ。

左近が珠姫のおっぱいを守ろうとして必死になったとしか思えない。
みさおさんも前半神通で頑張るがさすがにくたびれてちづさんと交代。
とにかく旗以外は死んでインして一撃でシヌをループで繰り返し、大三元さんがインして一撃死、さすがにこれを2回繰り返したときはおおいに吹いた。

さすがにあきれて、てぃくーび!とか意味不明な奇声を上げたかったのだが、いよいよ基地外認定されるからやめました。

ちづさん、森さんの刀鍛冶もインしてすぐ死ぬ、木乃が旗でしぶとく生き残るがどうにも戦局は、
お肉ちゃんの大活躍で好転しない。きびすい。というか阿鼻叫喚の地獄絵図である。
転生与生気がまにあわねー。

珠姫ちゃんもおっぱい揉まれたぐらいで大人げないよなぁ。もっと女としての度量の深さを見せてもらい(ry

さすがフルボッコにされすぎて新田さんは「トラウマになりそうです;」と嘆いたが、男の嫉妬も怖いものである。
人の女に手を出しちゃいけねーよなまったくよぉ藤井さん。
藤井さんの女に手をだしたら下田の漁港で丸太抱いて浮かぶ事になると言う。
怖いこってすこって牛。まめ泥はあかんよな。
しかし懲りずに左近はまっさきに珠姫から殺すことにしよう。そうしよう。

あの腐れビッチの泣きっ面と巨乳を拝まなけりゃ枕を高くして眠れないぜ。遁ばっかでうぜーんだよバーカ。
左近も俺を怒らせたことを泣いて後悔するがいい。ふふふのふ。かずはの胸は偽乳のふ。

今週の目標:関ヶ原左近の珠姫の肉をもぎとる(もみまくる)

話は戻るが寒いとは言え生肉には気をつけようぜ。
もちろん、別の生肉にもくれぐれもご用心。

スポンサーサイト

青マグロの果て

fefefffffff
seswdfrde


一昔前の日経BP発行の情報ストラテジーにはこうある。

「アメリカ経済が好調だ」と。

しかし10年近く経過した現在、アメリカの経済成長率はかのブラックマンデーが起きた1987年のGDPよりさらに急激な下降線を描いている。
アメリカが風邪を引くと日本は肺炎を起こすとよく言われて来たが、アメリカは風邪どころじゃなく肺炎こじらせて、日本はさらに合併症まで併発している状況だ。
TPPを点滴に例えて今すぐ手を打たないと日本の未来は無いと謳うアホが多いが、そも国策政策じゃなく国民自身が意識改革して発起しなけりゃ国なんざ変わらねーんだボケ。

と、
プラグマティストでありエコノミストである藤井さんは俺に教えてくれた。
その通りである。

具体策を聞いたら、おっぱいの大きい娘をたくさん育てようとのこと。
言葉の意味はわからないが、すごい自信だ。

さすが烈風の今川を影から操っていたフィクサーFである。
今は紺碧の今川の覇権を虎視眈々と狙っているのであろう。まさに世紀末裸王である。


さて、どーでもいい話は置いといて。

昨晩よー、インしたわけよー、だりーけどさー。
で、やることないわけよー。なんかこー、もう燃え尽きちまった蝋燭?みたいな。
つーか、なんかもうかったしくね?ポイントだりーし、合戦だりーし、拠点だりーし。生産やらねーし。

息をするのもー、寝るのもー、おっぱい揉むのもー、ああああああ、めんどくせぇえええ。

失礼。こんな話じゃなかった。


えーと、数年ぶりに青出してみた。青募集だよ青募集。
あ?軍学が三成以外でさそわれるわけねーだろってか。

はははw
よーし、お前ちっと来い。いますぐ新宿ルミネの裏のゲーセンの便所に来い。
300円やるから。

いいだろたまにはよ。ともかく出してみたんだ。かずははおっぱい出すが俺は青を出した。
そしたらみさおさんが意地悪を言うわけ。

三成が来たりして!うぷぷぷ。
いや三成はこねぇよ!誘いの言葉はくるけど三成が来たら怖いわ!

そんなくだらない事を考えたが言葉には出さず。

30分。それ以上は無理だ。待てない。来なかったら寝る。ツカさんは22時に落ちて寝た。
そして今日遅刻して会社を休んでいる。すげぇ奴である。

対話が来た。小田原の武将ツアーらしい。
暇なのでなんでもおk。

ここで「ネズミ狩りいきませんか^^」とか来たら「しね!!」と言ってふてくされて寝たことだろう。

完全野良は久々だ。それも多分一回も組んでない人ばかり。
何やらレベルの低い人もいるのでちょっとした手伝いのようなものか。
俺は恥ずかしがり屋なので野良では無口だ。そう、まさに内弁慶野郎なのであるよゴメンナサイ。

利家/直江/宇喜多/真田親子 と撃破した。久しぶりにやったがなかなか新鮮である。
最近、関ヶ原ばっかだったしな。

党首の暗殺さんは丁寧で礼儀正しい人でサポも65だけあってしっかりしていたし楽させて頂いた。
徒党の連携もそれなりに問題はなかったので、多少事故あれどまぁ問題はなく。
このような軽い武将でそこそこ寝るまでのレクリエーションにはちょうどいいしのぎだ。
野良でもあのくらいの武将をやっている時が楽しい。何よりサクッと終わって気持ちいい。
気持ちいいっぃ~~~~ん!とかアクエリオンのような高揚感はないが眈々とした和やかさがある。

さすがにその上のクラスになると転生・与生気も揃えていかにゃならんし何よりすげぇ疲れる。
面白いわ面白いんだが爽やかに終わるというのはなかなかなく、どろどろになるかへとへと。

わたしゃ疲れたよ(´-ω-`)になっちまうんだなこれが。

しかし朝起きるのが最近辛いなー。
ねむねむだな。ねむねむ。

かずは、エロ鍛冶であまり悪戯するんじゃないぞ。


月曜はどうにも気が滅入る

dfvrthty



─誰しも思う事だろうが

あの時あっちを選択していたら、また違った人生が開けていただろうと考えるときがある。
いや、そもそも【あの時】という分水嶺はどの時点で存在していたのかすら曖昧だ。

在学中か。それとも卒業してからだろうか。
ある人に出会ってからか。会社勤めをしながら繰り返される日常に絶望してからだろうか。

全てがその時だったようにも思えるし、ただの通過点に過ぎないとも言える。

それとも、生まれた時点で決定していたのかもしれないし、
単純に運命で片付けて箪笥の奥にしまっておくだけの事柄かもしれない。

昨今の陰惨なニュースを観ていてふと思うのだが─

独身女性が宝くじに当たっていて殺されてしまった事件なぞ記憶に新しい。
このように人が人に殺される確立というものなぞは、普通の社会生活を送っている一般人にはおいてかなり稀少だ。ニュースで毎日のように繰り返される殺人事件。しかしどこかやはり違う世界の出来事で、これらを体感したり実感できたりしている人はもう一般人ではない。というかもう普通ではない。

交通事故や戦争や暴力団同士の抗争等に身を置いている場合は例外として、一般人は少なくとも自分がそのような目に遭うなどとは今日の今日まで思っていない。

当然だ。テレビで観る東北の被災なども、対象者でもないかぎり時間がその想いを風化させていく。
これはどうしようもないことで、当事者または関係者でしかその痛みを受け止めることはできない。

宝くじの女性は2億円あたらなかったら殺されることもなかったのかもしれない。
前に寝てるところに娘に斧で斬りつけられ失血死した警察官がいたが、結婚して娘を育てそして娘の手によって人生の幕を閉じるなど、想像もつかないことだろう。
自動車で人を轢いて死なせてしまった人も同じだろう。あそこで、少しスピードをゆるめていたら。
酒を飲まなかったら。その日、運転しなかったら。免許をとらなかったら。

後悔の輪廻はさまざまにめぐることだろう。しかし後悔が時の回廊をくぐるたびに、咎人は取り戻せない時間と現実に絶望する。

それらは誰しも起こりうる事象だ。何かの選択によって負の歯車が噛み合い破滅への車輪を回す。
またはその逆も当然ありうる。買わなきゃ当たらぬ宝くじ。勝っても当たらぬロト6。
きっかけひとつで大逆転の人生を送ることのできた人もいるだろう。
だが、人生はそうそう美味しい特急列車のチケットは用意はしてくれない。
そのプラチナチケットを手に入れられるのはごくわずかだが、それでも人は夢を見る。

こんな悲喜こもごもの人生をニュースでみるたびに運命の必然の残酷さを考えたりする。
考えてもよしないことだろうが考える。

ここで〆として、だから日々を悔いなく精一杯生きましょう!みたいな常套句になればいいのだが、
そうはイカの藤井さんのタマキンである。
精一杯はわからんが、とりあえずこっちも必死に生きてるわけでそれどころじゃない。

天気が鉛色の重たい冬空なので。週明けからこんな事をつらつらと書いてしまう。
多少、気が滅入っているのかもしれない。風邪引いてるし。

信の話はまぁ土日と入ってないのであまりない。金曜にちょろっと遊んだくらいだ。

俺にも多少夢がある。
宝くじで億とか当たったら、喫茶店のマスターをやってみたい。
当たったら伊豆の下田あたりで小さな喫茶店をと思ったり。

そこで常連の藤井さんにマスターと呼ばれるのが夢だ。

「マスター、いつもの!」

「はい、水ね!」

こんなやり取りをしながら過ごしたい。
あ、あと高校生の看板娘がいるとモアベターだ。

ねえよな。

まぁ夢ですからどうでもいいんだけど。


織田家シスターズ 関ヶ原武将ツアー




あやからいつもの如く対話がくる。

「ひまぁあ~~。遊ぼぉ~~w」

「ハロワいけ」


土曜は風邪で蛾っちのクエ手伝いも途中でリタイヤした。

昨日はそこそこ寝たのでちっと回復。
暇だったがまだ身体が重いので外出は控えた。無理は禁物。
さすがにこの時期に倒れたらやべーデービスである。

だからちょっと早い時間にインしていた。しかしボーーーーーッと突っ立てるだけだったが。

対話してきてあやがごねる。駄々こねる。だだだだだだだと遊びに行きたいらしい。
つまりは一門員が出払っている&まだインしていないのでさみしいのである。

いつも一人ならさみしくもないが、いつも誰かと一緒だといなくなった時に急激なさみしさが襲って来るものだ。
あやはまさにそれだ。さみしくて泣いちゃうよ?いいの?とか言いそうだ。
俺にそんなことを言おうものなら、迷わずこう言ってやる。

「いいからハロワいけ」


俺なんかいつも一人ぼっちだから、さ、寂しくなんかないもんねっ。
あら、なんかモニターが霞んで見えるぞ。
いや泣けたっす。まじ泣けたっす。フリースタイル具合にまじ泣けたっす。

しかし…まぁしょうがない。
この前、タツヲ達と溝ノ口で焼肉を食った帰りにまっち棒の和歌山ラーメン食ったしな。
さみしんぼうのお守りをするのも何かの思し召しだろう。

というわけで織田のスチャダラパー子と言われる、あやのお守りをすることになった。


さて、何をする。どこへ行く。
蒼い弾丸じゃあるまいし、いつでもどこでも誰とでもというわけにはいかんだろう。

鬼や松等のポイントか?いやいやめんどくさいしだるい。
ボス?うーんサポが必須な武将はめんどいしな。といって野良で集めるには適当すぎる。

この葛藤は少年ジャンプをいい歳こいていつまで読んでんだよ。
おっさんならビッグコミックでも読んどけと言われるのと同じだな。
いや全然違うか…。

結局、知人を募って関ヶ原適当武将狩り&ポイント併用ということに着地する。

「なんでもぉ^^」とあや言う。

暗殺のペインさんがいつもの如く青を出してるのでゲット。

ツカさんに対話するも返答なし。あとで聞いたらニコ動画観ていて気づかなかったと言う。
どうせまた東電関連のネタ動画でも観ていたんだろう。

鍛冶はアサミさんが不在だったが、あとで対話いれてゲット。

術アタッカーが欲しいと思ってたのでみさおさんに声をかけようと思ったら、
あやが、みさおちゃんも呼ぼうよぉとシンクロ。
で、みさおさんゲット。
織田家シスターズ徒党の出来上がりだ。

そして恒例のお抱え巫女コロッケに「拠点はいいからこい。いまこいすぐこい早くこい!」と対話をいれてゲット。あとはカゲカツちゃんで〆。


揃ったところで

「おし、いこうぜ!」と掛け声をかけて出発する。

↑レベル70以上の武将を適当に狩りましょうツアー。


するとコロッケが言う。

「6人しかいねーっすよ」

「あっw」


カゲカツ忘れてた。いきなりずっこけた。

「た、試したんだよっお前を!」

と苦しい言い訳をするが無理すぎた。

さて武将を何体ぐらい狩ったろうか。それなりにスムーズだった気がする。
みさおさんの召喚から武功もらってたのでこれもよし。
みさおさんは「うぷぷぷ。武功ウマー。うぷぷぷぷ」と妙に楽しそうだった。

最後に小早川で3000P溜まるので小早川をやる。
ペインさんが「寝そうだった」とのんびりした事を言う。

実際はのんびりした状況ではなく、アサミさんやコロッケは死ぬし結構大変だったが。
とりあえず2体倒して1をあと一撃くらいってとこでさて、もう終わるなと思って油断していた。

ここで逆襲が始まる。なんとも生命ミリの1の被弾があやに直撃して乙る。

「ぎえーっ!」

「あきゃぁああああ!!」

と徒党で奇声があがる。これが後に言われる、凸もっこりの変である。
数年後振り返って俺はこう思うだろう。
「ぬるぽ」。

まぁ仕切り直して再度やる。とにかくカゲカツがよく死ぬなー。
いやおっさん、一所しなくていいから!お前死ぬから!と言ってもカゲカツには届かない。
どーいうアルゴ組んでるんだこれ。コレよくない?よくなくなくないコレって言えねぇよ。

小早川って結構つぇぇのね。他の佐竹とか細川のがつえぇと思ってた。
とにかく今度は何とか撃破で終了したけど。

織田は合戦中らしいが、織田家シスターズもたまには息抜きがあってもいいだろう。
しかもあやとは、まさに5年越しの徒党を組んだと言う。
今度組むのはまた5年後か。信オンがあればなw

ルーティンワークのポイント狩りもメリハリ効かせてやりゃそれなりに楽しめるのう。
しかし、それを企画して実行するバイタリティがなかなかね。

さぁて今日は仕事も暇だな。のんびりと一服でもしてくるか。


数年前のタクシーの運ちゃんの話

ネタがまったくない。
信ネタもいい加減あることあること書くのも飽きが来た。

じゃあ、書かなけりゃいいやんけと思われるだろうが、
そもそもブログを書くのにネタの有無で書いてるわけではないなと思う今日この頃。

じゃあまぁ、日常で感じた不可思議な謎をちょいと話そう。
興味ない人は面白くもなんともないのでスルーしてくれたまえ。
信ネタはまったくないしな。


何年前だろうか。

知人のグルメライターのつきそいで、都内のある店に取材にいった帰りの事。

もう22時を回っていて雨が降っていた。季節は覚えていないが寒くはなかったと思う。

取材同行の帰りにタクって帰るのは通例である。
わざわざ都電の満員電車で酔った身体を痛めつけることはない。
そもそも酒を飲んだ帰りに電車はだるいしめんどくさい。

どこでそのタクシーを止めたのかは、記憶が曖昧だ。
甲州街道だったか山の手通りだったのか。

とりあえず、知人作家と俺はそのタクシーに乗り込み、御宿交差点の下馬方面に向かうように指示する。
知人作家は下馬に持ち家があり、俺はその流れで途中下車という形だ。

タクシーの運ちゃんの容姿もこれまたもう記憶がさだかではないが、
とにかく人なつっこい運ちゃんでよくしゃべる人だった。

酒の酔いも手伝って俺も多少饒舌になっていたと思う。運ちゃんに合わせて、あいづちを打ったり話題を振ったり。

不意に奈良の話になった。
何かの拍子でそのような話になったのかは、もう覚えていない。

作家知人はもう眠そうで、俺と運ちゃんの会話を聞き流しながら船を漕ぎ始めている。

「ちょっと面白いお話しますけどね。奈良にはちょっと特殊な部落があるんですよ」

「へぇ、どんな?」

運ちゃんは俺の反応を予測していたようで、重く雰囲気のある口調で語り始めた。

内容はうる覚えだがこんな内容だったと思う。


神戸や大阪のスナックなんかにたまに、すごく背の低いホステスがいるという。
彼女達は、一様にしてすべて同じ村の出身ということである。

その村は杉沢村のように地図に無い部落だそうだ。
そこの成人した男女は老いも若きも全て背が低くまさに小人。

「ほ~、そんな村がこの日本にまだあるのかいな」

俺じゃなくてもこんな話を聞いたなら誰でも思う疑問だろう。

運ちゃんはよどみのない口調でまるでその部落出身者であるかのように詳細をつらつらと語る。

興味深かったのが、その村の特異な体躯の特徴ではなく、ほとんどの若い女性がすげぇ美人であるそうな。
顔だけみりゃジョイ・ウォンばりの超絶美人だそうで、どんなからくりでそうなっているのかは不明だそうである。

身長が途中で止まるのは、水のせいだと言う。村には井戸がひとつあり、生活水として貴重な水源であるそうだが、そこの井戸から組み上げる水に成長促進を妨げる物質が含まれていると言う。

成人する前には結構な確立で死亡してしまうらしいが、若い娘は20歳前にほとんどが出稼ぎに出てしまうため
残っているのは老人と子どもだけ。

奈良ねぇ。確かに謎多き土地だが、この情報化社会の中でそんな隔絶された秘境があるとは到底信じられん。
アフリカのピグミー族じゃあるまいし。

この運ちゃんの話をふと思い出したのは、たまたまネットで。中国の小人村というテーマパークの記事を発見したからである。

2年ほど前に桂林に行った際に、各売店の店頭で土産物をこしらえている少数民族の女性が、成人なのにえらい小さかったなと思うがそれにしてもここまで小さくはなかった気がする。

それに関連した記事でこんなんがあった。
http://www.chinavista.com/travel/dwarf/b5head.html

四川省に小人村 農作物も小型

陽鳴村は、四川省東部の資中県の東南60kmにある辺鄙なむらだが、数十年来、全村の男女すべての身長が80cm前後で、ある人はわずか40cmの身長しかない。 この“矮人村(小人村)”の人口は1960年代に約120人、現在は110余人。
 村民の話によると、彼らはだいたい5,6歳の時に生長が止まり、成人しても身長が小さいため結婚して家庭をもつことが難しく、独身のまま村にとどまるケースがほとんど。 なぜ身長が高くならないかという原因については、これまで諸説紛々。 その後、さらにびっくりする事実を発見したところによると、村の中央の農作物も、なぜかわからないが高くのびず、村の外、数百㍍の所から樹木が繁茂している状態。 
 その“元凶”とみられているのは、二十年余り前に掘られた井戸で、村民は数十年来、飲用水としてこの井戸の水に頼っていた。 ある機関がわざわざそこに出かけて何度も化学的検査をしたところ、水の成分のなかでカルシウムとリンなどの元素が非常に不足していることが判明、それが人体の生長にきわめて不利に作用していることが明らかになった。                
(本紙成都発)


この記事の内容は、まんまその時の運ちゃんの話なんだが、もしかしてこの話をもじって家路までの道のりを退屈しないように彼なりに演出してくれたのだろうか。

その運ちゃんは、家路に着くちょっと前にその話のオチをつけた。

「実はカミさんがその村出身でしてねぇ。大阪のスナックにいる時に出会ったんですわ」

はみかみながら、そう語った運ちゃんの顔には邪気はなかった気がする。
真実はわからない。
いまだにあの運ちゃんは乗客にそんな話をしながら都内を疾駆しているのだろうか。
そんなことを考えると妙なおかしさがこみ上げて来る。

真実はわからないけど面白かった。

ま、こーいう話は上手に騙されてやるのが粋なのかもしれない。

では皆の衆。良き勤労感謝の日を。





如水を徳川軍団に手伝ってもらうの巻

金曜日。またも仕事のドタバタあり。
そのせいで土曜が仕事になったので、金曜くらいちょっと遊ぶかと思いイン。
土曜の飲みの約束も反古にしちまったので少々ヤケ気味。
一門ではセカンドダンジョンを使って如水の模様。

む~ん。完全に出遅れた。所詮人生こんなもん。
見上げてみろよ~あの空を~なんて歌ってる場合じゃねえし鬼やべーし。

しょうがない。知人を誘って俺も如水やろうと画策する。
しかしみんな出払ってる。
おまえなー、金曜日ごときで普段やってない一門クエとかやってんじゃねえよとは言えない。
一人はやだよさみしいよ。
もうごめんだよ。ひとりぼっちの焼肉は。俺は行った事ねえけど。
というかこの前の如水が悔しいのでリベンジしたかっただけだけどな。

まずは、盾鍛冶を探すかと思いきや鎧の亜沙美さんが暇そうだったので早速拉致ル。
亜沙美さんはほんと謎だ。木乃の謎は解けたので、あとは亜沙美さんだけだが、
世の中には知らないほうがいいこともあるので、そっとしておこう。
亜沙美さんも意外や如水やったことないと言うのでちょうどいい。

あとはみんな出払ってる。困ったぞー。野良で集める気力もなし。
そもそもこの前やったばかりだから初心者同然なわけである。

ふと見ると、徳川の葉隠君がなんか暇そうだった。
といっても、すごい親交があるわけでもないが、同盟の時の合戦なぞで遊んだ記憶あり。

関係なく声をかけると快諾してくれた。
確かー、葉隠君はさばふぐ一門だったか。

全然集まってない状況で、ありがたかったのが、その他の知人を葉隠君が全部集めてくれたことである。
集まって頂いた人もさばふく関連の人達だろう。
これは感謝感激のマメ大福。

俺も探してはいたんだが、とにかくみんな一門クエに行っていて無理無理無理無理、無理ばっか。
暇なときはほんと暇だーとかいってる奴らなんだがタイミングわるす。
あやなんざ「無理www」とか芝を生やして殺意が涌く。
あやのばーかばーか、お前のかーちゃんでべそ。
カズハにも声をかけるが一門クエにゃり~と言われ、この乳輪デフラグ主婦め!と蔑んでやる。
もういいの!ぷんぷんなの!とまでは言わなかったが、だめだこいつらはほんとあてにならん。

ま、それはともかく、徳川メンツに転生・与生気まで2垢で準備してもらって至れり尽くせりで、いやほんと不甲斐ない党首で申し訳ないの極み><。
かたじけないにょろ~;と言いたくなったがきもいのでヤメた。

さて構成は

軍、仙、医、能、法、鎧、カゲカツ

だったと思う。

1、2戦して無理ゲーくさいアルゴ来襲で壊滅。
しかし、やはり上手いなあこの人達は。次にどう動くかの挙動が的確だし。

3戦目は序盤から何かすげえめんどくさいアルゴだった気がする。
3を落としたが、途中で俺と亜沙美さんが死亡。ソッコーインするが普通その前に乙る予感。
1.5ターンほど盾いない状態でよくもまぁ耐えたものだ。
そういえば、前回使った討伐とか一回も使わなかったっけ。
みさおさんがいつもごねる要人を使っていたが、
能楽のヘイト移動を俺にもらってこれがかなり有効だった気がする。

カゲカツはあと一撃で落ちるのに霧とか一所とか余分なことしてる。
徳川メンツは終始冷静だった。俺はカゲカツのあまりの空気の読めなさに
思わず「おっさんw」と声が出た。

四苦八苦しながらも敵を減らし、ようやく撃破。
リベンジ完了だー!やっほーい。
これはまぁ葉隠君率いる徳川メンツのおかげである。

終了後、葉隠君にお礼にチュッチュッしようかと思って対話したら速攻落ちててワラタw
とにかく他メンツの方々も大変御世話になりました。アリガトーっす。

葉隠君とは職場が俺の住んでいるところに非常に近いとわかり、是非飲もうということになった。
これは楽しみであるね。藤井さんも近かったら呼びたいところ。

さて、ほんまにもう今年もわずかになってきたが、総括するにはまだちょっと早いか。
昨日は野球みてたらそのまま寝ちまった。

最近、休日ってすげぇ寝てる気がする。


12歳の子どもが独学でプログラミングをおぼえ, ついにiPhoneアプリの会社まで設立

いやはや、天才って歳関係ないな。しかし才能あるといっても子どもをあまりチヤホヤするのはよくない。
「大人だね」とか軽卒に子どもに言うアホはしね。

精神的に成熟してようが社会的な責任を取れない以上子どもは子どもだっつうの。
だからマコーレ・カルキンとかあんなんなっちゃうんだわ。

俺はガキはうざいんで嫌いだ。おっちゃん!とか呼ばれてからますます嫌いになったぜ。
せめて、おじさまと呼べ!ってのw



ふと思い出す【あの漫画】 なげーよ

長文になっちまったよ。

何の気無しにテレビを観ていたら、あのワイルド7がリメイクで映画化されていた。
望月三起也作の昭和時代の漫画なのだが、実写テレビ版をリアルタイムで観たのかは記憶がさだかではない。

望月三起也と言えば、「週間プレイボーイ」に連載されていた「サムライ教師ボギー」が好きだった。
まぁ大概の人は知らんと思う。藤井さんだって知らないよな。
そこそこエロもあり、とにかく主人公がメタメタに高校生にボコられる描写が生なましくてよかった。
スクールウォーズなんかも同じ頃じゃなかったろうか。
学園熱血ものも流行っていた気がするがまぁそれはどうでもいい。

とにかく、当時の漫画などは北斗の拳やドラゴンボールのように主人公は化け物じみて強い。
雑魚はよせつけない鉄壁のヒロイズムに読者は酔いしれるといった作風が人気があった。

そんな作風に食傷気味だったのか、それとも現実では成しえないヒロイックファンタジーへの憧れから脱却したかったのか、その時は何故かこの「サムライ教師ボギー」の人間臭さが好きだった。
といってもこんな教師は現実にいるわけもなし、十分に漫画的展開ではあるのだが。

「サムライ教師ボギー」は、ワイルド7には遠く及ばないマイナー作品である。
人気もあんまり出なかったんじゃないかな。掲載媒体が成人向けの雑誌ということもあったのだろうが。
日本の漫画では割と先駆けの作品だった気もする。つっぱり先生とかの作風は他にもあった気がするが、何せ青年誌なので割と規制なく自由に書けた作品じゃないだろうか。

何にせよ俺の中では印象に残る作品である。
主人公はサムライというよりバサラなんだけどなこれ。

ヤマハ XV750 Specialのカスタムを駆ってアウトロー・バイカーのファッションでゲイに間違われたり。
とにかく印象に残ってるのは、この漫画の中で気に入ってる台詞が数多くあるからかもしれない。
これ他のサイトで詳しく紹介されてたので驚いた。見つけた時は何やら嬉しくもあり懐かしくもあり。
主人公のボギーよりえらく歳をとったなと感慨にふけるのもあり。

ひとつふたつ紹介してみる。


昼休みにボギーが弁当を食っている。
読んでいるのは競馬新聞である。
見た目は革ジャンにジーンズといった出立ちで、モデルにもなれるような容姿で英語教師だ。

なのに言葉は会津なまりで行動は田舎のそこらにいるおっさんそのもの。後ろのポケットからはてぬぐいがぶらさがっており、ピッサー(ホモの合図)と勘違いされたり。
少し離れて見ている数人の女子生徒も「見た目セクシーなのに、なんかくさぁって感じ」と呆れ気味だ。

CDEDRDFR

水を持って来てくれと、流れるような滑らかな英語でボギーに言われて、あわてて水を汲んで持っていく女子生徒の前に現れる影。

dsgdrdthndt


綺麗なスケ番グループ(うへー;死語どころじゃねぇ)の姐さん達のご登場だ。
近頃目立っているボギーを牽制しにきたのである。
つうかヤンキー女って黒髪にして普通のファッションすれば、えらい綺麗可愛い子が多かった気がする。素材はいいのにもったいないなと思ったものだ。
あれもやはり古来からの相手を威嚇する戦闘化粧だったのだろうなぁ。


弁当を食いながら、競馬新聞を読むボギーの頭の上から水をかけるリーダーと思われる女番長。
なかなか美形で巨乳だぞ。

「弁当を食いながら競馬新聞を読んで教師になんざこれで十分じゃん」とすれっからしに捨て台詞。

「競馬新聞は読むもんじゃねえ。○つけるもんだ」

水をかけられたことなど、気にもしてない様子で悪びれず女番長に本を勧めるボギー。

「卵焼き弁当を食う時は式貴士に限る。読んでみるぅ?」


式貴士をご存知の人はわかっていると思うが、SFグロテスクロマンの巨匠だった作家だ。
内容はエロ・グロ・ナンセンス・ブラックユーモアだが、何故か哀切とある種の美しさを感じる文体でファンも多かった。他のペンネームでも執筆多数。
なんで、そんな内容の小説に卵焼き弁当やねんと当時は思ったものだが、
この影響で式貴士なぞを読むきっかけともなった。

それはともかくこの奇想天外な発想がすごい。



気に入ってるもうひとつの台詞とシーン。


音楽室で憧れの美人先生を前にピアノを弾いてるボギー。しかし曲は水戸黄門らしい。
折り合いの悪いいかつい体育教師がいて、何かとケチをつける。

「軍隊にいたそうですな。アメリカのどこへ行きました?」とか何かそんな感じのことをボギーに問う体育教師。

「アメリカにはいったことはない」

「ほぅ?それではどこで英語を?うんたらかんたら…」としつこく難癖をつける。

英語といえば俺もアメリカに行かないと身につかないと本気で信じていた頃がありました。

巨乳の美人女教師は失礼よ!とたしなめるが、体育教師は決定的な事実を暴露する。

「言って上げましょうか?ベトナムの戦場でしょう」

「……!?」

それを聞いた美人女教師はショックを受けて音楽室を飛び出す。

それを追うようにボギーの友人教師が叫ぶのである。

「誤解だ!こいつはね…」

「よせっ!」と制止するボギー。

「言ってやれよ。悔しいじゃないか!」

普段はボギーを疎ましく思っている友人(教職につけたのも彼の紹介ということになっている)も、この時ばかりはボギーを擁護する。

遠き日のベトナム戦場の回想シーン。
ベトナムで通信兵として傭兵をしていたボギー。
まだ拙い英語力しかなくジャングルで移動中にも辞書を開いて英語を学ぶ。

銃で打ち抜かれた英訳辞書を見つめながら、この台詞。

「いいさ周りはみんな外国人。命がけで覚えた英語には違いねぇんだ」


生きるために学ぶ。でなけりゃ救援も呼べない命がけの勉強。
泥臭いが格好いいじゃあありませんか。

思えば、小説や漫画や映画でも台詞に惚れたってことが多いなぁ。
しかしこれ最後まで読んでないから最終回しらねーんだよなw


藤井さんが前に言ってた事がそのまんま台詞にあったせ。
男はこう生きたいものだよな。

xdcvsdfbnh

いや、やっぱ少しは気がねしようぜ藤井さん。特に俺にはw

如水に散った想い

misao

インすると一門会話でツカさんが別一門のマリシテンに行っていた。
昨晩、この男は土雷で恒例の開幕寝落ちをかましやがった。

「あの後6人でやる羽目になったんだぞこの野郎」

「勝ったのか」

「当たり前だ」

「ほ~」

「ほ~」

「じゃねえ」


「寝るときは寝るとあれほどw」

「お前はGAROのホラーか」

「寝れる時に寝れるのは幸せなんだぞ!」

「寝落ちされた俺たちは不幸だよw」


そんなやり取りのあと、新田さんが音頭をとって如水に行こうと提案。
そういや如水もやったことなかったっけ。

まぁ行ってみるかと思い参加。

3の盾から落とす作戦だが、どうにも肝心なところで釣られて6の完全を居とおして落とせない。
あまつさえ一点突破をミスるし死ぬし。まぁこんな日もあるわな。

3回やったけど3回目に6の薬を落としてさあこれからというときにt霧で崩され乙った。
カゲカツが2回もt霧をやったのだが、こっちのt霧はまったくきかず。カゲカツの動きもちょっと無駄多し。

ただこのくらいの敵がちょうどいいって感じ。
三成や井伊よりは楽と感じた。

みさおさんと森さんが会議に出ながら参加していたが、
よくこんな忙しいクエで会議とか参加できるなと感心する。

ところでTPPによるアメリカ隷属計画が順調に進んでいるが、そろそろクーデータ起きねえかなってレベル。
といっても沈みゆく泥舟日本はどこにも逃げ場が無いのも事実。
どっちにしろ訳の分からないアメリカテーブルの自由化市場で犯罪もエスカレートするのは目に見えてる。

無差別級の外交テーブルの理論を押し付けられて、右往左往している日本を見て中国韓国らが笑ってる。
これで侍の国とはよくいったものだぜ。


なぁ藤井さんよ。

俺考えたんだが、日本はもうこれしかねえような気がする。








           __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/     そんなことより野球しようぜ!
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /



俺ライトで9番ね。

Productivity Future Vision



マイノリティ・リポートで表現されていた未来型Cテクノロジーの普及はまだもう少し先かもしれないが、ユビキタスと言われる情報社会は確実にやってくる。

我々はマウス及びキーボード、コントローラ等でコマンド実行をする場合がまだまだ多い。
が、ここ数年スマートフォン、アンドロイド携帯などの普及で、指で画面を操作することに抵抗がなくなった。

フェザータッチオペレーション式の電子ボタンは、数十年前から銀行のキャッシャー等にも設置されてはいるが、インタフェース上でものを指で動かす直感的な操作は日常ではあまりなかった。

業務でマウス、キーボードを長きに渡り使用してきたわけだが、今思えばこのような前時代的な作業形態も徐々に失われる。
電子情報を手や指でダイレクトに縦横無尽に操る日も遠くはないだろう。
時間のある方は上のPVを見て頂くとわかりやすいだろう。このような世界を望むか望まないかは別にしても、情報が更に引き出しやすくなる世界になることは間違いない。
反対に危険性も大きくはなるだろうが。

情報テクノロジーが進む社会で人が取るべき行動は2つだ。
「順応」か「拒絶」かである。

そのとき果たして老木の世代はどちらの未来を選択するのだろうか。
自分もしかりである。

だから手と指は鍛えておくに限る。

そのような技術が一般的に普及した未来。ネットゲームもしかりだが、信オンなども手や指で操作する日がくるのかもしれない。

そんな未来を想像する。


20年後の藤井さんが居間に座ってゲームに興じている。
ダイレクト立体モニターの光源設定によって、疑似3D空間を部屋の中に1/1000000スケールで展開できるようになった。ゲーム筐体は、komomo社の最新ゲーム機「OIDEYASU」である。

「はぁはぁ;ファック!!も、もう少しでクノイチたんのおっぱいが揉めたのに…」

意味不明な事をつぶやきながら、3D空間の戦場を名残惜しそうに見つめる藤井。

「しかしリアルになったもんだ…。これで感触とか匂いのギミックもつけてくれれば言う事無しだけど」

この人は何を言ってるんだ…。
サーフェースモニターを通して藤井のプレイを見ていた突は、苦笑しながらも軽い恐怖を感じていた。


とかね。藤井さんの未来をちょいと覗いてみたが、俺たちは盆栽をやる感覚でゲームやってそうである。
あまりリアルになりすぎるとHAMARI族になるのも必至だ。

質感まで表現できる世界になったら、ぜってぇ風俗とかにながれるよな。
そうなったらしめたもの!と藤井さんが思ってるかどうかは俺の知る由もないのであった。
ぶひひん。

(´・ω・`)

関ヶ原ネタ書こうかと思ったけど消えてしまったんでやめた(´・ω・`)

http://news.2chblog.jp/archives/51651262.html

というわけで、自然はすげぇってスレあったんで載せとくか
一度は見てみたいってところが多すぎる

地球ってやっぱすげぇや 藤井さんのチン○も載ってる これもすげぇ

1位:ソコトラ島(イエメン) には死ぬまでには一度行ってみたいな

関ヶ原ミッション

さまよえる蒼い上覧




今までの上覧の感想を替歌にしてみた。


負けの込む日はヒステリー そんなのかまっていられない

ガチ徒党に慣れ過ぎ みんなあちこち弱ってる



旗の忍者が 一撃乙するよな 異常な事態 (ステキな事態)

何も考えないで 動かないで 隠れ身してみて

晒せばいい 泣き出しそうな 特化を蹴って

笑えばいい ここはさまよう 蒼い上覧

2チャンネル 次から次へレスしてると もう朝が来た

落ち着くスレはありますか? って
そんなのまだいらねぇ

誰かが見つけた必勝法 あくびがでちゃう (ゴロゴロしちゃう)

上覧というのは そんなもんだろうか そんなのアリですか?



縛ればいい 泣き出しそうな 特化を蹴って

拗ねればいい 特化に消えゆく 夢の切れはし


さよならしよう じっと詠唱をまってる日々に

スルーすりゃいい
ここはさまよう 蒼い上覧



飛びだしゃいい 泣き出しそうな 心を蹴って

さがせばいい 募集に消えゆく 夢の切れはし


もう抑えられない 音響(ショック)にヤられ 特化を変えたなら
狩りすりゃいい そうですここは 蒼い上覧

もっと もっと もっと もっと速く(w覚醒を)…





ってなわけで良き週末を!

丑三つのコロッケ

津山事件─。

1938年5月21日未明、岡山県苫田郡西加茂村大字行重の貝尾・坂本両部落で発生した日本犯罪史上でも類を見ない殺戮事件である。

2時間足らずで特に訓練も受けてもいない一般人が30人も殺害するに至った陰惨な背景が気になる。

あるブログでこの事件に対して「人間のすることじゃない」と書いてあったが、
僭越ながらわかってないなと思う。

人間だからやるのだ。人間だからどこまでもひどいことができる。
人間はどこまでも残酷になれるのだ。
虎や狼がただの憎しみのためだけに同胞を何匹も殺すかよ。
天使になるのも悪魔になるのも人の心なのだ。

20年以上前に「丑三つの村」を観て、これが八墓村の原型となっていることを知った。

しかし実際の事件の背景がモデルになっているわけではない。
津山事件は青春期に神童と呼ばれ期待されていた将来に絶望し裏切られ虐げられた青年の怨念の物語である。
そこに女が絡んでるので更にたちが悪かった。

まさに、誰か一人でも彼を叱咤し相談相手になってやれる友人がいれば…と思うほかない。
血縁の濃い村社会の中では起きるべくして起こった事件なのかもしれない。


と、信とはまったく関係のない話だろと思われるだろうが、
チッチッチッ。あめーよ。甘スウィートだよ、チミィ。

昨晩のことだ。上覧の初戦でコロッケがまた下手打った。
生命ミリの相手に不変いかずに乱発射。見事あたらず相手は生き残る。
そこで子守りを差し込まれ、3人寝てあれよというまにフルボッコ。

その後はおわかりだろう。
不変を切らすなと、こももや俺に言われると
「賭けにでたんだ!」「当たれば死んでたのに><」と、わけのわからんことを言い放ち
しまいに拗ねるというお決まりのパターン。
こいつはほんといつも同じ事を繰り返すアホだ。

精神的に追い込むと口は達者なくせに閉じこもる。
ATフィールド崩壊状態だ。
こうなったら、とことん追い込んでイジめてやろうと思った時に思い浮かんだのが、この津山事件である。

鼠でも追い込みすぎると、窮鼠という言葉がある。変換すると真っ先に旧ソとか出て来るのがすげえだるい。
あまり追いつめると何をしでかすかわからない。
特にコロッケのような奴はやばい。

その後2戦ほどして頭が冷えたのか戻ってきて徒党に加わる。
コロッケは離脱前にこう言い放った。

「まぁ皆様がたよ。今にみておれでございますよ( ´,_ゝ`)」

この怨念のこもったッぱねぇコワい台詞を聞いた時に俺はこう思った。

ま、まぁ…今日のところはこのくらいで勘弁してやるか。
俺にも悪い所があったのかもしれんしな。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そして、何事もなく通常通りに戻ったコロッケを加えて3勝2敗で終了。
いよいよ上覧も佳境である。

じゃ最後は恒例の

「藤井さんよ。今日はさようならでございますよ」

suramu

上覧会場に藤井さん出現

                      ∧ ∧
                   ヽ(・∀ ・)ノ うんこー!
                   (( ノ(  )ヽ ))
                      <  >

  ┏━━━━━━━━┓
  ┃ |>はい.  いいえ ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┗━━━━━━━━┛                           
        ┃藤井がおきあがって なかまになりたそうに     
        ┃うんこー!とさけんでいます                       
        ┃                                 
        ┃無視 しますか?                         
        ┃                                 
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


藤井さんが上覧会場で叫んでいる。
応援に来たのか邪魔しにきたのかわからないが、とにかく楽しそうだ。

寂しがりやの藤井さんは、誰かがつっこまないと延々とキレ悪いギャグを周囲会話で垂れ流す。
そして我に返ってちょっと凹む。可愛い奴だ。

さすがに自分の空回りチャットに気がついたようで

「ただの基地外みたいになってる件」


周囲会話でボソッとつぶやく。さすがに吹いた。オレンジ夏ちゃん吹いた。
これは卑怯な技である。

おかげで負けまちた。うんこー!

それはともかく、運良く5連勝したけどさすがに上位に近くなると連携がいいチームが多いね。
とりあえず13勝10敗。まー即席徒党なら上出来の上でしょう。

本日は上覧はお休みということで。

色々時事ネタ、雑記ネタ等も書きたいとこだが、さすがにめんどくさいのでやめとこう。
まぁ民主ははやく完全壊滅しろとは言っておく。
民主になって良かった事がひとつもなく最悪になったことが多すぎる。

カダフィのケツにナイフぶっ刺してる奴も大概だよなぁ。
あれ観てひとつの時代が終わったのを感じた。


何はともあれ藤井さん。このAA作って上覧で叫んでくださいね。

                      ∧ ∧
                   ヽ(・∀ ・)ノ うんこー!
                   (( ノ(  )ヽ ))
                      <  >

上覧騒動

人は思いもかけない事態に遭遇すると大概はパニックに陥る。
いついかなる時も平静を保てる人間なぞほとんどいない。

俺はその言葉を聞いた瞬間にわけがわからなくった。

初戦の開始は遅れた。党員の一人が仕事でまだインできない状態だったからである。
しかし、となるとアタッカーはおらず回復しか出せない。
回復2の構成。これはボス&武将構成である。

暇してるのももったいないのでやろうと、業を煮やしたこももや亜沙美さんが言う。
まぁ、勝てないまでも暇よりいいかととりあえず7人揃え参戦。

初戦はアタッカー4の火力徒党。盾が落ちたらまず負ける。回復2の回復量に賭けるしか無い。
序盤はなかなかいい調子だ。火力が足りない分はじわじわと相手の盾を削っていく。

が途中からあることに気がつく。
コロッケが詠唱を配ってない?
薬2といってもさすがに今時のっぱねえ火力では集中被弾されたら乙る。

「おい、詠唱は?」 と言うと


詠唱はない


俺はコロッケの言ってる意味が一瞬わからなかった。

そう

                            やつを晒す前に言っておくッ! 
                    おれは今やつの思考をほんのちょっぴりだが把握した
                  い…いや…把握したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       「詠唱いれてなかった」
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ       
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    超スピードだとか催眠術だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


この状態である。

こももは「おいw」とだけ言い放ち、俺は呆れてだめだこりゃ。他党員もそうだったろう。
結局、第一試合は押し切られて負けた。負けるにしても後味が悪すぎる。

俺はコロッケが目の前にいたら、まずフェイスロックを決めてアニキドライバーを放ち
アルゼンチンバックブリーカードロップ(クラッシュ式)を確実に食らわしていただろう。

その後コロッケは

「超死にたい」と泣きべそをかく。

とかく「死にたい」などと抜かす奴に限って90歳ぐらいまでしぶとく生きるのだ。

泣きべそかいて許されるのは小学校2年生までである。他党員はなだめるが、俺は許さない。
うぜえと言い放ち、今度下手うったら刻んでイベリコ豚の餌にすんぞと恫喝する。
さすがに殊勝にシュンとしてるが騙されちゃいけねぇ。
俺はこいつの性格はよーくわかりすぎるほど分かっている。

後悔はしても反省はしねえ。それがコロッケという巫女だ。
とにかく、ちょっと優しくするとイカ娘のように調子に乗るので緩めちゃいかん。

そんなわけだがネタができたのでこうしてブログを書いているわけである。
昨晩は2連敗のあと3連勝か?まぁ今んとこ五分である。上出来である。

昨日、他鯖の徒党と試合開始前に相手の侍さんに「地獄軍学とかかっこいいやん」とか言われた。
すかさず「ミス><」とか言ってたが、なかなか嬉しいものである。根が単純なのである。
まぁ…中身はともかくも。

というわけで、っぱねぇ上覧はまだまだ続く。

新・女囚さそりという名前で出ています。
命名者は混沌です。責任は持てません。

では今週もぬるぬる行ってみましょう。



幸村ワロス

インをして両替前で西武門さんとだらだらと談笑しながら、一門でも歓談をする。
彼も最近は両替でダラダラらしい。

北斗さん、木乃、コロッケに「ぽこちん!」と対話いれて放置する。

一門を見るとひさかたぶりに夏さんが来ていたので、おひさしーと挨拶。
何やら前より垢抜けた印象を受ける。

例の如くぼーっとしていたら、「関ヶ原の幸村へ行きませんか」とこの糞学にお誘いの言葉が。

前だったら、「ええですとも!」と一発快諾したものだが、さすが関ヶ原の幸村は俺にはきつい。
戦闘は2週間もしておらず、小田原の幸村でさえ青息吐息でやってるわけだ。

そこはさすがに丁重にお断りした。

「いきたいのは山・川・湖畔の一反もめんなのですが、俺にはとても…いやん恥ずかしい」
対話を頂いたのは上杉の方だったのだが、懐柔句を投げかけられ糞学をその気にさせる。うまい。

俺も暇ではあったので「迷惑でなければ…」とのことで参加させて頂く。一度やってみるのもいいだろう。
これも経験。あれも経験。謙虚にならざる負えないこの状況が情けない。

ほとんど野良で集めてるようだが、裏では如水をやるという。あれ?なんで新田さんがおるねん!
新田さんは如水をやる徒党で誘われたようだ。新田さんはエロい。

うぇ;俺もまだ如水のがいいなぁ。とは思ったがとにかくやってみてから愚痴を吐けということで腹を決める。
党首の方がかなり人員集めに四苦八苦している。与生気/転生の人員も確保しているしマジモード。

野良で集めていたのだが、なかなかどうして見た事ある人も参加していて緊張緊縛鬼団六だ。

さて開戦。

5に開幕一点作戦。回復は薬の1。ゾンビアタック前提だともう回復1なのだろうなぁ。
やはり能楽入りでやるのだが、とにかくやっぱりいてぇ。能楽いないとこれは盾3でもなけりゃ絶対もたねえしこれ。
刀鍛冶の人は相当の廃装備と思われるが、それでも被弾しまくって生命1。九死なけりゃ回復1じゃまずもたねえ。

俺は結界・一点などを維持してKPや術とめだそうだが、とにかく痛い。テラいたす。
5はあと一息で落とせそうなんだが、途中で三成が乱入してくるしぬるぽ。来るなよ馬鹿。

準備の術ですげえのがきて全体6000とか安定していても生命ほとんど持ってかれるという。
結局、4戦ぐらいやってかてませんでちた。まぁ想定内なわけだが、う~~ん。

絶望的につえーって感じはしなかったのは気のせいだろうか。
無理ゲーとか言われてたようだが想像以上ではなかった。
まあでもつええは相当つええけど。

構成と他党員の力量もあったのだろうし、
外で待機していてもらってるサポの方々の迅速な対応もポイントだろうなぁ。

しかし、うちらの一門でも必死になればいつか倒せんじゃねーのと思えた。まぁあくまでも印象だけど。
徳川さんから対話きていたが、ゆっきーに必死であんまりまともに返答できなかった。すまんw

あやの忍者キャラから対話きてたがうざいので「死ね」と返したら「生きるっ!」と力強く言いやがった。
人は強くもなり弱くもなれるものだのぅ。ほっほっほっ。

途中でメゾさんから、盾侍がいないので困ってると聞く。上覧らしい。
メンツは見知った奴ばっかなのだが、どうにも上覧はなぁ…。時間も拘束されるので今はもう積極的になれないんだが、他ならぬメゾさんの頼みでもあるので出る事に。
まぁ、俺がいる時点で上にはいけねーのは決定である。参加することに…ってな感じだろう。

一門会話で、みさおさんを森さんとあまりにからかい過ぎて、みさおさんが怒髪天をつき般若の形相になる。
おっかねぇ;

この前みさおさんから裏対話で「駅のホームでは壁を背にしたほうがいいわよ」と言われたので
最近は壁を背にしながら周りを見渡すようになった。

まるでゴルゴ13の心境である。
さて、本日も森さんと一緒にみさおさんでもいじって遊ぼう。


晒しモンキー

晒拳

晒拳(さらしけん)とは信オン独自の晒しの一種。まるで廚二病に侵されたかのような独特なAAが特徴的な晒しのレスに冠せられた総称である。

実際はネトゲ内に「晒拳」という名称の門派(流派)は無く、「晒八仙拳」や「ふぇい晒拳」「寝落ち晒拳」「笑晒宝玉拳」「藤井晒拳」「晒珍宝拳」「晒ネラー拳」「晒凸拳」など、当時の烈風今川などに多数の晒拳と称される晒しAAが伝承されているだけである。

晒しの分類においては捏造拳系や自演拳に分類され、AAを貼付けながらタゲ反らしすることに適し、また情勢の悪い場所でのカウンター晒しにも適すると言う。

現在では、連投における晒し演舞としても知られている。
有名な晒し家ふぇいふぇいの言葉「晒せば晒すほど廚になる」はよく知られているが、
実際にはブログで晒して煽る拳ではない。烈風今川のプレイヤー(藤井駿河守など)が伝説上の始祖とされることもある。


      _,.._,.=-_-、
      ,r;r '´     `ヽ
    ,r:i'          ヽ
   /::::;!           ヽ
   ;!:::::::'! .,     _   _,.......i:、
  ;i:::::::::::::l.  ,;r''_:::::'' ::r_;ニ;.:l:::i
  r'::::::::::::r   "'"`=';' '  i:::`;::::l:;! <え?引退?装備よろ
 /::::::::::r:ミ ;::::.   ´'´ r  )´ '::l!
 !::::::::::::、_,.::::::    /.:::::::::ヾ、.::l
  ヾ:::;、::::!::::::. ..::' ';':::::::::::::::::ヽl!
   `  ヾi ::::::ミ:、-':::::;:r―::、:::ij;!
     ,.r!i  ミ::_;::::''::::::::::::::;r/::`::::-.、
  ,...-:::::::::/ `r、__,-―--‐'´ /::::::::::::::::::::::..、
:::::::::::::::i'' ー-'r--r.、´ヽ   /::::::::::::::::::::::::::::::::`::、

ガガー・サン [Gager Sun] (1960~ ロシア)
21世紀初頭、他人の廃装備に依存し、PC・NPCを問わずに自慰的殺戮を繰り返すという「俺様最強論」を唱えたロシア製忍者。
和名はあるが漢字が紛らわしい為、筆者をはじめなかなか覚えてもらえない。
ちなみにクレクレ厨等の意味で使われる「ggsn」という言葉の起源が、この男の名前から来ている事は言うまでもないだろう。

民明書房刊「ブラックタイガーをおいしく揚げるコツ」より


懐かしいなーこれ。
しかしよくまぁ色々こんなん考えるよな。
まったく感心するわw


先月、大阪で蛾さんと河豚つつき、ヒレ酒飲みながら大いに語ったが、もうちょっと時間ほしかった。
また機会もあるだろう。


プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。