スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2次元脳




動画は特に意味はない これをガセだと見るもよし びびるもよし
ただ三面鏡がある家なら見るのはやめといたほうがいいかもな

夜中に見ると尚更こええ ヘタレにはどうせ見れないだろうけどな!ハツw

疲れた時に鏡をよーく見てみよう

自分の顔が今やってるゲームのキャラになっていないかしらどうかしら

なっていたらそれはもうあなたはユキヲだ

第一種ユキヲシンドロームで末期症状である

早く病院に行ってアンフェタミンを処方してもらいクールにスピードをきめるんだ!

そしてイルカ漁禁止しろとか糞なこと言ってるアホどもに鉄拳制裁だ

生命の質を根底から否定しているエセヒューマニストはこの世から抹殺すべきですわっ!


そして次回

またまたユキヲが死にます ユキ死す!ユキ死す!ユキ死す!ユキ死す!

に超ご期待ください!







スポンサーサイト

私設@@私設 もうまとめて紹介

すまんがまじでだるくなってきたんでここらでまとめて紹介
休止してる人達もやろうかと思ったが、それはまたいつかやろう;


m
私設員紹介その21
陸奥~(いろいろいてメインが何かわからない)

通称:ムネ
かって木曽川で忍者の正宗として活躍。その後武田を離脱。休止して復帰。
合戦は自身のセーフティロックの為いかない。
黙々と狩りだけしているのである意味一番平和な奴。
リアルはとにかくうわばみのように飲む。可愛い絵文字を使うがもちろんおっさんである。

評価:やらない夫



mm
私設員紹介その22
森下こよみ レベル61 仙論

通称:まっく
武田の私設あろ~の一員だが、あろ~の人員減少もあり縁あっていまは@@にも常駐気味。
リアルとゲームのギャップが絵に描いたようにありすぎる奴。
たまに激サムなことを発言して私設内を宇宙空間へ誘う。
鍛冶屋、薬師とレベル60越えのキャラをそれぞれ持つが最近は仙論がメイン。
野良で黙々とやっているので絡む事はあまりないが、手伝いなどの要請は快く引き受ける。

評価:サンパチセット級



g
私設員紹介その23
鍛冶屋ゴメス レベル60 刀

通称:ス
無類の女子高生好き。セクハラ発言の免罪符を持つ男。常駐はしてないがたまにクノ一ゴメスで顔を出す。最近はクノイチがメインらいし。巫女ゴメスもいるがすぐ死ぬ。
武田古参で馴染みも多い。リアルでまったく変わらないので会った瞬間吹いた。

評価:最近は女子大生



k
私設員紹介その24
天揮 里奈(てんき さとな) レベル60 神通

通称:かーか
武田古参。甲府のおし鳥夫婦で有名だったが相方の一揮さんは引退。
我が私設に常駐してるわけではないがたまに顔を出してくれる。
主婦業に忙しい傍ら合戦場で転生を配る。甲府の母とも呼ばれる。
ぽっぽ育成中。

評価:まだまだあきらめちゃあいけないよっ><!



f
私設員紹介その25
北斗 斬(ほくと ざん) レベル63 鎧

通称:北斗さん
最近スカウトしたルーキー。雑賀所属だったが上杉に特攻した三好の義に感じて
三好戦から武田の客将を得て援軍フル参戦をしていた。
ノリがよく雑賀復興線にて知り合う。鎧鍛冶が最近足りないので私設にスカウトした。
時間的にゴールデンの稼動時間なので狩りやクエなどにはありがたい存在。
丁寧で温厚。亜沙美さんとよく似ているが、亜沙美が静なら、北斗さんは動の物腰。
ずっと野良と言っていたのでちょうど良かったのかもしれない。
期待のルーキーであるが、木乃のセカンドの鎧を脅かす存在でもある。

評価:ベトコン兵士



h
私設員紹介その26
優神 龍斎(ゆうがみ りゅうさい) レベル60 仏門

通称:ゆーさん
休止していたが最近復帰。たまに絡んで遊んだ事はあるが関西組のきりきりなどの縁で親交ができる。
比較的まったりプレイヤーで仕事が忙しいのでなかなかインもままならないようだが、
ちょこちょこインしながら瓦をこなしている。
キャラ的に色んな人とかぶるが、ゆーさんはゆーさんなので問題なし。
今度は大阪で飲もう!

評価:遠征組で唯一勝利を収めた男



u

私設員紹介その27
諸星 吟(もろぼし ぎん) レベル60 医術

通称:ぎんちゃん ウルトラマン
やはり休止していたが最近このブログに感化されて復帰したとのこと。
FC時代からの馴染みだが、家庭を持ち現在は多忙な業務に奔走するも
時間をみつけて信にインしている。
復帰してみて浦島状態で感心するやら呆れるやら。
リアルでは絵に書いたようなしっかりとした好青年。
またじっくり酒を酌み交わしながら語りたいものだ。

評価:戻ってきてまた帰って行くかもしれないウルトラマン






なるほど!

中国ではこう言われているそうだ

若くして水滸伝を読まざる事

老いて三国志を読まざる事

若者が水滸伝のような物語を読むと変に誤解してしまい
無頼に憧れ義を曲解してただのろくでなしになってしまうと言われた

はたまた
老いて三国志なんぞに傾倒すると、穿った知識と見解で歪狭な人生論をぶち上げて、
天下国家を論ずる歪んだおっさんになるらしい

どちらも10代の頃に読んでるが、小説の根底にある意脈を掘り出して理解するまでには
相当時間がかかった

といってもどちらも吉川英治なんだけどな

原文訳もあるそうだが戯曲みたいでかったりーのでとても手がだせん

ところで李亜琉がブログを読んでの感想




藤井さんワロスww


結局そこかい




私設@@私設員紹介 その⑳

neko



■李亜琉 拳聖(りある けんせい) 

レベル60 仙論


通称 リアル

私設でまったく目立たない&インもまちまち&寝てるかジャンプを読んでるか
裏で格ゲーをやっている。
だから当然レベルも止まっているわけだ。
乱世に一時期行っていたが、烈風に復帰。ちょくちょく私設には入ってくる。
社会人1年目の若さだが、木曽川時代の合戦では相当活躍したらしい。当時まだ学生。
イメージは大人しい子猫。口数は少ないが手伝ってもらいたい時に妙に甘えるのがうまい。
かといって猫ひろしみたいに「にゃー」とは言わない。
これといって特長がないので書きようがないが、格ゲーなどでは大会に出場して入賞するくらいの腕前らしい。
初対面の人などは↑→→←↓A+Bなどで会話すると乗ってくるだろう。
よく野良で壊滅徒党などに当たり、壊滅することを楽しんでる節もある。
私設にいるかいないかよくわからんが結構可愛がられてる模様。
リアルはなんか男の子って感じだったが社会人になってからは
少しは骨太になったのではなかろうか。
と、聞いてみたが、「会社では半分寝てます^^」とスチャラカ社員ぶりを発揮している模様。私設内では珍しい草食系男子と言える。というか周りおっさんばっかだしな。

アドバイス:あなたには潜在が足りないわ!

総合評価:新宿サラにはまだまだだね


私設@@私設員紹介 その⑲

ren




■転生院 蓮舫(てんせいいん れんほう) 

レベル62 修験


通称 レンレン

言わずと知れた武田の黎明期を担った大名バスター。
親父さんが作った転生院というキャラを引き継いだ親子2代の信長フリークである。
当時の親父さんを知る古参はいまやもう少ないと聞くが筆者もまったく面識はなく初期に引退しているそうな。つうかオヤジさんのが俺と歳が近い。
当然、始めた頃は学生である。が、現在は大学院から某大手通信企業に就職して
以前より稼働率は低下。メインの薬は飽きたようで現在のメインは雅楽でレベル64。上覧や決戦においてかなりのモチベを見せる。
ゲーム内ではかなりきつい事を言うのが多々あり。しかし私設以外の知人にはやたらに低姿勢で名のある廃にはかなり謙虚というわかりやすいと言えばわかりやすい奴。
まあ人によって好き嫌いが相当別れる性格なのは間違いない。
まだ、学生気質が抜けないのか軽口を叩くことが多いのでたまに殴りたくなるが、
それに反応する俺もまたガキだということを痛感するので情けなくなったり。
今時というか、ゲームにおいてはより効率、確立を重視する。楽しければなんでもというのはない。戦闘スタイルにおいて勝つ=楽しむ 効率がいい=楽しい というドラスティックなスタンスを持つが、最近ではまったり狩りもしているようだ。
いつ頃私設に常駐するようになったのかは定かではない。初期の木曽川でまだ名が全然熟れてない頃に妻木に徒党で一緒に取り付いた記憶あり。その頃から片鱗を見せていた気がする。
リアルでは、ゲームとは違いかなり普通っぽい。
どうもゲーム内だと内成る人格が顕著に顕在化してくるようだ。
筆者はこいつをレン、レンホーとそのまま呼び、私設員はレンレンと呼ぶ。
しかし転生院と呼ぶ奴はいない。
決戦において私設内で徒党を構成して決戦の対人において最近では負けはないそうだ。
かなり調子に乗ってるので一度徹底的に、浅井などのガチ対人徒党に懲らしめてもらいたいと思う。

あいつは~なま~いきだ~ レンレン ホー  レンレン ホー

という歌を作ってしまうほど小憎らしいとこもあるが、それでも行動力や決断力はたいしたものだと思うとこもあり。自分が如何に年寄りかを思い知らされるのも正直なところ。やはり若い奴らには適わない。
とまあ、なんだかんだ言ってもやっぱりこいつもこっち側なのだよなあと思える今日この頃である。ちなみにこいつの主食はカロリーメイトだ。

暴言:思たよりスキルなかた

総合評価:親父さんが気になる

孤独

御機嫌よう。

朝からうざい打ち合わせが終わってホッと一息コーヒーブレイクの凸コモエスタ赤坂です。




さて恐縮だが今回はちょっと真面目な話をさせて頂く。

私設にこのところ復帰者が増え、新しいメンバーも加わりつつある。

ネットゲームは結局のところ人の繋がりに帰結すると最近つとに思う。

スタンスの違いから私設を離れてたものも少なからずいるが、もとより常駐する義務も責任もあるわけはない。

来たけりゃ来れば、去る者は追わずのスタンスは、ある程度変わらない。

挨拶もしたい奴はすればいいし、だるくてスルー それも結構。落ちるときもわざわざおやすみーとかいらん。

飲み屋と同じでいつもいけば馴染みがいる。話もできる。そこに長くいれば、メンバーの人となりもだんだん見えてくるし理解しようとも思う。また寛容になったり、疑心暗鬼になることもある。

それもひっくるめてネットゲームの繋がりというのは面白い。やっぱりここも小社会であり縮図だなと思う訳である。

さみしいのはいつもそこに人がいたのに、そこにいなくなるということだ。

パチンコを大衆の中の孤独と言った我が知人がいたが、若い頃、新宿の雑踏の中に佇むと人が多いのに無性に孤独に襲われた時がある。

人数の多さではなく、如何にそこに自分が存在する必然性を確証として得られるかどうか。

これが全てだと思えるのだ。

一人じゃないと思える、これは幸せなことではなかろうか。

私設に自分の居場所を作るのは簡単ではない。それなりの努力と器量が必要だ。

居場所を作れない人はいなくなる。そして違う人がそこに居場所を作っていく。

たかがネトゲ~はいいんだが、そのたかがですら居場所を作れない自分はどうだろう。

一畳の掘を超えられないものが果たして10畳の掘を超えられるだろうか。

答えは 否 である。当然だ。

訓戒や説教ぽくなるが、どこまでいっても人の中で生きて行くしかない娑婆世界の一個人において、

実社会でも仮想世界でもそのありようは変わらないはずである。

事実、俺自身学んだ事も多く後悔も無限にあるし失敗することも日常茶飯事。

しかし、何故ネトゲの世界にインするのかと問われれば、コンテンツじゃなくそこに人がいるからである。

誹謗もある、欺瞞や中傷もあり、いいことばかりがある世界ではない。

当然である。人が争うように出来てる戦国コンテンツだからだ。

それもひっくるめて楽しめるようになるまでが大変だが、そんなものも面の皮が厚くなればどこ吹く風だ。


一つの点から線を紡ぎ和を形成していく。

合わなければ、合う拠り所を見つけるまで努力すればいいのである。

一番やっかいなのが、何でも他人のせいにして自分を肯定すること。

誘われない。構ってくれない。孤立している。

こう考えだすともう止まらないのである。じゃあ他の人をちゃんと見てみようという考えはおきず、自分のことしか考えない。

私設にいながら野良でガンガン進んでいく人。黙々とクエをこなしいつのまにか立派な装備とスキルを手に入れてる人。深夜しかインできないがマイペースでのんびり遊んでる人。
より快適に遊ぶ為に特化を変えて頑張る人。

それぞれの環境下において彼らは、自立した1プレイヤーだ。

私設において一番大事なこと。

それは自らが自立したプレイヤーであることだと思う。


その点において我が私設の唯一誇れる点は、それぞれが自立したプレイヤーの集まりだと思えることだ。

手前味噌でも構わない。だが、所帯の大きな私設に属している人達ならやはり自分の所属している私設員達は、自立したプレイヤーの集まりだと信じているはずである。

私設組織に入らなければ自立してないのかよっていう意味ではない。

野良でソロプレイをしている人達も含めて自立という言葉をあえて使わせてもらおう。

ただ、ひとつ言える事は、組織の恩恵も大きいが代謝として背負うべき負担もあり
円滑な関係を保つ最低限の努力は必須だということ。


人は人によってしか磨かれない。これは俺の最も尊敬する師の教えである。

例えば今の私設でうまくいかないと悩んでいるなら、もうひとつ考えを進めて自分を見直してみよう。

嫌なら逃げ出す事も簡単だが、逃げ出した先に楽園はない。
それは実社会でも同じことだろう。


と、まあつらるら長く書いて来たが自身の失敗をもとにした所見であります。

長年やってるとたまに確認の意味でこんな辻説法臭い事をのたまってみたくなるのだ。




師匠がこのブログを見たらこう言うだろうなあ。
直江


とにかくネトゲで孤独になることはない。小さい殻にちじこまってないで踏み出せばいいのだ。

長くなったなあw次回はユキヲが死にます。

ということで皆の衆 良き週末を。ちゃらりらり。






漢と書いておとこと読む

烈風の魂 藤井さんが花の慶次になるとこうなる

もちろん

当たりませんけどね!

ところで我が@@にまた新たに頼もしい漢が加わった

紹介はまた後日にて

4

私設@@私設員紹介 その⑱

kitune


■霧島 清音(きりしま きよね) 

レベル60 武芸


通称 ピョネ キヨネイズ マヨネーズ

昔からいるらしいが初期の頃はまったく知らない。何気に古参らしいが。
武田のお手伝いギルドにもいた様子だが、知人達は軒並み引退した模様。
完全なライトプレイヤーであり、インも以前と比べて不定期。
最近はちょこちょこいる。花娘だが花言葉はあんま知らないのでよく馬鹿にする。
イベントクエなどがメイン。名所廻りをコンプするなど戦闘より別コンテンツをまったりやるのが好きである。変にロマンチックな紹介文など書いてあるので、さぞや乙女チックかと思うとこれが全然違う。というか完全にいじられキャラで本名で呼ばれる事はまれである。
我が私設のように濃い私設&戦闘特化系の私設にはあんま縁がないキャラのはずだが、何か昔からいる。
インした時の口癖は「攘夷と清音」 これはもうこやつのテーマらしい。
意味はよくわからんけど。
打たれ弱いが気が強い。ああいえばこう言うので泣かしたくなるが泣かない。
私設内でもよくしゃべって誰でもいじりまくる。インしたかと思えばいつのまにか消えている。
勧誘や誘いあまり受けず「だが断る!」と言い放ち、なかなか断れない人とかには
うらやましい性格の持ち主。
生意気なので恫喝すると「ぶーーー!」とか言って捻くれる。
自身もブログ持ちだが更新は停滞中。創作もたまにしてるようだが人には見せない。
ま、究極のテレ屋なんだろう。たまに褒めると変にツンデレっぽいが別に可愛くはない。
が、やはり私設内の微妙なエッセンスにはなってんだろうなあと思われる。
稼動自体が低い&戦闘もこなれてはないので、野良で一緒になる人は温かい目で罵倒してあげてもらいたい。
こいつみたいにおっかなびっくりボス戦闘する奴が一人はいてもいいだろうとは思う。
性格はまあ雲のようにつかみ所がない。


花言葉:ドレミファ娘の血は騒ぐ

総合評価:色気がない


私設@@私設員紹介 その⑰



■鳥居 元康(とりい もとやす) 

レベル61 軍学

鳥居ちゃんはいい奴だ。まあこの一言に尽きる。
札幌の空港で見た時に一瞬で鳥居ちゃんとわかるほど鳥居ちゃんそのものだった。
鳥居ちゃんは初期の木曽川からこつこつと実績を上げて来た。
彼によって合戦の楽しさを知り、ネトゲの醍醐味を教わった人は少なくないと思う。
構成にこだわらず、徒党を楽しむ。合戦を楽しむ。このスタンスに掬われた人もいるだろう。休止したがまだ復帰は非常に嬉しい限りだ。つうか、復帰者多くね?まじで。
鳥居ちゃんと交流がまだなかった頃、よく動き回るサムライやなーと思って見ていた。
軍学では武田には2~3人かなり廃スペックな人がいたが、俺と鳥居ちゃんは普通の装備でどっこいだったと思う。
いつからか私設に顔をだしーの、北海道つながりでガンダムさん達との交流から鳥居ちゃんが加わってなんとも不思議な空気ができてきた。
鳥居ちゃんは超天然である。
最近は、巫女と2垢で頑張ってるがほんとなんか道産人の人って感じでゆるくない。
上の動画を上げたのは、なーんか鳥居ちゃんって生き方がヒップホップなんだよねー。なんつうかこうスラップスティックなイメージがある。イアン・マルカムよろしくのカオス理論のフラクタル曲線のような人格というかなんつうか。
まあ本人がこーいうサブカル的なヒップホップを聞くかどうかは知らんが。
怒ったとこはあんま見た事無いのでかなり情緒が安定していると思われる。
B型だから俺と似てるっちゃあ似てる。刀鍛冶で開幕怒りをして乙って晒されていたのは吹いたなあ。
まあ、鳥居ちゃんが私設のリーダーになってもらうとありがたい。
そんな存在である。

趣味:パッチワーク

総合評価:お前ら鳥居ちゃんに謝れよ


私設@@私設員紹介 番外編①【偽りの救世主 ミウラ】

07


■三浦 和政(みうら かずまさ) 

レベル62 武士道

通称 ミウラー

現在の武田寄合運営員の一人である。他国との折衝やら議会補佐など忙しく動き回る男。
本気でストレスによる脱毛が心配されたが、最近では図太く...いや人格的に骨太になり
不動の精神にて日夜武田の未来のために東奔西走する。
私設に常駐しているわけではないが、ちょこちょこ顔は出している。
リアル素性は知らないが、おっさんなことは間違いない。
あまり感情を出さないので性格、性癖はいまひとつ不明。おそらくソープなどでは8輪車とかやってはっちゃける性格だと思われる。

名言「俺の求める武田完全体はまだ遠い」



06

ふっ、猫か。そのぐらい俺にも飼える




01

ん~?間違ったかなあ?



05

ひんぎゃああ!!!



02

にゃーーー!!!



03

どいつもこいつもニャー!!!



04

というか俺は何と闘ってるんだぁ!!ヒャハー!



という男である。

口癖は「寄合はいいぞぉ~」


筆者から一言:猫の名前変えろつうの

総合評価:俺は天災だー!


絵本調 改訂版

やあコンチわ
お前らこんなくだらねーブログを見ている暇があったら仕事しろ仕事
特にユキヲ おめーだよおめー

さて私設員の紹介は休止者含めてまだかなりいるのでちょっと休憩しよ
紹介されてない奴はまあお楽しみということで

結局のところこれ私設員じゃなきゃ見てもあんまオモロくねーだろうし

かといってよー

なんか見た人が無条件に笑えるものなんざ早々書けるわけもねーんだよな

ギャンブルネタとかは谷村みたいに勝った時の事ばっか書くのは見ていてむかつく

あんなん負けた時の方が見る奴にとっては
ざまあwwwwwwwwwとか言って笑えるものだからだ

んー復興戦のことはまた改めて書くかな 残念だったがこれで終わりってんじゃないし

前に絵本調でネタを書いたものがあったのであげてみた
特に意味はないけどなんか懐かしす

実話を絵本調にすると当事者にとってはかなり笑える

まあそれだけなんですけどねw




パクマンと凸

第一話 お手伝い


パクマンは鎧鍛冶 凸は軍学侍

ふたりはとっても仲良しです いつも一緒に遊びます

「さぁて 今日はなにをしようか」と凸

「う~ん 空へでも狩りへいきたいなぁ」とパクマン

そこへ神通薬師の志麻にゃんがやってきて、こう言いました

「パクマンはかわいいんだぉ?」

パクマンは浮かれて「ですよねー^^」と完全に調子に乗っています

凸はちょっとムッとしました

「志麻にゃん 甘やかしちゃだめだぉ!」とたしなめました

そのうち人が集まって まえタンの陸2を手伝うことになったパクマンと凸 

暗殺忍者のこもも 古神の天野っち 怒り鍛冶のおせんも加わってちょっといい感じの構成です

最初の鬼には旗に直撃をくらいました 2回目は苦戦しながらも何とか倒しました

2番目のボスもまた旗直撃で乙です 2回目はすんなり勝てました

どうも旗直撃が多いです 盾は実質3人なのですが漏れまくります

凸は思いました 「そうだ!パクマンが開幕死んでないから負けちゃうんだ」

みんなは期待しています パクマンが開幕に一撃で死ぬ事を

凸は最後のボスで多分パクマンが死ぬと思いました

前回、魔龍を倒したときはパクマンと凸の盾でした

パクマンは死んだけどすんなり勝てています 

今回は凸は少しドキドキしながらパクマンが死ぬところをみようと思いました

最後のボス魔龍と戦闘が始まりました

何故か5はすんなり倒して順調です 安定しているし問題なさそうです

「おかしいなぁ?」 凸は首をひねりました

パクマンは笑っています

「まじかよヒャッハー!」 と余裕すら出ています

凸ももう勝ちが見えてきたので一言軽口をたたきました

「今回は誰もしんでないね^^」

その直後 信じられないことがおきました

極みのコピーがはがれて生命が少なくなっていた状態で凸に痛い一撃が

「うわぁぁぁああああああああ!!!!」

凸は死にました

その瞬間に党員から wの嵐でした

「これはひどい」 凸は思いました

敵は魔龍にあらず 獅子身中の虫ならざるパクマンだったんだなと

パクマンは喜んでいます まさに鬼の首をとったかの如く

「ヒャッハーヒャッハー」

あとで聞いたらパクマンは凸にだけ発動しない守護をつんでいたようです

凸は一言パクマンに言いました

「しねよ」

パクマンは 「うふふ やあ僕です^^」とうすら笑いを浮かべて余裕です

パクマン「またやろうね」

凸「おまえとはやらねーよ」

また一つお利口になったね パクマンと凸 

明日はどんな冒険が待っているのかな

私設@@私設員紹介 その⑯

キョ


■畷 左門(なわて さもん) 

レベル61 暗殺


通称 チャモン

元上杉で斉藤から互いの親交的理由でザクちゃんとともに武田に移籍。
イザ狩りで初めて一緒の徒党になり親交を深めた。
斉藤の雄であった目黒忍者と親しくハイスペックの攻撃力を誇った。
リアル事情によりイン時間が変化。それに伴い稼動時間の関係上休止に至る。
イースオンラインに限界を感じてまた最近復帰。基本はオフの日に稼動する。
リアルでは夫婦ともに釣りオフ企画などの骨を折ってくれている。
釣り、車、歴史、軍事関係、ゲーム、地元の地域情報など多方面の知識に精通してなかなかの博学ぶり。
かなりの巨躯で現在の私設の中では最大級にでかい。
沸点は低いので瞬間的に沸騰するが割とすぐ覚める。筆者がサモンナイトとあだ名をつけるが定着しないので悲しい。
以前、自身がやっていたブログがある事で炎上し2chでバッシングをくらい閉鎖。
その際に晒されたことではなくて暇(ひま)左門と間違えて書かれていた事で発狂する。
恥ずかしながら、筆者も言われるまでは暇(ひま)だと思っていたので何も言えない。
PSだと文字が潰れて同じに見えるのでいたしかたなし。
暗殺としてのプライドが非常に高く特化変更はしない様子。
とにかく体の関係上、筆者の三倍は飯を食うので見ていて爽快である。



能力値:原たいらさんに千点

総合評価:ムスカはワシが育てた

私設@@私設員紹介 その⑮

kousaka


■高坂 重昌(こうさか しげまさ) 

レベル61 仏門


通称 コーサカ ヒラヒラ

元は僧兵だったが仏門に変更。勤務時間が遅いため深夜のインが多い。
最近では仏門より鎧鍛冶の平社員がメインで稼動。
昨今多発するPCトラブルにおいて、頼れるパソコンドクターKでもあり、
かの藤井さん家の動かないPCを修復してしまいそのスキルを見せつける。
知人内でも恩恵に預かる人は多数。パーツやPC選びなども快く相談を受けている。
ゲームでは目立った稼動はないのだが、いるとかなり便利に動ける男。
普段は温厚なのだが、電車内においてだが痴漢をふん捕まえるという雄もあり。
一人旅でぶらっと地方探訪などすることもある。
リアルでも集いには時間があえば積極的に参加するアクティブさも持つ。
余談だが、あの秋葉原事件があったときに100m以内で勤務していたという
驚愕の事実も持ち、秋葉原のメイド喫茶はすべて排除すべき
という硬派な一面ものぞかせる。
常にポーカーフェイスで一緒に海釣りに行った時、
筆者が船酔いで「うげ気もち悪い..」と思って横を見ると
涼しい顔でテグスをいじっていた彼を見て感心した。
が、その瞬間、海に向かってゲロゲロゲーとやるのを見て
筆者も同様に吐きそうになったのは言うまでもない。
彼とcabinに転がりながら呻いていたのは多分生涯忘れないだろう。
表情があまり変わらないのでなかなか読めない男である。
多分本気で怒ったら一番怖いタイプなので調子にのって
からかいすぎないように注意が必要。
普段はラッコみたいに大人しいけどね。



スペック:身長180cm チン長計測不能


総合評価:インテル ハイッテル

私設@@私設員紹介 その⑭

garo2


■周防玄徳(すおう げんとく) 

レベル63 古神


通称 ツカさん 朝鮮玉の男

冗談みたいな話だがキャラ名がそのまま本名らしい。
生産廃でもあったが、最近では後続の台頭や材料調達の困難さから一線を退く。
装備は既にこれ以上はというくらいになっているので、強化するのは覚醒とレベルぐらい。
雅楽優遇の時代にあって強く古神にこだわる。
寝る。とにかく寝落ちする。四天王でも余裕で寝る。
ホラーの返り血を浴びたものは寝る!と鋼牙も言っているが(言ってません)とにかく寝まくる。
例えるならバケツでごはんのカバのグッタンだ。
彼の体内電池が切れたとき、それは徒党内の気合いもついえるときである。
といっても寝落ちで晒されたという話は聞いたことがないので
知人徒党だと安心してしまうのかぐっすりと寝る。
子守りをしたらそのまま動かなくなって自身が子守りをくらってしまう。
たまに性格ごと海に沈めてやりたくなることもあるが、まったく悪びれないのでもうあきらめた。
競馬、麻雀、パチンコ、スロット、チンチロリン ギャンブルは一通りやる。
電気技術者でもあり電気の話がでるとかなり能弁。新幹線の話にも目がない。
ゲーム内ではあまり積極的にはしゃべらない。
酒を飲むと饒舌になり説教をかますがやはり寝る。どこでも寝る。ほんとに墓場でも寝る。
最近ではパチがかなり調子がいいらしく、前に北斗で37連をかましたとか。
いまはGAROしか打たないらしいが、以前、渋谷のsでグーグーガンモにこてんぱんにやられて泣きべそをかいていた事もあり。しかも次の日にまたガンモやって負けてるというアホな面もあるお茶目さんだ。
動画に目覚めてソフトを買って編集するもめんどくささに速攻飽きた模様。
寝るときは寝る。きっぱり言い切った彼の横顔には自信と誇りが満ち溢れているが、誰も支持はしない。
そんな彼にこの言葉を贈りたい。

「動け、動け、動け、動け動け、うごいてよぉ~~~!!!!」(碇伸二風)



フィニッシュブロー:5連続子守り(詠唱なし)


総合評価:転生モード(2R確変)


私設@@私設員紹介 その⑬

軍曹

■ペロロ軍曹(ぺろろ ぐんそう) 

レベル63 鉄砲


通称 ぐんそ 

争覇になってから私設に常駐するようになる。合戦が好きで度々合戦で徒党を組むのが縁で私設に勧誘してかなり時間をおいて顔をだすようになる。
以前、常駐していた私設が人員不足でなかなか人が集まらないとのことでかけ持ちで私設に入ることもあり。
ケロロ軍曹から名を取ったと思われるが、本人は一回も観た事がなく
甥っ子の面倒を見ていた時に思いついたとのこと。
ぽっぽに狩場と枠を奪われ、毎日一日千秋の思いでぽっぽが弱体する事を願ってやまない哀愁の鉄鍛冶。
自らを「ぐんそ」と呼称する。ハートマン軍曹のように機関銃のように罵詈雑言は吐かないが、ムカついた時に爆発するなかなか熱い魂は持っている。
感情をあまり出さずに文句や愚痴なども淡々と語るが、言い方が淡白なので気にもならない。下ネタは基本苦手のようだが、下ネタが飛び交う私設においてたまに大丈夫かと心配するもスルー極みを会得してる模様。
潜在もタツヲなみに振るものがもうないところまで行っているなかなかの廃。
ちなみに道魔の3雷は1~2回で全て撃破している運のよさも持ち合わせる。
くちぐせは語尾に「~であります」とケロロ軍曹調で語る。
青マグロが基本の鉄鍛冶には死活問題らしい。
画像のハートマン軍曹の台詞はまさに軍曹がぽっぽに言われてるかの如くだ。
風雪の時代が過ぎ去るのを冬眠した動物のように
じっと耐える軍曹の明日はどこにあるのだろう。



好きなモーション:発破シャコシャコシャコシャコ


総合評価:ぺこぽん星人であります


私設@@私設員紹介 その⑫

イカリン

■碇 修哉(いかり しゅうや) 

レベル61 武士道


通称 イカリン イカリキュン つとむ

木曽川で二刀武芸でソロを殺しまくり晒されるご存知武田の晒されキング。
実は現在の私設名@@もこやつが命名。
自身のブログで、ふぇいふぇいとバトルを演じ、ネラー相手に炎上バトルを繰り広げるが
ふぁびよるどころかいきおいづいて調子に乗る。
筆者のPSはこやつのお下がりをもらって現在でも稼働中。
以前はビールが飲めなかったが、会社でも地位向上に伴い接待などでビール好きになった模様。
ゲーム内では基本野良では無口。私設内でもいじられない限りあまりしゃべることはない。
めでたく所帯を持つが、ソースが薄味醤油になったかの如くキャラ的に薄口になった感もあり。落ち着いたといえばそうなのだろうが、瓦などでインすると挨拶が「ちょりーーっすwww」とかはっちゃけた面はいまだ健在。
美味いものと日本酒と可愛いねーちゃんには目がない。
風俗王と一時期はその性豪ぶりを私設内でアピールするが奴のティンコを見た者はいない。
リネと兼用で信をやるが半々の活動の模様。信では以前のような廃活動はしていない。
笑いのツボが多く、ちょっとしたことで爆笑する。
リアルではかなり普通でゲーム内というよりブログでのギャップが大きい。
しかし敵も多いが支持するファンも多い。
自分では組織を作ったり面倒な事は嫌いな様子。
りなりんをこよなく愛するアイドルオタでもある。筆者が「りなりん?ああ、ビッチ」とこ洒落たアメリカンジョークをかますと「しねカス」と激昂する。
愛車シルビアを売っぱらって走り屋は廃業した様子だが、多分今度はダットラでも買うのではと予想。
そこはだめぇ、天谷新一、ぬんじゃ君、そうはい神崎など多様なキャラを有する。
所帯を持つ前は、対話で「やべええええ!そうにゅうううううってさけびてぇええええ!!!」などかなりDQNな発言が見受けられたが、最近ではまったく影を潜めている。



好きな場所と口癖:川崎カンカン娘 いく!いっちゃう!


総合評価:いい加減にしろ


私設@@私設員紹介 その⑪

ikeyama

■桜 こもも(さくら こもも) 

レベル62 忍法


通称 ぽもも

かっての武田部隊チャット信繁隊の一人。最近、暗殺から限界を感じてぽっぽに転向。
何故か別キャラの弾丸と筆者がRMT仲間というわけのわからない捏造で晒される。
トレードマークは空振り。とにかく空振る。スカる。
甲府の三振王の何代目かを襲名。恐るべき池山、当たらない明星とも呼ばれ
あまりにもスカるので鋼の錬金術師のキャラである「スカー」とも呼ばれる。
発見マクロが独特で~だっぽと語尾につけるが正直うざい。
しかし本人はいたく気に入っており長く愛用していたが、何かの拍子にマクロが消えてしまい、意気消沈している。
趣味は意外にも映画鑑賞。話題作は必ず映画館に足を運んでいるらしい。
党首属性もあるが最近ではイン率低下に伴いだるくなってきた様子。
2chでもかなり晒されていたがあまり気にも止めず黙々と活動をしていた。
猫耳をつけたクノ一キャラを使うが、当然中身はおっさんである。
しね!と罵声を浴びせると「いきるっ!」と生存に対しての執拗なまでの執念を見せる。
でも僧兵にタイマンで負けて結構死んでいるのもご愛嬌だ。



スローガン:目指せ打率2割5分


総合評価:こもももももももものうち


私設@@私設員紹介 その⑨

inu


■秋山 左京太夫(あきやま さきょうだゆう) 
レベル62 武士道


通称 アキヤマン or ヌルヤマン

あのキバさんと武田の盾侍の地位を2分していた男。生粋の武田民である。
武士道要塞とも呼ばれ武田の顔ともなっていた。
伊勢屋敷で強行隊列でソロ狩りをしてうざがられて晒される。
合戦での活躍も目覚ましく、2chではヌルヤマと蔑称で呼ばれ叩かれる。
故に甲府のウナギ犬ともよばれ、武田のマスコット的な存在にもなる。
武田と合戦と焼鳥をこよなく愛し根は真面目。仲間に対して(自国も含めて)はかなり寛容。
合戦で頑張る人はみな仲間だという認識があり、ある意味私設の中で一番心が広い男かもしれない。
インしない時は店で焼鳥を焼いているという焼鳥職人である。チキンマネージャーとも言うべきか。
休止していたが、やはり最近復帰。ブランクの大きさにとまどいを隠せないが
必死にくらいついていく姿勢は見ていて涙ぐましい限りである。
麻雀をやるとひたすら役満ばかり狙う豪気さがあるが自身が焼鳥をくらって箱下に落とされる。
武田のご意見番 霊界探偵ジュンジ稲川氏とはリアル友人でありよき理解者でもある。
彼は天性のユーモリストであること。真面目になるほど周囲を笑わせて和ませる天然さがある。
復帰しての私設での第一声が
「かむんとにゃんにゃん~」 あまりにつまらないので華麗にスルーされていたのは記憶に新しい。口癖は「おいおい」。
そんな彼もそろそろ還暦を迎える歳である。

というのは冗談である。
いつか彼の焼いた焼鳥で一杯やるというのが筆者の夢でもある。


通り名:夜も一所懸命侍


総合評価:山の不動(メタボ)


私設@@私設員紹介 その⑧

pitakao


■ひえピタ レベル62 密教

通称 牛 or ピタ

やはり武田黎明期に合戦場を徘徊していた古参PC
一時期休止していたのだが、リアルで飲んだときに冗談半分で復帰しろと促したら
えらい廃PCに成り果ててしまった 信仲間でもお互いの自宅が最も近い男
初めて鉄砲を買ったのが、奴の鉄鍛冶からだと言う因縁もある
最近では、合戦私設でのゲリラ先導も行う積極さも出て来たがスルーされて
泣きべそをかいたこともあり、意外にナイーブな側面も見せる
牛と呼ばれるのは、巫女の高村牛衛門のイメージが強いため
持論は、ネトゲにリア女など存在しないという穿った偏見を持つ
しかし割とこーいう奴ほどネトゲ恋愛とか嵌りそうな気もするような気がしないでも無い
恐妻家だが実際に嫁を見たことはない



特技:赤ちょうちん一人飲み


総合評価 おにぎりワッショイ


私設@@私設員紹介 その⑦

山田


■雅 大輔(みやび だいすけ)


レベル61 神通


通称 みやびさん

普通であることが如何に貴重かつ困難であるかを体現している人
完全無欠なふつーのライトプレイヤーでもありふつーの社会人 
とにかく個性が強く癖が多い我が私設の中において、ほんとふつー
ふつーの装備にふつーの人格でふつーの立ち振る舞い&言動をする
つまり全然目立たないふつーのキャラ
しかし、個性的なキャラばかりに目がいきがちだが
ふつーであることを自然体でこなせるということは凄い
@@において非常にレアなキャラとも言える
性格:普通/稼動時間:普通/装備:普通/経済力:普通/ティンコのサイズ:普通(と思われる)
ここまで普通だと逆に普通に個性的とも言える
IT系業務に職を持つがあまりロジカルなところは見受けられない
山田、メロンパン買って来いというと「焼きそばパンでいいかな?」とか
訳の分からない返し方をする時もあるが基本的に彼の冗談はつまらない
が、誰かが意見を言ったとき彼だけが相手をしてあげるという面もあり普通に気を使う優しさを持ち合わせる
いやぁ、ふつーって素晴らしいですね
何気にやはり武田の古参でもある



チャームポイント:普通


総合評価 やっぱ普通

私設@@私設員紹介 その⑥

C3BAA4CEB2E8C1FC_20090910135607.jpg


■龍尾 凶介(りゅうび きょうすけ)

 レベル65 僧兵


通称 タツヲ またはタチュオ

私設唯一のレベル65カンストキャラを所持するM僧兵
やはり烈風武田の最古参
炭に生き炭に死ぬ 炭を愛する故に炭にまみれた男
採取をしながら青を出し募集に対話するもスルーされること数えきれず
不屈のM精神にてカンストまで辿りつく僧兵オブザイヤーな男
リアルでは焼肉が好きで度々焼肉パーティを主催 好物は特選カルビ
アニメにも造詣が深くネタものには目がない 海釣りに才能があるので漁師になるほうが幸せだと思われる 
打たれ弱く情にもろいところもあり 狩りなどではきっちりしていないと発狂する
酒に弱く飲むとすぐ眠くなる
道満などでの極楽作戦を執拗に嫌うのでイザクエストは興味がない頑固者だが
一貫してポリシーを貫く姿勢は評価できる
が、だからといって女にもてたという話は聞かない



辞世の句:村田だ 炭くれ


総合評価 ムダづも無き改革のブックカバー


私設@@私設員紹介 その⑤

源

■池田 源十郎(いけだ げんじゅうろう) 

レベル61 神通


通称 源

中期の木曽川でレンホー、アンジーとともに武将撃破徒党の党首として
合戦を牽引していた薬3人衆の一人
斉藤の某防衛職人に徒党を数回止められ「またの起こしをお待ちしております^^」と
対話で言われ徒党内で発狂したことあり
就職とともに休止していたが最近復帰
某大手ITベンダーに就職するも数年で離職 また試験を受け大学に戻る
関西人の独特のノリで女を口説くスケコマシだが妙に憎めないとこもあり
高校教師になって生意気な女子生徒にセックスによる体罰を与えるという
めちゃくちゃな理想を持つが、ベクトルが変化した様子
リアルではよく気がつく好青年だが、ゲーム内ではいつも女と電話をしているので
党員の顰蹙を買いまくっている
最近では演舞も育てていてアタッカーとしての意欲を燃やしている

必殺技:松葉崩し


総合評価 チョコボール向井

私設@@私設員紹介 その④

141

■立花亜沙美(たちばな あさみ) レベル63 鎧

通称 あちゃみ

初期の木曽川大戦での武田を代表する盾鍛冶 浮沈艦とも呼ばれお茶徒党の一角を担った
休止期間1年ほどあり復帰 
比較的リアルでのつきあいも多い我が私設において素性は誰も知らない
年齢・性別・国籍・職業全て不明 また誰もそれを探ろうとはせず本人も一切語らない
ポニテグラが好きらしく、セカンドの陰陽もポニテ
始終暴言飛び交う私設内でも愚痴、暴言などは一切吐かない私設の良心とも言える
感情がないのかと思えば、意見を言う時はきっちり言う
性格は温厚にして謙虚 弱音を吐かないタフで強靭な精神を持つ
ネタにしたいキャラなのだが、あまり弱点がないのでネタにならないのが唯一の欠点
常時インしてるのかと思えば3日ほど消えるときがあり、引退するときも誰にも何もいわず消えるのだろうと予想


チャームポイント:やはりポニテ萌え


総合評価 アストロガンガー

私設@@ 私設員紹介 その③

zaku

■ザク弐(ざく に) レベル63 仏門

通称 ざくちゃん

主に私設メイン稼動だが、党首で野良募集もよくする 出身国は織田
特化キャラ60越えを多数所持し私設内では廃と呼ばれるが、本人は否定する
料理・洗濯をしながら戦闘する特技を持ち、操作ミスると泣き出す
袋、特殊装備の生産職人でもあるので私設でその恩恵に預かる人も多い
間違えてザコちゃんと呼ぶと発狂して怒るので注意

チャームポイント:おかっぱのてるてる坊主な後ろ姿


総合評価 全盛期のダイナマイトキッド

私設@@ 私設員紹介 その②

カイウビ

■木乃(きの) レベル64 仙論

俗称 ケノ またはケニョ

私設、野良と兼用で活動
可愛い絵文字を使い徒党枠を確保する狡猾さを持ち合わせる 
生息地は主に凶イザと合戦場 ゲリラ抽選で漏れる事で有名
いじられキャラでもあるが人をいじるのも好き
セカンドの鎧鍛冶も育成中だがまだしょっぱいので表舞台には出さず

口癖は なんでも吸い込むお!



総合評価  ガンダムのハロ


私設@@ 私設員紹介 その①

000

■鬼 道雪(おに どうせつ) レベル63 軍学

俗称 ユキヲ

主に野良で活動 私設内では空気を読まない発言をするタコだが巨人ファンなので許している

たまに泣かしたくなるので虐めるのだが、全然応えてない M体質あり

口癖は ミチヲです



総合評価  やる夫

夢の回廊



  _, ._
(;゚ Д゚)


ああ、なんだ夢か.....

って!

106492582_91のコピー

瓦でよく黒をやるが、回復なし召還2とかもう適当構成でさくっと倒せる時代だのう

新規の人はしらんかもだが、あれで順番待ち8時間 戦闘2分で壊滅とかあったのじゃよまじで

特化技能の恩恵もでかいな 結界はれば大概は耐えれちゃうし

懐かしいパクリ漫画だが、よく見て頂きたい

開幕音響をお願いしている俺がいる

つまりこの頃は音響作戦で開幕の安定を保っていた時代

それほどまだまだ黒が強かった時代なのである


それはそうとそろそろ本気だすか

何に?

と聞かれたら おっと、そいつは言えねえよ

とにかく本気で行く そこんとこシクヨロ

プロの晒し

電車


甲府の番長、好球必打 終電にて撃沈

プロ野球のバッターは、ピッチャーが素晴らしい球を投げて来たときどうするか

すげえーとか言って褒めるわけはない

ただ無心で打つ これだけだ

故に好球さんも貴重なSSが出て来たらただ無心で晒す それがプロの心意気

俺も好球さんに負けじと晒してみる

反り返ったこの姿勢からは決してうなだれて頭を下げないと言う彼の信念が伺われる

漢と書いておとこと読む

まさに晒しの中の漢と言えよう


では嫁が不味い料理を出して来たらどうするか

当然、チャブ台をひっくり返して

「こんな豚の餌が食えるか!」

と言い放ち、嫁が一ヶ月間飯を作ってくれなくなる

そして嫁さんに土下座する 譲れないものが漢にはあるのだ


ああ好球必打よ永遠なれ 私の力をみるがよい

っていうか
嫁の飯がまずいとか言うなら何故自分で作ろうとしないのか

あ、これ俺の弟の話ねw




プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。