スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞こえる…

師走の足音が。

先週の日曜日の昼に麻雀をやった。
ひさびさにダブリリーチ一発ツモ、タンピン3色ドラ3をあがった。
しかも3色高めの赤ウーピンを一発でツモってくるこの強運。気持ちいいねえ。
あと一本で3倍満。惜しい。
ツカさん、高坂っち、凱さんはやる気を無くす。でもトータルで2位でした。

夜は総勢12名で鍋を囲む。お久なメンツもそこそこ。信というかもうネットゲ-すらやってない人もいるが、
もうそこらは関係ない。なんとなくこれで忘年会という感じになってはいるが、また年末にはやる予定である。

ところで、紹介文や補足文に古神巫女の葵雪月花(コロッケ)を貶める文章を書いているのだがいっこうに反応がない。
あるのは本人からの「おい!」というつっこみのみだ。おっかしいなあ。もうちょっと反応があってもいいようなもんだが。まあコロッケだからしかたねえか。
野良で一緒になることがあったら、「コロッケよりメンチカツですよね」と言ってあげてくれたまえ。
そしたらコロッケAAをあなたに向けてだしてくれることだろう。

最近かずにゃんがPS3を買ったよーと小躍りしていたが、俺は地デジにすらしてねえ。
PS3なんざいつでも買えるんだが、テレビとなると今の奴を消却してスペースをかせがなならんなあ。
というより、今のやつで不便を感じてないんだよな。来年は引越も考えてるし思案にくれてしまう。

三浦がテレビの安売りセールで並んでまで手に入れようとしたらしいが、
2つ手前で売り切れと言うせつない体験をしたようである。レグザス?結構人気あるみたいだな。
どうせなら42とか欲しいよな。今のスペースでも42ぐらいな余裕なんだけど、どうにもああいう家電を買うときって俺は「まあ次でいいや」と思ってしまう。そこらは無精なんだよ。
車やバイクとか買う時はもうカタログを見ながらニヤニヤしっぱなしなんだけどな。

そこで、我らが相談役、高坂に麻雀の最中に聞いてみることにする。
「うーん、1月まで買うのはまったほうがいいっすよ」とドヤ顔で言われた。
今買うのは得策ではないらしい。まあボーナス商戦時期だしねえ。
ちとまあ控えておくか。PS3だけ買おう。

タツヲからの京都おみやげ「ワサビピーナッツ」を貰って食った。
舌がしびれて頭がジンジンするくらい辛いし鼻がつんとする。結構、酒飲んでる状態でこれだから
シラフで食ったらまじ地獄だぞ。
タツヲが見合いをしたのかしらんがいい人が出来たらしい。

俺はおおいに喜んでタツヲに祝いの言葉を投げた。

「よかったな。ところで何類だそれ」

「人類だバカヤロー」

見事に怒られました。こたつでミカン、そして信。幸せのひとときですね。


スポンサーサイト

信長通信【松島3攻略と龍造寺の熱い日々】



土曜日にインすると松島3の難易度の緩和により、一門で3に挑戦していた
イカ娘ちゃんが来ると、超無理ゲーになっていた仕様 既に攻略した一門もあるようだ

で、俺はお留守番でした 
というか、ああいう身を削るようなクエは年寄りにはもうきついのじゃよ ほっほっほっ
ニコ生で動画を見ながら酒を飲む ああうまし

結局、何回やっても無理だった様子 しかし勝てそうなんだけどな見ていても
ここを乗切ればってとこで崩されちゃう なんか昔の伏雷を思いだす

3~4回挑戦していたところで、さすがにこのまま何もしないのはつまらんなと思い、募集とか見てみる
あ!前に徒党で一緒になった雑賀の僧兵のむら娘さんがなんか盾侍の募集してるぞ!

えーと、場所は…龍造寺か 野戦1~5だからこりゃなかなか今は集めるのが大変そうだ
他に盾侍を募集してる人もいないので対話をいれて「盾侍はいらんかねー」と売りこんでみる

「まぁ!盾侍がいないならお菓子を食べればいいじゃない!そんなに盾をしたいならさせてあげましょう。どMの地獄凸さんのために」

「ありがてぇ、ありがてぇ」
と、ありがたくも泣きながら、こころよく参加する俺様。こころちゃん言うなー。

4までは、結構すんなりいけた。まあ、今時だと九州クエに手こずるなんてことはそうはない。
しかし5は舐めてると死ねる家久である。この家久は、そう大した事は無いとは言え、伏龍だるいし横削りしないとあかんからだるいっちゃあだるい。

「みなさん、わかってらっしゃるとは思いますけど家久君はホモです。そこんとこ注意してくださいね」

むら娘さんからノンケの男子なら恐怖と戦慄におののくような恐ろしいアドバイスが下る。うほっ。

「えーと、作戦は?」と聞くと

「みなさん、わかってらっしゃるとは思いますけど家久君はホモです。そこんとこ注意してくださいね」

さっきと同じ事を言うむら娘さん。

「大事なことなので2回言いました」

この人は面白い人だな。俺は抑揚のないチャットに込められたユーモアを感じた。
そういえば、ふぇいとも知り合いだっけか。

そうふぇいふぇーい!

と言おうと思ったが、さすがに他の党員はドン引きするだろうこれ。
これではレッズ並のシベリアンジョークになってしまう。それだけは止めよう。
トバグチぎりぎりで思いとどまった俺は便所に行って頭を冷やした。

さて開始→結構必死→盾鍛冶死亡 俺必死→立て直し→家久乙勝利

熱い。とにかく野戦でこれだけ熱いのは久々だ。松島3もかなり熱く、一門会話で折れた~と報告が飛び交う。
こっちは熱い戦いに満足し、安堵の声がとびかいお互いを労う挨拶が徒党内で交わされる。

最後にむら娘さんより対話を頂く。

「地獄さんは盾侍としてはまだまだですね。私の知人のイケメン侍より数段劣ります。これを機にもっと盾侍として精進をかましてください。あややとの約束ね」

なんともはや、涙がちょちょぎれる黄金の穂にもまされる御言葉。
俺は海賊王になると決めた時から軍学を目指していたが、この言葉で目が覚めた。

俺はむら娘さんに慇懃に本日の礼を言って、この言葉で〆くくった。



「明日から本気出す。今日はねりゅ」



風邪薬と鍋

444

また風邪が流行っている

俺は風邪をひこうが、何しようが滅多に薬は飲まない
だから、たまに薬なんぞ飲むと一発で効く

風邪なんぞをこじらせると、食欲も性欲も減退する
ただひたすら貝のごとくおとなしく静かに寝るしかない

それでも くく…
信を意地でもやる奴がいるんだなこれが 俺じゃねーぞ

松島3が緩和されたようだが、おせーんだよ もうやる気がおこらねー
激流を制するは静水
もう何が起ころうと俺の心は不動の境地 水面を揺らす波紋さえないのだざまぁみたらし団子

ふと考えた 介抱オンラインとか作ったらどうであろう
病気や事故にあった人達を適切な処置で手当や看護をしなければ世界は終わってしまうのだ
主人公のプレイヤーは様々な事故や病気になる恋人を介抱して愛を深めていくのである

と、色々考えたがめんどくさそうなのであきらめた というかつまんねーなこれ

ともあれ
そろそろ年末進行もあり、業務もいよいよバタバタしてくる

そんなわけで、日曜にプチ忘年会というわけではないが近隣の有志にて鍋を企画した
ツカさんが奉行をやるそうなので戦慄と恐怖の鍋になるはずだ

ここを見てる諸兄らも、土日などは友人達を集めて鍋などをやってると思うが、
とにかく鍋は闘いだ 戦国だ 知恵と勇気を絞って挑まれるよう心してかかられたい

では木枯らしぴゅうぴゅう 寒さに負けず良き週末を
グッバイヤコンデス







地に足をつけて

fgrdnhmdhn

もっと地に足をつけて軍学を…

あ、僧兵の時代が始まってた


昨晩は久々にインした 
鬼門>松島と狩りをしたが後半はもう酒飲んでて酔っぱらってた
しかし2垢徒党なので中身は野郎4人しかいないというシンクロ率
NGワードもおkさ


最近、とある北斗のスレを見て吹いた

風のヒューイ「まだ働かぬというのか」

ユリア「無職…軽蔑する」


俺のコーヒー返せ馬鹿野郎



それはさておき

puuu

それはともかく冬は鍋ですよね

それはさておき冬は信ですよ



しかし
またしても全然信ネタはないのであった あんまインしてねえしなあ
土日と飲み三昧だったので少し胃が疲れてるようす

んじゃあ無理して書く事もなかんべよと思うだろうが、俺もなんで更新してるのかわかんねーんだよ
単純に言えば書く事自体好きなんだろうなあ

パチ話だともういくらでも書けちゃうんだが、だったらブログ自体もパチフミに変えちゃった方がいいくらいである
パチ雑誌なんざまず読まないが、パチ漫画はたまに読む 谷村ひとしの「お、おすいちだぁ~!!」とかたまに言ってみたいね あんなんあるわけねーだろボケ と憤ってしまうくらいにギャンブル勝負は甘くはない

話は変わって会社の同僚が誕生日だったのでi-TUNE Card 3,000円分をプレゼントした
i-Phone同士だとプレゼントも迷わなくていいから楽だな 俺がもらってもちょっと嬉しいものだしな

もう11月後半かよー はええよなー 光陰矢の如し 黄門やべえ全然当たらねえ
おっともうパチ話は置いといて、もうすぐ忘年会シーズンだな

時期的に飲み会も多くなる 多くなると出費もかさむ 
嗚呼 かさむ羽衣きらめく山河 朝な夕なによなべして

もちろんまったく意味はありません はい 

とりあえずからだに優しい水炊き鍋食いたいな 
信は、そうねえ…インもそこそこに狩りだけ人生になりそうだ

ともあれPS3を今週買って来るかなと思って悩んでいるでゲソ
その前に地デジTVを買えと言われそうでゲソ


だめだこりゃ













そんなわけで週末になってまった

来週から本気だす 

では良き週末を ケセラセラ

我が信オンに無限の悔いあり

ラオウ昇天

どうやっても旧北斗(マックスタイプ)では見る事が叶わなかったラオウ昇天演出
ようやく北斗 豪掌で見る事が叶った しかも7テンなので胸熱だった
強敵背景の代わりにでた演出だったので、は?って感じだったが豪掌では通常時の初プレミアかな
まあ収支は相変わらずトントンだが、プレミア演出とか見れるともうそれだけでいいやって思ってしまう

さて、パチ話はいいとして上覧も終わった事だし覚醒狩りでもいこうかと思っていたが
最近ちと忙しいので昨晩はインもできず
タツヲ鍋やる予定だからそろそろ決めとかんとなあ 鍋奉行はツカさんにしとくか

紋の生命付与の上限が200までになったとか聞いた
また評定とか拠点かよだりい
狩りもやらんといかんしなあ とにかく覚醒させなくちゃ次の上覧までに
しかしwマイナスの覚醒はすっげえええええええええええええええええええええええだるい
だるいだるすだるしむダルビッシュだ

ある奴が俺は野良に出るイメージがないとか言ってたが、いや野良にでないわけじゃない
狩りにすらでねーんだよ 誘われないと

よく青出ししてないのに野良の人から対話が来るときあるが、
俺は「ネズミ狩りいきません?」とか「PLお願いします」とか
超絶ふざけた&舐めてる対話、もしくは時間的に深夜とか体調悪くなければそこそこ快諾して参加はする
たまたま暇してると一門とか私設で侍いるときあって参加するってだけだな
あとはほんと何もやることないときだ

昔はなー 狩り楽しかったよなー 狩人に初めて狩りに言ったときは感動すらしたぜ
だって覇王時代の忍者のときなんざ誘われるどころか踏み入れることすらできなかった憧れの場所
まーそのあと、忍者軍団も狩人とかに来て取り合いになったもんだったな

やっぱねー 狩りは楽しくないと狩りじゃねーと思うんだよなー
野良徒党でログが流れるのが早くノリノリでチャットが進むとかはもう期待もしないが
知人同士で言ってもほとんど無言だからな今の狩りって

ちょっと前に宿とカタソバの育成徒党に松島補充で参加したが、ああいうのがいいな
なんだかんだでチャットしながら退屈はしなかった まあ壊滅しそうで危ういときが結構あったからでもあるけど

光栄もちったあそこんとこをテコ入れしてもらいたいぜ MMOの醍醐味の一つは楽しい狩りだ
甲斐に美味しい狩場を提供しろ光栄 昇仙峡だけじゃねえかまったく
覚醒がバンバン上がる狩場を提供してくれたら俺は頭を丸めてもいいと思ってる
ザクちゃんは頭が丸いだけなので丸めてるわけではない

そういえば上覧中に上覧に出ていた夢を見た 間違って入力ミスで逃走を押してしまった

「あーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!???」

と大声を張上げて夜中に起きた 
気がつくと両手を空中に差し出してコントローラを握ってる格好になっていた

嫌な夢だなまったく しかしこの前の宝クジ2億円当たった夢よりはいいか
起きた瞬間に現実に戻ってすげぇ疲れたし

さぁて今日の昼飯は生姜焼きセットでいきますかね




上覧 感謝の意

亀亀


11日間に渡る上覧の大会は幕を閉じた
結果は15位だったらしいが、勝敗や順位とかは問題ではない

色々あったが今までで一番楽しめた上覧だった気がする
というより上覧って初めはいいんだけど、結局リアル事情で出れなくなってくる人多くなって
結局最後までしっかりやりきるのって困難なわけだよな

動きについては、ミスも多くこうやっていれば…とか、たらればも多いわけだが
しかしそれは他のチームでもまったく同じ事だ

一手の指し間違いで押込まれたり、旗折れしたり
初めはうぜーーーーと思っていたが、試行錯誤していくうちに楽しくもなっていったのである

もちろん、現状の「一点突破」ばっかりの上覧は問題がある
その技能があるなしではかなり勝率も違うかもしれないんだが、
勝敗を左右する技能を1特化に与えた開発が糞であって、
それを使用して勝ちにいく姿勢は別に間違いではないのだよな

ウェイト覚醒の有無で先手を取るか取られるか
残念ながらうちの徒党は後手ばっかに回ってしまう事が多かった
ケノと永木さんの開幕の動きが的確じゃなかったらもっと順位は落ちていただろうと思う
俺が開幕先手とれなかったからかなり苦戦をしいられたのは事実

ともあれ、誘ってくれた巫女のせつらさんに感謝をし
共に戦ったサモの信濃さん、鍛冶のアこむさん、薬のコストコさん、陰陽の永木さん、そしてザクちゃんとケノ
11日間お疲れさま&お世話になりもうした

特に感銘をうけたのが、コストコさんのようにかなり色々難しいポジションにいて、
俺以上にあれこれ言われるのが多く大変だなと思ったが、
最後まで腐ることなく真摯に頑張っている姿は真の漢である
普通ならキレて上覧は二度とこないかもしれん

強い人、上手い人はいくらでもいるが、我慢強く己を殺せる人はそうはいない
押して忍ぶ 俺もその姿勢を少しでもリアルの中でも活かせればと思ったり(苦笑

徒党の中で喧嘩や雰囲気が悪くなったこともある 不本意な負けなどをしたときがそうだが、
それでも勝つために敗因をしっかりみつめて、分析しながらの試行錯誤の中勝利を収める事ができると
重い空気は雲散霧消する 実際そんなものである

今度はいつこのような機会が来るかはわからないが、今度は一門員の若い人達が率先してこのような大会にでてもらいたいと思った 色々学べるからねえ

最後に、上覧のような大会でもそうだが参加してくる人達がいなくては試合にもならない
応援してくれる人達がいるから盛り上がる
人がいてこその祭りの〆はやっぱり感謝で締めくくるしかない

上覧で当たった全てのチームに
そして応援してくれた方々、その他関係者全てに心より感謝の意をこめて

ありがとうございました あと入賞チームもおめでとうございます

徒党の力量としては15位は俺からすると出来過ぎの成績かな 

苦しくもあり楽しい大会だった 
あ、他鯖の方からブログ見てますと言って頂いたのはほんと嬉しかったな
それも含めて感謝感激ヒデキ感激

それにしてもまた機会があれば是非出てみたい
ユキヲ!今度はお前がでろよ

最後に俺自身に 11日間お疲れさま(爆

本当にいい大会であったなw 


あ、頭が…

sede


ふ…少々飲み過ぎたようだ80年代でもあるまいに


う~~~~~~~~~~;
飲み過ぎてあったまいてぇ…

風邪かなとも思ったがこりゃ二日酔いだな
やはり日本酒1升空ければそりゃ二日酔いにもなるわ
上覧しながら吟醸が美味すぎたんで水のようにするする飲んでたら気がつけば空っぽ

ひい;いつ飲まにぃ 誰や誰がこんなに飲んでしもたんや! おめーだよ おめーだ
で、上覧終わったらもう死んだように眠って気がつきゃ朝

頭の中でロパート・プラントがあの金切り声でシャウトしやがってる
天国の階段ならぬ地獄の戒壇である まじで死ぬ

今日は昼に蕎麦食ってたらふく水を飲もう


ちょっと知人数名の昼飯を当ててみるか

今日のあいすの昼飯 納豆定食味噌汁付き 600円

こもも 横浜名物 崎陽軒のシウマイ弁当

ザクちゃん 手作り小倉トースト鰻入り 材料費のみ

モモ セブンイレブンでハーゲンダッツ バニラ250円

かずにゃん 北九州名物三色オニギリ320円

タツヲ 社員食堂のカレー350円

ユキヲ 心斎橋近くの唐揚げ弁当480円

三浦 バリウム 金額不明


こんなとこかしら
どうだ当たっただろ 

ほいじゃ金曜のこの良き日
縁と命があればまた

せいぜい良き週末を過ごしやがってくださいませ旦那様

改めて読み直す名作

cvdfghg


花の慶次の原作となる『一夢庵風流記』を読み直してみる。
読書の秋というわけではない。毎日の電車通勤に読む本はいつも2冊は常備している。
新刊はあまり読まない。その前にいまだ読んでいない名作が多いからである。

思えば俺は子供の頃時代劇はあまり好きではなかった。
何故ならチャンネル権は親父にあり。好きな歌番やサスペンス劇場を時代劇に奪われ見れなかったことにある。
子供の頃はテレビは一家に一台。5人も兄弟がいてそう裕福でもなかったし当然か。
親父の楽しみは相撲と時代劇。
もちろん水戸黄門や銭形平次はそこそこ楽しんで見ていた記憶はあるが、これは市井(しせい)ものだ。
江戸の町人文化の時代劇なので、子供と言えど完全懲悪の正義は勝つといったワンパターンの構成なのでわかりやすいし馴染みやすい。月代の俳優を見ながら丁髷はださいなと思ったものだ。

しかし、NHKなどでやる大河ドラマは戦国ものは、その背景も多重に重なり合っていてとにかく人間相関が複雑だ。当時の小学生程度に理解して尚かつ楽しめというのは酷である。もちろん例外な俊英もいるにはいるだろうが。
ウルトラマンや仮面ライダー、マジンガーZなどの特撮ヒーローものやアニメを見てはしゃいでる子供が、戦国の哀切の話などあまり愉快なものではなく意味もわからなかった。

学校で戦国武将の猛勇などを学ぶのは嫌いではなかったが、ことテレビの戦国大河ドラマは俺にとっては天敵だったと言っていい。
ものごころつくまでは、戦国ものなぞ小説はおろかゲームなどにも興味はなく手を出さなかった。

その俺が信長の野望オンラインを始めた事によって、現在はかなりの数の時代劇作家の名作を漁るように読破するに至っている。

慶次などは恥ずかしながらジャンプで知ったのだが、当時は北斗の拳が終えてからの原哲夫にはあまり興味も無く読んでもいなかった。

パチンコでの知名度がかなり高くなり、慶次を打ち始めた頃に隆慶一郎という作家を知った。
この作家を知るのがあまりにも遅すぎたのだが、かの藤沢周平フリークの俺には知っていても食指はのびなかっただろう。
山本周五郎や吉川英治、池波正太郎、司馬遼太郎、五味康祐、柴田錬三郎、山田風太郎 他キラ星のような作家達の作品をいまだ読み終えてないものが多かったからだ。
もちろん今でもまだたくさん読んでみたい作品は多い。

が、漫画とパチンコ、それに角田の歌というメディアミックスの相乗効果により、この『一夢庵風流記』という歴史小説を読むに相成った。というよりも、その当時、漢を描いた作品が読みたかったのである。

この小説が歴史小説という位置づけが世間的に正しいのかどうかは知らないが、小説を書くにあたり、実存していたこの天下御免の傾奇者の記録を克明に調べあげて肉付けをしていったらしい。故に俺にとってはこれは純然たる歴史小説である。

よくよく考えてみると、当時も今も日本の社会はそうは変わっていない。
身分ある武士のほうが、不自由に生きていかなければならない。これは現代のサラリーマンと変わらない。
もちろんそこらの町人、百姓でも理不尽な規範に沿って生きていくしか無いわけだ。

だから慶次のような峻烈かつ磊落な生き方に日本男子ならまず憧れる。
組織に属している限り普通では誰しもそのような生きかたはできないからだ。

そこの痺れる憧れるぅとはよく言ったもの。真の漢の生き様には華があり涼やかな風がある。
これを読むと、果たして自分は漢以前に男でありえるのかと疑問に思ったりもする。

この作品の中で一番のお気に入りは、前田利家の正妻「まつ」との恋慕を加賀百万石と天秤にかけ、泣く泣く別れた後の慶次である。

とにかく泣く。慶次が泣く。思いだしながら、飯を食ってる時でも厠でも大声をあげて泣く。
このくだりで捨丸は「たかが女と別れたぐらいで」とみっともない慶次のていたらくに呆れ果てている。

俺が頭をガーンとぶん殴られたのは慶次の言い分である。

お前ら、あれほどの女と別れたことがないから、へいきでいられるんだ。
大体、破れて平気でいられるような恋などするな。

俺はこのときまで女にふられて、もしくは恋愛沙汰で男が泣くなぞ女々しくも情けないと思っていた。
事実、マザコン野郎などの失恋慕情なぞ聞いていて反吐が出る。

が、確かに振られて悲しくない恋なぞあるわけはない。恋は真剣勝負だからこそ恋なのである。
勝負であるから痛みもあるし、血も流す。そして喜びもある。
そんな女に出会えた男は幸せであるんだなと思った。泣いて泣いて雨のように流すしか無い恋もあるのだ。

残念ながら、恋愛沙汰で俺は泣いた事は無い。
というか泣くほどの恋をできる男だったらもうちょっと何とかなってはいるかもしれない。
まあ、俺の事はどうでもいいんだ。とにかくこの慶次のような男だからこそ、男も惚れるし女も惚れる。
こんな男が友人だったら、大変でもあり楽しくもあるだろうなあとしみじみ思う。
爽やかに読み終える名作はいいものだ。余韻が残る名作をたまにはブログでレビューしてみるのも一興かな。


さあて上覧だが、とにかく上位陣と当たるともう劣勢劣勢。勝てそうにありません。
試行錯誤はあるんだが、どうも先手をとられて押込まれるのが多い。まあ強豪の常連者の連携にもともと勝てるとは思わないが、せめて自身の納得のいく立ち回りはしたいとは思うね。残念だがまったくできてない。
あとは色々大変なのは俺だけではないということだったな。自分だけあれやこれや大変だと思っていたが、みんな大変だということである。如何に俺が自分の事しか考えてなかったのかがわかる。
遊びでも仕事でも変わらんのは団体でやっているという共有感だろう。それは俺には希薄だったな。正直すまん。

戦果は負けたり負けたりだが、すこしずつ見えてきたものもある。
所詮、あれもこれもできるわけはないのだ。終日まで腐らず試行錯誤でもがいてみよう。
まー、上覧はサービス終わらん限りあるしこれっきりではないしな。

上覧終わったら狩りで底上げするっきゃないね。
一門でも特化を限定せずに参加とか企画してもいいんじゃないかとふと思った。

しかしうちの一門連中って何故か狩りが大好きなんだよなあ。








まだ闘おうというのですか



やあやあ
相変わらず上覧でミスしまくってる俺です
裏対話でザクちゃんと木乃にボコられ恫喝されなだめられ
はてはパンツまで毟られそうになるかの如く憤怒する二人に一言
リュウケンやリュウケンの仕業や その連勝止めねばならぬ 夢想モード突入 2通オチ
堪え難きを耐え、忍び難きを忍び今日を生きてる俺は凸

冗談はともかく、今までつるむこともなかった人達との徒党は
なかなかに大変でもあり楽しくもある
相変わらず勝ったり負けたりだがね
で、なんで真紅とか同じ鯖同士とばっか当たるねん
どうも手の内を見透かされてるような気がしてならないでゲソ

なんだか尖閣諸島問題やらインフルまた再来とかロッテ優勝とか世間は色々にぎわしいが、
平和にゲームできてるあの日々この日藤井さん

まーったく関係ないんだが、昨晩TVをつけたら、今をときめくAKBが踊ってた
おにゃんこ、モー娘の系譜をたどるような多人数ユニットなんだが
まあ可愛い子供がなんか振り付けして踊ってるなぁぐらいにしか思えない
まあそれで十分なんだろうが、最近はニコやヨウツベで世界のアーティストのパフォーマンスをみれるから、
歌と踊りのレベルの壁を感じてしまうなあ

動画は多分シンクロ率400%以上だが、それ以上に編集と選曲のマッチングが素晴らしい
こう、なんか元気になれる動画だな
にしてもこのデブのおっさんの動きと合わせたバックダンサーのシンクロ率と
パフュームの歌がまるで違和感がないのがすごい 才能の無駄使いというか何と言うかとにかくすげえ
こんなんに興味ない人も多分見てみたらすげえと思うぜ多分

風邪が流行ってるんで、元気になる動画と蜜柑で11月を乗切るか
朝の果物は身体にいいらしいよ藤井さん






ジャギの日々

ジャギ


いやなんかもうお久しぶりって感じね。
ブログってぇのも書かなくなると全然書かなくなるからなぁ。

月曜日の朝にブログ更新してる暇があるのかおっさんとか思うだろう。

あるんだよ。というかもうデータZIPにして送信したし、
ロスの業務委託してるアウトソーサーにはメールで指示いれたし一仕事終えたとこだ。いやほんとまじで。

しっかし北斗は面白い。相性もいいんだろうが飽きないな。
蒼天のほうがスペックいいやんと思うけど、やはりジャギ様の大当たりの瞬間の「ぴぷぅ~!」がたまらない。
予告も増えたしキャラも増えたしな。まー、なんでもそうだけど勝てば楽しいね。勝つから楽しーんだ。
面白いことに、慶次で39連かましてからちょっと打ったら2千円で単発即止め。また違う日に打ったら2千円で単発即止め。
もう慶次の連チャンの神はどこかに去ってしまったようだ。卒業だわな慶次は。

と、まあパチ話はここまでにしておいて、信オンに話を持っていこう。

上覧に出ているが、とにかく色々と大変である。慣れないメンツ。慣れない連携。慣れない構成。慣れない最近の対人の動き。
色々書くとネタバレになってしまうので、まあ所感ぐらいを書いておこう。

上覧にひさびさに参加してみてよくわかったことがある。上覧常連者の勝負にかけるベクトルは俺たちとはまったく異質なものだということだ。

とは言え、それは俺には新鮮に映るしよく研究してるなと思い、感心もする。
元来、俺は人からあーだこーだ言われるとだるいしキレるし。
リアルでも正論であろうがなかろうがとにかく
会社のボスにでも俺はキレる。げぇ、社会人失格やんかこれは。
実は最近もあったりした。テヘヘ。だっていっつも相談せずに無理難題を現場に言うんだものー。
まーとにかくしつこく言われるのがミミズより嫌いだ。

今回出場してみて勝つためにできることを真剣にやるという楽しみ方をしている人達が
結構いるんだなと改めて感じた。

俺は自分の対人特化の使い方や技能を把握理解していなかったのを痛感する。
っていうか、もう俺が思っていた対人戦ではなくなっていたのだなとうの昔に。

で、当然あれやこれや言われる。当たり前のことだが気分がいいわけねえ。
しかしだ。
言われないともう自分じゃ気がつかなくなってるのな。
勝ったり負けたりだが、そのほとんどの負けは俺の判断ミスと動きによるとこが多い。
そうなると、これは人選ミスというしかないわけだが、出てる以上はやれることをやるしかないのだ。
遊びとは言え、「約束」したわけだから俺は如何に恥をかこうが出てやるのだ。
でも俺じゃなくもっと慣れてる軍学だったら勝率ももっとよかっただろう。まーしゃあねえ。人選も運だと思っといてください。

ともあれだ。それほど軍学の動きなど対人では重要ということだが、じゃあ武士1でも勝ち進んでいるとこはあるだろうしようはやりかただと言う人もいる。いるんだけど、やはり構成と技能あれこれは大事だよなあ。

あとスタイルを持つのは確かに強いのがわかった。こちらは武田と浅井の急造混成チーム。
練習もしてなければ上覧常連者が4名ほどいるだけで意志統一もまだまだシンクロはしていないし。
アタッカー4軍団がとにかく巧くて強い徒党が多かった。というか俺には全ての徒党が上手く見えるなもう。

実際、うちらに負けたチームなどもチームとしての実力は上だったチームも多いだろうなあ。
運良く旗折ったりすることがあって何とか勝てたってのもあったし。

上記であーだこーだ言われるのはだるいと書いたが、今回に限っては致し方無しとも思う。
実際、いつもの固定メンツに言われる方が腹がたつ時もあるが、
今回に限っては腹がたつわけもなく、単純に動きが悪いと自分で認識する。もちろん指示をしてる彼らも完璧ではないし、それは己自身でわかってもいるだろう。

今回出てみた収穫は、技能の確認・把握 最近の対人の勝利条件 勝利に真剣な人達との遭遇 だった。
負け続けりゃやっぱし険悪なムードにもなるが、俺たちは負け慣れてるからなぁ。はは。まあしゃあねえとあきらめるが、常連者はぴしりと敗因をつきつめる。
これは良い事であると思う。運不運で流さないで事実を認めていくことが次の勝利に繋がるのである。多分な…。

ザクちゃんと木乃と俺が一門トリオで参加してるが、まあ、おっさんはもう若いものにはかてないねほんと。
そういやいつも固定メンツの時って、ぽっぽである、こももを起点にして動いてたんだよなあ俺。

まあそんなこんなで、完全と言えないまでもそこそこは楽しんでると言えるかな。
出てなきゃこんなネタはないし、何より暇だろうしな。目標もちょっと出来たし前よりモチベはちょっと上がったかも。

しかし昨日も徒党で言ったんだが、試合の対人は苦手だなやっぱ。合戦の対人は「死合」なので何やろうが勝てばいい。そんな闘いかたばっかしてきた外道なので、俺は将棋のような詠み合いの綺麗な対人は苦手である。

でもまあ、多少なりとも頭を使って楽しむのもありという気がしている。
でないとボケそうで怖いわ。

新規の人に一言いっておく。軍学だけは作らない方がいいぞまじで
精神的にタフじゃなけりゃ自律神経やられちまう特化だぜw

じゃあまあなんとか終わるまでせいぜい上覧楽しんでみるかい。










病み上がりの決死圏

mara

久々に。本当に久々にインすることができた。
そこにはいつもの一門、私設、甲府の両替前との情景。ともに変わらぬ日常があり営みがある。
新技能の枠が増えていた。使えるかどうかは知らんがまあ修得はしておこう。

ところで、この日記はたまに私設員や一門員でも見てるらしい。

えー?この記事ってほんとなのー?
とか。

まさか…信じられませぬ
とか。

賛否両論非難号号の雨霰が飛び交うのだが、これだけは言える。

ザクちゃんの頭は丸い。これだけは真実である。

明らかな漏洩(スロッパー)が一門外に流れ出すのは困るが、高度な衛星情報(スターインテリジェンス)でもあるまいに、ラングレーのように定例(ルーティン)を外してもなんrな問題はない。
何をわけのわからない事を言っているんだ俺は。これではまるで中二病のおっさんではないか。
完全にあってる。

それはさておき、
俺は常々、色んな人をこのブログでネタにしたいのだが、一門やそれ以外では私設時代のスチャラカ野郎どもと違って、ひっそりこっそりまったりと生きていきたいと願ってる人も少なくない。

三浦のように晒される前はビクビクしながら一般人ですRPをして、世を欺いてた奴もいるだろう。
晒されてつきぬけたら人格が変わってしまった。いや本性が顕在化して表層に現れたというべきか。
そんな奴は思いっきり捏造記事をでっちあげて、タイムズ誌のゴシップ欄のようにあることあること書き綴って
貶めてやるのだが、水に沈んだ静かな石をわざわざ動かすこともあるまいて。

とにかく私設時代とは違い多少俺なりにも気を遣ってはいるのだよ。私設員以外の一門員に限ってだがね。
おっぱいぴろんぴろ~ん。おっと、これじゃあ藤井さんだ。藤井さん鴨ちゃん元気ぃ?まだ食べちゃだめよ。
そうそう、若いときは気を遣わねーで腰使え!と、バイト先で言われたっけなぁ。はは、悲しくなるぜチンスコウ。

一門は静かな時はまったく静かだ。確認しないともしかして俺だけしかいないのかと思えるくらい静かだ。
そんな時は大概みんなクエか狩りか、放置してジャンプを読んでるか。その3択だろう。
ここで知り合った老兵さんはすっかり一門に馴染んだようだ。嬉しい事である。
ブログを通じて加入してきた、えーと名前忘れたけどあの人もそこそこインはしてる。
すまんね、まじ忘れたwしかし一門では貴重な武士道なので頑張ってください。

昨晩インするとやはりどらえもんの静ちゃん。
しかし誰かが一声を上げるとそれに呼応して蛙の合掌のように、一斉にチャットログが流れ出す。

さてそこで本題だ。
実は木乃が何やら上覧の話を持ってきた。浅井の人に参加できないか打診してくれと言われたらしい。
今回は配布装備なので最低限の対人技能覚醒があれば何とかなるようだ。木乃はその浅井の人と馴染みでよく上覧で一緒に組んでるのでピーンときた。ピーンと。
ザクちゃんもでるらしいので、せっかく誘ってもらったしたまには出てみるかという気になった。
何より体調不良もあったが、特にやる事、やりたい事もなかったからインもしなかったわけだし。

俺は引き受けることにして木乃にこう言った。















「誰がトム・クルーズやねん」






シンクロ率800%



寒い。寒いなほんと。
最近また風邪がぶり返してきたのでインもせず動画をまったり観てる。
と思ったら課金も切れてたと言う。今日あたり1週間ぶりにインしてみる予定。

土曜にひさびさに慶次打ったら39連したという。さすがにゲップがでるくらいの総当たり62回。
しかも19時で終了したからあのあとどうなったかは知らん。
大乱制覇を見れたけどとにかくこれで風邪引いて日曜は寝込んでいた。
多分もうこんなんはないだろうからなあ。まあ天運がない俺にもしょぼい運ぐらいはまだ残ってたようだ。
台との波長がシンクロ全開でアドレナリン出まくったが、
考えてみるとこれなら宝くじに当たる方が全然いいなと思ったり。
パチは勝ったときしか書かないのが当然だが、最近勝ったどうこうは書かなかった。
しかしちょっとこれは特別だったので書いてみた。まあ勝ったぶんだけ負けるのがギャンブルだしどうでもいいよな。

動画はソーラン節とインドの踊りが見事にシンクロして、ソーラン節がすごくかっこいいことがわかった。
プライマル・スクリームも驚く音とダンスの融合だ。というよりこのMAD作った人のセンスの深さを伺わせる。

シンクロいいね大事だね。ネトゲキャラとシンクロ率120%の藤井さん。寒いから鍋やろうぜ鍋。
しっかし天気が安定しないのう。月曜だってのにさらにだりいわこりゃ。

あ、モモの一門の話はまた暇と気力があったらまた今度。

次は三浦のネトゲ奮闘記~神奈川クリニック編でも書いてみるか。



プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。