スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で だ

2010年も終わる

本年のブログはこれにて終了
信ではさしたる動きはなかったが、プライベートや仕事ではエポックメイキングな年ではあったなぁ

ま、色々あるんだが集約するとパップラドンカルメですね
来年は生きてるのだろうか

では皆の衆 良いお年を また来年!

いやあ今年はあんま信ネタなかったねw


スポンサーサイト

だがまだ生きている

hokutoge


今 万感の思いを込めて 赤募集を出す

今 万感の思いを込めて軍学が来る

ひとつの特化は終わり また新しい優遇特化がはじまる

さらばユキヲ

さらば一点突破

さらば

おっさんの日よ


金はなくとも心はニシキヘビ

来年もまたこの調子でいくとするか

それにしても戦国無双の信長ゾーンうぜー 先読みハイワロすぎだろ ゼブラでも外すとか師ね
だからST機は嫌なんだ

牙狼のレッドレクイエムまだ打ってないな 明日打ちにいこう

信は瓦でもやりに顔出すとするかな






クリスマスソング


Leprechaun Christmas:TM Network

いやはやもうすぐクリスマスだなぁ
荘厳なクリスマスソングもいいんだが、俺は別にキリスト教でもないのでこのくらい軽いのでいい
TMネットワークとかミーハーすぎとか思うだろうが、
ホリーコールとかあまりに敬虔な気持ちになりすぎちゃうんだよ
あとまあ若い時に聴いていて懐かしいんだ

日本ではまあ一年間お疲れさんとか恋人達の総決算みたいなイベントになってはいるが
欧米では家族と共に一年間の息災を神に感謝し楽しむ日だあね

そういえば懇意にしてた飲み屋の親父がキリストそっくりだったっけ
といっても、トキに似ているわけではないので拝みはしない
あのおっさんも生きてるんかいな

先日、ある飲会にて北斗の生みの親を近影で見ることが出来た 
つうかすぐ目の前にいたので、「あたたたたたたた」と言いたかったがさすがに無理すぎた
武論尊氏は高齢にもかかわらず生気に溢れてたね さざ波のようなオーラの俺とは大違い 当たり前か

本日も忘年会だが、ほんともう飲みは続くと疲れてくるな
ヒコウでもついて天破活殺でもしないとあかん

もう一息頑張るかぁ 信は明日はインすっかな 今日はさすがに無理すぎる
みんなも飲み過ぎにはソルマックだぜ


nori

子どもにはわからない

cds

忙しい…。年末に来てわけのわからない案件や理不尽なリクエストが多数だ。
なので信に入る気力もないわけである。また明日も忘年会だしだるいなほんと。

みんな宝クジ買ったぁ?俺まだ買ってない。
ほんとさー、億でも当たったら仕事止める前に無理難題ばっか言いやがる
馬鹿クライアンの担当に罵声を浴びせてトンズラしたいよな。
娑婆世界で生きていくのは辛いぜママン。

いやもう眠くてだるくてほんとダメ。

え~?なんでそんな辛いのに生きてるのかって?

子どもにはわからんよ(バキッ


俺に死角はない

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   資格はお持ちですか?
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\
 |       (__人__)    |        死角?特にありません、無敵です
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



間違えた。

ネタがないが正解。


寒いので脳みそが冬眠状態に入ってしまった。

信ネタはまたサプライズがあるまで待とう。ところで世間ではエビゾーのニュースばっかだが、山ごもりするらしいな。

エビなら海だろJKとか言ってた奴がいたが、山ごもりで人間修行とか意味不明。

やっぱエビよりイカだなイカ。

さてまあ週末だが忙しいしだるいし眠いしめんどくせーし。

酒はちょっと控えて体調を整えておこう。来週の火曜もビッグイベントがあるし。

ほんではお馴染みの良き週末を。

いやまあほんとに来週から本気だす(苦笑。





改造計画

唐突だけど母は偉大だ。俺は医大には行けなかったけど。
それはともかく晴れましたね。快晴天晴。
鬼こんちわっす。ターヘル・アナ・凸男です。

昨晩は一門のかずにゃんとザクちゃんに俺を改造してもらった。
やめろぉ!ショッカー!ぶっとばすぞう!と言うわけは無い。
なんかガキの時分に隣のお姉さんに洋服をあれやこれやと見立ててもらい
支度をさせられてるのを思いだした。
ありがたい。今ならチュッチュッしたいと言ったら、天狗の面にどうぞと言われた。

かずにゃんにはことこまかに装備やら宝玉やらあれやこれやもらった。
ザクちゃんには前からそうだが、わざわざ生産物を作ってくれたり。
最近一門に加わった木曽川馴染みのバキには、色をつけて雫を買い上げてもらい、
槍やら何やらもらう。源から槍をもらうが使用せず。

というわけで、改修もできなかった俺が新車に生まれ変わった気分になった。
気分爽快感謝感激雨アラレちゃん。

やはり女性には適わないな。甲斐性のない男で面目ねぇ面目ねぇと泣きながら
頭(こうべ)を垂れて合掌しまくる貧乏侍の姿よ哀れ。

ともあれ、これで野良に出ても多少恥ずかしくない装備にはなったような気がする。

ありがとうありがとう><。うちの一門の素晴らしき女神達。この恩は金がないので体で返す!
あとバキも女性と言う事にしとくか。めんどくせーし。

しっかし、つくづく俺はほんと一人じゃ何もできねえなあと痛感するよ。
あるのはまだ完全に枯れてない気概だけだったりするが、最近じゃなかなかインもままならず。

そういやギンちゃんとかにも色々面倒みてもらったっけなあ。
それ以外にも色んな人に世話になってる。

あ、むらさん。北斗さんからのメッセージ受取りました。こちらこそお願いします。
また、ネタにさせてください!期待してます。

ともかく、ひとつひとつ恩を返せりゃいいんだが、いつの間にか風化して消化されていくんだよなあ。
こんな想いも。縁も異なもの越なものである。

調子に乗って改造してもらった身体でザクちゃん達と久々に鬼門へと深夜に出向く。

さすがに眠くて朦朧としていた中、最後に源に言った言葉だけ覚えてる。

「源はチ○コでFA」

さて。
己自身を褒めてやる事ができた一年にするために
お互いラストスパートといこうぜ皆の衆。








de

三浦の戦国夢日記

miura5

真紅鯖 武田家に所属し悠久の憩い亭に棲息する男。三浦。
国勢会議では奇譚のない弁舌を吐き影の薄さをカバーする。

最近、体調を損ない入院していたが晴れてめでたく退院をしたようである。
三浦はある意味可もなく不可もなく特徴もなく、まるで一門の普通男 雅さんと同系列のプレイヤーだ。

しかしその裏の顔はブラック三浦と呼ばれ、烈風武田を危機に陥れた張本人である。
というのは冗談だが、とにかくあまりネタになりにくい、しにくい男だ。

俺があえて三浦をこうやってネタにするのはまあ他にネタもなく吊るし上げる素材がいないせいだが、
いじられるとコジコジのように「こじこじ~」とか言っておちゃらけるお茶目な一面もあわせ持つので
ついつい俺も構ってしまう。俺自身も奴を気に入っているのだろう。同じ九州出身でシンパシーをどこかで感じているのかもしれん。

さて、上記の4コマはその三浦の内実の性根を赤裸裸かつ的確に表現している。
機転、柔軟、狡猾、卑怯 まさに外道とも言える所行とも見える。だがちょっとまって欲しい。

三浦という男は本当は己自身に一番正直に生きているのかもしれない。
信内いわんやネトゲ内でリア美ちゃんをみれば「おっぱい揉ませろ」と言っている俺が
三浦を自由奔放な男だと言い切るのは本末転倒なのだが、そこはそれ。これはこれ。

ということで、全然身の無い文章を垂れ流しているなんて暇なおっさんなんだと閲覧している諸氏は思う事だろう。
そうです。私が暇なおっさんです。てか、某業務に関しての販促資料とか作れと命令でてるんだけどなんか頭がうごかねーんだよ。なんかだりーんだよなー。

業務会議でプランナーやプロジェクトMが紙になんか書いてると思ったら、○や△の意味ない図形だったとか前に聞いた話だが、なんとなくそんな感じ。意味の無い無為なものを頭を使わずやるのもブレストの一貫である。
いや、ほんとはだるいんで何も考えたくないだけだ。午後から本気だそう。

で、よくよく考えたんだが、三浦って北斗キャラだとアミバじゃなくてシンに近いんだよね。
廃人の心変わりは恐ろしいのう。

hokuto

しかし写植ずれまくってんだろこれ。どうでもいいけどよ。

さてと、まだ借りてないけど、かずにゃんローンに借金の返済計画でもたてとくか。
とにかく貫がねえと宝玉も買えねえ。

ボンビーはやだねえ 信でもリアルでもさ。



ノーノーサンキュレーション

ddee

信で現在こんな調子

というかー 全然インもしてなかったしー 貫も無いしー 装備はボロボロだしー 無理ゲーって感じー
したっけー 私設員が材料売りの金策とか述べてるのでチョーうけるんですけどー

冗談はともかくやはりやる事が無いぞ

俺何したらいい?

ザクちゃん 一門クエ

キノ 拠点

かずにゃん 生産

三浦 オ○ニー中

とりあえず俺は両替警備中


合コンでも浮きまくってるとほんとなにしていいのか路頭に迷うことあったよなあ

そんな時に女神のような人が現れてくれないだろうかと切に願う俺なのである

そしたら茶羽が現れて貫くれよとねだってきた

あいかわらず可愛い奴だな だがしね(キリッ

そんな日常がいつまで続くやら ここらで一発なんかないものか

関係ないけど武神しね 

まれに見る糞台だったぜ 
もうちょっとで死兆星が見えるとこだった

しっかし月曜だりい 超だりい なんで月曜とかあるのか意味わかんねぇ 

宝くじ当たったらニューカレドニアに行ってニートになる夢を見てます

もちろん

叶わない夢だよ 糞



自炊

pu06


昔、弟が嫁の飯がまずいので実家で飯を食っていた
そんなにまずいならなんで自分で作ろうとしないのだ男って奴は…と女性の方は呆れるだろう

男の料理は豪快かつシンプルがいい
俺はダシと味噌の中に肉と野菜をありったけぶった切って作る漢鍋が好きだ
好きだが食いたくはない 当たり前だろが

信の知人で料理が上手いのは、もちろんザクちゃんである
だって先生だったしな 
ザクちゃんにことあるごとに鮭オニギリよろしくと言っている俺
やはり握り飯を美味しく作れる女性はいい
ちなみに高村の牛は別名オニギリと呼ばれているほどラブリーな奴だ

しっかし
信をやっているともう最近は日本酒ばっかだな 
つまみにフロフキ大根とかイカのゲソ揚げとかつまんでる
たまにチョリソーとか唐揚げだ
ウイスキーにシフトするともうロックでそればっかし
武将とかやろうもんなら目が回って吐くよ吐く

前に独身の若いコゾーに聞いてみたことがある

お前自炊するのか?と聞いたら
「余裕っすよ!お湯で3分すよ」と釣りなのか本気なのか呆れた答えが返ってきた

狩りをやりながらペキンダックを作っていた強者もいる
炒飯作ってるのでちょっとまって!とか言われた事もある
いやあモニターの裏側では四苦八苦と自炊や選択してるんだな

そうそう
昔の兵法者などは宿の竃を借りて自分で米を炊いて自炊をしていたそうである
食物を自分で作り生活していくのもまた修行

よし!今日から自炊だ
といいつつ、近所のラーメン屋に寄ってしまう俺なのであった

課金再開したのでまたぼちぼちインするか
さて、んじゃあ金曜日ってことで良き週末を

しかし今年ももう一ヶ月ないんだな 早いもんだのう

信長 茶の間の愛憎劇場

pu5


師走の寒気が身体をなぶる今日この頃。

葵雪月花こと武田の巫女コロッケは苦悩していた。

会いたい…あの人に。恋焦がれる乙女を演じてはや何年。

時には寄り添い、時には敵に。あまたのプレイヤーの中で唯一人。
あの人への想いだけが、私をこの世界に縛り付ける楔となっている。

コロッケは決めている。あの人にもう一度会えたら必ず言おう。

この言葉を必ずあの人に届けよう。

この想いのたけをすべて解き放ってしまおうと固く心に決めていた。

果たしてまた会えるのだろうか。胸を貫くような焦燥を抑えきれず叫びたくなる。

コロッケはこの想いを唄にのせてどこかにいるあの人に届けたいと思った。

題名は「あなたのハートに猪突猛進」。

コロッケは我ながらいい題名だと思った。その瞬間に自己憐憫の渇いた笑いがこみ上げて来る。

笑いながら小さな声で呪詛のような言葉を吐き出した。

「クックックッ…クックロビンは歳をとってる…」

パタリロのギャグはコロッケにとって胸が熱くなるファクターでもあった。


その時

黒い甲冑に身を包み、のっそりと両替前で佇む侍がいた。

刹那、コロッケの全身に電流が疾り、思わずその侍にかけよった。

「また、また会えた…」

絞り出すような声で侍を見上げ、こみ上げる涙を震えながら抑えた。

侍はコロッケを一瞥すると、青くなり押し黙ったまま立ち尽くした。

コロッケは、顔を上げて侍に向かって言った。

ずっと言えなかった言葉。己を縛り続けていた呪縛の言霊。


「貸した貫を返せよこの野郎!!」





教訓:貫の切れ目が縁の切れ目 貫は借りても装備は貸すな

っていうか、誰か貫かしてくれっし













マスター いつものくれ

jigyaku

ツカさんの鍋奉行っぷりに感服した。

信はなかなかインできず。ネタもないんだなこれが。

ところで貫くれ誰かくれ。貫がなければなんにもできず。リアルと変わらん信の中。

嗚呼、貧乏侍爪楊枝。 流れ流れて彼岸花。

同情するなら貫よこせ。
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。