スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股間にサイコガンを持つ男

csyco


あの寺沢武一作「コブラ」が実写化されるという。

我らリアルタイム・コブラフリークとしては、おいおい、おせーよと言わんばかりだが、
出来はまあ期待しないでおくとする。

コブラは左腕にサイコガン。
あいつは股間にサイコガン。

俺、モッコリスト! とかね、下らないキャッチコピーができそうだ。

藤井さんはまさに股間にサイコガンを仕込んでいる男だ。
現在、スマホを一日千秋の思いで待っているそうだが、
そのようなコミュニケーションアイテムを駆使してサイコガンを撃ちまくる藤井さん。
そこに痺れるあこがれるぅ!


昨晩はインできずだった。
プレゼンが一息ついたのでボスが、おつかれちゃーんとインスタントジョンソンよろしく
焼肉を振る舞ってくれたのである。
牛角みたいなチンケなところじゃないのがありがたい。

店に着くと、キンキンに冷えてやがる!というビールを喉を鳴らして一気に飲み干す。

うまい!

流し込んだビールも熱気ですぐさま蒸気に変わっていくようで、飲んでも飲んでも喉が渇くのだ。
肉も美味い!これは美味いよ本当にと社員一同舌鼓に腹太鼓。

まあ当然値段も多少はるから当然か。

とにもかくにも美味しい夜であったのだ。


俺はふと思った。
股間にサイコガンも持つ男が主人公だとしたら、クリスタルボーイは、クリト…あばばば;

すまん。まだ昨晩のマッコリが残っているようだ。いやコブラじゃなくてコカンだったりして。
海外のエロビデオのタイトみたいだなと。

さてこんなくだらない話で終わってしまうと勿体ない。
読者に対してちったあ警鐘を鳴らすような話も盛り込まんと、ただの下ネタオヤジになってしまうけん。
それじゃあおえんちや。ふぇふぇふぇふぇ。何語だこれは。

実は最近まじで料理教室などに通いたいと思っているんだよ。
しかし結構たけーんだよなあ。一ヶ月の会費とかよ。

まあ実現するかどうかはわからんが、そんなことも考えている。
自分で色んな料理作れたら便利だしな。

しかし俺はたぶん、かずはっちより味噌汁とカレーを作るのはうまいと思う。ふふふ。

ちょうどいま、「知られざる魯山人」なるものを読んでいるのだが、それに感化されてるのも事実。
すーぐ影響されちゃうんだから困ったもんだ。



とにかくそこで書かれていた言葉に惹かれた。


魯山人は美味いものを食べたのではない。
美味しく食べたのだ。



ガビーン!これは一重に全部に通じる真理やないか節子。

仕事、趣味、衣、食、住、2ch、セックス、オナニー、RMT、etc.

なんか関係無いのも入っているがまあいいか。

糸井の西武の美味しい生活とか広告があったが、まさにこれや。

美味しく食べる努力をした魯山人のこだわりと気迫を真に知る人は少ないという。
ただのこだわりじゃない。芸術にまで昇華させた闘争とも言えるその人生を、
精緻かつ膨大な時間をかけた取材慣行でまとめている。とにかくすごい。えらいやっちゃ。

信オンなども同じや。
美味しく遊ぶためにはそれなりのこだわりを持って行動する。せやな、関西人。

股間にサイコガンを持つ藤井さんも、美味しく働いて、美味しくあそんどることだろう。
たまにサイコエネルギーを充電せなあかんけど、ほしたらそんなんわややで。

いかん。適当な関西弁使ってるとまじで殺されかねないな。


さて、本日の昼飯は生姜焼き定食とするか。

早く帰って冷やした吟醸で信にインしながら一杯やりたいとこだ。
つまみは鰹のタタキがありゃ最高だあね。

んじゃちょっくら行ってくるわ。


スポンサーサイト

蛾さんへの手記

親愛なる蛾さんへ。

蛾さん。今回は蛾さん筆頭の一門に誘って頂きありがとうございます。
まさか私が蛾さんが筆頭のその一門に入るとは夢にも思ってませんでした。

今日は僭越ながら、記念にというわけではありませんが、蛾さんと私とのなれ初めと所感を交えて赤裸々に筆を走らせていこうかと思います。

思えば、蛾さんとのつきあいは烈風木曽川時代まで遡りますね。

確かあなたは今川所属でよく武田の援軍に来ていました。

あなたは当時かなり有名でした。
1兵卒だった私には、なんであなたがそれほど有名だったのかがわかりませんでしたが、とにかく”装備をもらう”ということを”ggる”という流行言葉まで生まれているほどでした。

当時、鬼強い忍者の方から廃装備を預かったということで、渦中の人になっていましたね。
そのせいでさんざ2chでも叩かれていました。
AAまでつけられていましたね。

本当はただ預かっているだけなのに、何故人は人を傷つけたがるのでしょう。
しかしあなたはそんな風評はどこ吹く風で一向に気にしてない様子でした。

装備借りパク忍者とレッテルを貼られ、流れついたのが我らが悪名高き凸FCでしたね。
あれは蛾さんとプリンなどと作ったお気軽私設でしたが、後に武田最悪の私設と言われ、廚の巣窟だと叩かれました。だいたいあってると思いました。

凸FCに所属していても、あなたは孤独でした。
いよいよ精神が壊れてしまったかのように、紹介文に「装備もらいますよ」とか書いて自虐的な嘲笑を自らに課していましたね。

すみません。いまだから告白しますが、あれ見てアクエリアス吹きました。

あなたはゲーム内ではいつもさみしそうでしたが、リアルでは関西の友人数名と毎日キャバクラにいきまくって
性春を謳歌していたと聞きます。

つまりはリア充だったのですよね。南のピンクムーンのサリーちゃんとはまだ懇意なのでしょうか。
エッチなのはいけないと思います。

そういえばリアルで会ったのは大阪でした。イカリとともに出向いた大阪で駅で出迎えてくれたのがあなたでしたね。
日に焼けた浅黒い顔に、人なつこい笑顔でまるで昔からの友人のように気さくな蛾さんに内心ホッとしました。
きりきりなんか会った瞬間挨拶もせず、ホナいこか-とか、なんて大阪の奴らはクォリティたけーんだよと思ったものでございます。
ゲーム内の印象とリアルの印象のギャップがありすぎだなと思ったのも事実です。


話は変わりますが昨晩はユキムラにノックされまくりましたね。

スラムダンクで言えば、ユキムラ2万本ですと言わんばかりノックされまくりました。
ここにいる限りは1000回負ける覚悟でいなさいといわんばかりにノックされました。
明子ねえちゃんも泣いてましたね。

しかし私は勝敗よりも、とある事実に気がついたのです。

蛾さんはよく死にます。暗殺の蛾さんは本当によく死ぬ。ほんとに死ぬ。まじで死ぬ。それこさ死ぬ。
死んでイスタンブールと歌いたくなるぐらい死にますね。
死んでインして殺されてのループに思わず画面を見ながら、恋しさとせつなさと心強さがこみ上げてきました。
まさにストリートファイターさながらです。

よく死ぬ男だ。私はそう言いましたね。
気がついたのです。ピーンと来たのです。

そう!死んでこそ絵になる男なのですあなたは。

普段のあなたは本当に面白くないギャグをとばします。ミヤビさんとタメをはるでしょう。
チャットだとあなたの関西弁ばりばりのノリの良さはまったく封鎖されてしまいますので、
多分あなたはスカイプなどが最適だと思われます。
しかしそれはどうでもいいのです。つまるつまらんは不特定多数の人が主観により決める事なのですから。

一歩引いてクエに参加しながら、周りを活かしていくあなたを見てると、スラムダンクの綾南のキャプテン、魚住を思い出します。

魚住は言いました。「俺が主役になる必要はない」。
蛾さんを見てると、身体をはってパスを捌いてゲームメイクしていく魚住のプレイを思いだすのです。

頭(かしら)ちゅうのは一歩引いて周りを見渡さんとあかんでぇと電話で言っていましたね。
まさにおっしゃる通りです。

おっしゃる通りですが、

20年キャバクラ通いの男が、

頭(かしら)ちゅうのは とか

ねえだろw

とか

思ってしまいました。

すみません(苦笑)。

とにかく蛾さんには死ぬだけで人を笑わせられる才能があります。
これは素晴らしい才能です。

私からのお願いなのですが、死んだ時には一度こう言って頂きたいのです。

「わかりません」

ともあれ、白夜にいる限り私はあなたの死にざまをこれからも幾度となく見るでしょう。
そしてそのたびにこう思うでしょう。





ま、いっか。




それではお身体をお大事に。末永く戦国の友でいられますように。

親愛と悪意を込めて。 地獄の凸りんより かしこ。


なんでもない会話

昨晩の小田原2での会話

俺「ツカさんー 北斗の指輪ってどこの指輪だっけ?」

ツカ「北斗神拳だよ」

俺「しね」

ツカ「あたたたたたたたたた」



三成戦闘中にて

綾「転生待機いってあげよ~かぁ~?」

俺「いらねー」

綾「ちぇ~っw」

俺「うぜー」

以下3回ループ



私設@@にて

俺「さて寝るか」

かずは「膝枕してあげよう」

俺「いりません 飼ってるワンちゃんでよろしく」

かずは「('A`)」


白夜にて

俺「綾の冷やかし対話がうざすぎるんですけど」

藤川「そう言わないで…;オツムがちょっと弱いだけないい子なんです;」

俺「藤川さんがそういうならまあ…」

蛾「獅子欺かざるの力ですね」

俺「また、凸さーん、転生いってあげるよーキャキャと対話きたぜ;;」

藤川「すみません;行動も猿なみなんで許してあげてください…でも悪い子じゃないんです」

俺「藤川さんがそういうならまあ…」

蛾「いい姉妹ですね 胸が熱く…なりません」



募集欄を見て

俺「三元さーん、誘われるかね?」

三元「かれこれ2時間だしてますけど一向にw」

俺「暗殺も僧兵時代の大寒波だなー」

三元「軍学さんほどでは^^;」

俺「ぎゃふん><」


両替前にて

読者の人「ブログ読んでます。コロッケください!」

俺「毎度ありがとうございます!コロッケより時代はメンチカツですよ!」

読者の人「そうですか!これからも頑張ってどうでもいいネタで笑わせてください^^」

俺「頑張ります!ところでこの会話もネタにしますね^^」

読者の人「げぇ!張飛!!」



小田原 花鳥風月にて

俺「モモは8年前からほんと変わらんな」

モモ「破戒僧兵からだもんなぁ、凸さんとは まだ学生だったな私は」

俺「可愛い奴だ ちゅっちゅっしてやろう」

地獄突は除名されました



というわけで今週もダラダラいってみますか


出張×脱腸 一門移籍 また会う日まで

鍛冶屋のゴメスは脱腸だ。俺は白夜に出張だ。
といってもヘルシンキに行くわけではない。


実は、東西のどさくさまぎれに【悠久】一門を離反、そして別一門に移籍した。

誤解のないように言っておくが、別に喧嘩したわけでもなく

経緯は簡単である。悠久は人が多く手が足りてる。
故に一門クエに関してアクティブに参加する必然性もなく、俺はあまり達成の報償に興味がないのだ。
そんなわけで一門クエは気が向いたときにしか出ない俺なぞは一門にいてもあまり意味がない。
というより必要性はない。
必要性の有無で計るのもあれなのだが、とにかく他一門を見てみたくなったというのもある。

よくよく考えれば、悠久一門の発起人は俺なのだが、命名はタツヲとザクちゃんだっけか。
しかし2垢も多いとはいえ90名を超える一門になるとはついぞ思わずである。
まあもとは私設が母体だからほとんど知人なのだが、最近ではザクちゃんのニコ動画配信に触発されて
復帰を決意した人達も一門に入って来ている。

今回の件は昔からなじみの友人の蛾さんに誘われ相成ったのだが、初めはさすがに躊躇した。
しかし、聞けば【白夜】は蛾さんが筆頭をゆずられてから、クエの人手を集めるのがかなり厳しいとのこと。
それでも秀吉を終わらせているのは大したものだ。

じゃあ、とりあえずお試しにて、一門で埋もれているツカさんや僧兵の夏さんも誘って移籍を決意した。
移籍したとは言えお互い水に合う合わないもあるので、先のことはまだわからない。

どっちにしろ、悠久とも私設@@で昔馴染みとは繋がっているからあまり変わらないのだ。

ということで【白夜】の地獄突が誕生したのである。
んちゃ!よろしくお願いいたします。

ザクちゃんは絶対帰ってきてねと寂しそうに言い、かずにゃんはさみしいよおと泣く。
しかし、かずにゃんと一門クエで一緒になったのは数回しかねーぞ。私設で同じだから全然スタンスは変わらん。
コロッケは反対だー!とわめき、壬生さんや北斗さんは^^だけであった。木乃に至っては”ふむ”だけである。この野郎。

しかし、考えてみればだ。

足りない人手を助力で補うとしたら、一門同士の共通のネットワークがあれば、よりクエ達成は楽になる。

何より【悠久】は人が多く、割と何もしないで放置&待機者が多い。
【白夜】は逆に人手がたりずなかなか2徒党などを編成できず、人員確保に四苦八苦してる現状。

この2つの一門を繋ぐ橋に、俺やツカさん夏さんなどがなれれば、もっと面白楽しいような気がしている。
どっちも人材に関してはベテラン級もいるし、悠久は発展途上の人も多い。

ちなみにだ。

【白夜】に移籍を決定した次の日だが、部屋の掃除をしたのだ。
前にどっかのバーでもらった青紫色のライターが出て来た。

見てみると白抜き文字で【白夜】と書いてあった。これほんと。まじのまじ。
これには思わず吹いた。なんちゅう縁とシンクロ率だよまったくー。

やはり何かしら因果があるんだろうな。と、思わずにいられない。

白夜にお邪魔して思ったのは、一門それぞれに特色があり、やはり文化と言えばいいのか、
当然悠久とはまったく違う。
どっちかっつうとプライベートな話題が多く、悠久のように信内の話題は多くはない。
仲のよいサークルのような雰囲気だ。
筆頭、補佐を中心に散漫にならずによくまとまっている感じがした。
これは人数があまり多くない事も大きいのだろう。

ひとつだけ難点がある。

新規加入もあるが、多分、白夜にいる以上一門では俺は下ネタが言えないことだ。
いや言えるのかもしれんが、なんか言えない。言える雰囲気ではない。恥ずかしい。
悠久では言える。新規の人がいようが誰がいようが関係無い。

しかも、ボスがだるくて要請されたときはいかねえと意地を張り、俺は誰の指図も受けん!と公言することもあった。まさにハルク・ホーガンのいちばーん!である。今ではただの我侭オヤジにしか見えないが。


まあ、とにかく別一門はだ、正直やはりなかなかに肩が凝る。
普段、私設で言いたい放題言ってる俺とはまさに俺は別人だ。
まったく違う組織に入るなんてことは、長年信をやってきて初めてのことだしなあ。

それだけに新鮮でもあるが、やはりまだお客さん的な感じは当分続くだろう。

とにかく、借りて来た猫状態ではあるが、何かしら役に立ってると言う充実感が得られればそれでいい。
ツカさんもそれなりの緊張感をもってるらしく、昨晩の一門での小田原1のクエは寝落ちはしなかった。

さて【悠久】と【白夜】のコラボレーションを夢見て、今日も今日とて疾走する俺なのであった。

しかし、東西戦の混合戦って盾すくなさすぎだぞ。巻き込まれたらほとんど俺の盾1じゃねえか。
まきこまれてニャベシマの猫玉ゲットしたけど、特殊攻撃が軍学降りだとチョウヨエーつかえね。

あとレベル1の忍に沈黙くらった。知力530でもだ。ぬるぽすぎる。これ混合戦はレベル1で遊んだほうがよさげだぞ。
だから光栄はやりすぎやっちゅうねん!

てなわけでな。

今週もだりかったなー。寝苦しいしよー。
ほいじゃ良き東西戦を。また来週!


まっ、いいか

CSDEFGTF

泣いているのはかずにゃんである。
それをモニター上で眺めてくつろいでいる俺。

昨晩の東西でワールド対抗戦で直江からアイテムがでた。かずにゃんの神通がゲットしたのだが、
その後はもうNに絡まれまくりで、丹はきれるは疲労は80とかだわ、戻ろうにももどれず孤立無援でだるいことになっていた。

かずにゃんの神通が割れてソロになりアイテムを奪われる。
その時の様子だ。

俺はもうさすがにだるくて、酒飲みながら眠気に耐える。

ポイントはNをやりまくったのでゆうに1000を超える。とにかくだるかった。
景品もなんかしょぼいのばっかでいまいち心が惹かれない。

党首の三浦は武将も対人もやるきは無く、こちらはただのN狩りと乱戦で遊ぶ適当徒党だったが
対人徒党が意外と多かった感じ。

─しかし

なんか興醒めなのは、お祭りの東西でさえ音響とかガチ徒党多くて粋じゃないなあと感じる。
俺が勝敗なんざどーでもいいと思ってるからかもしれんのだけれど。

まあ使えちゃうようにしてる光栄の問題ではあるんだが、昔は忍7とか巫女7とか面白いネタ徒党で遊んでいた人達が多くてまさにお祭りって感じだったのだが、鯖対抗だとやっぱこんなもんなのかな。
見ていて必死すぎる感がある。それはこっちもあっちも同じことなんだろうが、お祭りぐらい空気読めよと言いたくなる。

叩き叩かれ、おっ???と思える対人構成だったら、粋だねえやってるねえと思えるんだが。
しかも対人やるメリットがないんだよな。今回は特に。
報酬がよけりゃ進んでやるんだけどいまいち盛り上がってこないし。
進んでネタ徒党を作るモチベもいまんとこない。

混合戦のがまだましかもしれないので本日はそっちにいってみるか。

長年ずっと東西をやってきた感想は、やはり初回の東西の盛り上がりで終わってた感がある。
プレイヤーのスタイルの問題もあるだろうが、祭りはやはり粋に楽しみたい、しかしもうそーいう時代じゃないのかもしれんね。
というかそーいうプレイヤーが極端に少なくなって来てるんだろう。

開発も初心に戻ってもっとシンプルにすりゃいいと思うんだが。
信にゃが軍団とか意味分からんし。

まあでも、長く続けて来た惰性もあるし初日はこんなもんかというぐらいには遊べたからいいか。
もう最後はこれで〆ちゃっていいよな。


まっ、いいか。

真夜中のストライカー 三浦

二日続けて三浦の話題かよ!

と、思う近親者もいるだろう。
うるせー、ネタがね-んだよ。

大体、三浦って誰?とか普通に思う人も多いだろうから、あえていっておく。

三浦は仙論、武士道、医術を持つている。主に稼動率が高いのは武士道だ。
最近2垢にしてカブキを育てているらしい。
第一回の東西戦でランキングに入ってるという、なんだかんだ言ってベテランというか老害というか。

まあそんなもんだ。だからどーしたと言われたら、どうもしないんだがとにかくそうなんだ。

三浦は親しい女性からは、【かずくん】と呼ばれているそうな。
三浦でカズとくればキング・カズ。そう、あのJリーグ創設時から日本サッカー界を牽引してきたカズである。
三浦も俺も世代は同じカズ時代なので、思わずバモラァ!と叫ばずにはいられない。

俺も昔は「凸君♡」とかよばれたものだったが、いまじゃトッツアンになってしまっている。
かくも時の流れは残酷であるか。

三浦の通り名はタイトルの通り【真夜中のストライカー】だ。
中日のリリーフエースだった牛島がPM8:30の男と呼ばれていたように、三浦も0時を過ぎると狼に変貌する。

DURANDURANのハングリーライク・ザ・ウルフが奴のテーマ曲だ。
ストーンズのラヴ・イズ・ストロングも悪くない。

奴の節操のない下半身からくり出されるグラインド攻撃は女性を羽化登仙の法悦峡に誘うと言われる。
しかし実はシャブでもくわせてんじゃねーのかなと怪しんでもいる。

奴はお目当ての女を堕としたとき、伝説のカズダンスを誰もいない甲府神社の裏で踊るらしい。
だから真夜中のストライカーなのだ。




さて…


ここまで書いててふと思ったことがある。

俺はもしかして三浦を…


おえーっ!ねーよ。


んじゃ昨日の続きな。しっかり読めよ。



三浦物語 後編

10gif
11gif
12gif
13gif
14gif
15gif
16gif
17s





三浦はこのあと、この嫁と子供を捨ててフィリピン女と海外逃亡した。
そして日本に一人で帰って来て現在信オンをやっている。わろす。

人の運命はどう転ぶかわからない。

しかしよ。転びかたは自分で決めるもんだ。そうだよな三浦。
誰を恨むのでもなく、運命を呪うのでもなくだ。三浦よ永久に。



そういえば、昨晩、私設で徹(あいす)の娘の名前をみんなで考えていた。

俺のいちおしは

谷津 ドラゴンクエスト/谷津 横浜で別れた女/谷津 琴波/ 他

究極はもう絵文字でええやんということにした

谷津 (*-∋-) とかね 





────しかし


娘が大きくなって昨晩の私設ログを見せたら、ぜってぇ徹は子供にぶち殺されるな。

それだけは間違いない。

うん。間違いない。








すけこまし三浦の裏の裏

すけこましとは女たらしの意である。
武士の三浦はすけこましである。
両刀のくせにほんとにとんでもない奴である。
女がいなければ生きていけないのである。渡哲也に謝れよと言いたいような奴である。

そんな三浦の毒牙にかかった女性は多い。
初めは蜂蜜のように優しい言葉をかけながら、徐々に本性を現して飴と鞭で女を手名付ける。
まさにヤクザのやり口だ。
涙に暮れて日日過ごす。ああ、たれかある遠方にみゆる朝ぼらけ。
と、なぶられた女性が歌を詠んだとかまことしやかに噂はながれ、生々流転に行き着く先は
京の郭の色地獄。閻魔も恐れぬその所行。
誰か天誅をくだされたし。

とにかくリア美の方は十分にご注意めされたい。
そんな三浦の過去を暴く第一弾。奴は平戸という偽名を使っています。

つげ義春作:運命より引用


三浦物語
DWSE2
SDFCSDG
DFVDBGH
XDVSDB
FGFDFXHBFD
POOIHJKGJ
FDBVSDFBGGG
XVDSDFBSSTTT
SSCDSVVVVV


心中をはかった三浦夫婦の運命や如何に。

本日はここまで。



ぶらり途中野良の旅

tyhtdy,km


野良で幸村討伐に参加した

たまには野良に出てみようとふと思ったのである

結果から言っちまうと一発で激破できたんだが、やはり能楽の力がかなり大きかった
あそこでダメカットの奥義がなければ壊滅していただろう
にしても一発激破できたのは初めてだ それもまったくの野良徒党で

あとはアルゴ運もあり 沈黙の霧が一回 秘薬が一回だけだった
途中で順調だろうがあの一発で崩されるので、ヒヤヒヤしていたが杞憂に終わる

武士、軍、鎧、召喚、神通、能楽、鉄 の3盾構成

ありがたいことに40武功も頂くことができた

与生気、転生、囮等の待機スタッフの迅速な対応も忘れちゃいけない
縁の下の力持ちのサポートによって徒党の勝利は支えられる
それを忘れて、俺たちつえーとかはない

徒党の雰囲気も終始和やかで楽しい人達ばかりであった 
そんなことも運を呼び込んだのだろう

開幕からの4への討伐指揮がかなり使えることがわかった
盾3限定でしかできないだろうが、試させてくれたことに感謝したい

一門としてクエ達成の手伝いができたこともはからずしも僥倖だった
全員組んだ記憶のない人達ばっかりだったので新鮮でもあった(少なくとも俺の記憶では)

クエ突破おめでとうございましたと俺の下半身に爽やかな風が吹いた

下半身は関係なかった 失礼

俺はほんとに野良運がかなりいい 機会があればまたあんな人達とご一緒したいものである


さて、織田の綾が同盟になったので、一緒にあそべるねぇと喜々として対話してきたが

バカヤロウお前は固定だろうがーとつっぱねる 
たまに野良にでるそうだが、あんなんで野良いって大丈夫なんだろうか

そもそも織田と同盟って色々外交が動いてるんだなと、武田に所属していながら門外漢ぶりを実感する

来週はあれか

東西戦かー

さても時が経つのは早いもの 東西が終われば夏はすぐそこだ

バリバリ伝説の秀吉の言葉を借りて言おう

夏近しや

じゃ、良き週末を






替え歌にはまってます

なんか間違えてプライベートモードになってたぜ@@

俺自身もパスわからねーから見れなかったという 

ぬるぽ

んじゃこんな感じで








原曲
Bottom Line
歌:レベッカ


画面の前じゃ やられてる側が
ニートと連呼してるわ いつだって
ゲリラの仕様もなれた この頃じゃ

囮およがせて (Wo Wo…)
きれいごとだけじゃ やってられないの
アウトロー 気取りの 野良じゃないわ

※Keep the Bottom Line
徒党の党首は 赤出してるだけじゃ
意味もない無口な Soldier
Keep the Bottom Line
あいそ笑いを 覚えたけれど
本当のクエはできるの※

袋の付与が 変わったねなんて
頭の装備 染まったねなんて
逢うたび いつもあなたは言うけど

いいかげんにしてよ (Wo Wo…)
夢は見てるけど おいしい出会いなんて
乗らないわ そんなに バカじゃないよ

△Keep the Bottom Line
ガチしばる構成を ゆるめりゃ自由に
なれちゃうこのクエは danger
Keep the Bottom Line
いつだってギリギリの すまし顔だけど
本当の廚も知ってる△


たまに聴くとやっぱいいのう



厄災のジレンマ

offfffff

小泉八雲を読みたくなった。

そしてふと想うとこあり。


昔からネトゲをやっているとよく聞くことなんだが、
カップルで同じネトゲをやっている場合、大別して2つのパターンが存在する。

ゲームではほとんど絡まないカップルと四六時中一緒にいるカップルである。

そこそこ年齢が高い夫婦などは、双方勝手に行動している場合が多い。
同じ一門に入っていたとしてもまるで他人のごとくだ。

若いカップルなどだと、どちらかがある特定の異性であろうプレイヤーと必要以上に仲良くしていると
必ずトラブルの火種となる。

いや若いカップルに限らないわけだが、とにかくこれはゲームの中の仮想現実空間ですら日常茶飯事で起きるものだ。


ラフカディオ・ハーンまたは小泉八雲の物語の一節にこうある。

女はそうは思わないものなのでございます。

これは陰惨で哀しい物語の〆の言葉であるが、簡単に概略を解説すると


将来を誓い合った若いカップルだが、娘が流行病で逝去してしまい、
若い男はお家のこともあり、後添えの若い娘をめとるところから悲劇が始まる

娘は死ぬ間際に私が死んでも一生嫁をもらうことのなきようと念を押す。男もそのときだけは本気でもらうものかと答えるのだが、時も経てば人の心はうつろい変わる。

かくして男は嫁をもらうのだが、約束を交わした娘が化けてたたり、後添えの嫁を引き裂いてしまうのである。

客観的に見れば、たたられて殺されるのは約束を破った男のほうであろう。

と、八雲は語りべの者に問うのであるが

しかし
鹿

しかし 
女はそうは思わないものなのでございます。と語りべは言うのである。

古今東西、女とはそうしたものであると〆られている。

理屈じゃないのである。スタンドアップヴァンガード、エポナにライドしますである。

そこんところを、かずにゃんに聞いてみると、

どっちも許さない!旦那が浮気したらxxxxxxxxxxと怒気を込めて興奮していた。

多分、どっちもじゃなく相手の女を憎む比率は80%であるだろう。

どうせ、優しくされたら

「ごめんね;私,○○君のこと誤解してたみたい…」とか言うに決まっているのだ。間違いない。

惚れた弱みか情が深いのか。女の情の怖さを舐めると怖いことになるという見本だ。


三浦などはこれを聞いて、玉がちじむほどびびっていた。

「オラやだもうやだー。女なんかはこりごりだ;」と泣きわめくので、

「それでゲイに走ったか。武士なのに」と我ながら巧いことを言ったが華麗にスルーされた。

とかくオフなど男女交えて活発にやっていると、その中でカップルが誕生するのはごく自然のなりゆきだろう。

しかし、リアルと仮想を混同して脳内暴走をすると非常に残念な結果に至ることも必定だ。

お互いが気持ちのよい"距離感"を保てる仲間が良き仲間と言えるだろう。

衝突もあり誤解も怨嫉もありは異性間に限らずあるが、ネトゲの世界はつくづく縮図でもあると今さらながらに感じる。


唐突だが、プロレスラーの小橋健太が演歌歌手・みずき舞が結婚の記事をみつけた。

もう10年以上も前になるか。あることで知り合った人と雑談をしていて、小橋健太が小さい可愛い彼女を連れていたのをある店で見たと話していた。

あれからもう10年以上経っているが、14年もつきあっていたというから驚きである。

小橋健太は、負け惜しみや悪口やデカい口を叩くなどということは一切無縁であると書いてある。
とにかく練習の虫で語るより不言実行の人であるというが、俺と真逆の人間であることはよくわかった。


まあそんなんはわかりきってるからどーでもいいか。


さて、信のことだが、昨晩は僧兵65ーズのクエでも手伝うかと待っていたのだが、インしてこないので
しかたなく別動でまっくとこももの逢魔の火雷と大雷を手伝う。

神典の西さんも暇そうにしてたので参加してもらうが、とにかく攻撃力がっぱない。
気持ちいいくらいに敵の生命が減り、どちらもなんなく一発撃破。
極楽まんせー時代が懐かしく思えるぐらいだ。

そも神典と組むこと自体が少ないのだが、西さんなどは神典の可能性を期待させる一人であるだろう。
何より信オンを心から楽しんでいる。

うーん。うらやましいことだ。

ちと、今週末より仕事の都合上来週まで稼動がきつくなりそうである。

はてさて、どうなることやら。


年月の刻印

月日は無常である それは誰しも訪れる


kunoichi







Yo! 起きてるか 寝落ち神主 応答しろ
SUIKEN S-WORD
除名 晒され 覚悟しろ
未だ起きねえ CAUTI0N!!
今日はどう 断ろうか 中華の対話
SUIKENじゃMICROPHONE CENTER
DOPE RHYME VENDOR
暴言 猥談 浣腸 ENTERTAINMENT
真紅の電波 葵雪月花
全鯖じゃLEGEND
巫女でPLAY BOMBするコスプレ
どこでも晒しちゃえ 2CHネット
TO NIGHT DA NITRO BAD BOYS

(S-WORD)
からMAAAD ヤサグレ2MC
SPINING S-WORD ON DA MIC FEED BACK!!
すーだらと RAID ON AND RAID BACK!!
これが日出ズルSTYLE FEEVAA!!!!
毎度 おかまいなく晒すFREELANCE MIC
雇われ与生気 生意気な党首
死にさらせ未知なる 今、マリシテン!!
譲らぬ信念 看破しねえSAMURAI
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!

<Hook>
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
日出ズルSTYLE さあ BREAK DOWN!!
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
レペゼン ZIPANG STYLE WILL NEVER DIE!!

(SUIKEN)
文句なく HIGH 振回した棍棒
小田原でFIGHT(FIRE)放置する3rd EYE
爺いの案内 ほこり高いInI
野良無頼 群れない 無駄に吠えない
報われないDEAL 助力STYLE
引き受けた助力 こなす毎回
ネラーが知った アイタタなSTYLE
S.A.M.U.R.A.I

(S-WORD)
斬る!! KILL IZ LOVE IZ KILL!!
ILLなヌンジャを たたっ斬るSKILL!!
笑うために まず相手を晒す
叩く STILL HARDCORE ヤサグレたREAL!!
巨乳の谷間に 廻り舞い降りる
永久に名を残し 瞬き<CHILL>
釣られるたびにファビよる ブッ飛んだSTYLE
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!

<Hook>
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 知っていたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
日出ズルSTYLE さあ BREAK DOWN!!
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
レペゼン ZIPANG STYLE WILL NEVER DIE!!
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
日出ズルSTYLE さあ BREAK DOWN!!
SA MU RAI ORIGINAL STYLE!!
だいぶ前から 晒されてたSTYLE!!!
BOMB LINE 鍔迫り合い
<WE GOT CHA MIC!! 切り開け徒党枠>

オンラインの向こう側

オンラインの向こう側に透けて見えるプレイヤーのリアル

信長の野望オンライン真紅鯖アイドル候補生のふぇいふぇい(召喚)の真実を暴く!


OLのふぇいふぇい

vfd

wdefre

hgjgy


ふぇいふぇいは奈良よりエジプトに行きたいらしい

奈良のセントク君きめぇしなあ でも鹿は可愛いぞ

一門のザクちゃんとかずにゃんはディズニーランドに行きたいらしい

どうして女ってのはあんな糞だるいとこにこぞって行きたがるのか

我々男には理解ができない


昨晩は道満、大雷、火雷とハシゴしたが、軽減もなく極楽も使わず奥義もいらなくなってる
小田原が如何にだるいかがわかる

ツカさんは雫ギャンブルをして全財産が19,000貫になっていた
まあ石をうりまくればすぐ取り返せるのだろう
しかし30分もトイレに入って出てこないのは如何なものかと思う

内蔵までひりだしてるのかよと言ったら

「普通だろ」と当たり前のように言っていた

普通じゃねーよアホか


関係ないけどマイケルの真似 ムーンウォークをしてちょっと足をくじいた

つくづく歳だなと思ったわな






ビートル・モモ

cxv

「買っちまえよ。今は中華が微笑む時代だぜ」

そういってRMTをしろよと草摩モモに囁く凸。廃装備に心を奪われていたモモの心は激しく揺れる!

「一回だけなら…」そう言ってモモは禁断のパンドラの箱を開けてしまった。

モモは中華に魂を売り渡した代わりに、貫ストという戦国時代の富を手に入れ悪魔の牙城を築く。

「ヒャハー!俺が最強だぁ!!」

数年後、草摩モモは全鯖の伝説となり遂に百科事典にも載ることになった。



dedededede



というかカブトムシに分類された。

おしまい。



てめー、中身はバイト君かよ

PIKOM

幸せうさぎの可愛さは当時異常だった。

それはともかく、連日、暇なので道満に行っている。

一昨日は壊滅しかけながらも一発で倒す。

昨晩、僧兵さんの手伝いにてまた道満。一回目に開幕から3連続沈黙の霧。

なにこれ。道満はかなりの回数やってきたがさすがにこんな糞アルゴは初めてだった。

当然壊滅、ハイハイワロス。中身はバイト君がいるとしか思えない。

2回目はすんなり倒す。なんだったんだあれは。

私設に「ふにゃちん」というキャラが現れた。

中身はいつもの奴なのだが、名前がなんか妙に可愛く見える不思議。

「これはひどい」と私設員が口々に言う。そんなブーイングも暖簾に腕押し。

ふにゃちんは俺に所作を送って来る。うぜえ。

しかも男侍である。男侍でふにゃちんと超つかえねーと言うと

「耐久は10ふりだぜ。ふふり」とか抜かしている。

このアホなパフォーマンスももう風物詩だ。

今日は何やら蒸し暑い。蒸し蒸しするのでソーメンだな。

でっかいカチワリ氷をちょっとくり抜き、ソーメンをいれて天然水の冷水を流し込む。

薬味とタレを用意して、冷えた豆腐にショウガをのせる。

傍らにはキンキンに冷えまくったビールとさらっと茹でて塩をまぶした枝豆。

ああ、よくぞ日本人に生まれけり。

しかも安上がりなんだよなあ。大量に作ると死ねるけど。


そんな晩酌を思い浮かべながら作業を止めて夢想中。

藤井さん、今年こそはまた一杯いきますか。





















入る一門を間違えた場合はひたすら踊れ



踊る阿呆に見る阿呆。

同じアホなりゃ踊らにゃ損損。

一門のトラブルはやはり人と人。とかく集団になると人は争う生き物だ。

仕様がどうこう言っても結局は人である。
仕様ごときで険悪になるような脆弱な人間関係ならはいそれまでよだったなと笑い飛ばそう。

俺は考えた。うっかり自分に合わない一門に入ってしまった場合はどうするか。

答えはひとつだった。

DESEWE

FGHUYJ
CVDFNBFH


と、一言いって去りましょう。

ちなみに藤井さんの筆卸しは川崎のカンカン娘のメーテルさん(源氏名)らしい。

俺はプロメシュームさん(源氏名)でも指名したいとこだ。





水を食う

cdesser


朝っぱらから脈絡もなく重い話で恐縮だが、このところ頻繁に悪夢を見る。
最近一番きつかったのは、こんな内容だ。

高層ビルを縫って一本の細い道を俺が歩いている。幅は1mあるかないかで、下を見ると目もくらむような高さ。
車がいて人がいて日常が動いている。
その道を普通に歩いていくといきなり目の前に下着姿の女性が後ろ姿で現れる。
そしてなんと振り向きもせずにいきなり下へ飛び降りた。

うわっ!と思って俺はその場にへたりこむ。下を見る勇気もなくグチャッと鈍い音がする。
俺の前でやってくれるなよそんなん…とつぶいやいて前に進む気力萎えたところで目が覚めた。

どうだろう。こんな悪夢を見て一日がスタートするわけだ。

夢を覚えているのはあまりよくないことだと何かに書いてあった気がするが、最近の悪夢はインパクトが強すぎて
大概覚えている。

これは、深層心理学において、心的な欲求の調整と葛藤への対処過程が、意識的な日常経験や行動の基礎に存在するということらしい。

とか、小難しいことをWikiなぞで調べてみるが、理屈的にはなんとなく理解ができるが、やっぱりよくわからない。
しかし、俺的には楽しい夢より、悪夢から覚めたぬるい現実のがまだ救われるなという楽天的な思考を保っているので、あまり深刻に考えてはいない。

それより、これはまじで何かのネタにしたらすげえ面白いのではないかと、夢の断片を思い出しながら再構築するのだが、ほとんどは支離滅裂だ。ストーリーテリングなぞできようもなし。

マウリッツ・エッシャー が暗闇の中で見たものをあなたにも見せることができたらと語っているが、まさに俺の見た夢をそのままビジョン化できたらどんなに面白いだろうと思う。

とにかく、そんな悪夢を見たところで陰鬱に浸っている暇も無し。日々稼いでで食わなけりゃならん。

腹が減ってりゃろくなことは起きないのでまずは食う。

美味しんぼの中のエピソードでご存知の方も多いとは思うが、僭越ながら引用してちょっと語らせて頂く。

一杯の良質な水を飲むのが、朝一番のご馳走だと海原雄山が言う。わかる。九州の高千穂から車で20分ほどに
熊本側に隣接した染野という村がある。生まれ故郷なのだがそこの水は本当に美味かった。
身体中の毒が浄化されていくような感覚。まさにトリコじゃないが細胞の一つ一つが喜びで呼応するのがわかる。

それほど美味かった。さらに上に登れば竹田という良水で有名な地にもいきつく。
イゴと呼ばれる清水を溜めるところがありそこから汲んで来た自然水はとにかく美味い。
田舎に帰省したときは水が一番のご馳走だったのを鮮明に覚えている。

藤井さんのところに遊びに行ったときも、下田の自然水の場所を親切に案内してくれた。
美味かったが、やはり申し訳ないが、九州の田舎の水には適わない。
もちろんそれは俺が九州で生まれたからであろう。身土不二の原則しかり、水に合うとはよくいったものだ。

水を食べる。

まさにこの言い方が正しいように思えた。

朝はいい水をアイアン・キングのようにがぶ飲みをしたい。
顔を洗うのも風呂に入るのもインスタントラーメンを作るのもオン・ザ・ロックを作るのも、いい水を使うのは全然違うはずだ。

育った静岡も水はいいほうなのだが、やはり九州の水である。
いい水を飲めば俺の悪夢もおさまるのではないのか?と思うのだが、さてもまだ九州の片田舎で隠遁を決め込める身分にはほど遠い。

信をやりながら、腹が減ったのでインスタントラーメンを作ろうと思ったが
やはりめんどくせーのでヤメて酒を飲んだ。

さてちょいと最近の所感。
人が人と対峙しながらやるゲームはどんなものでも
諸事情あり、温度差もあり、情熱の差異もあり、スタンスの違いもあり。

人間がやっているのだから様々な問題が出て来る。
些末なこと、行き違いやら勘違い。憤りやら噴飯やるかたのない衝動。
それらもひっくるめてMMOという世界に生きている我らもののふ。

インすればいつも楽しくできるというわけにはいかんのも当たり前。
しかし、お互いの努力と歩み寄りで埋めていけるものはあるはず。
そこが醍醐味であるし寛容と認識のボリュームがうまく調和すればもう少し世界が広がるはず。

うんざりした時、カチンと来た時などは水を飲む。これかなり最適である。

そんな反省をしつつ、俺はまた信長にインをする。また楽しからずやだ。




提案僧兵

lij;igvfxxf

昨晩も私設ではミヤビンのナイスなシベリアン・ジョークが飛び交った。

それを尻目に、じごく凸の凸子が野良での悪戦苦闘を私設で伝える。

実に楽しそうだ。

さて、この前、暴走君の刀鍛冶のドーマ3雷を手伝った。ドーマンも一回行ってみることにしたが、
2回とも@3~4で壊滅で突破ならずだった。

しかし最近のアタッカーの貫通力はすさまじく45の屁こき虫がそっこーで落ちる。

かずはの僧兵も連れてって~と懇願されたがドーマンなら試してみたいことがある。

僧兵3の構成である。殺陣2で火雷まで倒せる時代だ。しかも武芸や鉄やらで火力押しで試してみたい気がする。

幸い一門には65の僧兵が多い。最近一門に加わった人も65の僧兵である。

ああいう軽いクエなどは、まさかこんな構成でっていうのが面白い。

もう極楽まんせーの時代でもあるまい。

そういえばあるブログを見て秀吉を倒した構成に軍学が入っており鉄板構成ですとの記事あった。

実に嬉しい限りである。なんたって最近はボスは武士!が鉄板になってるところで群の需要価値を認識して頂いてる方もいるのだなあと。

しかし盾としては武士には勝てないんだがな。こうじゃなきゃ勝てないという先入観は俺にもあるが、
こうしたら勝てるかも?というスタンスのもとに頑張っている人をみると応援したくなる。

仕事もそうなんだが、セオリーは大事だが、現実にはそうそうすんなりいかずトラブルも出て来る。
そんなときに切替が早く柔軟な人は対応が早いし、大きなトラブルも防げる。もちろん経験と知識という確かな裏付けがあってこその動きになるが、逃げ出す奴も多いからなあ。トラブルになると。

勝負事はタラレバだから後になったら何とでも言えるわけだが、
別にゲームで何を失うわけでもないので
時間が許せば変則構成でボスをやってみるかなと思った。


関係ないけどFF14って過疎ってるらしいなあ。大失敗だなスクエニ。

あまりに複雑に入り組んだ仕様だとユーザーはついていけんね。俺にとっては11すらも十分複雑だったので、
信をやってみて、なんて単純なんだと感動したっけ。

そんな信オンを讃えるために宇宙ヤヴァイのコピペを作ろうと思ったがすげーめんどくせーのでまた後日。


そんなに好きなら自分で僧兵作れよと思われることだろう。

あいや、それは至極当然の発想だ。こりゃおとーさん困ったなっと。

俺は薬師のセカンドを持っている。全然育ててないがな。そして思ったんだ。


回復したくねえ。


つうわけで俺は僧にも薬にも向いてないということである。

だから軍学一筋である。


僧兵は魅力的だが、僧兵をいじって遊んでるほうが楽しいのである。

ところで僧兵の尼さんて可愛いね。巫女より尼さんを讃えようぜ。

そんなわけで提案僧兵なのである。


うーん。本日の昼飯はザル蕎麦にすっか。














寿司くいねえ

sushuwe



私設の雅さんはガさんとも呼ばれるが、ミヤビが正しい

普通のプレイヤーだったミヤビさんだが、やはりだんだん普通じゃなくなってきた感がある

彼は駄洒落王である

君たちの知人にリアルでもゲーム内でもいるだろう やたらに寒いダジャレを連発するおじさんとかが

例えば 駄洒落を言ったのは誰じゃ? とかもう宇宙開闢以来のエネルギーを発するほどに激寒なシャレを連発する

それが神通薬師の雅さんだ 

俺はもう彼のことをミヤビンと呼ぶ オヤビンじゃないよミヤビンだよ

隣の塀 カッコイー とかそのレベルじゃねえ 聞けば聞くほど脳髄が犯されていく恍惚感がある

しかし、野良で言いまくるわけではなくあくまで知人間のみで彼はその本領を発揮する

強いボスなどで緊張感120%のときなどにミヤビさんが言葉を発すると、自分の中で培ってきた志がひとつずつはじけていく気がする

いくぞー!と言えば  吉幾三! などと全身の力が抜けるギャグを放つ

恐ろしい男である ネバーセイネバーアゲインである バビロン5である

そんなわけで私は駄洒落の語源について調べてみた

洒落(だじゃれ)は同じあるいは非常に似通った音を持つ言葉をかけて遊ぶ一種の言葉遊び。

結構、高度な言葉遊びであり、雑俳の一つとしての「洒落」とかもある。言葉遊びの「洒落」は知識と教養を示す気の利いたものであったとWikiにあるが、駄がついて結局オヤジギャグにいきついてしまうという哀しい現実。

しかしだ

考えてみると、それを言葉にする勇気もなかなかに必要だ

想像してみてほしい みんながある事柄について議論しているときに、誰かがトイレにいってきますと言う

すかさず いっといれ とか言う

まあこのぐらいは普通に言うし、まあスルーもする

しかし脈絡もなく 総統も相当ですな~ とか言ったら

その場はマイナス30℃に凍り付くことだろう

まあこの洒落を笑える人は大概おっさんなんだろうが

総統も相当ですな~(アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の第11話『決断!!ガミラス絶対防衛線突入!!』でのセリフ。「総統も相当ですな~」を笑って言った部下はデスラーに即刻処刑された。

まあくだらない洒落で処刑されてるなら、レッズやミヤビさんは既にこの世にはいないだろう。

ミヤビさんのダジャレのタイミングは絶妙である。酸素欠乏症を誘発し、我々の心に警鐘鳴らす呼び水である。

彼が寒いギャグを言った日は必ず大事件や天変地異が世界に起きている。

ノストラ・ミヤビの大予言とも言うべきか。

さて…

ここまで書いておいて、いまさら感があるんで閲覧をして頂いている方々にはまことに恐縮なのだが…


信のこと全然書いてないな俺 
いや信のプレイヤーのことは書いているのだが、他の方のブログ観ると、攻略・合戦・生産・技能・一門等々についてとかちゃんと書いてるね

俺のブログまったくではないけど書いてない 書けてない 
わーーーーーーーーーーーーー!!!書けない書けない!!




…失礼しました ちと錯乱しまして~



そんなわけで真面目に信について書こうと思う

まず、葵雪月花(コロッケ)がインすると真っ先に対話を入れる これが日課だ
「ちん○! 以上」と言って対話を終わる 実にひどい

ツカさんがいるか確認する 寝てる 安心する

募集を確認する 盾侍の募集がまったくないのでブログでばーかばーか!と悪口を書いてやろうと思うが
あまりに大人げないしイタタタなので自重する 武士限定募集を見ると軍学もわすれないでねっ!と対話をいれたくなる

小田原にいく ロクエモンを連れてうろうろしながら7に絡まれる
ロクエモンを置き去りにしておれは生き延びる さらばロクエモン

土曜日に追加クエの松田救出に成功する 俺は加藤組で出た石が 腕力6 火属性64 かな? なんとなく数値はあいまい 一言 しねよ!と言い放つ

決戦で酒井でフルで@1で陰陽の全体がとおり綺麗に全員壊滅する 
時間がなかったので回復もアタックに加わり無理をした結果だが、
問題は俺がMをいれ忘れた結果であった 何故かMの代わりに援護射撃が入っていたという
あのまま行っても多分時間内には間に合わなかっただろうが、普通に倒せるのに時間制限があると前仕様の大名のように時間ぎれで倒せずというのが哀しい

さて、ちょっと業務がかなり無茶ぶりなものを放り投げられて頭を抱えている次第だが、
俺はこれしか能がないのでしかたなすとあきらめて仕事をしている
しかし自らがコントロールできる業務ではあるので多少楽だ

極真をやっていた時に、白帯の頃、上段の後ろ回し蹴りをやってみたことがあるが(若いころね若いころ)、師範クラスの人に注意された
「自分がコントロールできない技は使ってはダメです」と言われたことを思い出す

なんだよ~ うまくできたから褒めろよ!とか傲慢にも思ったことがあり ガキだったなぁ

今はそれが仕事上ではできるので気楽は気楽だが、昔だったら青い顔しながらどうしようどうしようと頭を抱えていて会社にも行きたくなかったろうなあと考える

そう思えば歳をまったく無駄にとったわけではなかったなーなかったんじゃないかな?と驕慢な勘違いをしてしまうのである ふふふ

さて、本日はミヤビさんからどんなダジャレを聞かせてもらえるか
すこぶる楽しみである 

そして本日の昼飯は刺身定食にするかと考えて、結局立食い蕎麦に言ってしまう俺なのであった

たまにはシースーが食いたいぜ

では今週も頑張っていきましょう


 

バカやろう

baka

昭和のギャグの巨人、赤塚不二夫はこう言い残したのだ。

立派な馬鹿になるのも大変なのだ


しかし、こんな漫画を掲載していた当時の編集部も凄いと思うのだ。

ネタがないな。金曜日だがこれでいいのだ。


あいすに一言。

強くなりたきゃバカになれ1、2、3ダー!


とにかく週末もバカになって遊ぶのだ。

哲学者、藤井さんの格言をみんなに教えとくのだ。


座って半畳 寝てティンコ


ではまた来週なのだ。


↓漫画の続きなのだ

続きを読む

夏近し

DERSE


コロッケ「夏が熱くなるな」

俺「ああそうだな」

コロッケ「僕は自重しないことに決めました」

俺「そうか」

コロッケ「後悔はしても反省はしない。古神の王に俺は、なる!」

俺「そうか」

コロッケ「悪気しかありません」

俺「そう言えばお前、最近、妙な固定ファンがつきつつあるようだな」

コロッケ「YOU!のせいだYO!」

俺「人のせいにするのは感心せんな」

コロッケ「100%YOUのせいです。本当にありがとうございました」

俺「こうなったら、野良に咲くミコッティとしてキャラを確立したらどうだ」

コロッケ「晒されますね」

俺「失うものがあるのかお前に?」

コロッケ「ありまくりですこの野郎」

俺「ふむ。じゃあ俺がプロデュースしてやろう」

コロッケ「夏に向けて綺麗な巫女改造計画ですね。わかります」

俺「初音ミクを凌ぐアイドル巫女になれるかもな」

コロッケ「ならねーよ!」

俺「何が受けるかわからん時代だ。以外にデブ専業界とかには受けるかもしらん」

コロッケ「背が高いお姉さんは嫌いですか?」

俺「もう少し小さく設定すりゃいいだろに。でかい巫女とか普通ねーよ」

コロッケ「オリジナリティは大事ですよ」

俺「ともかく夏も近いが東西戦も近いな」

コロッケ「今回は1週間しかない」

俺「1週間で何ができるか、だな」

コロッケ「あえて何もしなくていいのでは」

俺「実際、真紅のナンバー1アイドルって今誰なんだろうな」

コロッケ「F様だろうJK」

俺「アイドルの辞書を100回引き直してこい」

コロッケ「烈風のなの~♪以来、強力なアイドルはいまだ出現していないだろう」

俺「お前がなれ」

コロッケ「無理すぎて(ry」

俺「じゃあ俺がなる…冗談だ」

コロッケ「ぬるぽ」

俺「アイドルってのは、その人の銘がついたら高値で売れるとかないとダメだな」

コロッケ「僕の生産品もある意味貴重ですよ」

俺「俺はまず生産しないから銘なんぞに興味は無い」

コロッケ「ひゅ毛毛とかモネホケキの銘だったら欲しいな」

俺「まったくいらん」

コロッケ「ツンデレ凸!」

俺「ともかく東西戦が始まるんだよな」

コロッケ「今年も儲けるぞー」

俺「東西戦で儲けた奴なんざいねえ」

コロッケ「キラッ☆」

俺「長年に渡る俺の広報活動が実を結び始めたのはいいが、もっと突き抜けて欲しいとこだ」

コロッケ「YOUがこのブログで晒しまくるから、拠点でも知らない人から【コロッケさんここお願いしますね^^】とか言われたぜ」

俺「いまさら葵さんとかもねえだろう」

コロッケ「まったく知らない人から言われたのでびっくりしたのさ」

俺「嬉しかったか」

コロッケ「胸が熱くなった」

俺「小田原の幸村では相当まいっていたな」

コロッケ「上位技能がほとんど使えません」

俺「それで問題ないだろ」

コロッケ「神気撃でハメ殺したいんです」

俺「合戦なんかでカミシュならまだしも、巫女にそれやられたらマジギレしそうだな」

コロッケ「天才ですから(キリッ」

俺「とにかくコロッケファンクラブができるまで道は遠いな」

コロッケ「ありえない妄想はシュタインズゲートっすよ」

俺「あれ面白いよなぁ。あれと銀魂をよく観てる」

コロッケ「アリアも観てよ!ゆっくりしていってね」

俺「そうだ!お前のアイドル名を思いついたぞ」

コロッケ「シェリル・ランカ葵とかですか」

俺「コロッケ巫女(仮)とかは?」

コロッケ「僕は電話レンジじゃありません。そこに痺れないし憧れない!」

俺「(仮)がいいんだけどな」

コロッケ「そもそも(仮)の意味が不明ですね」

俺「だがそれがいい」

コロッケ「で、夏の話じゃなかったのかいってばYO」

俺「脱線したな。そうだ夏の話だ」

コロッケ「サマーソニックっすね」

俺「このまえTUBEって季節労働者だなと言ったら、ヨウツベで季節工の動画を観たと勘違いされた」

コロッケ「ありえませんね」

俺「時代は変わったんだな」

コロッケ「変わらないものもあるさ。それは夏がやってくる事」

俺「夏ってぇのは。毎年やっては来るが毎年違う夏なんだよ。俺たちはその新しい夏をまた迎えるのさ」

コロッケ「かっこいいような事を言ってますが、当たり前っすね」

俺「やべえ自分に感動して涙でた」

コロッケ「精神的ナルシストは死ぬべきです」

俺「ともかく今年の信の夏も熱いぜぇ」

コロッケ「のぶにゃがの夏。日本の夏」

俺「今年は全裸で東西とかいくかな」

コロッケ「せめてパンツは履いてください。誰か来たら困りますよ」

俺「誰がリアルでフルチンで信をやると言った。それじゃ三浦じゃねえか」

コロッケ「三浦さん裸でやってるの?」

俺「ある情報によればそうらしい。奴なりの緊張感を維持する特訓のようだ」

コロッケ「素っ裸で信オンか。胸が熱く…ならねー」

俺「みんなも藤井さんも素っ裸でゲームはよそうぜ。凸りんからのお願いさ」

コロッケ「この番組は、偽善と悪意の凸商会の提供でお送りしました。ではまた明日~」


プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。