スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッドB



とかく苦労というものはした分だけ報われるとは限らない。
仕事に至っては、一番苦労した人が一番間尺に合わない仕打ちを受けることも多い。
まさに現在その憂き目に遭っているわけだが、こういうものはとっとと終わらして片付けるに限る。
最初にケチがついた仕事は最後までトラブルの連続になりがちだ。
雨降って地固まるとか、終わりよければ何ぞ滅多にない。
一概に全てが無駄ということもなく、トラブルはそれなりに経験知識スキルを手に入れることもできるが、
鬱積した想いが霧散するわけもなく、忸怩と心の襞となる。
やだやだオラやだもうやんだ。ポール・モーリア チェンバロ奏者。
そんな地団駄を踏む状況に陥ったのも、厳密に言えば己の想定の甘さが招いた結果だろうが、それでもある程度は人に責任転嫁させたくなる。それを言い訳にできないのもわかっちゃいるが、男は辛いよおっかさん。言い訳をいくつ並べてみても、起こってしまったものはどうしようもなく、その後の処理が肝心となる。
まぁ、ついてなかったというよりない。

B型というのは、こういう時、結構楽である。
一時経てば、ま、いっか地球もそのうち滅びるしで大いに楽観的になれるからだ。
しかし10年経ってもこういうことは忘れないのもB型だ。

先日、覚せい剤所持で捕まった清原もB型である。
清原が頑として入手ルートを喋らないのは、ヤクザを怖がっての事ではないと思える。
知人の誰かを庇っていると思われるからだ。多分、芸能界の誰かではと思われる。
B型は小心者で虚勢を張る人が多い。そのくせロマンティックで世話好きで寂しがり屋だ。
清原もその典型だと言える。
清原はいつも人の輪の中心にいて、我々世代のヒーローだった。
しょぼくれたあの形を見ると、寂しさが込み上げてくること半端ない。

だが思う。
清原は捕まって絶対ホッとしている。警察にマークされてビクビク怯えながら夜も寝られない生活から、少なくとも抜け出せたからだ。もちろん、問題は山積みだし解決しなければならないことを考えるとブルーにもなるだろうが、B型はとことん追い込まれると完全に開きなおる傾向が強い。やばいことをして見つからないより、みつかった時の方が安堵感を覚えることがしばしばあるのだ。まぁその後が大変だけどね。とにかく

「ま、なるようになるやろ」

そりゃまぁ、ちっと反省はしているとは思うが、多分これが本音である。交通事故で人を殺したわけじゃなし、とか、最悪の状態を想定比較しながら、あれよりゃ全然マシだよマシとか思っちゃうのである。真の意味で反省することはまずない。浮気してもそうだ。奥さん、B型の旦那は一度浮気したら絶対またやりまっせ。口で謝罪しても反省してませんからね。
やっちまったもんはしょうがない。さて、これからどうすっかなぁと途方にくれることはあるだろうが、B型の楽観的思考は、生きるためには何でもできる。死を恐れて無様でも生き残るのために足掻きもがく。それがB型である。
B型って明るいよねと勘違いしてる人がいるが、とんでもない。血液型の中で最も根暗なのがB型だ。
そして気が変わりやすい。一喜一憂にメリハリがあるから端から見るとわかりやすいのかもしれないが、心の闇が深いのもB型だ。だからB型の女には、世の男はよくよく注意されるがいい。

脱線したが、とにかく周囲があれこれ言うほど、清原は現在の心持ちは安定していると思われる。
つうか、B型だから〜とかいう先入観と偏見は今の時代にナンセンスなこともわかってはいるが、同じ血液型の男として、行動の思考パターンがあまりにもわかりすぎて、その傾向性を信じずにはいられないのだ。

このままだと、刑を終えても多分またやるだろう。間違いなく。
このままならね。

俺の持論は「志だけでは人は変われない」だ。
そこに不屈の行動が伴わないと、所詮は口先3寸で終わるし、特に常用性の高い覚せい剤などを辞めるのは気が狂わんほどの精神と肉体との闘いになるはずだ。
B型は総じて意思が弱い。誘惑に弱い。それは上で書いたように楽観的思考に寄ってしまうからだ。

清原はまず、心のそこから己を客観視して、弱点を素直に受け入れるところから始めるべきである。
弱点を認めるのは、スターだった男には最悪に屈辱的なことかもしれないが、認めなければ何回でも同じ過ちを繰り返すだろう。これは、謙虚さを身につけることにもつながるが、生まれついての性根など変わるわけもなく。ただ、それを良い方向に改善していくことはできる。
ただ、これはすごく難しいことだ。真の謙虚さなど人が身につけるには、人類の平均寿命が3倍伸びても足りないのではないか。
未だに謙虚さなど微塵もない自分を顧みながらそう思う。

清原がどう生きていくのかは、あまり興味もないが、出来ることなら再生して頑張ってもらいたいと願う。
あと「男気」とか、ネタづくりに神輿に乗ってしまった自分の愚を大いに恥じてもらいたい。
そも「男気」などは口に出すものではないし、あんな見かけだけの軽薄なスタイルでもない。
あえて挙げるなら、隆慶一郎の描く前田慶次のような男そのものだ。こんなん今の時代でいるわきゃないが。
B型など「男気」からは最も遠い存在だと私は思う。
だが、B型はとにかくしぶとい。しぶとく、無様で惨めにしがみつきながら生き残り、味方の死体の陰に隠れてやり過ごす。義のために死すなどとは無縁だ。生きてこそと考える。
だから自殺しようと考えたとかいうのは、全くの嘘ではないが、そんなのは一瞬の思いつきで、実際はそんなことはまずもってしないしできない。
そしてB型である自分を気に入ってるのもB型だ。

そんでもって、女性にB型の男とは付き合いきれないと言われるのもB型。
なるほど。

俺がモテないわけだ。糞。


スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

メリーさんとマソ企画




zxcsfdsvva

マソ君が適当にイベントに使うフライヤーを作って!と泣きながら頼んできたので、
ささっと簡単なイメージを作る。

ほとんど情報がなかったのでダミーで作ったが、会社の同僚にアウトプットを見つかり、「いいすね、何すかこれ?」と聞かれて「いや、何だこれよくわかんない。資料にまぎれてたんだろ」とごまかす。
アルバイトとかしてるんじゃと疑われるのもだりいw

実際のデザインは全然違うテイストになったので没案を掲載してみた。
しかしあれだね、若い人は元気があっていいねえ。
イベント企画とかよくやってるよなあ。
っていうかクリスマスとか関係ねぇ。リア充にはパトリオットミサイルを!

というわけで今日は寒いのでSSはなし。
雪ふりそうだ。

マソ君には、報酬としてアンダーグラフでもカラオケで歌ってもらおう。
ああ寒い寒い。今日ははよ帰ろ。

ではまた。


続きを読む

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

ウルトラな人々



長男の兄貴から電話があった。

「山入るからお袋のことはよろしくな」

あの歳になっても山での演習をやるのかと言ったら、当たり前だと言われた。

「清々しいまでのブルーカラーだのう」

そう言うと、まぁなと一言。

震災で兄貴に連絡をしても繋がらない。福島の原発近くで炊き出しをしていたという。

兄貴の部隊は直接の瓦礫撤去や救助には回らなかったそうだ。
別の救助部隊はかなり精神的にやられてしまった人もいたそうな。

海沿いのボロボロになった自宅の前で、うずくまった母親が冷たくなった息子の亡骸を抱いていたという。
映像にはでなかったが、胸が引き裂かれそうなシーンだ。

それを目の当たりにした自衛官は、心を病んでしまったと言う。
目にした現実があまりにも哀しく壮絶だったからだろう。
訓練された自衛官だって人間である。

自衛隊は助けるのが仕事だ。そのために給料ももらっているし莫大な国家予算で訓練もしている。
しかし、あの時だけは仕事だからやるのではなく、人として突き動かされた本能で動いてたのだろう。
誰だってそうせざるを得ない状況だからだ。

しかし自衛隊がヒーローと讃えられる事態は、あまりよろしくない事態である。
何もないのが一番いいのは当然だ。しかしながら、有事の際にしっかり仕事ができる、助けてくれるのはやはり自衛隊だろう。

兄貴はずっと自衛官だった。
湾岸戦争時ももしかしたら行くかもしれないとぼやいていた。
行くことになったらにげようかなと嘯いてもいた。

そんな兄貴を見ながら、まぁなんと気楽な仕事だとひやかしていた。

この映像の中にはまぎれもなくウルトラな人達がいる。そして現地の人を勇気づけるヒーロー達がいる。
震災に関して想いが風化しがちだが、自衛隊のみならずボランティアや海外支援など様々な見えないヒーローがいた。

といっても兄貴はヒーローでもなんでもなく、ただのおっさんで3人の子どもの父親だ。
でも、被災地の人には炊き出しをして暖かい飯を配る兄貴もヒーロに見えたのかも知れない。

人は輝くときに金ぴかになればいいと言うが、俺もいつかはなれるのだろうか。
スペクトルマンになりたかった俺は、いまだにそこで立ち止まっている。
何ものにもなれない自分がいる。

しかたないので藤井さんに聞いてみた。


「藤井さん、藤井さんのヒーローってどんな奴?」

「そりゃキューティーハニーでしょ!」


色々だめだこの人。さて、今夜は宮城の酒でも飲むかな。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

リア充を憐れむ唄



唐突だが俺はフィギアとかまったく興味がない。
しかしガロの鎧フィギアはちょっと欲しくなった。

さて、土曜日にタツヲ達と恒例の麻雀を渋谷でやっている頃、リア充どもはウキウキしながら隅田川。
浴衣の娘もちらほら見かけ、浴衣姿でモアイやハチ公で待ち合わせも多い。
これから花火を見に行くぜ!と誰が見てもわかる。

しかし、持ってる団扇が、AUスマホの広告満載。
まさに情緒も風情もへったくれもねぇので萎えまくる。

麻雀は昼から20時過ぎまで打つのだが、やはり夜にはどしゃぶりざんざかざん。
最近参戦している若いカタソバは、それ見て「ヒャッハー!リア充は消毒だー」と頭を叩いて小躍りする。

「こりゃ花火は無理だろ」

「無理っすね」

「無理にきまってるしぃ」

そしてタツヲが言う。

「ふははは。天はやはりこの僧兵を欲しているのだ」

その瞬間、親っぱねをくらって大きく凹む。

「わけがわからない…」と放心状態でつくつくほうし。

ツカさんは頼んだペヤングを美味そうに食っている。
凱さんは大きく凹んで青い顔をしている。
ソバは人生って糞ゲーっすねーとわけの分からないことを言っている。

隅田川の花火は関東最大と言ってもいいほどの規模で行なわれるが、さすがにあの叩きつけるような豪雨では続行は不可能だろう。

俺はそのとき、タンヤオ3色ドラ4をテンパっていたので、そんなリア充どもの杞憂などもちろんどうでもいい。

っていうか、ざまぁみろwww

それが正直な気持ちである。


しかしなんて矮小な性根であるかと、すぐに猛省。

「りぃち!」

そして、全てのリア充どもが風邪をひきませんようにと心の中で願う。
するとトイメンの凱さんからぽろりと、アタリ牌が出てきて裏も乗って倍満。

やったやったよクララが立った。タツヲも勃った。
藤井とかけてドロンドロン。

やはり…天知る地知るマソが知る。天網恢々粗にしてなんとやら。
負の感情より、常に感謝と慈悲の心をその身に宿して、あらゆるおっぱいに感謝しながら頂きます。
するとツキも廻ってくるというわけだよテル前ロ前。

最後に焼鳥屋で飲んで帰る頃にはさっぱり晴れる。
帰ってテレビでリア充たちの残念な面持ちに合掌しながら、風邪薬を飲んで寝る。

つうか、中止になったがやったことはやって盛り上がったようだな。
ということは、残念というよりリア充は勝ったのだ。
結果は凱さんとタツヲは負けた。
坊主だからさとシャアが言う。

そろそろ夏休みだが…どのタイミングでとるかが問題だな。

しかし風邪直らんな。食欲がわかねぇし。
嗚呼だるし。

テーマ : どうでもいい雑記
ジャンル : その他

めぐりめぐって藤井さん

ボスにいつもながら唐突に言われる。
まったくの業務命令なのだが、ボスのはお願いや頼み事に聞こえてしまう。

「○○○さん、A1のポスター作ってもらえますか?」

「はぁ。いいすけど何の?」

「伊豆の修善寺にある温泉水のポスターです」

「ほぉ。修善寺ですか…」


修善寺に行った俺にとってはタイムリーな話だ。来月、威海で行なわれる展示会で使う誘致ポスターらしい。
咄嗟に藤井さんの顔が浮かんだ。修善寺と言えば藤井さん。藤井さんと言えば修善寺。

制作の前に考察をする。

よし!藤井さんの顔を全面ビジュアルにしよう。
修善寺なら藤井さんだよラグナロク。

イメージポスターはビジュアルインパクトが大事だ。
カッサンドルとまではいかないが、なかなかキッチュでリルビットファニーなデザインになる。
どうせ、大判だからインクジェットで出力だ。RGBままで発色もいいから、肌の色もCMYKより綺麗に出るだろう。

早速その案をボスに相談してみる。


「ボス!どうでしょうこの案」

「藤井さんって…誰ですか?」

「伊豆の主ですよ!キングオブ伊豆の漢」

「却下1/2。真面目にやってね」

「ですよねぇ」


蛇足だが、当然ポスターなど数えきれないほど作ってきたが、印象に残るのは、最初の会社で嫌というほど作らされたPCエンジンやSFCの販促用ポスター「らんま1/2」。
当時は、なんでこんなものを俺がと思っていたが、社長に「仕事を選べるほどえらいのか」とどやされたっけ。

ジョン・ローンのどでかいポスターを作ったときは緊張した。
彼はエキセントリックなまでに神経質なナルシーで(まぁプロ根性ともいう)ビジュアルが気に入らないと、その場で破り捨てると聞いたからだ。俳優業だけに専念すりゃいいのにと思ったっけ。無事に吉祥寺のパルコの一番上に展示されてたのは感動した。まだ駆け出しだったからね。

さらに蛇足だが、藤井さんとこのコンビニで使われていたチラシが俺が作ったものだった。
PDFにそのままテキスト入力できるようにフォームを設置してたのに、手書きで書いてあったのでがっくり。
インタラクティブツールとか意味ねー。

というわけで、世の中には無駄がない。
意味がないように見えても、経験全てどこかで何かの役に立つと言うお話。

お粗末!


テーマ : 雑記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

凸

Author:凸
カテゴリー:おっさん
生息地:都内在住
生業:印刷・ウェブ制作全般
血液型:B

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。