スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お前】【藤井だな?】







こんなとこで何やってんすか藤井さん

というくらい藤井さんに似ているのかどうかはさだかではなし

訃報からもう10年だがこの人ほどかっこよくせつないラブソングをつくる人はいまだ知らない

っていうかどっかの会社の課長みてえだな

藤井さんに次に会うときは是非、陽だまりを歌ってもらおう

信はまったくインしてないからネタがないのだ これでいいのだ

そろそろ新章カウントダウンか 嬉し恥ずかしああ微妙













スポンサーサイト

confusion



懐かしの大沢誉志幸のPVで始まるわけだが、日清のカップヌードルの歌ばっか

バラードもいいけどポップな もとい8ビートのロックロール調のほうがこの人は断然いいと思うが

この人まじかっけえよなあ

ガキの頃憧れてたね 音楽活動やめてから今はどうしてることやら

SCOOP!に収録されていたRING RINGとかカーステで流しながらシルビアで夜の国1とか走ったっけ

まじなつい


で、

というか

まあ

つうか

仕事が多忙すぎろくすっぽ寝れない件 あーまじであそこと関るとろくなこたねえな

名前は秘すがまじであの会社の仕事はやりたくねえ

といってもやらなーい!というわけにはいかんので今日も今日とて朝もはよから出勤してるわけ


信も先週の火曜辺りからまったくイン出来なくなったが、帰宅が遅いのでとてもインする気力がない

ここで適当なことを書いて憂さを晴らすのが精一杯なのよねん

いままさに地獄だが、刃の先をかいくぐって一歩踏み込むとそこは天国が待っている

空手バカ一代で大山館長が言うとった 

余談だがあるホテルマンが飲み友達だったのだが、極真幹部会をそのホテルでやっていた時に、
その知人がドアの向こうから大山館長の怒号を聞いたと言う

佐竹を殺せー!!

佐竹はなるほど極真から正道会館へ鞍替えしたからね  という話だった

嘘かほんとかは知らんがそんときは吹いた


あ、話が横道にそれた

とりあえず

寝てないんで眠い

金曜は食の達人の集まりに参加するのだが、それまで生きてられるかが心配である


confusion

まさにいま激務で混乱している


大沢誉志幸がある雑誌のインタビューにこう答えていた


──休日は何してる?

次の休日の事を考えている。その次の休日もさらにその次の休日の事を考えている


まさに今その状況である ぬるぽ



しかしかっちょえー











消えゆく烈風伝

鯖統合も目前だが、よくよく考えてみると烈風単体鯖というものは無くなるのだろう

間違えて覇王でやったことが烈風に再び舞い降りる結果になった

だって初めは群雄で友人と約束してたからね へへ 間違えちゃった


んでまあよ と、いきなり伝法調になるんだが、よ~~~~く皆さんも考えてみてごらん

老いも若きもニートもリーマンもだ


その鯖じゃなかったらどうなってたことだろう

多分まったく違う仲間と異なる時間を共有してたはずだろう

いやもっと掘り下げると、その勢力じゃなかったら

そいつに出会わなかったら


今の自分の環境(と、いっても信内がほとんどだろうが)はなかっただろうなぁと思う人も、
少なくないんじゃなかろうか

結婚した人もいるしな まあ離婚した人もいるんだろうけど

感傷的になってるわけじゃないが、そう考えると感慨深くもあるよね

この鯖で出会って別れて晒されて

烈風がもし出来てなかったら俺はいまこうやってブログを書いてるかどうかも怪しい

というより、ブログ始めるきっかけも信だったし仕事でもブログに触ってたことが役に立った

麻雀仲間も増えたし飲み仲間も増え全国に知人も増えた

信がなかったら、網走湖でワカサギ釣りなんざやらなかったし、浜名湖で沖釣りもやらなかったろう

大阪や伊豆にだって会社以外の行事で遊びでいくことはまず無かったろうね

ああ信って素晴らしい


とまあいいことばっかってわけでは勿論ない

が、それもひっくるめて烈風鯖には御世話になった

これどの鯖の人も同じだろう

PSとPCが入り混じった新規鯖 烈風出んはカオスだったが、オンライン初めてですって人も多くて新鮮だった


烈風と将星が合併したら烈風武田はもう存在しねえ

お前らジャギ様に謝れよ

とにもかくにも、統合されたらまたおもろい奴も増えそうだけどな


ところで

ずーっと思ってるんだが、引退する人ってなんでわざわざ周りに公言する人多いんだろうか

何も言わずに消えりゃスマートだと思うんだがなあ

イベントの運営とかやってた人とかは別としても

引退しますとか聞くと、はいはいそうですかと言わざる負えない

人の事情なんざよっぽか近いしい人ぐらいしか興味もないしどーでもいい

第一、引退とかいう言葉も的を得てないだろと


俺は引退するとか絶対言わない ただ黙って消えるだけだ

だってそれを言ったらただの構ってちゃんに見られるし悔しいのうwww悔しいのうwwwwになるから絶対いわね


考えてもみろよ

引退しますね と公言して引き止めてもらえなかったらミジメじゃんwww

涙が出るぜまじで


つーか、オフゲと一緒でずっとやってりゃ飽きるし、たまにやりたくなる時もくるわけだ

休止しますねぐらいでいいだろ



藤井さんが引退しますとか言ったら大変だ

それこそ藤井駿河守 引退記念男祭り 甲府神社 20:00にて とか告知でちゃう

藤井さんはあと50年は現役でいてくださいね



あややとの約束ね
sen

でもこれ男なんだよなww












藤井語(ふじいかたり) 其の弐

藤井さんの棲息している伊豆はとてもいいとこだった

信の知人とともに藤井探訪をしてみるかと企画したことがある

そこで我々は藤井というホモ 

いや、人類の学名であるホモサピエンスに遭遇した

藤井さんを知る上で貴重な第一種接近遭遇である

これは藤井さんという生物を解析・検証した一つの目安と考えて頂きたい

これから語ることは決して人には他言無用

決して語られる事の無かった真実がここにある

────それでは始めよう




俺は湘南新宿ラインで小田原に向かっていた

藤井さんに会ってどうしても確かめたい事があったからだ

初夏の日差しが車内を照らし、微かに空いた車窓から都内では味わえない緑の気が匂って来る

夏にもう一歩手前の風は洗うように顔に優しくあたる

車内の空気が軽いのは連休のせいもあるだろう 家族連れの子供の声が明るく賑やかだ

都内を離れた外の景色と心地よい電車の振動のリズムが、昂る高揚感を煽る


携帯が鳴る

藤井さんからだ

既に駅で待機していてくれているようである

「では後ほどー」

ゲーム内で交わす言葉とは対照的な慇懃な対応だが、重みのあるバリトンが耳に心地よい

高坂とタツヲ、それにツカさんも遅れて合流予定である

俺は奴らより一足先に藤井さんとご対面というわけだ

到着まであと20分程度

その間に先日の信内での藤井さんとの会話を思いだしていた



駿河某所にて

x「凸さん!おてぃんてぃん!」

xxxxx「やあ藤井さん。相変わらずとことんやのう」

x「オレまた晒されてるww」

xxxxx「晒しかね乙w」

x「まあ有名税w」

xxxxx「ところで来週の連休に藤井さんのとこに遊びに行きたいんだがね」

x「いいよー。そしたらいつ来る?」

xxxxx「来週っていってるやんけ」

x「あいよ!そしたら剣菱とヒラメ。用意しとく」

xxxxx「すまんな藤井さん。世話になる」

x「そんなことよりこれ流行らせよう!幸せおっぱい夢おっぱい」

xxxxx「もういいから寝ろよあんたはよ」

x「もうちょっとえーやんか、モノマネ見てよ!?な!モノマネ!?」

xxxxx「モノマネ?」


x「なんじゃこりゃあぁぁ!!!!」


xxxxx「.....松田優作?」

x「うむw」

xxxxx「似てねーよ」


x「ところで凸さんの彼女ってソープランドで働いとる?」

xxxxx「ねーよ」

x「なんや、働いてへんのソープランド。ならオレんとこの彼女の勝ちや」

xxxxx「あんた、そんないいねーちゃんが彼女?」

x「おう、今同棲中や」

xxxxx「フ…フロとかたまに一緒に入ったりとか……?」

x「そんなん毎日やがな!」


そのとき啓示の如く天の声が聞こえた

うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?何を願うの?うらやましいの?う何を願うの?うらやましいの?う何を願うの?うらやましいの?何を願うの?

俺はエヴァのシンジか

思わず自嘲気味に答えてしまった

xxxxx「…………ちょっと」



xxxxx「よっしゃ!藤井さんのヤサいくでぇ!タツヲや高坂、ツカさんも一緒にな!!」

x「凸さん!ちょっとまてや、強引な人やな!」

xxxxx「そーぷ様拝みにいくでえ!ハァハァ」

x「趣旨変わっとるがな;」

xxxxx「ドキドキ…。そーぷ嬢のねーちゃんと藤井さん…ハァハァ」

x「この男、めっちゃ期待しとる、めっちゃ(瀧汗」


しかしその甘い期待はすぐに雲散霧消するのであった


x「…それがその…アカンね今は…コレもんのスポンサーがついとっていまハワイへ行ってるねん」

x「はは…行楽シーズンはコレが離さへんのよね…」

藤井さんは、親指を出したまま遠い目で駿府城を見つめていた


わけはない


俺はとにかく

xxxxx「…じゃ、そーいうことで(汗)」

と、別れて甲府に戻った


数分後にまた違う垢で藤井さんから対話


「おっぱいまん参上!!」


俺は迷わず絶交に放り込んだ


と回想している間に小田原に着いた




続きはWEBでね!

あ、ここがWEBだった

また来週!

























他所様のブログ

殴り書きしてネタを無理につっこむ俺のブログだがよくよく考えてみなくても

藤井さんの捏造記事しか書いてない件

いやまあネタもねーんだけど

えーとなんつーか今日は雪が降りました 寒くて死にそうです 冬の馬鹿野郎
タコにすっぞ

とかまあ最近の案配を語り出したら末期だな

で、ひさびさに藤井さん以外の他所様のブログなるものを巡回してみた

烈風に限らず覇王や群雄、乱世 まあ全鯖含めてのブログなど拝見

ふぇいのブログもひさびさに見る あっ!更新されてる

藤井さんがふぇいに、ふぇいたいとちゅっちゅっしたい と対話送ったらガン無視された><と泣いていたので、
狩りで一緒になったとき、可哀想じゃないかと言ったら

藤井さんは無視するぐらいがちょうどいいんだよwと朗らかに言い放った

というか暇そうにしてると結構狩りとかクエとか誘うし、ノリもいいから誘いやすい

かなり助けてもらってる 徒党じゃほんと静かなんだけどな

ともあれ 有名なブロガーなんだからそこそこ更新しないとファンが泣くぜ

このブログなんざ藤井さんと一部の人しか需要ねーんだしな

ブログもそれに熱があるときはゲーム内のプレイとモチベーションが相乗効果を誘発して
何かかかずにはいられないよね


ある人は合戦について熱く語っていた ふむふむ 温度が伝わってくるような熱い文言だ

ある人は自キャラの装備について悩んでいる 昔は俺もあったっけ

またある人は国勢や議会について語っていた


そして俺は藤井さんついて語っていると


信オンの話ほとんどねえなあ 意味あんのかこのブログってww

と、思ったりもするが別に無くてもあってもいどうでもいいのでとくに辞めようとも思わず、
今後も藤井連絡版として活用していくのだろうな

ところでこっちの一門にもふぇいならぬF様がいるんだぜ

とはいってもDからFに昇格を果たしたらしいがあくまで自己申告乙というところだ

性帝にFなどいらぬ

そのF様に、「おっぱい飽きた。これからは美脚だな」と言ったら

「死ね」と言われたますた

どっこい生きてるシャツの中


他所様のブログを閲覧していると妙にAAが多い人や、画像が多い人、文字だけの人

その人なりの癖が出ているね 個性と言い換えておこう


しかし藤井さんのブログを読んだけどそろそろ真面目に後輩虐待ネタをやって欲しいものだ

外道を通り越して腐れ外道の所行に他ならない恐ろしい虐待を行っている藤井さん

にっこり笑って人を切るのは辞めて欲しいね!


ツカさんが暇なのか、一門の掲示板に定期的にコラムを載っけているけどなんだあれ

つうか来週の週末まで多分インできず 皆の衆それまで息災でな



  ∩___∩             ∩___∩
   |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ  あ~たし♪
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |       さくらんぼ~♪
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/


おっぱいぴろんぴろーん

願望の裂傷

鬼の撹乱というわけではないが、どうにも最近風邪っぴきである

信をやりならでも鼻を噛みながら嚔を抑えるというどうにも情けない状態なのだ

とかくこの時期は体調がかなり悪くなるのだが、生来、薬はあまり服用しなかった俺様なのだが
さすがにこの悪寒と頭痛には悩まされるので、仕方なくパブロンの恩恵を蒙ることになった

キターーーーッ!

というわけで一時的に体調は回復したが余談を許す状況ではない

で会社でゴホゴホやってると今はちょっと余裕あるから休んだ方がいいと言われる

こんなとき優しく綺麗で巨乳な若い看護婦さんが看病してくれるといいのだが

別に俺は看護婦フェチでもなければ藤井フェチでもないけどな





と妄想していたら

souten

こーいうオチになったつう

つうかイメクラいけよと言われそう






藤井さんがネカマ巫女作って俺を陥れるという腹づもりらしい

俺はだまされた振りで狂言につきあってあげようと思う


そしていよいよフラグが立ちそうな時に
miko

と、笑って殺すことにする あべし



で、まあ信長のことなんだけど

これからの行く末を俺なりに語っとこうか





えーと…



hh


あああ 考えたくねえー


        /|/l/|/|
       /       |
      /  ____|
      /  /      |
     /  / /  \|
     |_ |   ・ <  | ⌒☆   
     |(6レ ∴  つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    ___ | < でも好きだけどねっ
      \  \_/ /   \_________________
       \___/
      ノ二ニ.'ー、`ゞ         ズビーシ!
     Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ、≡=─
     |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ ≡=─
     .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)≡= -
     . |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄ ≡= -
      l ; ;/   // /''  ≡=─



しっかし最近は戦国もののパチばっかだよなあ

また慶次の新しいの出るし

この前立ち読みで慶次読んだらちょっと感動した

隆慶一朗先生に黙祷しながら風流すっかな












荒ぶる魂

ぶれない人は強く美しい

蝙蝠のようにあっちこっちへ飛び回り落ち着きがないのは、信用されないしまた信頼もされないだろう

と藤井先生はおっしゃってる

昨晩のこと、俺が雑賀の復興戦でスカウトした北斗さんが一門内でいきなり叫んだ

「大変だ!」

「合戦いったら俺一人 80VS1」

一門のみんなは口々に驚嘆の声をあげる

GE

「げぇっ!」

「げぇ!張飛」


北斗さんは前線でそのまま座り込んでたそうな

俺はあんま帰属意識なんざない 

が、長年いるので愛着はある

だが雑賀を愛してる北斗さんはいつでも全開バリバリである 俺ってビッグ?ってなもんだろうか

荒ぶる魂、前へ!ってなもんであるね

俺ってレッズ?とかだともう藤井さんに相談するしかないよまじで

藤井さんのギャグはレッズに近いものがあるからだ

まあそれはどうでもいいことだが、何気に武田の国力は風前之灯(ふうぜんのともしび)だったのな

決戦勝ってなかったら滅亡してたということか

てんてろりんだな 統合されたらまたフラットになるのかな


ところで鍛冶屋が重要な映画ってなかなかないよな

これ鍛冶屋がかなり重要な映画



女鍛冶屋を作りたくなる映画だよ藤井さん! 鍛冶屋のねーさんがすげえ可愛い

ひさびさにスカッとする映画をみた感じだ

今は亡きヒース・レジャーに黙祷しよう 


しかし従者のねーちゃんのほうが姫より可愛いってどないやねん






イラストレタ夫

74

アバターがロジャーの描く極彩色の世界まんまだという事は、結構な人が気づいてると思う

俺にとってロジャーはまさにスーパースターと言えるべき存在である

中学時代に見たSFマガジンの折り込みのこのイラストが、まさに今の自分の職を決定づけている

もちろん画集は何冊か持ってるが、やはりこの絵が自分的にはナンバー1

シド・ミードがスクエアな描画で近未来のリアリズムを訴求するフーチャリストとするならば、

ロジャーは現実とは切り離したファンタジーのリアリズムを追究してると自分勝手に思ったりする

見ているだけでその空間の重力と柔らかさが感じられる絵ではないかね

勿論、イラストレーターとしてだけではなく、デザイン、舞台装置などにもその才能を発揮している

でもまだアバターはみてないのであった




f0
f1


こちらはもう言わずとしれた大御所中の大御所

フランク・フラゼッタ様でございます

漫画とかこの人のイラストイメージをまんま使ってる人がほんと多いね

まあ真似されるというよりももう引用の世界だからなあ このレベルの人になると

キャンバスから躍り出てきそうなバーバリアンや、美しいプロポーションで艶かしく媚惑的な視線を送る異国の姫

3冊くらい画集もってるけど、絵は力だなあとほんと思うことができる だってもう生きてるからね この人の絵は

構図とかよく参考にしたっけな



っと信とは関係無い話だったが、雫チャレンジも終わって合戦に出てみたぐらい

当分、あんまやることはなさそうだ



ところで藤井さんが鯖統合されたらリサイタルを開くそうだが、
そんときはレベル1のキャラ作って聞きにいくかな
11111



リクエスとは藤井さん持歌の「釜山港へ帰れ」でお願いします



では1・2・3

藤井万歳









春眠暁を覚えず

眠い

春は眠いというがまだ2月 しかし今日はぽかぽかとポカホンタス日和だ

綾は相変わらず今日も生きてたと報告してくる ありゃあと100年は生きるわ

Gちゃんはインしながら睡魔と闘ってるらしい 寝るときゃ寝るよな やることもねえし

昨晩はひさびさに狩りったが特に何も無し 私設で「トップを狙え」を観た事がないというと私設員に驚かれた

それがやってた当時はアニメはまったく観てなかったなそういや

無料動画で観れるようになってからよく観るようになっただけか レンタルしてまで観たこたないし

パチンコにもなるのでキャンペーン中なのか知らんが
バンダイチャンネルで無料で観れるとタツヲがいうので観てみた

吹いた なんだこれww シリアスなのに妙にギャグっぽいしなんか狙ってる感もある

絵柄はまあちょっとなあと思うが、ま暇つぶしで笑うにはちょうどよかった

結構みんな観てるんだのう

しかし「銀河英雄伝説」のどこが面白いのか誰か教えてくれないか

俺にはさっぱり面白さがわからねえ 


とにかく腹が減った

信をやってるとカレーが食いたくなる俺様

何故かはしらんが食いたくなる

幡ヶ谷駅近くの西原商店街のカレー屋を思いだす

美味かったなああそこは うちのはイギリスカレーだよ~ンと言ってたマスターの顔が懐かしい

といっても今の日本のカレーライスは明治の初期にインドからイギリスを経て
日本に上陸して現在の和風カレーになったそうだがね

その頃はライスカレーと言っていたそうだが、クラーク博士が命名したという説もあるらしい
ほんまかいなそうかいな

前に友人と薬膳カレーを食いに武蔵小金井まで行った事があるが、これはもう辛いなんてえもんじゃなかった

辛くて味がわからん 体にはいいそうだが味わうというより痺れるだけ

わしは辛いのは苦手なのじゃよ

ほんのり甘くてすっきりのあのカレーをまた食いてえ

と思ったらまた眠くなった

仕事中なので寝る訳にもいかんが、それにしてもどうにも眠い

ねみーデイビス コーンコンスキャコーン カリッとサクッと(ry

さて仕事しよ


hage


誤爆誘発ビッグバン

一門が追加されてからどうにも誤爆が多くなる

誘われて瓦クエにいく

私設のほうでアニメの話が出ていて、ハガレンは面白いと発言

ウインリィに萌えちゃったか><と、こももがつっこむので

ウインリィ最高だよな!と発言したら見事に徒党で誤爆った

恥ずかしくて死にそうになった というか既に死亡フラグ

カタソバが、なのはとかのキャラの話をやたらにするがさっぱりわからない

調べるのもだるいのでやめる

土曜は麻雀してホルモンを食す うまし

しかしホルモンはやはり大阪のあそこで食したいと思う 機会があればだが

日曜は何故か浅草で水煙草のバーにいく 梵字を曼荼羅調にした不可思議な店だった

メロンフレイバーをやってみる 従来の煙草とはまったく違い、ニコチンはなし タールは1/100と
体にはそうは害はないらしい

不思議な体験だった

浅草でステーキを食すが、何故かステーキ屋や洋食屋が多い

浅草といえば浅草駅だと思うだろうが田原町が浅草の真の玄関口なのである

しかも筑波エクスプレスの浅草駅と通常の浅草駅と二つあり
知らない人は混乱するだろうと今更ながらに思う

帰宅して信にインしてセカンドキャラで雫をゲット

何やらこんなんばっかで最近はサイコロオンラインなのであった

うーむ、月曜はキレがないな


dew

不条理世界

p






気になることがあった

司馬の小説を読んでいて、「衆道の気」という語彙が出てきた

ぶっちゃけホモである アーッ!

やはり戦国時代はかなり多かったようだが、他にもひとつ意外な発見があった

女の操─つまり女性の貞操観念も明治時代につくられたもので、この時代はまったくなかったと書かれている

戦国時代などドラマでは可憐でつつましくも哀しい日本女性も多く出て来るが、

実際は逞しく直情的で奔放なラテン系女性が多かったのではないかと思ってしまった

まじな話 女性は生命力つええしなあ いやぁ男は弱いよ藤井さん

やれ武将だ豪壮だと英雄譚を語れどもだ

生活の中で闘ってる女性 特に主婦には誰もかてねーよな

合戦でも四天王陣に【主婦】を配置しとこうぜ

おかーちゃんー タスケテー





それは置いといて


昨晩──ひさかたぶりに戦闘をした

今週の一門クエの指令はこれ
da

さくっとおわらして寝た



さて

ちょっと精神が危ういサクラに俺も毎日しにてえよと言ったら

真に受けてしまったので補正しとくか

凸さんは辛いのによく死にたくならないねと聞いて来た


答えてやんよ





人が生きるってこたあな


ポギー

こーいうことだ
















転がる宇宙 そして....

ふと思いだしたんだが

昔のお気に入りのゲームで「デビルメイクライ2」なるアクションバトルゲームがあった

新作なので行き詰まっているところをネタバレで教えてもらおうと
ヘタレな俺は2chスレッドを見に行った

早々に2chにスレッドが立っていた

タイトルは「デビルメイクライ2」に驚いた
だった

スレ主の最初の1行が

超糞ゲー

これを見た瞬間に吹き出したのは遠い思い出


2週間ぶり信にインしてみる

一門員が50に届こうとしてるので驚いた

デビルメイクライ2ばりに驚いたが、結城さんが復帰してるのも驚いた

帰参者もかなりくるのかねえ新章になったら


サイコロ振って雫をゲットに狂喜乱舞してるのを見て

なんかもう閉店バーゲンセールのような末期感を感じたんだが気のせいか?

とはいえ俺もメインキャラでは1個ゲットしたが、新章でまた装備作り替えなんだろうな

雫の上位もでるとかいってるし

一門クエぐらい参加してよ!とザクちゃんに怒られる てへへ

何もしないで両替に立ってたら、花ちゃんから対話きて最近将棋にはまってたと言うと

心配して損したような事を言われた もけけ


仕事もかなり忙しかったのもあるが、インするってのは癖っていうか習慣だったのだなあとつくづく思う

2~3日インしないと別にこのまま戻らなくてもいいかなと思ってしまうこともある

自分的には現時点でやることってあんまないからねえ

チャット主体も悪くないんだが、手伝い要請とかありゃそれなりに活動はするんだけど軍学っていまいち需要が薄い


で、PCで将棋やりながら酒飲んで本を読んでるという状況になるのだが

将棋じゃなくても昔のアーティストのPV観たりするのも多い

あとは藤井さん捏造晒しネタを考える時間も必要だ 



藤井さん向きのネタを今日もみつけといた

tinko

誰が作ったか知らないが ちんこフォントだそうである

アホや ほんまもんのアホや

だが才能を感じるぜ

1990年代のグラフィックデザイン界の寵児である
ネヴィル・ブロディ氏がこれを見たらGREAT!と賞賛したかもしれない

タイポグラファーのイアン・スウィフト氏も大喜びで拍手しただろう
さすがに「Straight No Chaser」には使用はできんだろうが、
「トーキング・ラウド」レーベルのジャケットには使えそうだ
ガリアーノあたりのジャケットとかどうかなと思う

イアン自体ヘルベチカのようなスタンダードフォントを嫌っていたし、
フォントの表現はもっとパーソナルで視覚的なものであってもいいと思うと言ってたし

藤井さんのセンスにぴったりだろうこれ

これぞ宇宙(コスモ)だ ヒューマン・ネイチャーだ







そしてだよ


ai

折れてますがな






ライバルの蹉跌

ベジ

勝負はライバルがいてこそ楽しい

それもはるか高みにある存在ではなく、あと一歩で追い越せそうな同レベルの相手

自分が観客席でふんぞり返って見ているぶんには、相手が強大であればあるほど展開はワクワクするものだが、

あまりに力が違いすぎるとその時点ではライバルにはなりえない

ネットゲームの醍醐味の一つは他者との【競争】だ

ベジータ様のように俺にも初期に目標にしているプレイヤーがいた

彼はどんどんレベルを上げて高レベルの狩場へどんどん進んでいく

この突き放される屈辱感は、初期の段階では逆にモチベーションにも繋がっていた

しかしてそんなライバルもいつかは消える

涙のように 雨のように



そこで見つけたのが藤井さんだった

どこで出会ったのか いつから知り合ったのかはわからない

あっ!前のブログやり始めた時でコメントくれたのがきっかけかー

ブログのライバルだったのかもしれない

藤井さんの日記はミクシーで後輩を虐待してる日記がすげえ面白かったんだ

だがこの人の部下になっちゃいけねえと本気で思った

ブログではなかなかそこらが伝わらないので残念

綾もそういやブログがきっかけだったっけな

このブログ読んで、なんで俺が下田で漁師やってるとか勘違いできるのかわからん

アホだ アホだけどとにかく強く生きるんだ 今度インしたら角砂糖やるからな



そーいわけで結局ブログを通して知り合った人も多いなー

合戦で仲良くなった人も多いけど

でもゲーム内ではライバルになる人がいなかったな 初期の彼以外は

スキルとか装備とかレベルとか人脈とかじゃなくて、自分だけの力石徹ってのはただ一人なのかもしれんね

そりゃすげえ奴はたくさんいるけど別にライバルになるわけじゃないのだ

そいつだけに勝ちたい そう思えるのがライバルだと思う


いつかまた、そんなライバルが現れるのを一日千秋の思いで待つ俺なのであった

ライバルと書いて宿敵(とも)と呼ぶ

藤井と書いて お昼だよ!ペペロンチンコと読む


ここで藤井さん 今川スープレックスと呼ばれた藤井駿河守氏の本質を教えておこう 


乱世期にいる人や統合鯖で一緒になる人は心しておくがいい






hokuto


こんな人です










藤井語(ふじいかたり)

もし藤井さんがネットゲームのGMだったら








怒濤のように圧し寄せるクレームに対して、こう言うはずだ

ソーテン


…いや、
言ってるからあなたに来てもらってるんですけど…

と、重箱の隅をつつくようなみみっちいユーザーは言うだろう

そこは人間的な器が違うね


坂本龍馬も器が広かっただろうが、藤井さんはもっと広い

拳が入るほど広いのである











そんなちいせえユーザーにたいしてGM藤井さんはあくまでも寛容だ

にゃんぴょう






笑って答えず 黙して語らず まさに武蔵をも超える度量の深さ

些末なクレームなど眼中にない 取るに足らないユーザーのわがままなどに語る術はないのだ

傲岸不遜な顧客の心理など糞食らえ まさにNOと言える日本人の鏡である


それでもあきらめないユーザーには恐れ多くも賢くも

鋼鉄の処女のように固く閉ざされた門にも似た口を開く







にゃ


いさぎよさも天下一だぜ藤井さん

そこに痺れないし憧れなぃ!



藤井さんの深遠なる水の如き心を誰が知ろう 誰が理解できよう

所詮ネトゲなんぞで必死にGMコールする奴なんぞは(ry

藤井さんはGMを呼ぶなんてことはしない 本社の前でウンコするという口より行動を起こす漢だ


そもそも俺はGM呼ぼうにもGMの呼び方がわからなかった

しかも始めのころはゼネラルマネージャーだと思ってたお茶目さんだ




俺は藤井さんがGMになった時にあるプレゼントを送る事にした

素敵な贈り物さ きっと喜ぶはずだ












これです

ロリコン



ではまた次の藤井語でお会いしましょう





















将棋

キティ


はろぅ藤井

ここ最近、ネット将棋にはまっている

3年程前に買った夢枕獏著の「風果つる街」を読み直す機会があったせいだが、
ここ最近の激務で疲弊していたせいもあり、信オンにも少々飽きてるせいもある

何よりこれは持論だが、将棋や碁といった先手を読むといった思考のトレーニングは
今の業務的にも有効だと思ったからだ

次ぎの一手や三手先の対応 盤上の流れを読み局面を考え個性を活かしてシナリオを作っていく
まさにビジネスストラテジーの(ry

って、戦国武将やら何やらは碁とか嗜むのは当たり前だった時代とかもあるから、
今更って感もある

上記は建前 
単純に小学生の頃に夢中で覚えた将棋を、小説読んで感化されてもう一回やってみようと思っただけなのであった

しかし将棋や碁といった一人でじっくり考えられるのは楽だね
古来よりスタンダードなものは愛されている理由がわかるわな

さて感化された小説「風果つる街」は、子汚い真剣師の爺さんが主役である
金を賭けた将棋をやるプロのことだ 麻雀で言えば裏プロみたいなものである

明日の宿泊先もなく着の身着のままで町の将棋道場などのくすぶりを相手に
勝負をする たまには頼まれて代打ちもやるが美味しい話はまわっちゃこない

そんな爺の話だが、

この爺さんが焼鳥をかじり焼酎を飲みながら、大道の詰め将棋のプロとの勝負を思いだしてるシーンは
何故か印象的

以前、というかかなり前だがグルメライターの取材同行で阿佐ヶ谷のすっぽん料理屋で
名前は忘れたが有名な棋士の爺さんとたまたま会う機会があった
あの爺さんも奨励会に入って天才たる道を歩んできたんだなといまさらながらに感心したりする
ライターとは草野球の縁があったようでこれもまた懐かしいエピソードだ


「月下の棋士」ってが漫画であったが、俺的には「ヒカルの碁」のほうが
勝負的には読んでいて面白かった
といっても碁はからきしわからんのだがね

こと勝負の読み合いとかはプロは普通に1000手まで読み合うとか書いてあるがホンマかいな

自分の棋力は悲しいかなかなり下がっていたが、とりあえず感覚は思いだして来た

http://sdin.jp/browser/board/shogi/

↑ここの将棋ゲームとか覚えたての人にはいいかもしれんね リハビリとかにもいい
何せ面倒な登録とかないしすぐ始められるのがいい

レベル3の一番つよいレベルでやっても36手ぐらいで詰んでしまうがね

ボクシングやK-1みたいに直接肉体をぶつける闘いより、精神的にどろどろしたネチっこい闘いが
将棋にはあるという 無論、同じような形体で争うゲームはみんなそうだろう

自分はのんびり酒とつまみを置いて、モニターの盤上を眺めるのが最近の日課だ

将棋などシンプルでいいのは、

強い奴が勝つ これだけである 

信もしくは他のMMOの対人のように装備、職業、特化に左右されない闘いができる
MMOの対人とかつい言い訳考えてしまうんだよな でもそれは事実だからしょうがないわけで

将棋の持つ魅力はシンプルで揺るがない堅牢なルールだ
だって言い訳できねーしな

そーいうわけで信にいないときは将棋やってるということですハイ
藤井さんちに遊びにいったら今度はハサミ将棋でもやりますか

しかし俺もマメだな ブログだけは更新してるし でもMIXは全然書いてないんだけど

不思議なもんや

※画像はなんとなく可愛いと思ったから貼っただけ 特に意味はない
プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。