スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミシュ イン・ザ・スカイ




ガチガチに縛りゆく 構成を追いかけて

疾走する効率廚 カミシュを蹴って

風に舞う乱射狩り もうちょい能楽増やしたい

カミシュは血まなこ 憎しみ燃やす

Getaway getaway 地の果てまで

要望全部 送り飛ばせ

何もかも 新しい仕様

結果はふりかえらないで



小田原に心を バリバリ食いちらかされて

思わず構成を縛っちまったんだよ

この狭い鯖の中 能募集しかいないような

寂しさかみしめ 胸かきむしる


Getaway getaway 地の果てまで

このターン耐えりゃ 箱はもうま近

強烈な生と死の匂い

浮かれたように詠唱を配る

今この手に入れたんだよ

見たこともない神秘 Yeah!(風65)


Getaway getaway 奴はカミシュ

ひたむきで滑稽な 神職さ

涙は流さないでおくれ

悲しいけど巫女にも勝てない

与生気だけは もうやらない

自分の万均は もう使わない

Let me getaway



全鯖の神主に愛を込めて




スポンサーサイト

チューヤン





俺がその日一門に入ると妙な空気が漂っていた。

「(='ω')ノハイ」

といつものように挨拶をすると、

「チューヤン!」

「よぉチューヤン!」

「チューヤンさん、こんばんわ^^」

「チューヤン!チューヤン!」

と意味不明な挨拶のログが次々と流れた。


ちゅやん


はて?グループ魂のギャグでも今さら流行っとるのかと怪しむ。

まあ合わせるかと思い、おどけて俺は言った。

「誰がチューヤンやねん」

すると一斉に

「↑」のログが流れ、「これだからチューヤンはw」と木乃なんぞに軽口を叩かれる。


「おい…なんだよ…いつから俺がチューヤンになったw」


狼狽を隠しながら務めて冷静を装う俺なのだが、一門員はチューヤンしか言わない。


「おい、チューヤン日和もいいけどそろそろやめねえかそれw

「マダムヤン!」

「チューヤン!」



なんだ…。これは一体なんだよ。なんなんだよ…。俺はチューヤンじゃねえよ。

そもそもあいつ芸能界引退して何年になるんだよ…。今のゆとり世代の奴らなんざ電波少年なんざ知らねえよ…。


「おい、いい加減にしろ!俺はチューヤンじゃねーよ!チューヤンじゃねーんだよ!!」

さすがに激昂した。ギャグも笑えるのは2回までだ。さすがにしつこいギャグは笑いが不快に変わる。


こももが言う。

「……誰だっけ?」

「誰だっけじゃねーよてめぇ!」


なんだこれは…。まんま中村屋の弔辞Ver.じゃねえかよ。

はっ!そうだ私設のほうに入ってみよう。

私設は一門とかぶるけど、凸FC時代からの仲間が多い。
忌憚のない会話を望めるはず。俺をチューヤンに祭り上げた犯人もわかるはずだ。


俺は烈風時代に創設した私設「@@」に入る。

「(='ω')ノハイ」

一門と同じように挨拶する。

メゾさんや壬生さんがいる。

「こんばんわ」

「こんばんわー^^」

と普通の挨拶が返ってきた。

ふぅ…ここはまとものようだなとアンドのため息をついた。

するとザクちゃんが私設にインしてきた。


「ザクちゃーん」

「はひ?」

「聞いてくれよー一門のガキどもがひでーんだよ;」

「どうしたの、チューヤンw」


「……は?チューヤンって…俺チューヤン??」

「うん、チューヤンだよー」

「チューヤンさん、装備渡すよー^^」と壬生さんまで…。


何かがおかしい…。だいたいなんで俺がチューヤンなんだ。

そうか!これは罠だ。巧妙かつ精緻にしかけられた罠だ。

何者かが俺を陥れて引退にでも追い込むつもりか。

敵の思惑にはまったら負けだ。そうは問屋が卸さないぜ。


俺は自分の屋敷に篭って一門員以外にコンタクトを取ってみようと試みた。

まず、F様ことふぇいに対話を入れた。

「おい、助けてくれ」

「チューヤン、どしたん?」

だめだこいつは。こいつも敵の仲間だ。


と、いきなり藤井さんの捨て垢キャラから対話が来た。

「ちんちんしゅっしゅっ!!」

だめだ…。この人は別な意味でだめだ…。


となると信頼できる奴は……と。

あいすの武士道キャラ 谷津徹がいる!こいつは稼働率は全然少ないがノーマークなはずだ。

「おい、あいすー。聞いてくれよー」

「おこんばんちwどしたのー?」

まてよ…。敵はかなり周到で姑息な奴だ。あいすみたいなプレイヤーにも粉をかけてるはずだ。


「おい、あいす。俺の名前を言ってみろ」

「へ?」

「いいから名前を言え」

「名前ってキャラクターの名前?」

「んだ」

「鉄拳でしょw」

鉄拳



「おい…おい、どこがそう見える…」

「あれ?イルカだっけか?」

「イルカ??名残雪か、馬鹿!」

「う~ん猫ひろし?だったかなー?」

「にゃー」

猫ひろし





だめだめだ。あいすさえ取り込まれている。

確認しとこう。

俺は地獄突。レベル65の武田の軍学。ちょっぴりシャイなあんちきしょうだ。

誰だ…。俺の名前を改変させようとやっきになってる奴は。

一体誰が影で糸を引いているんだ。


まさか!


糸を引く。ネバネバする。納豆?そうか納豆がキーワードだ!


となると…。

そうか!奴だ。奴がこの仕組まれたパズルの黒幕か。


そしていきなり対話が来た。

ようやく復帰したかずにゃんからだった。

「ただいまっちょ!」

「まっちょどころじゃねえ。おい、かずっち。俺の名前を言ってみろ」

「ううん?にいにいの名前ぇ?」

「いーから早く言えっつーの」

「ちゅーーやんw」

「………」


俺は怒りに震えながら立ち尽くした。

後のかずにゃんからの対話はまったく覚えていないほどに。


許さんタツヲ。お前がこのくだらねえチューヤン事件の真犯人だ。

そっちがそう来るならこっちも考えがあるぜ。

俺は砂を噛む思いでログアウトしながら復讐に燃えた。


数日後、里にレベル1のチューヤンというキャラが誕生していた。

紹介文には

「勘定奉行におまかせあれ」と書かれていたという。

タツヲはその頃、Wiz Onlineのβに当選して信には一切入らなかったそうな。



という夢を見たような見ないような。

そんなアンニュイな気持ちの月曜日。

三浦の失敗

一門の武士道 イベンター三浦の最近の大失敗を暴露する。



 ,.????-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
  | |  (・)。(・)|  
  | |@_,.--、_,>  
  ヽヽ___ノ  6回チェンジしたらヤクザが来たでござる
                            

意味のわかった人はちょっと職員室に来なさい。


ネタが枯れたので本日はこれにて

良き週末を。にんにん。






身につまされる

最近ことあるごとに年齢というものの重みを感じる。

人間五十年 化天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり

と謳った織田の信やんも、今の時代に生きていたらばどうであったろうかと思ってまう。

wserew

なぜ年齢を聞くの?

なにも女性だけではなく。
男だって、年齢を聞かれるのは
あまり気持ちのいいものじゃないんだ。
女の、そして男の、生きていく姿、
それをすぐ年齢というハカリにのせて
見たがる習慣に、抗議したいと思う。

(右の広告の前半部分を抜粋)
AD:土屋耕一


と、まあちょいと同業者ブログを見て引用をさせてもらったり。

最初のネトゲでは、初心者ということもあったがとにかくネットだからなんでもありだろうと、年齢を無作法に聞いたり、今よりさらにKYな言動で他プレイヤーを不快に陥れていたのだが、今思うと恥ずかしくて膝が震えてくる。
ガクガクブルブル。


先日ラジオでいいことを言っていた ような気がする。

テーマはおばちゃんのマナーについてだったが、何となく聞き入ってしまった。

おっさん、おばちゃんとなってしまうのは、その年齢ではなくその行動からではないでしょうかとリスナーの便り。

う~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。確かにその通り。

しかし、そうなると現在の俺の行動はおっちゃんそのものじゃないかと自戒する。
だが、コロッケにセクハラ対話はやめられないとまらない。
さすがにドをすぎると「しねばいいのに><」と対話が返って来るのだ。


昨晩、小田原でこちらの一門員とふぇいと徒党を組んで遊んだ。
そう、ミスをしたらたちまちブログで晒されてしまうあのふぇいたんである。

そのさい思い切り叫びたかったのを党員の誰も知るまい。

そうふぇいふぇーい!!!

俺の理性の箍はすんでのところ、トバグチぎりで思いとどまらせてくれたのである。
ああよかった。助かった。

信とかもう8年もやってる時点で、いい歳してしょうがねえなぁと思われることも多々あるわけだが、これが女性の場合だともっと色々葛藤があるのではないかと邪推してみたりする。

ふぇいはいまだにブログで元気に毒を吐く。

俺は枯れて流れて山水墨画。

しかしだなあ。

この前情けないことで、捕まったシェケナベイベー内田裕也が、20年程前に雑誌インタビューで得意げに語っていたのを思いだす。

「向こうじゃ50歳以上でロックやってるなんざ普通なんだよシェケナ!」

向こうとは当然欧米であって、日本の社会構造に整合してるわけもないのだが、当時の俺はなんか感動したのを覚えている。


60歳ぐらいのじーさんばーさんが、ネトゲで装備とかもらって

「どーもです^^」

とかチャットを打っているのを考えると胸が熱いな。
というかなんかロックっぽくてかっこよくねーかこれ。

そんなじーさん目指して今日も今日とて昼飯を夢想する俺なのであった。



幸村必勝法を試してみるの巻

草摩モモから幸村必勝法があるとのことで試してみる

モモも既にブログで公開しているので引用して補足しよう


簡単に言うと、昌幸の救援を阻止して6体のままで戦う方法である

昌幸は陰陽なので、とにかく星辰法を使ってくるのでとにかくうざい

この方法だと昌幸は3体くらい倒すと、いきなり乱入してくる
蘇生連携の特殊技を使用するが蘇生不可で倒しておくと、何も起こらずそのままお帰りになる

だが、ひとつ当然のことながらデメリットがある

めちゃくちゃ物理攻撃が痛くなるということである 
故に盾2構成ではかなりの自信がある盾の方にお願いしたほうがよさげ 

自信がない場合は、鎧、盾侍、刀とか、武士武士刀とかの鉄壁構成でいくのがよさげ

アタッカーは基本1だそうです。回復は2

あと昌幸を叩く囮が必須


■やり方

幸村と戦闘開始して、1のバーが見えて1が行動を起こすと同時(多少手前でもいいようだ)に囮が昌幸を叩く

※ちなみに開幕呪縛は厳禁 1が行動キャンセルすると失敗になる

北条が死んで、絆~のログが流れると成功 囮は別にそっこー乙っても問題なさげ

2~3ターン後に幸村が特殊を使用して無敵状態になる

しかしこれで昌幸の救援は2~3体乙らせるまでこない

基本は刀の滅魂で乙らせないとときつい 

無難に6の鍛冶からになるだろう ほんとは3から倒せればかなり楽だが

とどめの奈落とかは@2体とかじゃないと難しいのでお勧めできない

3体ほど落とすと昌幸がかっとんでくる そして意味不明なポーズをしながらそそくさ帰っていくと言う

これで幸村の無敵状態は解除される

滅魂で乙らせているのが条件だけど、これはまじで吹くので一見の価値あり

昌幸が帰っていったら、あとは普通に倒しておk

刀だけ必須であとの特化はあまり縛らないので、どうしても勝てないとお嘆きの方はお試しあれ
ただほんとに盾2だとかなり痛いので、覚悟は必要
手堅くいくならアタッカー1の盾3でしょうね
能楽入りなら回復1の盾3でもなんとかなりそうではある

まあ勝てないときは、職を入れ替えて色々試してみるといい
その試行錯誤が経験値となるわけだから無駄にはならないと思われる

しかしこれってバグかと思ったら違うっぽい

倒せなくて苦戦している方々がいたら、モモともども一度やってみればいかがと思う次第なのである

ちなみにこの戦法で倒した構成は

軍、刀、仙、暗、古、仏、密 でした 

やっぱこの構成だと軍より武士のがいいと思われまする

ってことでモモ ちょいと引用させてもらったぜー







藤井さんという男

昨晩、小田原の三成中に、性癖がデミグラスソースの藤井さんより対話が来る。

まただ。何故こうも忙しい時にかぎってこの人は意味不明な対話をしてくるのだろう。

しかも今回はまともなネーミングだったので、ちょっとびびった。

おかげで、コマンドをミスってしまい2に逆転ではなく、意味不明な挑発をしてしまった。

おかげで三成で壊滅という情けない結果に。

藤井さんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

藤井さんには罰として下田駅前にて、ピンクレディーのUFOの振り付けで踊ってもらい
動画をヨウツベにうPしてもらいたい。

藤井さんに教えとこう。これがピンクレディーのUFOだ。


ゆっふぉ!

 ノ    ノ
J('ー`)し ('A`)
 ( )>  ( )>
 < \  < \


もう一人いないとピンクレディーじゃないので先輩にでも手伝ってもらってください。

動画をみたら多分吐きます。


オエーー!!!! __
    ___/  \
   /  / //⌒
  / (゚)/ / /
  /  ( /。⌒丶。
 |   \\゚。∴。o
`/   /⌒\\゚。:o
/   |  \U∴)
    |   ゙U|
         ||
         U


多分こうなる。絶対なるなるまじでなる。



ところで…

ちょいと恐縮なんだが、なんとなく思いだした関係無い昔の事を語らせてもらおう。

これはコピペではないんだ。


俺がまだ田舎にいる時に、友人の嫁さんが病気で亡くなった。結婚半年の21歳。

専門学校で出会って卒業してそっこーで結婚したのだが運命は残酷である。

その友人は小中高と同じでいつも俺の部屋に遊びに来ていた。

俺の親や兄弟とも顔馴染みだった。

葬儀がすみ3ヶ月が過ぎた頃、ちょっとやつれたその友人がひょいと顔を見せた。

「よう」と力のない笑顔で軽く挨拶を交わし、何か用か?と言うと

「これお前の弟に返しといてくれ」

そう言って一本のVHSのビデオテープを渡して帰っていった。

弟が帰って来たのでビデオの事を聞いてみた。

そもそも、なんで弟が友人にビデオテープを貸すのか。顔見知りとは言えそんなに親しくはないはずだが…。

弟に聞いてみると、ビデオテープは近くの年上のおっさんからもらったらしい。

中身はなんだ?ときくとエロビデオだそうである。

嫁が死んでさみしかったのだろうか?と思ったが、そもそもエロビデオなんざ見ない奴だったはずだがなあ。

内容は?と聞くと


「スカトロだよ」としれっと言う弟。

「ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


どこにつっこんだらいいのかわからねーけど、とにかく事実だ。

弟につっこみをいれるべきか、それとも友人は哀しみのあまり精神が壊れたのか。

後に一時期こっちで一緒に仕事をやることになる友人だが、ついぞあの時のことを聞くことはできなかった。

いまでは10歳上の女性と再婚して家庭を築いていると聞いたが、音信は不通である。


人生は7つほど謎があるほうが楽しいと言う。

このこともまた我が人生において謎にふくまれるひとつだな。

ともあれ、藤井さんの行動はまったくもって謎なのだが、それを解明するのは人生の楽しみのひとつを失うということだろうな。

しかし小田原の強敵の最中に対話くると返答に窮するよほんと。

今度からはもうパイオーツとだけ返しておくか。

さて週末だねえ諸君。

週末最後のラストスパートだ。頑張っていこう。

それでは良き週末を。
















ネタがなくなると小田原コピペ

このあいだ、小田原行ったんです。小田原。

そしたらなんか人が全然いなくて集まらないんです。

で、よく見たらなんかみんな小田原なんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、P狩り如きで普段来てない小田原に来てんじゃねーよ、ボケが。

P狩りだよ、P狩り。

なんか3垢とかもいるし。3垢揃って1匹狩りか。おめでてーな。

よーしパパ5体とかやっちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。

お前らな、もう武功やるから徒党に入れと。

小田原ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

三成で軍学が逆転ミスったらいつ喧嘩が始まってもおかしくない、

刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。多垢とネカマは、すっこんでろ。

で、やっと徒党ができたかと思ったら、党員が、「ウンコー♪」とか挨拶してるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、ウンコー♪なんて挨拶きょうびはやんねーんだよ。ボケが。

得意げな顔して何が、ウンコー♪だ。

お前は本当に便意を催したのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。

お前、ウンコー♪って言いたいだけちゃうんかと。

小田原通の俺から言わせてもらえば今、小田原徒党内での最新流行の合い言葉はやっぱり、
「( '□')マンボ!」これだね。

絵文字とあわせて( '□')マンボ!。これが小田原通の挨拶のしかた。

( '□')マンボ!ってのはうちの一門の神主みっちゃんが多用する挨拶。
徒党が和む事間違い無し。これ最強。

しかしこれを連発すると次からカミシュに認定されるという危険も伴う、諸刃の剣。

素人にはお薦め出来ない。

まあお前らド素人は、六エモンでも連れて遊んでなさいってこった。



一門セブン~カミシュノチカラ




なにかありそ~うなあの7人

なにかありそ~うな一門セブン

雅楽神主 神林要 通称みっちゃんは桜井智樹まんまだ



小田原というものは何かが起こる 時の接合点において我々もまた神の如く全ての万象を予測するには至らない

昨晩インするとコロッケがハンバーグになっていた 意味がわかりません

さて小田原のユッキーこと幸村は強い 大橋巨泉が伊豆の朝は早いと言っていたのと同じく当たり前のことである

ハッ、幸村なんざ雑魚だろとかおっしゃる強者もおられるかと思うが、我ら脆弱な一門にはなかなかに強敵なのでござるよニンニン

コロッケの幸村討伐をちょっと手伝うかと画策する

倒したいか?と聞くと、あぁ倒したいさ!と覇気をぶつけてくる古神巫女18歳の初夏

まー、正直コロッケはどーでもいいんだが、幸村をやると箱もらえるし一門全体に嬉しいのでユッキーをやることに

一門のユキヲは巨人ファンなので野球観戦しながら落ちやがった 
もうちょっとアクティブに動けと言ったら、野球観戦にアクティブですと抜かしてるので「しね」と言い放つ
少しは真田を見習って欲しいものだ

集まるまで人がなかなかにいないので相当時間を擁した
ザクちゃんは他一門の助力にて大谷、秀吉討伐のクエにいってるので手伝いは望めない

どうにも回復が足りないやら盾鍛冶いねーやら 
んじゃ野良でと考えたが、今回は一門でいかんと柔軟に構成変更がやりにくいので一門で行く事に拘る

鍛冶が足りれば回復足らず

いてほしい時にあなたはいない この世の花とちりぬるお

失礼 意味不明でした

構成は人がいないので、やむなく鎧、軍、士、仏、術、暗、古  の盾3構成回復1でいく

当然、きつい というか回復1だとこれ能楽とかいないととても無理ゲーくさい

ザクちゃんが手伝い終わってきてくれたので仏門2の 鎧、軍、仏、仏、術、暗、古 で行ってみる

無理ゲー とにかく1体も落とせません コロッケは半べそかきながら、ぬるぽの悲劇とか意味不明な言葉を連発する
ガッ!ガッ!という感じだが、我々のパフォーマンスは現段階ではその程度ということである

ここで考えた 5秒くらい考えて構成変更をしようと提案する

外で待機している鉄の永野くんと、与生気をいつも担当してくれてサポートばっかしてくれてるカミシュのみっちゃん

この二人をいれて、俺が抜けて大三元さんの武士をいれてみる作戦だ
コロッケには残念だが、今回は勝利することが重要である 勝てれば誰がやろうがいいのだ
それに術忍と鉄の相性はかなりいいと前に思ったことがあった 鉄には古神がいいかなと思ったが
そこはそれやはりやってみなけりゃわからない

鎧、士、仏、仏、術、鉄、雅 で挑む7人 見守る俺

開始早々、ザクちゃんが私設で叫んだ

「カミシュwwwwwwww」


見るとそっこーでみっちゃんが転がっている 一撃で乙ったらしい
みっちゃんが起き上がって「いたすぐるww」と言いながら戦線に復帰する

これ見てまじでビール吹いたw

まあ、だめだなこりゃあと思ってちょいと静観

ちょっとしてから、誰も転がらないのでなんか粘ってるなーと思い、ザクちゃんがニコ生を放送してくれてるので見てみると、なんとなんと2体を順調に倒しているではないか

鉄の貫通力はすげえ 火力押しで打破するにはかなりいい感じである 術忍のサポートも慣れているのでうまく回転しているように思えた ここで悔しいが盾としての武士の優秀さが出てたなあ
軍学は後半はいいんだが序盤がきついのだよね



しかし!

ここで考えられない事件が起こったのだ


                           
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『カミシュが 気合い韻をやっていると
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか不在になっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何を起こったのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    寝落ちだとかマクロ戦闘だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…



いい調子で7の陰陽を削っていく。いきなりみっちゃんが

「どうしようどうしよう」と狼狽しながら訴える

何かあったのかと聞くと

彼は地元消防団の一員で火事で招集がかかった!と言うのだ

なんちゅうタイミングだよwwwww

しかしリアル優先は当然である しかも、ゲームのボスごときで人命救助をおろそかになぞできるわけがない

泣きながら飛び出していったみっちゃん そのままキャラは放置でいくしかない 

ザクちゃんはニコ生ボイスでこりゃやり直しかなと言う

カミシュノチカラを信じなさい


さて、6人である みっちゃんの神主がいない 
いやキャラはいるのだが中身がいない今、7の陰陽が落ちそうだとは言え@5という過酷な状況

どうすんだよーええ!?どうすんだぁ!

と、北斗の雑魚の台詞が聞こえてきそうな状況だが、やるだけやるしかない6人

果たしてどこまで気合いが持つのか 
詠唱韻もなく、仏門であるクマコちゃんとザクちゃんはどこまでいけるのか

正直この時点で終わったと思っていた俺がいる だって7人でフルでやっても@4からくずれるとかあるのだよ


しかしここから伝説の6人+1の活躍が始まった
気合いは仏門の結界によって多少なんとかなるようだが、とにかく気合いの管理が難しいだろう
燃料は限られている 特にアタッカーはだ

しかし、あれよあれよと言う間に@3になり4になり、とうとう1の真田を乙らせる

しかも気がついたら人もまばらだった小田原にいつのまにか29人とか集まってるわけで
どんだけ箱の嗅覚するどいんやお前らはw

そしてなんとそのまま勝利と相成った。しかも転がったのは開幕のみっちゃんだけという安定感
悔しいが軍学の俺ではこうはいかなかったと思われる。それだけ真田は軍には相性が悪い。

とにかくここに7人の勇者の伝説が刻まれたのである
というかドラマありすぎだろう

あそこで構成変更したり、こだわらない柔軟な思考はやはり重要であるなとつくつくぼーし

しかし来たのは水65とか死ねまじで


最後のオチは、真田を撃破した瞬間に鎧の平社員が涌く

一門員が神秘や腕閂のステにブータレてる時に、平社員は一言

⊂( ⊂(´_ゝ`)権利すら(ry


このとき俺は、ブラックビスケッツの「タイミング」が脳内に爽やかにリフレインしていたという

しかしカミシュノチカラは偉大であるなぁ


繰広げられるアタッカー3の猛攻



ポポポポーン。

さてコロッケが能楽は爆発しろと言ったのが原因なのかは知らないが、
中国では水瓜が爆発したらしい。

まじかよヒャッハー!水瓜を食った人間も爆発するんじゃねえのかと北斗の拳の一コマを連想する。

それはともかく最近は小田原三昧である。

小田原に行くといっとき心が休まるんだ。わかるか?と言ったところ
それを聞いた木乃が「しねばいいのに( '⊃')」とケンモホロロに言い放つ。

はははw木乃は本当に可愛い奴だ。殴りたくなるくらいに。

昨晩は一門メンツも少なく、数名が暇をしているようだったので、またまた軽く小田原でもいくかと提案する。
ツカさんを誘うも返事がねえ。寝てるなこりゃとあきらめて神を探す。
いつもお世話になっている、知人の古神巫女のなのかさんにお手伝い願うと快諾してもらい徒党完成。
ほんといつもお願いばかりですみません。

瞬間、ツカさんが返事をしたが「ウンコしていた」とのことであきらめてもらう。
長いウンコすぎだよw

さてアタッカーが暗殺、鉄、仙論と3アタッカーでいくことにしたが、当然あまり強いのはできない。
一人はまったくの初だからどれからやってもいいわけだから、まあ流す程度でやっていくことに。

まずは前田からだが、とにかくはええ。小気味のよいアタッカーの火力が殲滅速度を大いにあげる。
もちろん油断して旗に被弾するとやばいのだが、火力で押し切るのは1、2ならかなりよさげ。

途中で、左近をやったが俺が何故か逆転を入れ忘れて青くなるも暗殺の両断でことなきを得る。
うーむ;あせったあせった。

ともあれ回復1だが医術ということもあり、大きな事故もなくかなり順調に狩れた。
最後に4に行って勝てそうなのをやるかということで相馬をやったが、俺が死亡。
さすがに4だな、いくら弱そうと言っても舐めてると死ぬ。
とりあえず勝利して岩城で〆といったところだったが、旗にもろ抜けて旗折れ。まあいい時間だったので解散。

しかし、なかなかスピーディーな小田原狩りであった。

アタッカー3の構成はかなりリズムよく狩れるのでいいのだが、ちょっと事故ると壊滅の危機もある諸刃の剣だ。
ただ、だらだらやるのがどうにも苦手と言う人にはお勧めかもしれない。

他ではかなりヘビーな攻略を繰り返してるところがチラホラあるが、まず当面は大黒天攻略といったところだ。
とにかく助っ人はよばないので一門内でクエ消化はなかなか厳しいのだが、そこもまた一門のポリシーとしてはありだろう。

で、モモレンジャーのかずにゃんはいつ帰って来るのか?
体調不良のタツヲの復帰はあるのか?
三浦の脱腸は直ったのか?

とても気になるところではある。

限界点のさじ加減

昨晩のこと、小田原3の幸村をやろうかいとのザクちゃんの提案。

古神巫女の葵雪月花(コロッケ)のクエでもあるが、集まった徒党のキャラ、俺以外は倒していないので、これは武功ウマー!とか思っちゃったりしちゃったり。

勝てればね…。

上杉の武芸の知人に言わせると、倒した秀吉より強いのではないかとのたまっていた。
多分、特化の相性もあるのだが確かに強い。

俺が倒したときって、軍、刀、暗、仙、古、密、仏だったかしら?

とりあえず、稲姫などを倒して俺はもうやったからと一門の軍学と交代する。

数回壊滅。やっぱつええ。挑戦している徒党ではよく倒したなこんなんとの声だが、
他一門では既に摩利支天まで倒しているので、運と時間をかけりゃ何とかなるだろう。

その後も数回負けて、以前の勝利した時の構成で挑んでいたが、今回はなかなかいい調子。
ほんとこんな時はクエ自体に観戦モードを設けてもらいたいものだ。
じっと待ってるだけでは暇すぎる。

2体落として3体ももうちょいというところで秘薬。ほんとに小田原クエは秘薬が多くてだるい。
俺の時も2回来た気がする。

とにかく何回も死ぬので、お決まりの与生気、転生係を一門員の有志に頼んで待機してもらうが、
旗以外は本当に死にまくる。

結局、あと少しのところで沈黙の霧をくらいまくって壊滅。ニコ生でも見ていたが安定していても一気に崩される。1が暴れるともう真田無双になり手が付けられない。アルゴ運も大きいのでなかなか厳しい。
徒党員も悔し涙に濡れたことだろうが、観ていたこっちも悔しい。
が、何かをミスしたわけでもなくほんのちょっとの隙間をNPCにつつかれて瓦解したという感じ。
残念。しかしあとちょいという強敵は次回こそという布石にはなるだろう。

初期のドーマンなどもこんな感じで勝てそうで勝てなかった気がする。また時間も経てば雑魚まではいかないまでも、楽になるのだろうかこれも。

我らがアイドル?コロッケの幸村討伐は適わず次回に持ち越しとなったわけだが、またコロッケは挑戦するだろう。何と言っても懲りない奴だからである。
しかしこれを野良で撃破するとかかなり大変だろうなとつくづく思う。

秀吉とかはもうめんどくさいのであまり積極的に動く人がいない。
裏を返せば人集めて、やるどー!と言ったアクティブなやりこみタイプの人があまりいないのである。
まったりずむの中での現状の力に見合ったクエをやるという感じだ。

そういえばミヤビさんが、今回の真田戦においてこももに色々怒られて、こもも恐怖症とか嘯いていたが、
不覚にも笑った。しかし一門で戦闘において、あーだこーだと矯正されてスキルを確認できるのはいいことである。
ミヤビさんがこももにあれやこれや言われるのはもう私設時代から変わってはいないが、更なる高度な判断を強いられる闘いの中で要求も自ずと高くなるんだろう。

多分、ある程度の身事情をお互いが知る、こももとミヤビさんだから成り立つ関係性ではある。

俺の軍学は装備も新調してないし頑張っている他の人からすると大概しょぼい。狩りも嫌いなので覚醒もまあそこそこだが中途半端だ。
もちろん判断ミスも多く、後からしまったなぁと思う事も多い。

野良にいくとわかるのだが、かなり負担をかけているなと思うのが相方の盾と、術やKPをする職だ。
お互い様もあるのだが、軍学はとにかく選択肢の幅が広すぎて最善の選択を瞬時の選び出すのが難しい。
それ故、徒党の状況をより正確に把握して選択しなければならないのだが、どうにもなかなか難しい。

釣るべきか、術をみるべきか、結界?衣?それより詠唱韻待機の看破?それとも崩れる事を予見した先読み奥義か?
あとづけで、あの判断はよかったと思われることも多いが、その逆も当然ありうる。
強敵の場合は、~時ああしていれば勝てたかも~とか思われる場面は数限りない。

鎧のときの亜沙美さんやこももと組むと、ああこれなら俺はこう動けるなと解釈して動くのだが
その実かなりの負担を受け持ってもらっているのが自分でも認識はできているのだけど、変に気を利かせると無駄な行動になってしまう場合も多いわけだ。

小田原にかなり入り浸っていて、自分でも気づかなかった欠陥がよく見えてきた気がする。

と、何やら真面目にネトゲなんぞを語っちゃってどーすんの俺と思われることだろうが、遊びも真剣にやらんと面白くない。しかし真剣すぎるのもまたどうかと思うのでそこはそれ適当に。

土曜は大黒天にまた敗北せり。人もなかなか少なかったし致し方無し。俺は本体いかないで風と雷をやっただけで待機中に頭痛くて寝落ちした。
今週も行くそうだがほんともっと楽に本体と戦わせてくれと言いたい。阿修羅がめんどくてだるすぎる。

俺のライフはもう0よ!といいたかないが、体力をごっそり奪われるんだよなああれ。
あの大福ジジイめ。今度こそ棺桶にぶっ込んでやるー。

関係ないけど、業務でビジネスブログを書くはめになりました。

いやぁ、業務で書くブログはやっぱだるいねめんどいね。適当な事かけねーし。
やはりこんな調子でだらだらチラ裏書いてるのが一番楽だ。

そういえば、タツヲが最近顔を見せないが、野郎……女でもできたかな。
まさかタツヲは心のモモレンジャーを探して旅に出たのかもしれない。

僧兵の彼女は左利き。藤井さんこれ流行るよ!

gre


多忙多難

ブログを更新できない状況の要因には2つある。

本気で忙しいか、また飽きたかだ。

今回に至っては、前者の業務多忙によるものだが、何とも神経を使う代物で心身ともに疲弊している。

ものは頭文字にAがつくイギリスの某老舗のカーメーカーなのだが、資料にと送られてきたPDFの見積りに呆れる。

V8気筒のスポーツクーペが車両本体価格だけで1,600万を超え、V12気筒エンジンを積む4ドアクーペに至っては2,000万を超える。

当然のことながらオーダーから6ヶ月を経てオーナーに届くという完全オーダメイド。

そもそもこんなん日本で乗り回すところはなかろうてと、北の大地の水平線を走ってきた身としては
オーナーになれる幸運な人への軽い妬みが沸き上がる。

車にロマンを求める年代は過ぎ去ったとは言え、金さえありゃそりゃそんな車をマイカーにしてみたいよおっかさん。

とにかく、色々と気を遣う事が多く信にインする頃にはずっしりと疲弊。

これは本日クエとかなしで、まったりしながら雑談だなと逃げをうつ。

よくよく考えてみれば、だ。

ネットゲーをやっているからと言って、年がら年中動き回って何かをしていなければならないかという法はない。

一種の強迫観念と、何もしない=虚無感とかになりがちな人もいるが、入って何もしないのもまた楽しい。

ちょこちょこ知人から対話が飛んで来る。いまはまってるものや興味のある事柄を、お互い享受しながら会話を楽しむ。

また、インしながら睡魔に揺られそのまま深い泥土に飲まれるように眠るのも気持ちいい。

自虐の詩で亭主のイサオが一日中ベンチなどでねむりこけてて日が暮れる。帰ると妻のユキエが「今日はなにしてたの」と聞いて来る。

「なにかやってなくちゃいけないのか」と切り返すイサオが妙にかっこよく思えたり。しかしニートでヒモである。

何かをする勇気はもちろん大事だが、疲れたときはなにもしない勇気も大切だ。

というわけで俺は寝ることにする。

まだ仕事中だった。寝れない。そして帰ってまた何かやりながらインをする。

GW明けの週末だが世は太平こともなし。

夏までの道中ゆるりゆるりと歩んでいこう。雨がうっとおしいので爽やかな風を希望する。

しかし、北海道の史料館で鹿のかぶりものをしたのをタツヲに激写されたのはまずかった。

認めたくないものだな。おっさん故の過ちと言うものを。

それじゃ良き週末を。


mui


つれづれなる凸

i;oi0.:ji

今回、北海道の旅にて思いだしたFCソフト

そう名作「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」である

画像はPC版だがやはりFC版がいいね 面白かったなこれと言ったらタツヲは未経験だった 
なんたることだ

300円やるからやれよ!と言ったら「いいですとも!」と言わなかったのが哀しい

しかしオホーツクの海はなにかゆったりした優しい海という印象だったね 
日本海がオヤジの海ならオホーツクは母の海といったところか

そう言えば書き忘れていたが、足湯カフェなるのものも体験した 
あれは秋葉あたりでやれば流行るのではないかと思う 疲れた足にちょうどよい休憩になる

昨晩はどうにも暇なので、有志を募ってちょいと絵巻埋めにいこうかと画策した

やってないのはまず直江と景勝

直江は強くはないけどめんどくさい 秘薬ばっかでまじだりい
景勝は普通に強かった 呼び出し通して7人全快であきらめて再戦で勝利

その後は左近→三成とお決まりのパターンで三成は数名死んだが何とか倒す
ここで終了だがさっくりいけても時間はそこそこかかるね

3の幸村になってくるとほんとにだるい
GW前半に倒したが死にまくった記憶あり

暗殺の電光作戦がうまくはまり、何とか倒すがヨセイキ・転生がいて何とか倒せたレベル
最上とかちとだるすぎて当分やりたくないと思えるほど

でも今までのP狩りオンリーよりはいいと思えるね

一時期採取バブルだったようだがもう沈静化したのだろうか
採取なんざもう何年やっていないんだろう モバもやってないしそもそも金策自体めんどくさい

生産?なんすかそれって感じだから笑えることに生産潜在なんざスカスカ
だがそれがいい

というわけで本日からまた頑張りますか

関係無いけどアイヌ民族博物館でアイヌ人の生活様式を見学したが、
自然とともに生き無駄の無い生活をしているなとしみじみ思った

自然を恐れ尊び、生物達と調和共存して生をまっとうする 
あれが本来の人間のあるべき姿だろうなあと思いもするが
文明の汁を味わいつくしている我々にはあの生活をするのは無理だ

だって信オンできねーし ハンバーガーだって食えないよな

牛丼だって食えないぜ藤井さん

今回思ったのは、ホテルで22時とかだと酒飲む以外ないのだが、次の日のハードスケジュールを考えて
みんな寝てしまったので超暇だったのである きびしー

ここに信があればなと思ったが旅先でネトゲもねえだろうと苦笑しながら頭を掻いた

漫画やアニメならここで美女のご登場でなにやらフラグが起ちまくるのだが…
現実は無味乾燥なほどにしわいものなのである

それにしてもこのねーちゃんのグラ誰かに似てるような…

いや気のせいか

dsvsdf








旅の信オン ヨタ話

うちの僧兵タツヲの口癖は「ねーよ」

何が「ねーよ」なのかは会話の機微でしか理解はできないだろうが、単なるつっこみである

今回の旅ではタツヲの「ねーよ」が炸裂弾のように飛び交い、まるで信オン漫才道中記のようであった

けだし信オン内で友人内でも、もうオフどころか一緒に旅をする仲間になってる人達もいるはずだ

そんな時はあるある話だが、誰かが思わず信ネタを持ってきてしまうのは致し方あるまい


旅の最終日に知床連山を遠方にかまえたフレペの滝を目指そうと我々5人は薮林を歩く

薮の中には鹿が普通にいる 

熊注意とか看板もあり、実際、ヒ熊なんかに出会ったらどうするのかと話をしながら歩く

「大丈夫だ。そしたらタツヲの12天がうなるはずさ」

「いやあれ準備だから。ねーから。意味わからねーから」

「んじゃ暴れん坊だな」

「ねーよ。そもそも枠にはいんねーよ」

「凸さん猪突猪突!」

「いれてねーし。だいたい当たらん」

そんなヨタ話を何度となく繰り返す旅だったわけだが、やはりこんな話で笑えるのは楽しい

札幌に棲息する鍛冶屋ゴメスも、わざわざ6時間かけてこちらに合流して
ガンダム夫妻、鳥居ちゃんと関東組5人が痛飲の夜を過ごす

楽しすぎる時間はあっという間だが、我々にはキャンディーズのごとく時間がないのである

ツカさんと俺とゴメスはその後もホテルの部屋で痛飲 しっかりツカさんは二日酔い&下痢になってしまった

終日までケツがいてぇと言っていたが、ゴメスのウワバミのごとき飲みっぷりにはほとほと呆れた

6時間前から飲んでるという化け物だ 

それで翌朝はケロッとしているのだからつきあうほうはたまったものではないだろう

さても今回の北海道での食部門の一番の収穫は「ラーメンサラダ」である

「ラーメンサラダ」は冷やし中華ではない 新しいサラダなのである

北海道の居酒屋での〆はこれだそうである 誰が何と言おうと「ラーメンサラダ」なのだそうだ

信に文字数制限がなかったら、是非「ラーメンサラダ」というキャラを作りたいほどである

じゃあ納豆をいれたらもっとうまいのではと思ったが、それじゃあ「ラーメン納豆サラダ」になっちまう
納豆をまさにデーモンフードのように忌み嫌い、納豆を心から憎むタツヲには
「ねーーーーーーーーよ」と発狂されるのが目に見えるのであえて声に出すのは控えた

タツヲ殺すにゃ刃物はいらぬ 納豆パックひとつあればいい

まさにどろろん閻魔くん ネ~バネバなのだ

しかしてホテル2日目の朝食は何とも貧相なものであったが、まあそれはいいのだが
問題はタツヲの苦手なもののオンパレードだったことだ
あれでオカラが出てきてたらひっくり返してたと後にタツヲは語る

とにかくネバネバヌルヌル系が大嫌いなのだ

そんなタツヲは甘いものは別腹さ!と知床でもサービスがよいと評判のホテルのバイキングにて
喜々としてスイーツを食していた ビュッフェ形式でとにかくなんでも美味いのだが量と種類が多すぎて思ったより食えないのがバイキングの罠

あと白と黒の流れる滝のようなチョコレートフォンデュを見ると甘さで頭が痛くなるほど
思いだすと胸焼けがしてきて想像でもう腹がいっぱいにふくれる

スイーツ好きとはそもそも僧兵であるのに生臭すぎるだろうと思うのだが、あれも僧兵これも僧兵
玄関開けたら2分でご飯とか意味不明なキャッチフレーズを思いだす

甘いものは食えなくなった私には、スイーツ僧兵タツヲを見ると胸が熱くなる
そんなこんなで北に移動しつつも心は信オンにありなのか、ネタは色々尽きる事は無い

そういえば浜松で左門&ザク邸にお邪魔した時は特性アイスをザクちゃんがふるまってくれたっけ
あれも美味かった

タツヲを始めとする関東圏の麻雀仲間と色々旅をすると、思いがけないトラブル・ハプニングが襲って来る

今回はレンタカートラブル。その前は御岳山旅館予約キャンセル疑惑。その前は地獄の浜松釣り船地獄。その前には雑魚寝バンガロー危機一髪。

色々ありすぎて困る。しかし苦難があった旅の事のほうが記憶に残るのだから困ったもの。それを肴にまた笑う。

遠方にありて信を思うもまた一興

離れてみたらちょいとわかったあの娘の気持ち

わたしゃもうちょい背が欲しい

昨晩の絵巻埋めで三成までやったのだが、どうにも眠くて何回か落ちた

武将50体以上とかだが1徒党で攻略できるスタイルは嬉しい

アラタマをもらって12000ダメを叩き出しながらヒャッハーしているタツヲを見ながら

さて、お次はどんな旅が待ってるのかと夢にたゆたう私なのであった

dsgvdsbsdr

↑フレペの滝の鹿ちゃん達 その中の一匹に「藤井さん」という名前をつけた

さらば「藤井さん」。また会う日まで

曇天の空を仰ぎみて踵を返す我ら5人

帰り道に「藤井さん」の糞がいっぱい転がっていたのだった

まさに哀しみのニポポである あ、そういや猿はみかけなかったな うすらのバボーン

kざるういl

GWの旅

終わりましたねGW。

北海道の北見~知床方面を周遊し、とりあえず主要な湖は色々見て回りました。

摩周湖は綺麗っすねー。この余韻はしばらく続きそうです。

昨晩、信で怪しいキャラから対話きました。やっぱり藤井さんでした。

藤井さんはGW中何をしていたのでしょうか。

それを考えると夜も眠れません。ガクガクブルブル。

ちなみに5/4~5/7の3泊4日ホテル飯付きにて レンタカー込みで費用4万円と超絶安いお値段。

これを企画したタツヲには今度労いに納豆定食を奢ろうと思います。

では、明日からは信日記にて。



dfaseva

信オン川柳 最終回

やあ。GW中ですが如何お過ごしですか。今日は仕事に出ている俺です。

本日はあれですよ。会社には俺ともう一人しかいなくて業務も少ないので比較的まったりずむでお送りします。

いやはや、昨晩は泣けました。いよいようちの一門でもちゃんと攻略するかというとこで
遅まきながら、小田原2を攻略したんですが、とにかく左近をやってるとこでいきなり鯖落ち。
さすがに
AAASX
こうなりました。


いやぁまいりましたね。
ディプス・ファンタジアでボスのドラゴン第2形態を倒した瞬間に鯖落ちを経験して以来のショックです。もう10年も前かあれは。

それはそうともう摩利支天まで倒したところあるそうで。
もう新コンテンツの最終まで攻略するとはすごい。光栄の開発も涙目だろうなぁこれは。

真田にぶっ殺されて昨晩は終了。うちの本格的な攻略はこれからになりそうです。

それはさておき川柳ですね。
この前ザクちゃんが、このブログ見てますといってくださる人がいたよーと教えてくれました。こんなブログでも身内以外が見ているのかと思うときゅっと引き締まる思いがします。どこが引き締まるのかというとそれは風にでもきいてください。

しっかりやらないと風穴空けるわよ!と意味不明な事をコロッケが言ってたので真面目にいこうと思います。

それじゃあゆるゆると行ってみましょう。川柳最終回です。


信オン川柳 地獄の最終回


「愛。そして宇宙。あなたの心の襞(ひだ)をちくちく刺激する信オン川柳も今回で最終回となりました」

「甲府のアイドル!古神巫女の葵雪月花ことコロッケちゃん(18歳)です。よろしくね」

「紹介する前に勝手にアドリブらないでくださいよ」

「僕がガンダムだ!」

「しょうがないですね、このパープーさんは…ともかく今回は自称18歳の乙女コロッケさんを迎えてやっていきます」

「まきまきしちゃうわよ!」

「あのー、意味のない間の手を入れないでくれます?調子がね、狂っちゃうんですよ!」

「ぬるぽ」

「さて…性格事ぶっ飛ばしてやりたくなるほどチャーミングなコロッケさんですが、今日はもう信オンに関連したことならなんでもでいきましょう」

「範囲がひろすぎっすね」

「まあ最終回ということなのでテーマを絞るのもあれかと。やはり【出会い】とかがコロッケにはぴったりかもしれませんね」

「そういえば僕も信オンやって色々な人と知り合ったなあ。しかもリアルで会うとか昔じゃとても考えられなかった」

「確かに今ではネトゲでのつきあいはオフ会とかでリアルに発展するのも抵抗なくなってきてますね」

「僕はかなり人見知りが激しいのでリアルで会うとかすごい恐怖!でも会ってみたらみんな普通のいい人でした」

「そうやってリアルネットワークに繋がっていくのは面白いですよね。でも、コロッケさんの場合はゲーム内とリアルのギャップが激しいので困り者です」

「僕はシャイなあんちきしょうですから」

「とにかく戯言はここまでとしましょうかね。さて本日の川柳一発目 出会いからいってみましょー!」

「おい!戯れ言って言うじゃ(ry!!」


出会いの 奇跡をいま 抱きしめて


「これサムライ7のアンリミテッドの歌詞まんまやん!」

「あまりに安易ですが、しかし心に染みますねえ。相川萌えですねw」

「CR相川七瀬でも打ってろ!」

「さ~て、お次は【名前】で行ってみましょう」


何故分かる AV女優の 名前だと

「僕はAVはあまり観た事ないのでわかりません」

「俺はこう見えても自称AV評論家ですので大概の女優の名前は知ってますが、狙ってつけてるのと、たまたまその名前がAV嬢の名前になったパターンもありますね」

「90%確信犯だろJK。まあそれがわかる人もどうかと思うが」

「まぁほとんどがわかっていてつけてるんでしょうけど、最近のAV女優はアイドル以上に可愛い綺麗ですから純粋なファンもいるんでしょう」

「アニメの主人公のまるわかりのネーミングもいただけないな」

「そこは確かにひねりが欲しいですねえ。たとえば、そのまんまじゃなく何かしらにひっかけるとか」

「地獄突ってなんでつけたの?」

「プロレスラーのブッチャーかと言われるんですが、う~ん;今となっては何となくとしか言いようがないですね。なんでつけたのかはその時の雰囲気でしょう」

「地獄尻とか作ってYO!!!」

「ははwずけずけとまぁ…楽しい人だ。まったく殺意が芽生えますね。あとで便所裏に来てください」

「昭和の夕焼け番長ですね。わかります」

「さて、お次は【生産】でいってみましょう」


宝玉が 砕けて散って ですよねえ

「ありすぎて困る」

「みなさんそうなんでしょうけど、生命5が出来てからどうするか、悩みますね。6を作る賭けにでるかどうか…。思いきってやってみたらドゴーン、デスヨネーが多すぎて泣けます」

「さすがに30連続ドゴーンだとやる気がなくなるな」

「運まかせですからねえ完全に。あ!いま即興で歌を作りました。聴いてください」

ほう~ぎょ~く~ 割れてどう~なる~のか~

「神戸~、泣いてどうなるのか~のオマージュですか」

「よく知ってますね。コロッケさん、あなた実はオッサンでしょ!」

「いいえ。ケフィアです」

「…つっこみかたも難しいのでスルーしときます。さて、次は【職業と特化】でいきましょうか」

「じゃあ僕が特別に作ってみよう」


能楽は 狩りで 爆発すればいい

「……これただの悪口なんですけど」

「僕が心を込めて作った古神巫女ならではの川柳ですよ」

「そこまでも なんで憎むか 能楽を ですよ」

「古神の僕の枠がないんだYO!」

「お前に空ける枠などない」

「⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン」


上覧で おい反則だろうと 医術責め

「医術の回復量はひどいね」

「まあ今回上覧で思うんですが、さすがにあの回復量はダメージ増加による調整なんでしょうけどちょっとやりすぎかなとは思います」

「せめて対人ではもう少し調整が必須だろうJK」

「お互い回復1での対人はぐだぐだにならずに面白かったのですが、さすがに医術が2いるともうアタッカーも萎えちゃいますね」

「いっそ上覧は回復しないで丹を投げ続ける薬師とかかっこいい」

「かっこいいけど勝てません」

「拳で語れ!漢なら」

「意味不明なのでまたまたスルー。次は【野良】でいきます」


はじかれて ぼく野良えもんさと 意地を張り

「これ僕のことっすか!」

「いやいや。結構多いんじゃないですかね、こんな人」

「野良はワクワクが止まりませんよ?」

「野良は野良の醍醐味がありますからねえ。一門に入っていても野良専の人もいますし」

「ノラリストの僕としては、馴れ合いはしないのがクール」

「ほう…。かっこいいですね。でもなんで涙目なんですか?」

「目にゴミがはいったんだYO!」

「さて、色々ありますんで続けていきましょうか」


野良徒党 発したチャットは マクロだけ

松島で いまだ終わらぬ ポイント狩り

宝玉を 埋めてはいても 共晶なし

  
「あるある大辞典っすね」

「まあ野良の日常はこんなもんでしょう。最後の宝玉に関しては、さすがにそう多くはないでしょうが」

「宝玉を埋めてとりあえずってとこだろうな」

「一つの判断基準ではありますからね。最低でも3ぐらいは何とか頑張ってもらえないと」

「無言徒党は僕が結構しゃべるのであまり遭遇しないっすね」

「コロッケさんはリアルではほんとしゃべらないのに、ゲーム内では饒舌ですね。会った中で一番ギャップがありました」

「それ言わないで!(。・з・)ンモォォ」

「さてー。そろそろ終わりですねえ。5回までこんなくだらない企画につきあってくださった皆さんに感謝しながらお別れとしましょう」

「おい!もう終わりかYO!」

「始まりがあれば終わりがある。それが世の常人の常。ですよ」

「コードギアスですね」

「意味がわかりませんねー。ルルーシュ様ですか?とにかく最終の句はテーマは【あるある】でいってみましょう」

「(´ω`)むほむほ」


アイテムを 新規にあげたら 休止して

「ほんとこれ多いんですが。アイテムあげた意味がないという哀しい結末ですね」

「それも世の常人の常。僕は人にあまり期待もしてないので気にしないぜ!」

「ところでコロッケさん。引退するときは貫くださいよ」

「だが断る!」


開幕に さんざん悩んで ミス入力

「ボスでも対人でも、最近は開幕の入力勝負が大きな比重をしめてますね。あれやこれや悩んであせって即入力はミスしがちです」

「入力が遅れるのは個人差あるからしかたないっしょ」

「PS2だと暗転にタゲ指定ができないので対人でもかなり先手をとられますからねえ」

「場所をとる椅子取りゲームになってますね。僕はそんな幻想をぶち壊すんだ!」

「暇人ブレイカーとよんであげましょう。あなたはもういいからマクロスFの最終回でも観ていてください」

「僕は~誰と狩りをする~♪キラッ☆」

「(´Д`) 」


他ゲーに 行っても やっぱり信が好き

「総括っぽい句になりますが、まあ結局こーいうことでしょう」

「文句言えるということは、それだけ期待も大きいということね」

「別れたくてもついずるずると…そんな感じです」

「夫婦の腐れ縁みたいなものっすね。胸が熱いっすね」

「ま、そんなこんなで最後の句といきましょうか」


おい光栄 そんな信オンで だいじょぶか

「これは昨晩の真紅鯖落ちの恨みを含んでますねえ」

「まったく悪意しか感じられません。ぬるぽ」

「さて、GWも後半になりますがコロッケさんはどこかへ行くんですか」

「僕はここにいます。イメージしろ!スタンドアップ!ヴァンガード」

「永久にいても構いませんのでどうぞご自由にwそれではそろそろこのへんで。皆さん良きGWを!」

「名古屋の味噌カツ最高っすよぉ!みんな名古屋に来てね」


次回5/11更新予定 ほいじゃ
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。